正代 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-しょうだい

自己最高位の前頭2枚目だった先場所は、6勝8敗とデビュー後初めて負け越した。→先場所の取組内容
場所前は、熊本県出身力士として佐田の海らと熊本県庁を訪問して力士会で集めた募金約461万円を渡したり、2度も震度7を記録した益城町の小学校などを慰問した。
前頭5枚目の今場所、初日は勢、二日目は松鳳山を破って連勝スタート。
三日目の逸ノ城戦、1分50秒の相撲の末に寄り切られて初黒星。
四日目、一つ年上で大学時代に対戦経験もある遠藤とプロ入り後初対戦。寄り切りで勝って3勝目。
五日目も勝ち、序盤4勝1敗と白星先行。
七日目、土俵際で体を入れ替えた蒼国来を、うっちゃりで外に出し、5勝目。
中日、上位に休場者が続出したため、本来当たらないはずの横綱日馬富士と対戦。寄り切られて3敗目。
九日目から3連勝。一つ年下の御嶽海とは1分40秒を超える相撲の末の寄り切り。また、先場所初対戦で敗れた大関豪栄道も破り、十一日目に勝ち越しを決める。
十二日目、綱取りが懸かる大関稀勢の里を、一旦土俵際にするも、体を入れ替えられて突き出され、4敗目。
十三日目、角番大関の照ノ富士を寄り切って9勝目。照ノ富士戦は初対戦の先場所に続いて2勝。
十四日目は栃煌山、千秋楽は栃ノ心に敗れて連敗。
今場所は、2大関を破り、9勝6敗の成績。勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 勢戦 ○下手投げ 14.7秒
 勢、先に手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつく。勢、低く踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、右を差す。勢、左押っ付けで押し上げ、上体を起こして左を巻き替え、前に出る。正代、頭をつけて右から押っ付け、土俵際、左に回って左下手を取る。勢、体を開いて右小手投げに行く。正代、左差し手を突きつけて堪え、右も差して両差しになる。勢、再び体を開いて右小手投げに行く。正代、深い左下手を取って堪える。勢、更に体を開いて右小手投げで振り回す。正代、堪え、土俵際今度は自分が体を開いて下手投げ。勢、土俵に落ち、その後、正代、土俵に落ちる。

(2) 松鳳山戦 ○寄り倒し 4.6秒
 松鳳山は仕切り線上で、正代は仕切り線かなり後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。松鳳山、頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たり、左をのぞかせる。松鳳山、右で押っ付け、左喉輪で突き上げる。正代、下がらず、左差しで前に出る。松鳳山、俵に足を掛け、両手で相手の左腕を抱えて網打ち気味に振ろうとする。正代、左差し手を突きつけて寄る。松鳳山、俵の外に倒れ、その後、両者、土俵下に転落。

(3) 逸ノ城戦 ●寄り切り 109.5秒
 逸ノ城、先に両手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、立つ。逸ノ城、右肘を固める。正代、右を差すが、正代の手つきが不十分と見たか、木村晃之助が立合いを止める。2度目、正代、仕切り線後方で手をつく。逸ノ城、ちょんと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。正代、両腕を内に入れる。逸ノ城、右肘を固めて低く当たり、左上手に手を掛ける。正代、左を差そうとするがならず、左に回って体を離して土俵際。逸ノ城、、前に出て押し上げる。正代、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。逸ノ城、右で小手に巻き、左を差す。正代、左下手を取って左へ回る。逸ノ城、深い右上手を取る。正代、右で差し手争いをし、右下手を取る。逸ノ城、すぐに左を巻き替えて差し、左下手を取る。正代、両廻しを引きつけて土俵中央に戻る。両者、左四つ、胸が合う体勢で止まる(約7秒間)。正代、腰を振って相手の廻しを切ろうとするが切れず。逸ノ城、左下手を離す。両者、再び止まる(約13秒間)。正代、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、右上手を持ち、俵に足を掛けて堪え、少し中に戻って左下手を探る。正代、腰を捻って下手を与えず。逸ノ城、左下手を取って両廻しになる。両者、左四つがっぷりで止まる(約13秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけて前に出る。正代、左下手で振って堪える。両者、左四つがっぷりで止まる(約34秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけて前に出る。正代、左に回って堪える。両者、止まる(約7秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけてどんどん前に出る。正代、上体が起きて土俵下に落ちる。

