白鵬 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-はくほう

3連覇が懸かった先場所、優勝争いに絡むも、九日目の勢戦で右足親指を痛めたことが響き、終盤に失速。10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
怪我を抱えながら夏巡業は皆勤。しかし、先場所痛めた右足親指をかばっているうちに左膝痛が再発。稽古総見を欠席。調整が遅れ、秋場所は休場を決断する。
「左膝タナ障害、右母趾伸筋腱損傷、右足関節炎で約4週間の加療を要する」との診断書を提出して全休。白鵬の全休は、横綱昇進後初めて。
場所中に、右足親指つけ根にある遊離軟骨を除去手術を受ける。




《2016年秋場所取組内容・目次へ》