嘉風 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-よしかぜ

前頭4枚目の先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭5枚目の今場所、初日から4連勝。
五日目、やはり初日から4連勝の逸ノ城と対戦し、押し出しで初黒星。この取組で、右目まぶたを切って出血する。
翌六日目、休場するかと思われたが、縫った右まぶたが腫れてほとんど見えない状態で出場。大翔丸を押し倒して5勝目を上げる。この日全勝が消えたため、1敗でトップの9人の中に入る。
七日目は、宝富士に寄り切られて2敗目を喫するものの、中日に千代鳳を下手投げで破って6勝目。
九日目、1敗でトップの4人のうちの一人、横綱日馬富士を叩き込んで5個目の金星獲得。勝ち越しまであと一つとする。
十日目、十一日目と連敗して足踏み。
十二日目、2敗でトップの4人のうちの一人、小結の高安を激しい攻めで押し倒し、勝ち越しを決める。
十三日目は勝ち越しの懸かる栃煌山を、十四日目は負ければ負け越しの佐田の海を破って3連勝。二桁勝利を上げる。
千秋楽は敗れたものの、優勝した横綱日馬富士に勝利したことが評価され、2度目の殊勲賞受賞。10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越しは1月場所以来、3場所ぶり。二桁勝利は、昨年9月場所以来、5場所ぶり。



(初) 碧山戦 ○押し出し 8.6秒
 嘉風、先に両手をつく。碧山、右手をつこうとする。嘉風、素早く立つが、碧山、立てず。2度目、嘉風、先に両手をつく。碧山、サッと手をついて素早く立ち、両差しを狙う。嘉風、頭から当たり、突き放す。碧山、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず、体勢を低くして前に出、土俵際の相手の腹を押す。碧山、土俵下に落ちる。

(2) 勢戦 ○寄り切り 16.6秒
 嘉風、先に手をつく。勢、仕切り線後方でサッと手をつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。勢、右肘でかち上げ、突き放す。嘉風、頭を下げて当たり、突っ張り、左で張って左に回り、左上手を取って左に回りながら右で頭を押さえつけ、突っ張り、中に入って押す。勢、土俵際、左を差し、右で小手に巻く。嘉風、左差しで頭をつける。勢、体を開いて右小手投げに行く。嘉風、体を寄せて堪え、左下手を取る。勢、右で差し手を抱えて前に出、右小手で振ってからさらに前に出る。嘉風、左下手を離さず前に出、右も差して寄る。勢、俵に両足を掛け、外から抱える体勢で堪えるが、上体が起きて土俵下に落ちる。

(3) 松鳳山戦 ○寄り切り 5.2秒
 嘉風、先に両手をつく。松鳳山、仕切り線後方で手をサッとつき、右から張る。嘉風、構わず頭から低く踏み込み、前に出る。松鳳山、突っ張る。嘉風、左を差す。松鳳山、土俵際、両手で相手の左腕を抱える。嘉風、深い右上手を取る。松鳳山、右で小手に振ろうとするが、仰け反って俵を割る。

(4) 妙義龍戦 ○押し倒し 2.1秒
 嘉風、先に手をつく。妙義龍、右手をサッとつく。嘉風、頭から踏み込む。妙義龍、右から張って左を差す。嘉風、左をのぞかせ、右で押っ付ける。妙義龍、相手の当たりで上体が起き、叩きながら引く。嘉風、乗じて押しながら前に出る。妙義龍、俵の外に崩れ落ちる。

(5) 逸ノ城戦 ●押し出し 4.6秒
 嘉風、先に手をつく。逸ノ城、仕切り線少し後方でサッと手をつく。嘉風、素早く立って、頭から踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差そうとする。逸ノ城の手つき不十分か、木村晃之助、立合いを止める。嘉風、右目が痛いのか顔をしかめる。2度目、嘉風、先に手をつく。逸ノ城、仕切り線少し後方でサッと手をついて立つ。嘉風、立てず。3度目、逸ノ城、先に手をつく。嘉風、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たり、右をねじ込む。嘉風、左に回って体を離し、右から張って中に入ろうとする。逸ノ城、突き放す。嘉風、俵の外に出、右目を痛そうにして土俵下に落ちる。嘉風、右目付近から出血。右瞼を切ったよう。

