豪栄道 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-ごうえいどう

先場所は、9勝6敗の成績。場所後、十二日目の白鵬戦で、左目内部を骨折していたことを明らかにした。→先場所の取組内容
骨折の影響で、しばらく激しい運動も制限され、本格的な稽古再開が遅れた。
迎えた今場所、初日に宝富士の突き落としに敗れて黒星発進。
二日目、過去2戦2敗と分の悪い琴勇輝と対戦したが、立合いから踏み込んで圧倒。連敗回避。
三日目、小結の高安の上手出し投げに敗れて、1勝2敗と黒星先行。
四日目からは白星を連ねて4連勝。
中日は、角番の大関照ノ富士戦。両差しになる場面もあり、出し投げや外掛けで揺さぶるも堪えられ、35秒近い相撲の末に寄り切られて3敗目。
九日目、新関脇の栃ノ心戦では、胸が合ってしまい、上手を取られて寄り切られ、2連敗。
十日目、ライバル栃煌山と対戦。土俵際での上手投げで勝利し、連敗を止めて6勝4敗とする。
十一日目、正代と2度目の対戦。相手の押っ付けで半身にされ、寄り切られて5敗目。
十二日目、やや元気のない勢を寄り切り、7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十三日目、横綱白鵬戦では、自ら体勢を崩して「腰砕け」。
十四日目、優勝争い単独トップの日馬富士に上手を取られ、下手投げでしのぐも、豪快な上手投げで敗れて7勝7敗に。
千秋楽、今場所初優勝と綱取りを目指していた大関稀勢の里と対戦。巻き替えようとしたところを崩され、押し出しで敗れて7勝8敗と負け越す。
来場所は、4度目の角番に。



(初) 宝富士戦 ●突き落し 2.6秒
 宝富士、先に両手をつく。豪栄道、手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。豪栄道、右を差そうとする。宝富士、左に開いて左から突く。豪栄道、前に泳いで土俵に両手をつき、土俵下に滑り落ちる。

(2) 琴勇輝戦 ○突き落し 4.6秒
 豪栄道、先に手をつく。琴勇輝、すぐに仕切り線後方でサッと手をつく。豪栄道、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。琴勇輝、両手突きから突き放そうとするが前に出られず。豪栄道、押しながら前に出、突き放す。琴勇輝、俵に両足を掛けながら顎に向かって押し上げる。豪栄道、右から突く。琴勇輝、体勢を崩し、土俵内に飛び落ちる。

(3) 高安戦 ●上手出投 3.9秒
 高安、右手をつく。豪栄道、手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。高安、立てず、不成立。2度目、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。高安、頭から踏み込もうとする。豪栄道、左から張って低く当たる。高安、左を差して下手を取り、右上手も取る。豪栄道、右を巻き替えようとする。高安、右上手が切れ、上手になった左廻しを引きつける。豪栄道、右半身になる。高安、そこを上手出し投げ。豪栄道、土俵に落ちる。

(4) 松鳳山戦 ○押し出し 7.5秒
 豪栄道、手をつこうとする。松鳳山、サッと手をついて素早く立ち、左肩から踏み込む。豪栄道、右肘を固めて頭から当たる。両者、突き放し合う。豪栄道、右で相手の左腕を抱え、右に開いてとったりに行き、押しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まって仰け反る。豪栄道、腰を下ろして押す。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。

(5) 隠岐の海戦 ○小手投げ 3.9秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。隠岐の海、左肩から踏み込む。豪栄道、頭から踏み込んで当たる。隠岐の海、左を差す。豪栄道、左下手を取り、右を巻き替えようとするがならず、右上手を探る。隠岐の海、腰を引いて上手を与えず、左差しで前に出る。。豪栄道、左差し手を抜いて引き、土俵際を右に回り、左で叩きながら右小手投げ。隠岐の海、土俵に転がり、豪栄道、俵の上、右足一本で残す。

(6) 魁聖戦 ○下手投げ 3.4秒
 魁聖、左手をつく。豪栄道、すぐに手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。魁聖、右手もついて立ち、両腕を内に入れる。豪栄道、右上手前廻しを取り、前に出ながら左下手を取る。魁聖、右小手投げに行こうと体を開く。豪栄道、そこを左下手投げ。魁聖、土俵に左手をつく。

(7) 御嶽海戦 ○上手出投 3.7秒
 御嶽海、先に手をつく。豪栄道、相手に見せるように右手をサッとついて立つ。御嶽海、頭から踏み込む。豪栄道、頭から踏み込み、右を差し、差し手を返して前に出ながら左上手を取る。御嶽海、右下手を探るが取れず。豪栄道、右差し手を抜き、右で頭を叩きながら左に回って左上手出し投げを下に打つ。御嶽海、土俵に転がる。勝負後、御嶽海、立ち上がるのに時間が掛かる。

(中) 照ノ富士戦 ●寄り切り 34.4秒
 豪栄道、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、右手を相手の前で振り、両差しになろうとする。照ノ富士、踏み込んで左前廻しを探る。豪栄道、腰を引いて廻しを与えず、右から突いていなす。照ノ富士、向き直って突き放す。豪栄道、右を差して下手を取り、左を巻き替えて差す。照ノ富士、右で差し手を抱え、左を巻き替えて差す。豪栄道、すぐに体を開いて右上手出し投げで振り、相手を左半身にして左喉輪で押し上げる。照ノ富士、左下手を取る。豪栄道、右上手を持って右に回り、右足外掛けに行く。照ノ富士、堪え、左下手を持って前に出る。豪栄道、右上手を持って右に回って相手を土俵際にし、右膝で相手の左膝に当てるが崩せず、また右上手を持って右に回り、右足で相手の左足を蹴り、左差し手を返して半身にする。照ノ富士、右で相手の左手首を掴んで差し手を外し、体勢を低くする。豪栄道、右に回り、左を差す。照ノ富士、右で差し手争い、右を差そうとする。豪栄道、左を巻き替える。照ノ富士、左下手前廻しを持って前に出る。豪栄道、土俵際を右に回って中に戻る。照ノ富士、右で相手の左手首を掴んで前に出る。豪栄道、俵に詰まる。照ノ富士、右を差して胸を合わせ、左下手を深くして寄る。豪栄道、上体が起きて俵を割る。