(4) 遠藤戦 ○寄り切り 3.9秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。遠藤、手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、左を差して差し手を返し、右も差そうとしながら前に出る。遠藤、下がりながら左を巻き替えようとし、左前廻しを取るが上体が起きて土俵際。正代、左差し手を突きつけ、右上手を取って寄る。遠藤、腰が伸びて俵を割る。

(5) 千代鳳戦 ○寄り切り 4.9秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、静止してから左手をつき、少し間を置いて右手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、左腕を内に入れて右肘を固めて当たり、左を差し、右もねじ込みながら前に出る。千代鳳、左脇を固めて差させず。正代、右押っ付けから右を差して差し手を大きく返す。千代鳳、俵に両足が掛かり、左で首を巻く体勢になる。正代、右下手を取り、腰を下ろして寄り切る。

(6) 宝富士戦 ●送り出し 7.7秒
 宝富士、先に手をつく。正代、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。宝富士、左に回って体を離し、土俵際、相手の右腕を手繰りながら更に左へ回り、左で後ろ廻しを取る。正代、押して廻しを切ろうとするが切れず。宝富士、相手の後ろに回って前に出る。正代、俵の上で向き直ろうとする。宝富士、左肘で押す。正代、俵を割る。

(7) 蒼国来戦 ○打っ棄り 11.4秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。蒼国来、すぐに左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。正代、右肘を固める。蒼国来、左へ踏み出し、左肘を固めて当たる。正代、右肘を固めて当たり、左を差し、右は差せずに抜く。蒼国来、左下手を取る。正代、右で相手を引っ張り込み、右腕を伸ばして肩越しの上手を取る。蒼国来、右上手前廻しも取って両廻し。正代、右上手を持って前に出、左下手も取る。蒼国来、少し右に回って堪え、両廻しを引きつけて体を入れ替え、寄る。正代、相手を吊り上げて右に振ってうっちゃり。蒼国来、俵の外に出る。

(中) 日馬富士戦 ●寄り切り 9.0秒
 正代、仕切り線少し後方で先に手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線少し後方でサッと手をつき、素早く立って左手を出す。正代、その場で立って右肘を固める。日馬富士、左喉輪で押し上げながら前に出る。正代、大きく仰け反るが堪え、右を差す。日馬富士、頭をつけて左前廻しに手を掛ける。正代、土俵際、右で差し手を抱えて小手に振る。日馬富士、土俵際、相手の左腕を抱えてとったりで振って中に戻り、下がって土俵際再びとったりに行こうとする。正代、取られた左腕を抜くが土俵際。日馬富士、素早く相手の後ろに回ろうとする。正代、向き直る。日馬富士、左から張り、深い左下手を取って前に出る。正代、土俵際、叩こうとするが、体が飛んで土俵下に落ちる。その後、日馬富士、土俵下に落ちる。

(9) 碧山戦 ○寄り切り 3.8秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。碧山、右、左とサッと手をつき、素早く立って両手突きに行く。正代、遅れてその場で立つ。碧山、顎に向かって押し上げる。正代、下からあてがって堪え、左から突いて相手の腕を外し、押し上げながら一気に前に出る。碧山、上体が起きて俵に詰まる。正代、左を差し、差し手を返して寄る。碧山、土俵下に落ち、花道でよろけて倒れる。

