魁聖 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-かいせい

初の三役、小結に昇進した先場所、8勝7敗と勝ち越した。→先場所の取組内容
新関脇として迎えた今場所、初日は対戦相手大砂嵐の休場により、不戦勝で白星発進。
二日目、綱取りが懸かる大関稀勢の里に寄り切られて、黒星。
三日目、同じ新関脇の栃ノ心を寄り切り、四日目は、小結の琴勇輝を押し出して連勝。3勝1敗と白星を先行させる。
四日目、小結の高安に上手投げ、五日目、大関の豪栄道に下手投げで敗れて連敗。3勝3敗と五分になる。
七日目、大関琴奨菊の休場で、今場所2度目の不戦勝。
中日、御嶽海を寄り切り、5勝3敗と白星先行。
九日目は1横綱3大関を倒した栃煌山に押し倒されて4敗目。
十日目は隠岐の海を寄り切って6勝目。
十一日目、十二日目は、両横綱と対戦して連敗。
十三日目、宝富士を寄り切って7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十四日目、妙義龍に押し出され、7勝7敗で迎えた千秋楽、角番脱出が懸かる大関照ノ富士に小股掬いで敗れ、7勝8敗と惜しくも負け越す。
負け越しは、今年1月場所以来、3場所ぶり。



(初) 大砂嵐戦 □ 不戦勝 
 大砂嵐、「左膝半月板損傷」のため、休場。

(2) 稀勢の里戦 ●寄り切り 21.3秒
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を内にして踏み込む。稀勢の里、両足でぴょんと立つ。魁聖、左を差して前に出る。稀勢の里、上体が起きるが、左下手を取って中に戻る。魁聖、左下手を取る。両者、土俵中央、左四つで少し止まる(約5秒間)。稀勢の里、左下手を引きつけながら右上手を取り、両廻しを引きつける。魁聖、爪先立ちで堪える。稀勢の里、両廻しを引きつけて前に出、俵で堪える相手を浮かせて寄り切る。

(3) 栃ノ心戦 ○寄り切り 26.4秒
 魁聖、仕切り線後方で先に手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を内に入れる。栃ノ心、やや左にずれて頭から踏み込み、左上手を取り、右を差す。魁聖、右差し手を返す。栃ノ心、右前廻しも取りながら前に出る。魁聖、肩越しの左上手、右下手を取る。両者、右四つ、互いに左にずれた体勢で組み合う。栃ノ心、腰を振って相手の下手を切る。魁聖、左上手を引きつけながら前に出、右下手を取り直す。栃ノ心、仰け反る体勢になるが堪え、左上手で振って前に出、右差し手を返して相手の上手を切ろうとするがならず、深い右下手を取り直す。魁聖、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、胸が合う体勢になり、左足が俵に掛かる。魁聖、両廻しを引きつけて寄る。栃ノ心、俵に両足を掛けて堪え、右差し手を返しながら上手を切ろうとするが切れず、離した右下手を取り直す。魁聖、休まず寄り立てる。栃ノ心、堪え切れずに俵を割る。

(4) 琴勇輝戦 ○押し出し 9.8秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に手をつく。琴勇輝、腰を下ろし、仕切り線少し後方でサッと手をつく。その直前、魁聖、素早く立ち、両腕を内に入れる。琴勇輝、両手突きから押し上げ、左に回る。魁聖、向き直る。琴勇輝、顎に向かって突き上げ、右喉輪で押し上げる。魁聖、仰け反って堪え、下からあてがいながら差そうとする。琴勇輝、押しながら前に出る。魁聖、俵に詰まり、右で突きながら右へ回り、体を入れ替えて突き放す。琴勇輝、俵の外に出、土俵下に落ちる。

(5) 高安戦 ●上手投げ 19.4秒
 魁聖、先に手をつく。高安、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、左肘を固めて頭から踏み込む。魁聖、両腕を内にして右肩から当たる。高安、左を差す。魁聖、左を差して差し手を返し、右上手前廻しを取る。高安、左半身で左下手を取り、腰を振って相手の上手を切り、正対して右上手に手を伸ばす。魁聖、腰を引いて上手を与えず、左下手を取る。両者、互いに右上手を探るが取れず。高安、右上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、右を巻き替えて両差しになるが、俵に詰まる。高安、左上手を離し、体を開いて土俵内へ右上手投げ。魁聖、土俵に落ちる。

(6) 豪栄道戦 ●下手投げ 3.4秒
 魁聖、左手をつく。豪栄道、すぐに手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。魁聖、右手もついて立ち、両腕を内に入れる。豪栄道、右上手前廻しを取り、前に出ながら左下手を取る。魁聖、右小手投げに行こうと体を開く。豪栄道、そこを左下手投げ。魁聖、土俵に左手をつく。

(7) 琴奨菊戦 □ 不戦勝 
 琴奨菊、「左膝内側側副靭帯損傷、左アキレス腱周囲炎」のため、休場。

(中) 御嶽海戦 ○寄り切り 8.9秒
 御嶽海、先に手をつく。魁聖、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、両手を出して頭から踏み込む。魁聖、両腕を内に入れて当たり、右を差す。御嶽海、頭をつけ、左で押っ付けながら左に回る。魁聖、右差し手を抜く。御嶽海、筈で押し上げる。魁聖、左を差して右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を取ってから右上手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、力なく俵を割る。

