徳勝龍 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-とくしょうりゅう

前頭10枚目の先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、出身地奈良県から、公式キャラクター「せんとくん」の化粧回しを贈られる(奈良県より 写真:化粧回しを持った徳勝龍関と荒井正吾奈良県知事 写真が表示されない場合は→こちら)。また、鮮やかなスカイブルーの新しい締め込みをつけることに。
前頭12枚目で迎えた今場所、初日、二日目と連勝スタート。
三日目、四日目と連敗し、2勝2敗と五分に。
五日目の蒼国来戦、相手が立合いを変わろうとするが、徳勝龍の手つき不十分で2度不成立。3度目、張り差しに来た相手に対し、押し出しで勝利。3勝目を上げる。
2連敗、2連勝、2連敗と続き、十一日目を終えて、5勝6敗と黒星先行。
十二日目、佐田の富士を寄り切って6勝目。星を五分にする。
十三日目から黒星が連なり、千秋楽まで3連敗。6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは2場所連続。



(初) 玉鷲戦 ○押し倒し 4.7秒
 玉鷲、先に手をつく。徳勝龍、サッと手をつき、頭から踏み込む。玉鷲、低く当たり、右喉輪で突き放そうとする。徳勝龍、下がらず、左で突いて喉輪を外し、前に出ながら突き放す。玉鷲、上体が起きて俵に詰まり、右から突こうとする。徳勝龍、そこを突き放す。玉鷲、土俵下に倒れ込む。

(2) 豊響戦 ○とったり 5.5秒
 豊響、仕切り線少し後方で先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊響、両手を出して頭から踏み込む。徳勝龍、左肘を固め、頭から踏み込んで当たる。両者、突き放そうとする。豊響、押しながら前に出る。徳勝龍、叩きながら土俵際を左へ回る。豊響、押しながらついて行く。徳勝龍、更に左へ回りながら、相手の右腕を取って仰け反りながら後ろへいなす。豊響、土俵に落ちる。

(3) 佐田の海戦 ●寄り切り 7.7秒
 佐田の海、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。佐田の海、右肘を固めて当たり、左を深く差して下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱えて前に出る。佐田の海、右上手を取るが、俵に両足が掛かる。徳勝龍、右上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、両廻しを持って一気に前に出る。徳勝龍、土俵際、右から突こうとするがならず、俵を割る。

(4) 千代鳳戦 ●寄り切り 7.4秒
 千代鳳、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、右肘を固めて頭から踏み込む。千代鳳、左肘を固めて低く踏み込み、右で押っ付ける。徳勝龍、両手で顎を押し上げる。千代鳳、右下手前廻しを取る。徳勝龍、左で相手の右腕を抱えて小手に振りながら土俵際を左へ回る。千代鳳、取られた右腕を抜き、相手の左側から中に入って寄る。徳勝龍、俵を割る。

(5) 蒼国来戦 ○押し出し 5.1秒
 蒼国来、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、頭から踏み込む。蒼国来、右から張って右に変わる。徳勝龍の手つき不十分で、式守与之吉が止める。2度目、蒼国来、ちょんと手をつく。徳勝龍、サッと手をつき、頭から踏み込もうとする。蒼国来、叩く動きを見せて左に変わり、左上手に手を伸ばす。徳勝龍、向き直って左を差す。しかし、徳勝龍の手つき不十分か、再び式守与之吉が止める。3度目、徳勝龍、先に手をつく。蒼国来、仕切り線少し後方でサッと手をついて素早く立ち、右から張りながら右にへ踏み出す。徳勝龍、向き直って頭で当たる。蒼国来、左を差す。徳勝龍、左差しで一気に前に出、右上手を取る。蒼国来、土俵際を左へ回り込む。徳勝龍、廻しを離し、両手で顎を突き放す。蒼国来、土俵下に吹っ飛び、土俵下の貴ノ岩の上に尻から落ちる。

(6) 千代の国戦 ●押し出し 2.7秒
 千代の国、仕切り線かなり後方で先に手をつく。徳勝龍、手をちょんとつく。千代の国、素早く立ち、頭から踏み込む。徳勝龍、左から張り、左を差す。千代の国、右押っ付けで突いていなす。徳勝龍、向き直ろうとする。千代の国、右筈で脇を押し上げ、左喉輪で押し上げる。徳勝龍、上体が起き、右足一本で俵に詰まる。千代の国、そこを押す。徳勝龍、俵の外に出る。

(7) 大翔丸戦 ●突き落し 6.0秒
 徳勝龍、先に手をつく。大翔丸、手をわずかにサッとつく。徳勝龍、素早く立って頭から踏み込み、大翔丸、低く当たるが、大翔丸の手つき不十分と見て、木村寿之介、立合いを止める。2度目、徳勝龍、先に手をつく。大翔丸、手をサッとつく。徳勝龍、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。大翔丸、頭から低く踏み込み、左筈で相手を起こす。徳勝龍、押し上げ、叩きながら右に回る。大翔丸、落ちずに堪える。徳勝龍、押しながら一気に前に出る。大翔丸、土俵際、左で突いて左に開く。徳勝龍、前に泳いで俵の外に落ちる。

