松鳳山 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-しょうほうざん

前頭4枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭7枚目の今場所は、初日、二日目と連勝スタート。
三日目の琴勇輝戦では、土俵際仰け反りながら堪えるが、押し倒されて初黒星(→取組画像)。
そこから黒星が連なり、五日目、勝ちっぱなしの隠岐の海と対戦。取り直しの末に敗れて3連敗。
六日目、新入幕の天風に勝って連敗を止める。
七日目、新入幕の千代翔馬戦では、立合い張られたことに怒り、相手を土俵下の浦風審判のところまで吹っ飛ばして2連勝(→画像)。勝負後、千代翔馬をじっと見る(→画像)。「今年で一番むかついた。まだ7年早いよ」とコメント。(サンケイスポーツより 記事が表示されない場合は→こちら
中日、初日から7連敗の正代と対戦。一旦軍配をもらうも、松鳳山の勇み足があったとして「差し違え」で敗れ、4勝4敗と星が五分になる。正代は今場所の初白星。
九日目、佐田の海を打っ棄りで破ってから白星を連ね、十一日目は千代の国との激しい相撲を制して3連勝。7勝目を上げ、勝ち越しまであと1つとする。
そこから黒星が連なり、十三日目は優勝争いに絡む遠藤にとったりで敗れるなど、3連敗。
7勝7敗で迎えた千秋楽、徳勝龍を押し出し、2場所ぶりの勝ち越しを決める。



(初) 玉鷲戦 ○押し出し 11.0秒
 玉鷲、左手をつく。松鳳山、すぐにさっと手をついて立ち、頭から踏み込む。玉鷲、その場で立ち、頭を下げて手を出し、突っ張る。松鳳山、左を差す。玉鷲、すぐに突き放し、突っ張る。松鳳山、堪えながら右下手を探る。玉鷲、突っ張り続ける。松鳳山、右喉輪で相手を起こし、押しながら前に出る。玉鷲、土俵際、突っ張る。松鳳山、体勢を低くして押す。玉鷲、俵の外に出る。

(2) 大翔丸戦 ○押し出し 2.5秒
 大翔丸、先に手をつく。松鳳山、サッと手をついて素早く立ち、右から張る。大翔丸、遅れて立つ。行司 木村晃之助が止める。2度目、両者、ほぼ同時に手をサッとつく。松鳳山、右から張って踏み込む。大翔丸、その場で当たりを受ける。松鳳山、左を差し、右も差しながら前に出る。大翔丸、土俵際で叩こうとする。松鳳山、押す。大翔丸、土俵下に落ちる。

(3) 琴勇輝戦 ●押し倒し 5.6秒
 琴勇輝、手をつかずにふわっと突っ掛ける。2度目、琴勇輝、仕切り線後方で手をサッとつく。松鳳山、すぐに手をサッとつく。琴勇輝、両手で相手の肩を押さえ、右に開いて右から突く。松鳳山、向き直る。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。松鳳山、左を差すが俵に詰まる。琴勇輝、左で顎を押し上げる。松鳳山、仰け反りながら相手の左腕を抱える。琴勇輝、そのまま左で押す。松鳳山、俵の外に倒れる。

(4) 碧山戦 ●引き落し 3.1秒
 碧山、先に手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立って両手突き。松鳳山、両手で相手の顔を起こす。碧山、突っ張るが前に出られず。松鳳山、下から撥ね上げながら前に出る。碧山、土俵際、叩きながら右に回る。松鳳山、土俵に落ちる。

(5) 隠岐の海戦 ●押し出し 6.4秒
 隠岐の海、先に手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、両手で相手を突き起こし、両差しになって前に出ようとする。隠岐の海、外から相手の差し手を抱えて堪える。両者、止まる(約5秒間)。隠岐の海、外から抱えて前に出る。松鳳山、俵に詰まり、左から突く。両者、俵の外に踏み出す。軍配、隠岐の海。「物言い」がつき、協議した結果、同体と判断、「取り直し」となる。(17.9秒)
<取り直しの相撲>隠岐の海、先に手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、右から張って両差しを狙う。隠岐の海、右上手に手を伸ばすが取れず、外から押っ付け、左を差す。松鳳山、左差し手を返す。隠岐の海、左差し手を返して相手を起こそうとしながら前に出る。松鳳山、土俵際を右へ回って体を離そうとする。隠岐の海、左で相手の腹を押す。松鳳山、相手の左腕を手繰ろうとする。隠岐の海、取られた左手を抜く。松鳳山、俵の外に飛び出る。(6.4秒)

(6) 天風戦 ○下手投げ 9.4秒
 松鳳山、手をサッとついて立ち、右肘を固める。天風、遅れて手をつかずにその場で立つが、行司 式守与之吉が止める。2度目、天風、先に手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方でサッと手をついて素早く立ち、右肘を固めて低く踏み込み、左腕を前に出す。天風、左肘を固めて当たる。松鳳山、左を差して差し手を返す。天風、押し上げながら前に出る。松鳳山、俵に両足を掛け、左から突く。天風、前に泳いで俵で踏み止まり、くるっと向き直る。松鳳山、そこを一気に前に出る。天風、土俵際を右に回る。松鳳山、左喉輪で押し上げる。天風、土俵際必死に堪える。松鳳山、両差しになり、右下手を取って投げる。天風、右膝から土俵に落ちて転がる。