(9) 栃煌山戦 ●押し倒し 7.8秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に手をつく。栃煌山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。魁聖、両腕を内に入れて当たる。栃煌山、両差しになって前に出る。魁聖、左上手に手を伸ばす。栃煌山、両差し手を返して前に出る。魁聖、右から押っ付ける。栃煌山、左を差し直して前に出る。魁聖、上体が起きて土俵際。栃煌山、左で相手の右脇を押し上げる。魁聖、左足一本で俵の外に倒れる。

(10) 隠岐の海戦 ○寄り切り 6.2秒
 隠岐の海は仕切り線上で、魁聖は仕切り線少し後方で、両者、ほぼ同時に手をサッとついて立つ。魁聖、右肩から踏み込む。隠岐の海、右手を相手の顔の前で振り、左肩から当たって左を差し、右も差そうとする。魁聖、左で押っ付け、右上手前廻しに手を伸ばすが取れず、外から挟みつけながら前に出る。隠岐の海、左足が俵に詰まる。魁聖、左で押っ付け、右筈で相手の脇を押し上げて右を差し、右差し手を大きく返して深い右下手を取る。隠岐の海、右足一本で傾き、俵の外に出る。

(11) 白鵬戦 ●寄り切り 13.3秒
 魁聖、先に手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をつき、やや右にずれて素早く立ち、右肘を固めて当たる。魁聖、右肘を固めて当たる。白鵬、すぐに左上手前廻しに手を掛ける。魁聖、左上手を取り、腰を左に捻って相手の上手を切る。白鵬、右から掬って相手の上手を切ろうとする。魁聖、振られて右足一本になるが、上手を離さず。白鵬、左上手を取り、深い右下手に手を掛ける。魁聖、左上手を持って前に出ようとする。白鵬、右下手を取って両廻しになる。魁聖、右下手を探る。白鵬、背中を反らしながら右肘を張って相手の上手を切り、右差し手を返し、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、上体が起きて俵を割る。

(12) 日馬富士戦 ●上手出投 2.6秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に手をつく。日馬富士、腰を下ろし、手をサッとついて素早く立つ。魁聖、両腕を内に入れる。日馬富士、頭から踏み込んで当たり、すぐに左上手前廻しを取り、頭をつけ、左へ回って出し投げを打ちながら右で相手の右腕を取る。魁聖、体が飛んで、土俵に転がる。

(13) 宝富士戦 ○寄り切り 32.6秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に手をつく。宝富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。魁聖、素早く立ち、両腕を内に入れる。宝富士、左肘を固め、頭から踏み込んで当たる。魁聖、両差しになる。宝富士、左で小手に巻き、左へ回る。魁聖、右差し手を抜いて向き直り、両差しを狙う。宝富士、少し引いて体を離す。魁聖、前に出て左を差す。宝富士、左を差して差し手を返し、右で押っ付け、左下手を取る。両者、左四つで止まる(約4秒間)。魁聖、右で押っ付けながら前に出ようとする。宝富士、左下手を引きつける。両者、止まる(約8秒間)。宝富士、右で押っ付けながら右上手前廻しも取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。魁聖、土俵際、肩越しの右上手を取るが切れ、俵に左足を掛けながら右を巻き替えて両差しで堪えて残す。宝富士、両上手になる。魁聖、両差しで前に出る。宝富士、土俵際を右に回ろうとするが俵の外に出る。

(14) 妙義龍戦 ●押し出し 9.8秒
 魁聖、先に手をつく。妙義龍、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、両腕を内に入れる。妙義龍、左へ踏み出し、頭から当たって左にずれる。魁聖、向き直る。妙義龍、顎に向かって突き上げる。魁聖、あてがって前に出る。妙義龍、土俵際、右に回りながら叩く。魁聖、土俵際で前のめりになるが向き直る。妙義龍、頭から当たる。魁聖、右肘でかち上げ、突き放しながら前に出る。妙義龍、右上手を取り、右に回って出し投げを打つ。魁聖、向き直る。妙義龍、右前廻しを引きつけて前に出、土俵際、廻しを離して相手を押す。魁聖、右足を大きく上げて体勢を崩す。妙義龍、そこを更に押す。魁聖、土俵下に落ちる。

(楽) 照ノ富士戦 ●小股掬い 3.9秒
 魁聖、仕切り線後方で先に手をつく。照ノ富士、左、右と手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、右肘を固める。照ノ富士、低く踏み込み、右を差す。魁聖、左上手に手を伸ばすが取れず。照ノ富士、左上手前廻しを取り、すぐに出し投げで崩して相手の後ろにつく。魁聖、向き直ろうとするが右半身。照ノ富士、左上手を持ったまま、右で相手の右膝を抱え上げる。魁聖、重心が後ろになって土俵に尻餅をつく。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》