佐田の海 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-さだのうみ

東前頭10枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、同じ熊本県出身の正代、天鎧鵬らと力士会で熊本地震被災者支援のために集めた募金を熊本県庁で贈呈、2度も震度7を記録した益城町の小学校などを慰問した。また、師匠から勧めれ、体重を5kgほど増量。
西前頭10枚目で迎えた今場所、初日は大栄翔に押し出されて黒星発進。
二日目から白星が連なり、六日目、初日から5連勝で単独トップの逸ノ城を寄り切って5連勝。1敗でトップの9人の中に入る。
七日目に敗れて2敗に後退するも、中日に輝を押し出して6勝目。
九日目から黒星が連なり、十三日目の千代鳳戦では一度は軍配をもらうも「差し違え」で敗れる。
十四日目、今場所好調の嘉風に叩き込まれ、6連敗で負け越しが決まる。
千秋楽、遠藤を押し出して7勝目。7勝8敗で今場所を終える。
負け越しは昨年7月場所以来、7場所連続。7勝8敗の成績は4場所連続。



(初) 大栄翔戦 ●押し出し 3.6秒
 大栄翔、先に手をつく。佐田の海、右手をつき、左手をサッと動かし、素早く立って踏み込む。大栄翔、その場で立ち、右手を出して頭から当たる。佐田の海、突き放す。大栄翔、下がらず、右喉輪で押し上げる。佐田の海、下がりながら右を差そうとする。大栄翔、乗じて一気に前に出る。佐田の海、土俵下に吹っ飛ぶ。

(2) 玉鷲戦 ○押し出し 9.1秒
 佐田の海、先に手をつく。玉鷲、サッと手をつき、右手を出して頭から踏み込む。佐田の海、頭で当たる。両者、相手の頭を突き起こし、押し合う。佐田の海、引く。玉鷲、乗じて前に出、突き放す。佐田の海、土俵際を右に回り、右をのぞかせて前に出、左筈で押す。玉鷲、土俵際、右で突き落とそうとするが俵の外に出る。佐田の海、体が飛んで土俵に転がる。

(3) 徳勝龍戦 ○寄り切り 7.7秒
 佐田の海、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。佐田の海、右肘を固めて当たり、左を深く差して下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱えて前に出る。佐田の海、右上手を取るが、俵に両足が掛かる。徳勝龍、右上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、両廻しを持って一気に前に出る。徳勝龍、土俵際、右から突こうとするがならず、俵を割る。

(4) 大翔丸戦 ○寄り切り 6.3秒
 佐田の海、先に手をつく。大翔丸、手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。大翔丸、低く当たる。佐田の海、右で顔を押し上げて相手を起こし、左を差す。大翔丸、右で押っ付ける。佐田の海、右前廻しを取る。大翔丸、右を巻き替えようとする。佐田の海、乗じて前に出る。大翔丸、叩きながら左へ回る。佐田の海、左前廻しも取る。大翔丸、両手で廻しを切ろうとする。佐田の海、左は切れるが、右前廻しを持って前に出、深い左下手を取り直す。大翔丸、左で首を巻きながら右小手で振る。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出、腰を下ろして寄り切る。

(5) 北はり磨戦 ○押し倒し 4.4秒
 佐田の海、先に手をつく。北はり磨、腰を下ろし、仕切り線少し後方でサッと手をつく。佐田の海、素早く立ち、両腕を下げて低く踏み込む。北はり磨、頭から当たり、両手で押し上げて相手を起こす。佐田の海、右押っ付けで突く。北はり磨、一瞬左半身になる。佐田の海、深い右下手に手を掛け、左筈で押しながら前に出る。北はり磨、左半身で右足を俵に掛けて堪え、向き直る。佐田の海、左押っ付け、右喉輪で押し上げる。北はり磨、左で突いて喉輪を外すが仰け反り、俵の外に倒れる。

(6) 逸ノ城戦 ○寄り切り 6.7秒
 佐田の海、先に手をつく。逸ノ城、仕切り線少し後方でサッと手をつく。佐田の海、右手を出して踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差す。佐田の海、右を差し、頭をつけ、左上手前廻しを探る。逸ノ城、腰を引いて廻しを与えず、右をねじ込む。佐田の海、右下手を取り、左押っ付けから左上手前廻しを取る。逸ノ城、左で差し手を抱え、右下手を取る。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、左上手を取るが上体が起き、土俵際、右下手投げに行く。佐田の海、両廻しを離さず寄る。逸ノ城、俵の外に出、その後、佐田の海、右膝から俵の外に落ちる。

