錦木 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-にしきぎ

幕内2場所目で前頭14枚目だった先場所は、9勝6敗の成績を上げ、幕内で初めて勝ち越した。→先場所の取組内容
出身地の岩手県盛岡市巡業では、大人気ぶりだった。
自己最高位の前頭9枚目で迎えた今場所、初日(→画像)、二日目と連敗スタート。
三日目、佐田の海を押し倒して初日を出すも、四日目、五日目と再び連敗。1勝4敗と黒星を先行させ、「勝ち方を教えてください。忘れちゃった」と弱気な発言も(日刊スポーツより 記事が表示されない場合は→こちら)。
六日目、七日目と初めて連勝。
以降、連敗せず、十日目を終えて4勝6敗。
十一日目から白星を連ねて4連勝。十四日目に勝ち越しを決める。
千秋楽、今場所好調で技能賞を受賞した遠藤に敗れ、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所連続。



(初) 琴勇輝戦 ●押し出し 6.1秒
 錦木、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手を動かして立ち、両手突きに行く。しかし、行司 木村寿之介が止める。友綱審判長が琴勇輝の手つきに注意を与える。2度目、錦木、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両手突きに行く。錦木、遅れてその場で立つ。琴勇輝、突き放しながら前に出る。錦木、俵に両足を掛けて堪え、左に回りながら左上手に手を伸ばす。琴勇輝、押しながらどんどん前に出る。錦木、上体が起き、土俵下に落ちる。

(2) 荒鷲戦 ●下手投げ 4.7秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に右手をつく。錦木、左手をつく。荒鷲、先に立ち、右肘を固めて踏み込む。錦木、遅れてその場で頭から当たり、右上手を探る。荒鷲、左前廻しを探るが止め、左を差して深い左下手を取る。錦木、右上手を引きつけて前に出ようとする。荒鷲、すぐに体を開いて左下手投げ。錦木、宙を舞って土俵に裏返る。

(3) 佐田の海戦 ○押し倒し 6.2秒
 佐田の海、先に手をつく。錦木、左手をつき、右手をサッとつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、その場で頭を下げて当たる。佐田の海、両差しになろうとする。錦木、右上手を探るが取れず、右筈で押しながら前に出る。佐田の海、上体が起きて俵に詰まり、相手の右腕を一本背負い気味に取って相手に背中を向けながら残す。錦木、そこを後ろから押そうとする。佐田の海、俵の上でくるっと向き直る。錦木、突き放す。佐田の海、右から突こうとするが、体が飛んで俵の外に落ちる。錦木、俵の外に両手をつく。佐田の海、土俵下に転がり落ちる。

(4) 玉鷲戦 ●引き落し 5.2秒
 錦木、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。玉鷲、顎に向かって突っ張る。錦木、下から撥ね上げ、前に出る。玉鷲、土俵際、右に開き、右から突く。錦木、土俵に落ちる。

(5) 千代鳳戦 ●寄り切り 13.2秒
 錦木、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方でサッと手をつく。錦木、頭から踏み込む。千代鳳、頭から低く当たり、左、右と差す。錦木、頭をつけ、左押っ付けから左を差す。千代鳳、左差し手を返し、右で絞る。錦木、上体が起きるが堪え、体勢を低くして右から押っ付ける。千代鳳、体を離し、低い姿勢で右廻しを取る。錦木、叩く。千代鳳、乗じて前に出、左を差して下手を取る。錦木、土俵際、右小手で振ろうとする。千代鳳、両下手を持って寄り切る。

(6) 輝戦 ○小手投げ 5.7秒
 錦木、先に手をつく。輝、仕切り線少し後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立って頭から踏み込む。輝、両差しになる。錦木、右上手に手を掛けるが取れず、外から抱える。輝、両差しで前に出る。錦木、土俵際、右から強烈な小手投げ。輝、振られて腰から土俵に落ちる。

(7) 大栄翔戦 ○押し出し 2.8秒
 大栄翔、先に両手をつく。錦木、左手をつき、右手をサッとつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。大栄翔、叩きながら左へ下がる。錦木、乗じて押しながら前に出る。大栄翔、土俵際、左へ回ろうとするがならず、土俵下に落ちる。

