松鳳山 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-しょうほうざん

前頭11枚目だった先場所は、11勝4敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭4枚目の今場所は、初日は妙義龍を押し出して白星発進。
二日目から黒星が連なり、若手の正代、好調の嘉風、大関豪栄道に敗れて3連敗。
五日目、初日から4連勝だった角番大関照ノ富士を寄り切って2勝目。
六日目から2横綱を含む4人に4連敗。7敗目と後がなくなる。
翌十日目、今場所綱取りが懸かる稀勢の里を、立合い変化からの突き落としで破り、踏み止まる。
十一日目、琴勇輝を送り出して4勝目。
十二日目、御嶽海に寄り切られて負け越し決定。十三日目は、吊りが得意な栃ノ心を高々と吊り上げる場面もあったが、吊り返されて寄り切られて連敗。
十四日目、佐田の富士を上手投げで敗れて5勝目を上げるも、千秋楽に敗れる。
2大関を破るが、5勝10敗の成績。負け越し、二桁負けとも、2場所ぶり。



(初) 妙義龍戦 ○押し出し 6.6秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をつく。松鳳山、右から張り、右で廻しを狙う。妙義龍、突き放そうとする。松鳳山、低い体勢で下がらず。妙義龍、叩きながら左へ下がる。松鳳山、乗じて前に出る。妙義龍、土俵際、両手で押し上げて相手を起こして前に出、右から張って右を差す。松鳳山、右を差し、土俵際、左で小手に巻いて相手の差し手を外し、左で廻しを探る。妙義龍、上体が起き、叩きながら下がる。松鳳山、乗じて押しながら一気に前に出る。妙義龍、土俵下に吹っ飛ぶ。

(2) 正代戦 ●寄り倒し 4.6秒
 松鳳山は仕切り線上で、正代は仕切り線かなり後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。松鳳山、頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たり、左をのぞかせる。松鳳山、右で押っ付け、左喉輪で突き上げる。正代、下がらず、左差しで前に出る。松鳳山、俵に足を掛け、両手で相手の左腕を抱えて網打ち気味に振ろうとする。正代、左差し手を突きつけて寄る。松鳳山、俵の外に倒れ、その後、両者、土俵下に転落。

(3) 嘉風戦 ●寄り切り 5.2秒
 嘉風、先に両手をつく。松鳳山、仕切り線後方で手をサッとつき、右から張る。嘉風、構わず頭から低く踏み込み、前に出る。松鳳山、突っ張る。嘉風、左を差す。松鳳山、土俵際、両手で相手の左腕を抱える。嘉風、深い右上手を取る。松鳳山、右で小手に振ろうとするが、仰け反って俵を割る。

(4) 豪栄道戦 ●押し出し 7.5秒
 豪栄道、手をつこうとする。松鳳山、サッと手をついて素早く立ち、左肩から踏み込む。豪栄道、右肘を固めて頭から当たる。両者、突き放し合う。豪栄道、右で相手の左腕を抱え、右に開いてとったりに行き、押しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まって仰け反る。豪栄道、腰を下ろして押す。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。

(5) 照ノ富士戦 ○寄り切り 20.6秒
 松鳳山、右手をつくが戻す。照ノ富士、左手をつこうとする。松鳳山、右手をサッとついてふわっと突っ掛ける。2度目、松鳳山、先に右手をつく。照ノ富士、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右から張る。松鳳山、低く当たって両差しを狙う。照ノ富士、左押っ付けで上手を探る。松鳳山、体を離して突き放す。照ノ富士、左から張る。松鳳山、再び両差しになろうとする。照ノ富士、右で差し手を抱える。松鳳山、右も差して両差しになる。照ノ富士、肩越しの上手を探る。松鳳山、すぐに右に回って廻しを与えず、両差し手を返して相手を起こす。照ノ富士、外から抱える体勢。松鳳山、右下手を持って右に回り、左下手も取る。照ノ富士、外から抱え、左へ振る。松鳳山、左下手が切れる。照ノ富士、外から極めようとする。松鳳山、左肘を張って極めさせず、再び左下手を取り、左足で内掛けに行く。照ノ富士、それをかわす。松鳳山、両下手を持ち、仰け反るようにして一瞬相手を浮かせて前に出る。照ノ富士、俵に両足を掛けて堪える。松鳳山、相手に体を預けるようにして寄る。照ノ富士、土俵下に落ちる。

(6) 日馬富士戦 ●上手出投 10.5秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。日馬富士、踏み込む。松鳳山、右手を出し、やや左へ踏み出し、相手の右腕を取ろうとする。日馬富士、少し下がって取られた腕を抜き、左から張る。松鳳山、押す。両者、体が離れて見合う。日馬富士、土俵際から押しながら少し中に戻り、顎に向かって突っ張る。松鳳山、下からあてがい、前に出ようとする。日馬富士、土俵際、肩越しに左上手を取り、右で叩きながら出し投げ。松鳳山、前のめりになって俵の外に手と足をつく。その後、日馬富士、相手の足に押される形で、右足が俵に外に出る。

(7) 隠岐の海戦 ●突き落し 2.4秒
 隠岐の海、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。隠岐の海、両腕を内に入れて当たる。松鳳山、顎に向かって突き上げる。隠岐の海、左から突く。松鳳山、つんのめって土俵に両手をつく。