(7) 荒鷲戦 ●寄り倒し 6.9秒
 佐田の海、先に手をつく。荒鷲、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて右肘を固めて踏み込む。佐田の海、左肘を固めて当たり、右を差して左で差し手争い。荒鷲、右上手前廻しを取る。佐田の海、左差し手を抜き、左上手を取って前に出る。荒鷲、深い右下手を取り、土俵際、右下手投げで体を入れ替え、左上手も取り、両廻しを引きつけて寄る。佐田の海、俵の上で左から突き落としに行くが、体が飛んで土俵下に落ちる。荒鷲、一緒に土俵下へ落ちる。

(中) 輝戦 ○押し出し 4.2秒
 佐田の海、先に手をつく。輝、仕切り線少し後方で右、左と手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。輝、右手を出して頭から踏み込み、突っ張る。佐田の海、下から撥ね上げ、左から突いていなす。輝、前に泳ぎ、土俵際で向き直る。佐田の海、相手の胸を押し上げる。輝、上体が起きて俵を割り、土俵下に落ちる。

(9) 錦木戦 ●寄り切り 10.9秒
 佐田の海、先に手をつく。錦木、腰を下ろし、左、右と手をつく。佐田の海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、その場で立って頭から当たる。佐田の海、左を差し、右から押っ付ける。両者、左下手を取る。錦木、左下手を深くし、右上手に手を伸ばす。佐田の海、腰を遠ざけて上手を与えず。錦木、右上手を探りながら前に出る。佐田の海、土俵際、腰を振って相手の下手を切ろうとするが切れず。錦木、右で押っ付けながら下手を切り、素早く右上手前廻しを取って寄る。佐田の海、上体が起きて俵を割る。

(10) 蒼国来戦 ●寄り切り 5.9秒
 佐田の海、先に手をつく。蒼国来、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、頭から踏み込み、左前廻しを探る。蒼国来、右肘でかち上げ、左を差し、右上手を探るが取れず、左下手を取る。佐田の海、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出ようとする。蒼国来、左下手投げで振りながら右上手を取る。佐田の海、右で押っ付けながら前に出る。蒼国来、右上手投げで体を入れ替える。佐田の海、土俵際、廻しが切れて上体が起きる。蒼国来、両廻しを持って頭をつける。佐田の海、叩きながら俵伝いに左へ回ろうとする。蒼国来、下手になった右廻しを持ち、腰を落として前に出る。佐田の海、俵を割る。

(11) 栃煌山戦 ●寄り切り 10.1秒
 佐田の海、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、頭から踏み込む。栃煌山、右手を出して低く踏み込み、左で押っ付け、右喉輪で相手を起こす。佐田の海、右を差そうとするがならず、右から張る。栃煌山、左を巻き替えて差す。佐田の海、右手を伸ばして上手を探る。栃煌山、左差し手を返して相手に上手を与えず、右上手を取って前に出る。佐田の海、上手を探り続けるが俵に詰まり、上体が起きて右で首を巻く。栃煌山、l腰を下ろして寄り切る。

(12) 豪風戦 ●叩き込み 2.0秒
 佐田の海、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。佐田の海、やや右に踏み出す。豪風、左喉輪で押し上げ、引く。佐田の海、前のめりになる。豪風、そこを叩く。佐田の海、前にバッタリ落ちる。

(13) 千代鳳戦 ●押し出し 9.2秒
 佐田の海、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して頭から踏み込む。佐田の海、頭から低く踏み込む。千代鳳、左を差す。佐田の海、右押っ付けで押し上げる。千代鳳、左差し手を抜き、右喉輪、左押っ付けで押し上げる。佐田の海、上体が起き、叩きながら下がって土俵際で右を差す。千代鳳、乗じて前に出、押す。佐田の海、押し上げ、差そうとするがならず、土俵際、叩きながら右に回る。千代鳳、堪えて前に出る。佐田の海、俵の上で左上手を取り、体を開いて上手投げに行く。両者、俵の上で体が離れ、土俵下に飛び出す。軍配、佐田の海。「物言い」がつき、協議の結果、佐田の海の足が先に出ているとして「差し違え」で千代鳳の勝ち。

(14) 嘉風戦 ●叩き込み 2.2秒
 佐田の海、先に手をつく。嘉風、仕切り線少し後方で右手をつき、左手を動かす。佐田の海、突っ掛ける。2度目、嘉風、手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。嘉風、やや左に踏み出し、左肘を固めて頭から当たり、叩きながら引く。佐田の海、土俵にバッタリ落ち、嘉風、俵の上左足一本で残る。

(楽) 遠藤戦 ○押し出し 3.1秒
 佐田の海、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。遠藤、頭から低く踏み込み、左前廻しを狙う。佐田の海、ぴょんと両足で立ち、右肩から当たる。遠藤、左廻しは取れず、右で押っ付ける。佐田の海、右差し手を返す。遠藤、右上手を取り、下がりながら左を巻き替えに行く。佐田の海、乗じて右押っ付けで一気に前に出、土俵際の相手を右喉輪で押す。遠藤、土俵下に落ち、両足を上にする。


《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》