(中) 徳勝龍戦 ●寄り切り 14.1秒
 錦木、先に手をつく。徳勝龍、仕切り線少し後方で手をサッとつき、頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。徳勝龍、突っ張る。錦木、下からあてがって下がらず。徳勝龍、引く。錦木、乗じて前に出る。徳勝龍、土俵際、相手に右腕を手繰って俵伝いに左へ回り、少し中に戻って顔を押し上げる。錦木、左を深く差して下手を取る。徳勝龍、左を差して前に出る。錦木、土俵際を左へ回り、俵に足を掛けて堪え、右で小手に振りながら中に戻る。徳勝龍、その機に右上手を取り、上手を引きつけて前に出る。錦木、土俵際、右から小手に振ろうとするが、左足が俵の外に出る。

(9) 天風戦 ○寄り切り 14.9秒
 錦木、先に手をつく。天風、手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。天風、左を差す。錦木、両廻しに手を掛ける。天風、差し手を返して腰を引き、廻しを与えず。錦木、左下手を取る。天風、更に左差し手を返し、深い右上手を取る。錦木、深い左下手を取る。天風、右上手を引きつけて前に出る。錦木、左下手投げで振って左に回る。天風、深い右上手を持って寄る。錦木、俵に両足を掛けて堪え、差し手を返して相手の上手を切り、逆に前に出、両廻しを引きつけて寄る。天風、上体が起きて俵を割る。

(10) 妙義龍戦 ●寄り切り 3.3秒
 錦木、先に左手をつく。妙義龍、手をサッとついて素早く立ち、右腕を前に出す。錦木、頭から当たる。妙義龍、右を差し、左差し手を返して前に出る。錦木、左に回ろうとするが俵に詰まる。妙義龍、両差し手を突きつけ、腰を下ろして寄り切る。

(11) 豊響戦 ○押し出し 8.5秒
 錦木、先に手をつく。豊響、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。豊響、突き起こし、左押っ付けで前に出る。錦木、土俵際、左から突きながら左へ回って体を入れ替え、左を差す。豊響、左筈で押し上げながら少し前に出、右で頭を叩いて引く。錦木、前のめりになりながら前に出る。豊響、相手が落ちる前に俵の外に出る。錦木、土俵に落ちる。

(12) 臥牙丸戦 ○寄り切り 8.7秒
 臥牙丸、仕切り線少し後方で先に右手をつく。錦木、左手をつく。臥牙丸、突っ掛ける。2度目、臥牙丸、仕切り線少し後方で右手をつく。錦木、すぐに左、右と手をサッとついて素早く立つ。臥牙丸、右手を出して頭から踏み込む。錦木、頭から踏み込んで当たり、左下手を取る。臥牙丸、左をのぞかせ、頭を下げる。錦木、右で押っ付け、右前廻しも取る。臥牙丸、上体を起こしながら右を一旦ねじ込むが止めて抜き、体を開いて右小手投げに行く。錦木、左下手を深くして堪え、相手の右側につき、右前廻しも取り直して前に出る。臥牙丸、上体が起きて俵を割る。

(13) 旭秀鵬戦 ○下手投げ 7.5秒
 錦木、先に手をつく。旭秀鵬、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭から踏み込む。旭秀鵬、右肘でかち上げ気味に当たり、左を差して下手を取る。錦木、左差し手を返しながら右上手に手を伸ばすが取れず。旭秀鵬、左下手を持って右で首を巻く体勢になり、機を見て右足内掛けに行く。錦木、掛けられそうになった左足をかわし、下手投げを打ちながら左へ回って相手を土俵際にし、下手を離して押す。旭秀鵬、土俵下に飛び落ちる。

(14) 碧山戦 ○突き落し 4.7秒
 錦木、先に両手をつく。碧山、手をサッとつく。錦木、頭から踏み込む。碧山、両手で相手を起こし、突っ張る。錦木、下から撥ね上げる。碧山、頭を下げて当たり、右押っ付けで前に出る。錦木、叩きながら左へ回る。碧山、俵の外に手をつく。

(楽) 遠藤戦 ●寄り切り 21.7秒
 錦木、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。錦木、頭から踏み込む。遠藤、左を差して差し手を返す。錦木、左で押っ付ける。遠藤、右差し手を抜き、右で絞りながら上手前廻しを探る。錦木、腰を引いて上手を与えず。遠藤、ついに右上手前廻しを取る。錦木、腰を振って上手を切ろうとするがきれず、左下手を取り、やや肩越しの右上手を取る。遠藤、すぐに左肘を張って相手の上手を切り、右上手を引きつけて前に出る。錦木、右足が俵に詰まるが堪え、右上手に手を伸ばす。遠藤、すぐに左肘を張って上手を切り、左差し手を返して寄る。錦木、右下手を持ち、俵に両足を掛けて堪える。遠藤、右上手を持って休まず寄る。錦木、腰が伸びて俵を割る。

《2016年秋場所取組内容・目次へ》