(6) 大翔丸戦 ○押し倒し 4.8秒
 嘉風、先に手をつく。大翔丸、手をサッとつく。嘉風、頭から踏み込む。大翔丸、両手突きで相手を起こし、前に出る。嘉風、左を差す。大翔丸、右押っ付けで前に出ようとする。嘉風、差し手を抜いて体を離し、叩いて左上手を取って素早く左へ回り、廻しを離して押す。大翔丸、足が前になって仰け反り、後ろ向きに倒れる。

(7) 宝富士戦 ●寄り切り 16.2秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に手をつく。宝富士、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って左肩から踏み込む。嘉風、頭から低く当たる。宝富士、左を差そうとする。嘉風、左を差し、右押っ付けから右を巻き替えて差す。宝富士、左で差し手を極めて小手に振ろうとする。嘉風、差し手を抜いて押し上げ、向き直る。両者、体が離れる。嘉風、前に出ながら両差しになろうとする。宝富士、土俵際、左上手を探る。嘉風、引いて右に開く。宝富士、泳いで中に戻る。嘉風、左喉輪で押し上げる。宝富士、撥ね上げて喉輪を外す。嘉風、左を差す。宝富士、右で差し手を抱え、左下手を探る。嘉風、右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を探り、右を巻き替えながら前に出る。宝富士、土俵際、左小手投げを打ちながら左へ回って体を入れ替える。嘉風、土俵際。宝富士、左を差し、右上手を取って引きつけ、寄り切る。

(中) 千代鳳戦 ○下手投げ 16.3秒
 嘉風、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方でちょんと手をつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。嘉風、やや左にずれ、左肘を固めて当たる。千代鳳、右で廻しに手を伸ばすが取れず、右で押っ付ける。嘉風、突っ張る。千代鳳、左を差して下手を取る。嘉風、左を差して差し手を返し、右上手を取る。千代鳳、左下手投げで振る。嘉風、左を差して下手も取る。千代鳳、右上手も取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。嘉風、土俵際、両廻しを持って左へ回り、上手を離して右を巻き替えようとする。千代鳳、左上手を離して左を巻き替え返し、左下手を取り直し、前に出る。嘉風、左に回り、土俵際、体を開いて左下手投げに行く。千代鳳、両廻しが切れる。嘉風、土俵際、右を差して深い両下手を取り、逆の右に回りながら結び目向うの右下手を取って投げる。千代鳳、土俵に落ちる。

(9) 日馬富士戦 ○叩き込み 13.1秒
 嘉風、先に手をつく。日馬富士、腰を下ろすがなかなか手をつかず。嘉風、ついていた手を戻し、立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込み、両者、頭で当たり合う。日馬富士、低い体勢で前に出、突き放しながら前に出る。嘉風、土俵際、左に回る。日馬富士、突っ張る。嘉風、左を差す。日馬富士、右上手を探る。嘉風、体を離す。両者、見合う。日馬富士、左から張り、右でかち上げる。嘉風、左肘を固めて当たる。日馬富士、左から張り、右でかち上げる。嘉風、相手の腕を下から撥ね上げて体を離す。また、両者、見合う。日馬富士、左から張って右でかち上げる。嘉風、撥ね上げて体を離す。両者、見合う。日馬富士、両手で相手の頭を叩き、右を差す。嘉風、そこを突き放す。日馬富士、足が前になり、体勢を崩して下がり、土俵際、頭を下げる。嘉風、そこを押し上げてから叩く。日馬富士、前にバッタリ落ちる。