(10) 御嶽海戦 ○寄り切り 101.5秒
 御嶽海、先に手をつく。正代、仕切り線かなり後方で手をサッとつく。御嶽海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。正代、左を差す。御嶽海、すぐに右を巻き替えて差す。正代、すぐに深い左上手を取る。御嶽海、右下手を取り、正代、左上手を持ち、左に回りながら上手投げに行き、右を差す。御嶽海、頭をつけ、左で押っ付ける。正代、右を徐々に深く差し、下手を探る。御嶽海、頭をつけ、右下手を持ったやや右半身の体勢で左から押っ付ける。両者、少し止まる(約4秒間)。正代、右差し手を返して相手を起こす。御嶽海、再び体勢を低くする。正代が右差しで左上手を持ち、御嶽海が頭を相手の右肩につけて左で押っ付け、右下手を持ったやや右半身の体勢で、両者、しばらく止まる(約31秒間)。正代、右を深く差して下手を取る。御嶽海、右下手で振りながら右に回る。正代、腰を捻って相手の下手を切り、右差し手を抜いて左へ回り、右前廻しを探る。御嶽海、左で相手の右手首を掴む。正代、じりじり左へ回る。御嶽海、右半身の体勢になる。両者、止まる(約14秒間)。正代、左上手を引きつけて前に出、上手で振って相手と正対し、右下手を取る。御嶽海、腰を捻って下手を切り、右半身になる。両者、しばらく止まる(約35秒間)。御嶽海、右下手を持って体勢を低くする。正代、右前廻しを取り、両廻しを持って一気に前に出る。御嶽海、土俵際、体を開いて右下手出し投げに行くが、先に俵の外に出る。正代、投げられて土俵下に落ち、御嶽海、土俵下に飛び落ちる。

(11) 豪栄道戦 ○寄り切り 3.6秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、素早く立つ。正代、少し遅れてその場で立つ。豪栄道、左から張り、頭から当たる。正代、右肘を固めて当たる。豪栄道、右を差す。正代、左押っ付けで相手を半身にし、深い左上手を取ってすぐに左へ回る。豪栄道、右下手を取るが土俵際。正代、左上手を引きつけて寄る。豪栄道、あっけなく俵の外に出る。

(12) 稀勢の里戦 ●突き出し 7.0秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。稀勢の里、仕切り線少し後方でサッと手をついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たり、左を差して差し手を返し、右で差し手争いし、両差しになって前に出る。稀勢の里、下がりながら左を巻き替え、土俵際、左から強烈に掬う。正代、左足一本で傾くが堪える。稀勢の里、右で頭を押さえ、左に回って体を入れ替える。正代、土俵際向き直る。稀勢の里、突き放す。正代、俵の上で左から突き、左へ回ろうとする。稀勢の里、向き直り、胸を突く。正代、俵を割る。

(13) 照ノ富士戦 ○寄り切り 11.9秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。照ノ富士、左、右と手をついて立つ。正代、右肘を固める。照ノ富士、右肘を固め、低く踏み込んで左上手に手を掛ける。正代、腰を引いて相手の上手を切る。照ノ富士、左押っ付けで押し上げ、左を差す。正代、左下手を取り、土俵際、下手投げで振り、右を巻き替え、両差しで前に出る。照ノ富士、外から抱えて上体が起きるが、土俵際、左小手投げで振って体を入れ替える。正代、右下手を取って一気に前に出る。照ノ富士、土俵際、右小手で振る。正代、前に出続け、右差し手を突きつけながら左筈で胸を押す。照ノ富士、ついに俵を割る。

(14) 栃煌山戦 ●寄り切り 11.1秒
 正代、仕切り線後方で先に手をつく。栃煌山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たり、右を差す。栃煌山、頭をつけ、左で押っ付けながら前に出る。正代、俵に詰まるが、叩きながら左に開く。栃煌山、向き直り、突き放し、右から張って両差しになる。正代、右上手に手を伸ばすが取れず、土俵際、左小手投げに行こうとする。栃煌山、左前廻しを取って堪え、右差し手を突きつけて寄り切る。

(楽) 栃ノ心戦 ●叩き込み 7.1秒
 栃ノ心は仕切り線すぐ傍で、正代は仕切り線かなり後方で、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃ノ心、右肘を固めて低く踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たる。栃ノ心、左上手前廻しを取る。正代、腰を引いて上手を切り、土俵際を左へ回る。栃ノ心、突き放しながら前に出る。正代、土俵際を左へ回り、左を差し、右もねじ込みながら前に出る。栃ノ心、右で押っ付けながら土俵際を右へ回り、左で頭を叩き、右から突く。正代、土俵に落ちて転がる。軍配、栃ノ心。「物言い」がつき、栃ノ心が髷を掴んだか協議した結果、「髪を掴んでいない」と判断、「軍配通り」栃ノ心の勝ち。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》