(中) 白鵬戦 ●送り出し 10.0秒
 白鵬は右、左と、松鳳山は両手を、サッとついてほぼ同時に立つ。白鵬、右肘を固めて当たる。松鳳山、やや左にずれ、左肘を固めて相手に差させず。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、突き放し、左喉輪で押し上げながら右で押っ付ける。松鳳山、左喉輪で押し上げようとするが届かず。白鵬、喉輪を外し、両者、突き放し合う。白鵬、引く。松鳳山、乗じて前に出る。白鵬、土俵際、左を差して肩透かしに行きながら左に回り、左で突いて体を入れ替える。松鳳山、後ろ向きに俵に詰まる。白鵬、そこを押して俵の外に出す。

(9) 豪風戦 ●送り出し 7.3秒
 豪風、手をつこうとする。松鳳山、すぐにサッと手をつき、突っ掛ける。2度目、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。松鳳山、右から張る。豪風、押し上げ、少し引く。松鳳山、乗じて突き放しながら前に出、右で押っ付ける。豪風、土俵際、左に開く。松鳳山、俵に詰まるが、向き直って右から張る。豪風、左を差し、右で叩きながら土俵際を素早く左へ回り、左で脇を押し上げながら体を入れ替える。松鳳山、上体が起き、土俵際後ろ向きになる。豪風、相手の背中を押す。松鳳山、土俵下に落ちる。

(10) 稀勢の里戦 ○突き落し 1.2秒
 松鳳山は仕切り線すぐ後ろで、稀勢の里は仕切り線少し後方で、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。松鳳山、左腕を前に出して差しに行くと見せながら、右に変わって右から突く。稀勢の里、前に泳いでバッタリ落ちる。

(11) 琴勇輝戦 ○送り出し 6.8秒
 琴勇輝、仕切り線後方で手をつこうとする。松鳳山、素早く手を動かして立ち、右から張る。琴勇輝、踏み込んで突き放し、左喉輪で押し上げる。松鳳山、土俵際を素早く右へ回り、右から突く。琴勇輝、前に泳いで俵に詰まる。松鳳山、後ろから抱えて前に出る。琴勇輝、俵の上で向き直ろうとするが、外に出る。

(12) 御嶽海戦 ●寄り切り 31.1秒
 御嶽海、先に手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、右から張る。御嶽海、張り手を受けながら頭で当たる。松鳳山、左を差して右上手を取り、左差し手を返す。御嶽海、左下手を取る。松鳳山、左下手を取る。御嶽海、すぐに腰を振って相手の下手を切る。松鳳山、右上手を引きつけて前に出ようとする。御嶽海、下手を引きつけて堪える。松鳳山、左下手をに手を掛けて取る。両者、少し止まる(約4秒間)。松鳳山、右上手を持ち、左で頭を押さえながら右に回る。御嶽海、その機に右前廻しを取る。松鳳山、左を差して深い左下手を取る。御嶽海、両廻しを持って左へ振り、相手を土俵際にする。松鳳山、土俵際堪えて中に戻り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、土俵際、左へ振って相手を土俵際にする。松鳳山、俵の上で堪えようとするが、俵の外に出る。

(13) 栃ノ心戦 ●寄り切り 6.5秒
 栃ノ心、手をつく。松鳳山、すぐに手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて左を差そうとする。栃ノ心、右肘を固めて当たる。松鳳山、左を差して差し手を返し、右も差す。栃ノ心、肩越しの両上手を取る。松鳳山、深い両下手を取り、土俵内で相手を高々と吊り上げる。栃ノ心、土俵に下り、すぐに相手を吊り上げ返し、右へ振って相手を土俵際にして寄り切る。

(14) 佐田の富士戦 ○上手投げ 11.1秒
 佐田の富士、サッと手をついて先に立ち、松鳳山、遅れてその場で立つが、木村晃之助が止める。2度目、松鳳山、先に手をつく。佐田の富士、仕切り線少し後方で手をサッとつく。松鳳山、両腕を内に入れて立つ。佐田の富士、両手突き。松鳳山、深い右上手を取って肘を締める。佐田の富士、左を差して左半身で深い左下手を取り、右上手を探る。松鳳山、機を見て上体を起こし、左で頭を叩きながら右上手投げで振る。佐田の富士、土俵に落ちる。

(楽) 豊響戦 ●押し出し 3.8秒
 両者、ほぼ同時に手をつき、松鳳山、突っ掛け気味に立って踏み込む。豊響、その場で立って頭から当たるが、木村晃之助が止め、藤島審判長も手を上げる。2度目、松鳳山、手をサッとつき、相手が手をつく前に踏み込む。豊響、その場で立ち、松鳳山、右から張るが、木村晃之助が止め、藤島審判長も手を上げる。3度目、豊響、仕切り線少し後方で先に手をつく。松鳳山、手をサッとつく。豊響、右肘を固めて頭から踏み込む。松鳳山、両腕を内に入れて左肩から当たる。豊響、突き放しながら前に出る。松鳳山、土俵際、右喉輪で押し上げる。豊響、右喉輪で押し返す。松鳳山、仰け反り、左で喉輪を突き外しながら俵伝いに左へ回るが、体勢を崩して俵の外に出る。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》