(10) 千代の国戦 ●叩き込み 3.4秒
 嘉風、先に両手をつく。千代の国、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、素早く立って頭から踏み込む。嘉風、頭を下げ、両者、頭で当たり合う。千代の国、両手で顔を押し上げる。嘉風、左を差す。千代の国、右押っ付けるがすぐに引く。嘉風、乗じて前に出る。千代の国、土俵際、叩きながら右に回る。嘉風、前のめりになりながら相手の左足を抱え上げる。千代の国、土俵際、右足一本で堪えながら、左手で後ろにある相手の頭を叩く。嘉風、落ちて土俵下に転がり落ちる。千代の国、右足一本で残す。

(11) 照ノ富士戦 ●叩き込み 0.8秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込もうとする。照ノ富士、その場で立ち、叩きながら右に開き、左で頭を押さえつける。嘉風、土俵に落ちる。

(12) 高安戦 ○押し倒し 14.3秒
 嘉風、先に手をつく。高安、腰を下ろす。嘉風、ついていた手を戻すが、再び先につく。高安、手をつかず、立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、左肘を固めて頭から踏み込み、左を差す。嘉風、右で差し手を極め上げる。高安、上体を起こして左差し手を抜く。嘉風、突っ張り、左を差して前に出る。高安、土俵際、左前廻しを探る。嘉風、引きながら右で廻しを切り、左で顔を張る。両者、体が離れる。嘉風、左で顔を突き上げ、両者が右喉輪で突き放す。両者、体が離れる。高安、左から張ろうとするが空振り。嘉風、頭を下げて左肘を固めて当たり、両手で突き放す。両者、体が離れる。高安、右、左と張る。嘉風、その機に頭から当たり、突き放して一気に前に出る。高安、土俵際、右から突いて右に回って残す。嘉風は右から、高安は左から張る。嘉風、押しながら前に出る。高安、叩きながら下がり、土俵際を右に回ろうとして体勢を崩す。嘉風、そこを右喉輪で突き上げる。高安、後ろ向きに倒れて土俵に尻餅をつく。その後、嘉風、前に飛んで俵の外に両手をつく。

(13) 栃煌山戦 ○寄り切り 6.8秒
 嘉風、先に手をつく。栃煌山、手をサッとつき、左肘を固める。嘉風、左肘を固め、頭から低く踏み込んで当たる。栃煌山、両差しを狙う。嘉風、顎に向かって突き上げる。栃煌山、右から張ろうとする。嘉風、左押っ付けで張り手を防ぐ。両者、体が離れる。栃煌山は左から、嘉風は右から張る動きをする。栃煌山、両差しを狙う。嘉風、頭から当たり、右上手に手を掛ける。栃煌山、左差し手を返して上手を与えず。嘉風、深い左下手を取り、頭をつけて前に出る。栃煌山、俵に両足を掛けて左を差そうとする。嘉風、左下手を持ち、右で相手の手首を掴みながら相手を起こす。栃煌山、上体が起きて俵を割る。

(14) 佐田の海戦 ○叩き込み 2.2秒
 佐田の海、先に手をつく。嘉風、仕切り線少し後方で右手をつき、左手を動かす。佐田の海、突っ掛ける。2度目、嘉風、手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。嘉風、やや左に踏み出し、左肘を固めて頭から当たり、叩きながら引く。佐田の海、土俵にバッタリ落ち、嘉風、俵の上左足一本で残る。

(楽) 貴ノ岩戦 ●寄り切り 7.5秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、右肘を固めて右肩から踏み込む。嘉風、頭から当たる。貴ノ岩、右を差す。嘉風、右で押し上げながら左を巻き替えて差す。貴ノ岩、右で押っ付け、左下手を取る。嘉風、左下手を取って前に出る。貴ノ岩、土俵際右を巻き替えて差し、右で後ろ廻しを取って両下手。嘉風、左上手を持って寄り、廻しを離して両手で押す。貴ノ岩、俵の上、右下手を持って仰け反るが堪える。嘉風、右を巻き替え、左で肩越しの上手を取る。貴ノ岩、乗じて両廻しを持って一気に寄り切る。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》