豪風 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-たけかぜ

前頭8枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
地元秋田巡業が行われた際、県内への福祉施設への慰問や学校訪問、大関清国の幕内最多506勝を塗り替えた功績が評価され、秋田県民栄誉章が贈られた。(日刊スポーツより 記事が表示されない場合は→こちら
前頭9枚目で迎えた今場所、初日は荒鷲を突き落として白星発進。
三日目、四日目と連勝し、3勝1敗と白星先行。
五日目、六日目と連敗。六日目の遠藤戦では、攻め込むが惜しくも突き落とされる。
九日目から3連勝し、7勝目を上げて勝ち越しまであと1つとする。十一日目の臥牙丸戦勝利で、通算600勝に。(→臥牙丸に見られる豪風
十三日目、蒼国来を肩透かしで破り、勝ち越しを決める。勝ち越したことで「(場所後に県民栄誉章受章記念で秋田犬を引き連れて歩くパレードを予定)勝ち越さないと、誰も来なくて、ただのお相撲さんが犬の散歩をしている絵になってしまう(と心配したが)。それだけは免れそうです」とコメント。
十四日目、千秋楽と連敗し、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。
場所後のパレードでは、市民500人から祝福を受けた。(読売新聞より 記事が表示されない場合は→こちら



(初) 荒鷲戦 ○突き落し 0.8秒
 荒鷲、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、手を出す。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。豪風、左から突きながら左へ変わる。荒鷲、土俵に手をつく。

(2) 琴勇輝戦 ●押し出し 3.5秒
 豪風、手をサッとついて立つ。琴勇輝、仕切り線後方でサッとかすらせて立つ。豪風、頭から踏み込む。琴勇輝、両手を出して肩を押さえ、右に動く。豪風、乗じて前に出、押す。琴勇輝、土俵際堪える。豪風、引く。琴勇輝、乗じて押しながら一気に前に出る。豪風、土俵下に落ちる。

(3) 大翔丸戦 ○突き落し 2.5秒
 大翔丸、先に手をつく。豪風、手をつこうとして止め、サッと手をついて立ち、頭から踏み込む。大翔丸、頭から踏み込んで当たる。豪風、押し上げ、叩きながら左へ回る。大翔丸、前に泳いで俵を割る。

(4) 御嶽海戦 ○叩き込み 6.8秒
 御嶽海、先に右手ををつく。豪風、仕切り線少し後方で手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。御嶽海、少し遅れて立って頭から当たる。豪風、叩きながら左へ下がり、土俵際で体を入れ替える。御嶽海、突き放しながら前に出る。豪風、土俵際、叩きながら左へ回る。御嶽海、俵の外に出る。

(5) 輝戦 ●押し出し 5.7秒
 輝、先に手をつく。豪風、手をサッとつき、頭から踏み込む。輝、両手で顔を突き起こす。豪風、押し上げ、少し引く。輝、右から張り、右をのぞかせ、左で抱えて前に出る。豪風、引いて体を離し、土俵際。輝、押す。豪風、土俵下に飛び落ちる。

(6) 遠藤戦 ●突き落し 3.4秒
 遠藤、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をついて立つ。遠藤、右から張る。豪風、右肘でかち上げ気味に当たり、左に開く。遠藤、向き直って突き放す。豪風、左で相手の右上腕を押し上げながら前に出る。遠藤、左足一本になりながら右で顎を押して体を離す。豪風、土俵に落ちる。

(7) 碧山戦 ○押し出し 4.4秒
 碧山、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつく。碧山、両手突きに行く。豪風、頭から踏み込もうとする。碧山、両手で肩を押さえて当たらせず、突っ張る。豪風、下がらず、下から押して前に出る。碧山、俵に詰まる。豪風、相手の胸を押し上げる。碧山、俵の外に出る。

(中) 玉鷲戦 ●押し倒し 1.1秒
 玉鷲、先に左手をつく。豪風、手をサッとつき、頭から踏み込む。玉鷲、右手を出して頭から踏み込む。豪風、相手の頭を顔で受け、叩いて左に開く。玉鷲、向き直ろうとする。豪風、体勢を崩して土俵に手をつく。

(9) 旭秀鵬戦 ○押し出し 2.9秒
 旭秀鵬、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッとつく。旭秀鵬、右肘を固めて踏み込む。豪風、頭から当たる。旭秀鵬、右かち上げで起こし、右で頭を叩きながら引く。豪風、乗じて前に出、両手で押し上げる。旭秀鵬、上体が起きて俵を割る。

(10) 千代鳳戦 ○叩き込み 3.2秒
 千代鳳、先に左手をつく。豪風、仕切り線少し後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。千代鳳、右手を出して頭から踏み込む。豪風、叩いて左に開く。千代鳳、土俵に落ちる。

(11) 臥牙丸戦 ○送り出し 3.0秒
 臥牙丸、先に手をつく。豪風、仕切り線少し後方で左手をサッとつき、素早く立立つ。臥牙丸、頭から当たろうとする。豪風、叩いて左に開く。臥牙丸、前に泳ぐ。豪風、相手の後ろについて押す。臥牙丸、俵の外に出る。

(12) 千代翔馬戦 ●突き落し 3.6秒
 両者、見合いながら手をつくタイミングを計るが、なかなかつけず、豪風、立合いを嫌う。2度目、千代翔馬は仕切り線上で、豪風は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。千代翔馬、踏み込む。豪風、その場で伸び上がって叩き、左に変わる。千代翔馬、向き直って右下手前廻しを探る。豪風、左で押っ付けながら前に出ようとする。千代翔馬、土俵際、左から突いていなす。豪風、前に泳いで土俵下に飛び落ちる。

(13) 蒼国来戦 ○肩透かし 12.4秒
 豪風、先に手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。豪風、遅れてその場で立つ。蒼国来、左肘を固めて踏み込む。豪風、押し上げ、叩きながら左へ回る。蒼国来、向き直り、右を差そうとする。豪風、左で押っ付ける。蒼国来、突き放す。豪風、押しながら前に出、両差しになる。蒼国来、左足を俵に掛けて外から押っ付け、頭をつける。豪風、機を見て右で頭を叩きながら引き、左へ開く。蒼国来、前に泳いで土俵に手をつく。

(14) 大栄翔戦 ●押し出し 6.7秒
 大栄翔、先に両手をつく。豪風、腰を下ろし、仕切り線少し後方でサッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、両手突き。豪風、叩きながら左に変わり、体を離して土俵際。大栄翔、前のめりになるが、向き直る。豪風、押しながら前に出、再び叩きながら左へ回る。大栄翔、落ちずに突っ張りながら前に出る。豪風、上体が起きて俵の外に出る。

(楽) 栃煌山戦 ●押し出し 10.3秒
 豪風、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で手をサッとつき、左肘を固めて立つ。豪風、頭から踏み込む。栃煌山、右手を出し、右で顔を押し上げ、少し引いて左を差す。豪風、右を巻き替え、両差しになる。栃煌山、右上手を探るが取れず、押っ付ける。豪風、相手の手を叩きながら左へ下がり、土俵際左へ開く。栃煌山、少し泳ぐが、土俵際向き直る。豪風、左から張り、押し上げながら中に入ろうとする。栃煌山、下から押し上げて前に出る。豪風、俵の上で右から突こうとするが、俵の外に出る。

《2016年秋場所取組内容・目次へ》