(中) 豪風戦 ○寄り切り 5.4秒
 徳勝龍、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で左、右と手をサッとつき、頭から踏み込む。徳勝龍、左から張って左を差し、右で相手の差し手を引っ張り込む。豪風、左差し手を返し、右上手を取る。徳勝龍、右で差し手を抱えて前に出る。豪風、土俵際、右上手投げに行く。徳勝龍、左差し手を返して堪え、右喉輪で押し上げながら前に出る。豪風、仰け反って俵を割る。

(9) 北はり磨戦 ○上手投げ 4.1秒
 北はり磨、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、左肘を固める。北はり磨、頭から低く当たる。徳勝龍、左を差そうとする。北はり磨、右で押っ付け、筈で押し上げながら前に出る。徳勝龍、引いて土俵際、肩越しの右上手を取り、右に回りながら体を入れ替え、左で頭を押さえつけながら右上手投げ。北はり磨、宙で裏返って土俵に落ちる。

(10) 遠藤戦 ●押し出し 5.2秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、右肘を固めて頭から踏み込む。遠藤、左を差そうとする。徳勝龍、顎に向かって突っ張る。遠藤、下がらず。徳勝龍、叩きながら右へ回る。遠藤、乗じて前に出る。徳勝龍、土俵際、顎に向かって突っ張る。遠藤、右前廻しを取って堪え、前に出る。徳勝龍、俵に詰まり、右で顎を押す。遠藤、右差し手を返し、左筈で押す。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。

(11) 貴ノ岩戦 ●寄り切り 9.1秒
 徳勝龍、先に手をつく。貴ノ岩、右手をつき、左手をサッとついて立ち、頭から低く踏み込む。徳勝龍、左肘を固めて頭から当たり、右から突いて右に回る。貴ノ岩、左差しで前に出、右上手を取る。徳勝龍、土俵際、左を巻き替えて差す。貴ノ岩、上手になった右廻しを持ち、出し投げを打ちながら右へ下がり、土俵際で左前廻しも取る。徳勝龍、左を巻き替えて差す。貴ノ岩、右上手を持って出し投げを打ちながら右に回り、相手を土俵際にして低い体勢で寄る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。

(12) 佐田の富士戦 ○寄り切り 19.0秒
 徳勝龍、先に手をつく。佐田の富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、素早く立って相手の肩を押さえる。徳勝龍、左で押っ付ける。佐田の富士、差し手を抜き、左に体を開く。徳勝龍、前のめりになるが向き直る。佐田の富士、突き放す。徳勝龍、下がらずあてがう。佐田の富士、右に回る。徳勝龍、左を差して向き直る。佐田の富士、右押っ付けから上手に手を伸ばす。徳勝龍、腰を捻って廻しを与えず、左下手を取り、右上手に手を伸ばす。佐田の富士、土俵際、右上手を取る。両者、少し止まる(約4秒間)。佐田の富士、右上手を引きつけて一気に前に出る。徳勝龍、体を開いて下手出し投げで振り回し、頭をつけて両差しで前に出る。佐田の富士、上体が起きて俵を割る。

(13) 大栄翔戦 ●押し出し 6.6秒
 大栄翔、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。徳勝龍、右手を出して当たり、顎に向かって突っ張り、左から張る。大栄翔、突き返す。徳勝龍、相手の手を叩く。両者、体が離れる。徳勝龍、左から張る。大栄翔、低く当たって下から押し上げる。徳勝龍、上体が起き、引いて土俵際右から突こうとする。大栄翔、乗じて前に出、押し出す。

(14) 錦木戦 ●小手投げ 19.8秒
 錦木、先に手をつく。徳勝龍、右手をつき、左手をサッと動かして素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、その場で立って、頭から当たる。徳勝龍、左を差して差し手を返す。錦木、右上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。徳勝龍、右で差し手を抱え、左下手を取る。両者、止まる(約5秒間)。錦木、右押っ付けから右上手を探る。徳勝龍、左下手を引きつけて前に出る。錦木、右上手を取り、両廻しを引きつけて堪える。徳勝龍、左下手を深くする。錦木、伸びた右上手を取り直し、両廻しを引きつけて前に出る。徳勝龍、土俵際体を開いて下手投げに行く。錦木、土俵際、右上手が切れ、右で相手の左腕を小手に巻く。徳勝龍、体をぶつけるように土俵際を左に回る。錦木、右小手投げに行く。徳勝龍、取られた左腕を抜く。錦木、すっぽ抜けて前のめりになる。徳勝龍、左で相手の背中を押さえて倒そうとするが、先に左足が俵の外に踏み出す。錦木、土俵に倒れ、徳勝龍、土俵下に飛び落ちる。木村元基、軍配を錦木に上げる。「物言い」がつき、同体か協議した結果、「軍配通り」錦木の勝ちとなる。

(楽) 御嶽海戦 ●寄り切り 6.7秒
 御嶽海、先に手をつく。徳勝龍、右手をつき、左手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、右肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で押し上げて相手を起こし、左を差し、右押っ付けで押し上げる。徳勝龍、左を差そうとする。御嶽海、それを許さず、右を差そうとしながら前に出る。徳勝龍、左を巻き替える。御嶽海、右押っ付けで前に出る。徳勝龍、俵に詰まる。御嶽海、右上手を取って寄る。徳勝龍、右から突き落としに行く。御嶽海、少し振られるが、左差し手を返して寄る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》