(7) 千代翔馬戦 ○押し出し 4.5秒
 両者、手をつこうとするがなかなかつけず。松鳳山、右手をつく。千代翔馬、手をサッとついて立ち、右から張る。松鳳山、両手突き。千代翔馬、右から突いて右に開く。松鳳山、落ちずに押しながら前に出る。千代翔馬、土俵際、相手の右腕を手繰る。松鳳山、押す。千代翔馬、土俵下に吹っ飛び、浦風審判の上に落ちて倒す。勝負後、千代翔馬を睨む。

(中) 正代戦 ●勇み足 9.0秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。正代、右肘を固めて胸から踏み込む。松鳳山、右肘を固めて低く踏み込み、差し手争いから両差しになって前に出る。正代、土俵際、左から小手投げ気味に突いて振る。松鳳山、両差しで堪え、中に戻って右下手を取る。正代、すぐに左を巻き替えて差す。松鳳山、右上手を持って寄る。正代、俵に両足を掛け、右から突く。両者、体が傾き、土俵下に転落。行司 木村庄太郎、軍配を松鳳山に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、松鳳山の足が先に出ていると判断、「軍配差し違え」で正代の勝ち。勝負結果、勇み足となる。

(9) 佐田の海戦 ○打っ棄り 5.9秒
 佐田の海、先に手をつく。松鳳山、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、踏み込もうとする。松鳳山、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。佐田の海、相手の右腕を手繰りながら左へ開く。松鳳山、腕を抜いて向き直り、両差しになる。佐田の海、構わず前に出る。松鳳山、土俵際、両下手を持って相手を吊り上げ、左へ振って俵の外に出す。佐田の海、土俵下に落ちる。

(10) 蒼国来戦 ○突き出し 6.5秒
 蒼国来、左手をつく。松鳳山、すぐに仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張る。蒼国来、やや右に踏み出して当たり、左を差す。松鳳山、左を差そうとする。蒼国来、右押っ付けで押し上げる。松鳳山、突き放し、両差しになろうとする。蒼国来、右で押っ付けて差させず。松鳳山、突き放し、右喉輪で押し上げながら前に出る。蒼国来、相手の喉輪を外すが土俵際。松鳳山、相手の胸に突っ張る。蒼国来、上体が起きて俵の外に出る。

(11) 千代の国戦 ○押し出し 12.5秒
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。松鳳山、サッと手をついて素早く立ち、右から張って左を差す。千代の国、遅れてやや左に踏み出す。松鳳山、左差しで前に出る。千代の国、右押っ付けで突こうとするが俵に詰まり、両足を俵に掛けて堪える。松鳳山、突っ張る。千代の国、前のめりになる。松鳳山、そこを引いて右に開く。千代の国、体勢を立て直す。松鳳山、右から張り、右手を伸ばして廻しを探る。千代の国、体を離して廻しを与えず。松鳳山、右から張りに行くが、千代の国、それをかわす。松鳳山、顔に向かって突っ張る。千代の国、両手で突き放す。両者、突っ張り合う。松鳳山、右に回りながら右廻しを探るが取れず、叩いて左をのぞかせる。千代の国、叩きながら後ろへ飛ぶ。松鳳山、乗じて前に出る。千代の国、俵の外に飛び出、その後、松鳳山、土俵に落ちる。

(12) 勢戦 ●突き落し 3.5秒
 勢、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張って左を差す。勢、左を差し、右で相手の差し手を抱える。松鳳山、一瞬右を巻き替えようとするが止め、右で相手の差し手を極める。勢、堪えて左差しで前に出る。松鳳山、上体が起きて左差し手を抜く。勢、左差し手を抜いて体を離す。松鳳山、前に落ちる。

(13) 遠藤戦 ●とったり 2.5秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、左手を出して頭から踏み込む。遠藤、左を差す。松鳳山、突き放し、左喉輪で一気に前に出る。遠藤、土俵際、両手で相手の左腕を外しながら右へかわし、右で後ろ廻しを取って土俵外に出す。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。

(14) 豊響戦 ●叩き込み 4.0秒
 豊響、仕切り線少し後方で先に右手をつく。松鳳山、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊響、頭から踏み込む。松鳳山、右手を出して頭を下げ、やや左へ踏み出し、左で相手の右腕を抱える。豊響、取られた腕を抜いて向き直り、少し突っ張り、叩きながら大きく引いて左へ開く。松鳳山、前に落ちる。

(楽) 徳勝龍戦 ○押し出し 9.5秒
 徳勝龍、手をつこうとする。松鳳山、手をサッとついて突っ掛ける。2度目、徳勝龍、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右で張り、両差しになろうとしながら前に出る。徳勝龍、上体を起こして左を差す。松鳳山、左差し手を返す。徳勝龍、左差しで前に出る。松鳳山、右から突いて振る。徳勝龍、その機に右上手を探るが取れず。松鳳山、両手で相手の左腕を抱え、土俵際、網打ち気味に振る。徳勝龍、向き直って体を離し、押し上げて引く。松鳳山、落ちずに押す。徳勝龍、左足が俵の外に出る。

《2016年秋場所取組内容・目次へ》