(9) 栃ノ心戦 ●寄り切り 10.7秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。豪栄道、ぴょんと立って頭から低く当たる。栃ノ心、右を差し、左上手前廻しに手を掛ける。豪栄道、右差し手を返して上手を与えず、左上手を取る。両者、右下手を取る。栃ノ心、左上手に手を伸ばす。豪栄道、両廻しを持って左に回り、相手を土俵際にして寄るが、胸が合う。栃ノ心、両廻しを引きつけて右に振り、相手を土俵際にする。豪栄道、左足を俵に掛けながら右下手投げに行く。栃ノ心、左上手を引きつけて堪え、右差し手を返し、相手を正面に置いて寄る。豪栄道、堪え切れずに俵を割る。

(10) 栃煌山戦 ○上手投げ 16.1秒
 豪栄道、先に手をつく。栃煌山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、左肘を固めて頭から踏み込む。豪栄道、両腕を交差させて頭から当たり、右肘でかち上げる。栃煌山、右を差す。豪栄道、左で押っ付け、一旦体を離す。栃煌山、左を差して差し手を返す。豪栄道、左下手を取る。栃煌山、右上手を取る。豪栄道、右上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。栃煌山、腰を捻って相手の下手を切る。豪栄道、切れた左下手を取り直すが、それを離して右上手出し投げで振る。栃煌山、左差しで向き直り、右も差して両差しになる。豪栄道、引く。栃煌山、乗じて前に出、両手で顎を押し上げ、右をねじ込んで差す。豪栄道、土俵際、左上手を取り、右で頭を叩きながら土俵際を左へ回る。栃煌山、足がついて行かず、土俵に落ちる。

(11) 正代戦 ●寄り切り 3.6秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、素早く立つ。正代、少し遅れてその場で立つ。豪栄道、左から張り、頭から当たる。正代、右肘を固めて当たる。豪栄道、右を差す。正代、左押っ付けで相手を半身にし、深い左上手を取ってすぐに左へ回る。豪栄道、右下手を取るが土俵際。正代、左上手を引きつけて寄る。豪栄道、あっけなく俵の外に出る。

(12) 勢戦 ○寄り切り 6.7秒
 勢、仕切り線少し後方で先に手をつく。豪栄道、手をサッとついて立つ。勢、ほぼその場で立ち、右腕を内に入れ、左肘を固める。豪栄道、やや左にずれながら頭から踏み込んで当たる。勢、右腕が上になって脇が開く。豪栄道、左を差して両廻しを取り、両廻しを引きつけて前に出る。勢、俵に足を掛けるが、堪えられずに俵を割る。

(13) 白鵬戦 ●腰砕け 0.7秒
 豪栄道、先に手をつく。白鵬、仕切り線少し後方で右、左とサッと手をつき、右手を相手の顔の前に出す。豪栄道、左肘を顔の前に出して右へ踏み出し、右から相手をかっぱじこうとする。白鵬、右肘を固めて当たり、左で肩越しの上手廻しを取ろうとする。豪栄道、当てようとした右肩が相手の脇下に入って半身になる。白鵬、左で肩越しの後ろ廻しを取る。豪栄道、体勢を崩して右膝から土俵に落ちる。豪栄道の「腰砕け」となる。

(14) 日馬富士戦 ●上手投げ 24.0秒
 豪栄道、先に手をつく。日馬富士、右手を土俵にかするようにし、両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、頭から踏み込み、豪栄道、頭で当たって両差しになろうとする。しかし、日馬富士の手つき不十分か、式守伊之助と土俵下の藤島審判長が勝負を止める。2度目、豪栄道、先に手をつく。日馬富士、左手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、右肘を固めて頭を下げる。日馬富士、頭から踏み込んで当たる。豪栄道、右のぞかせて前に出る。日馬富士、低い体勢で右前廻しを探る。豪栄道、右で頭を押さえつける。日馬富士、落ちずに前に出ながら左上手を取り、右下手も取って両廻し。豪栄道、右下手を取る。両者、右四つ、胸が合う体勢で止まる(約6秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。豪栄道、右下手投げに行き、右足で相手の左足を掛けようとする。日馬富士、相手の足をかわして堪える。両者、土俵に足を下ろす。豪栄道、右下手を持ち、左で押っ付けながら前に出る。日馬富士、両廻しを持って堪える。豪栄道、機を見て右下手投げで振る。日馬富士、堪え、機を見て素早く左に回り、土俵際、両廻しを持ったまま、宙で捻るようにして鮮やかな左上手投げ。豪栄道、土俵に落ちる。

(楽) 稀勢の里戦 ●押し出し 5.3秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。豪栄道、右肘を固めて頭から踏み込む。稀勢の里、左肘を固めて踏み込んで当たる。豪栄道、左を差し、右前廻しを探る。稀勢の里、左を差す。豪栄道、頭をつけて右に回り、右を巻き替えようとする。稀勢の里、そこを左から突く。豪栄道、前のめりに体勢を崩す。稀勢の里、後ろから押す。豪栄道、土俵際を右に回って向き直ろうとするが、右足が俵の外に出る。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》