佐田の海 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-さだのうみ

前頭10枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。7勝8敗は4場所連続、負け越しは7場所連続。→先場所の取組内容
同じ前頭10枚目で迎えた今場所、初日、二日目と連勝スタート。
三日目から4連敗し、2勝4敗と黒星先行。
七日目、中日と連勝し、星を五分に。
九日目は松鳳山に打っ棄りで敗れ、十日目は優勝争いに絡む遠藤に寄り切られて連敗。4勝6敗と再び黒星先行。
十一日目から4連勝し、十四日目に8場所ぶりの勝ち越しを決める。
千秋楽は、琴勇輝に突き出され、8勝7敗で今場所を終える。
場所後、婚約を発表。(→日刊スポーツ記事、記事が表示されない場合は→こちら



(初) 蒼国来戦 ○押し出し 7.7秒
 佐田の海、先に右手をつく。蒼国来、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右肘を固める。蒼国来、左肘を固めて低く踏み込む。佐田の海、両差しになろうとする。蒼国来、左押っ付けで押し上げる。佐田の海、突き放しながら前に出る。蒼国来、土俵際。佐田の海、右喉輪で押し上げて相手を起こし、左下手を取って寄る。蒼国来、土俵際、左から掬おうとする。佐田の海、体が傾きながら体を寄せる。蒼国来、先に俵の外に出る。佐田の海、俵の外に倒れ、蒼国来、土俵下に落ちる。

(2) 誉富士戦 ○押し出し 2.6秒
 佐田の海、先に手をつく。誉富士、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込み、互いに右喉輪で相手を起こす。佐田の海、左を差す。誉富士、右で押っ付けながら右に回る。佐田の海、乗じて前に出、押す。誉富士、土俵下に飛び落ちる。

(3) 錦木戦 ●押し倒し 6.2秒
 佐田の海、先に手をつく。錦木、左手をつき、右手をサッとつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、その場で頭を下げて当たる。佐田の海、両差しになろうとする。錦木、右上手を探るが取れず、右筈で押しながら前に出る。佐田の海、上体が起きて俵に詰まり、相手の右腕を一本背負い気味に取って相手に背中を向けながら残す。錦木、そこを後ろから押そうとする。佐田の海、俵の上でくるっと向き直る。錦木、突き放す。佐田の海、右から突こうとするが、体が飛んで俵の外に落ちる。錦木、俵の外に両手をつく。佐田の海、土俵下に転がり落ちる。

(4) 千代の国戦 ●叩き込み 3.7秒
 佐田の海、先に手をつく。千代の国、仕切り線かなり後方でサッと手をかすらせて立ち、両者、頭から踏み込むが、行司 木村寿之介が止める。2度目、佐田の海、先に手をつく。千代の国、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込み、突き放す。佐田の海、右から突く。千代の国、一瞬左半身になる。佐田の海、右上手を取る。千代の国、叩きながら下がって廻しを切り、俵の上で更に叩く。佐田の海、土俵に落ち、千代の国、俵の上で残す。両者、土俵下に落ちる。

(5) 徳勝龍戦 ●寄り切り 2.6秒
 佐田の海、先に手をつく。徳勝龍、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、両腕を下げて踏み込む。徳勝龍、両手突きに行く。佐田の海、左を差して下手を取る。徳勝龍、左差し、右押っ付けで前に出る。佐田の海、土俵際、右で小手に振ろうとするが、上体が起きて俵を割る。

(6) 碧山戦 ●押し倒し 6.1秒
 佐田の海、先に手をつく。碧山、仕切り線少し後方でサッと手をつく。佐田の海、頭から踏み込もうとする。碧山、両手で相手の肩を押さえ、顎、顔に向かって押し上げる。佐田の海、相手の手を突いて右に回る。碧山、向き直り、突っ張りながら前に出る。佐田の海、土俵際、相手の右腕を手繰る。碧山、前のめりになるが俵で踏み止まり、佐田の海、土俵下に落ちる。

(7) 千代鳳戦 ○浴せ倒し 9.6秒
 佐田の海、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方で手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。千代鳳、左肘を固めて頭から当たる。佐田の海、外から挟み付けて前に出る。千代鳳、右差し手を抜き、頭を下げ直す。佐田の海、右で相手の左上腕を押し上げ、右を差し、左上手を取る。千代鳳、右差し、左押っ付けで前に出、左を巻き替える。佐田の海、頭をつけ、右押っ付けから右上手前廻しも取り、両上手を引きつけて前に出る。千代鳳、土俵際、左から掬って振る。佐田の海、体を寄せる。千代鳳、後ろ向きに倒れ、佐田の海、その上に乗る。

(中) 旭秀鵬戦 ○寄り切り 6.5秒
 佐田の海、先に手をつく。旭秀鵬、仕切り線後方でサッと手をつく。佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。旭秀鵬、右肘を固めて当たり、右を差す。佐田の海、左押っ付けから左上手を取る。旭秀鵬、肩越しの左上手を取る。佐田の海、左上手を引きつけて前に出、深い右下手も取って力強く寄る。旭秀鵬、右差し手を返して堪えようとするが、上体が起きて俵を割る。

(9) 松鳳山戦 ●打っ棄り 5.9秒
 佐田の海、先に手をつく。松鳳山、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、踏み込もうとする。松鳳山、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。佐田の海、相手の右腕を手繰りながら左へ開く。松鳳山、腕を抜いて向き直り、両差しになる。佐田の海、構わず前に出る。松鳳山、土俵際、両下手を持って相手を吊り上げ、左へ振って俵の外に出す。佐田の海、土俵下に落ちる。

(10) 遠藤戦 ●寄り切り 3.2秒
 佐田の海、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。佐田の海、頭から踏み込む。遠藤、低く踏み込んで頭で当たり、左を差す。佐田の海、右上手に手を伸ばすが取れず。遠藤、右で押っ付けながら一気に前に出、右上手を取る。佐田の海、右で首を巻いて俵に詰まる。遠藤、左下手も取り、両廻しを引きつけて寄る。佐田の海、右で小手に振ろうとするが、俵の外に出る。

(11) 大栄翔戦 ○寄り切り 7.9秒
 大栄翔、先に手をつく。佐田の海、腰を下ろし、右手をついて立ち、右手を出して頭から踏み込む。大栄翔、両手を出して相手の肩を押さえる。佐田の海、右喉輪で相手を仰け反らせる。大栄翔、突っ張りながら前に出、左で顎を押し上げる。佐田の海、右で喉輪を突き外しながら右に回る。大栄翔、土俵際向き直って突き上げる。佐田の海、右を差す。大栄翔、叩きながら俵伝いに左へ引く。佐田の海、そのまま寄る。大栄翔、俵の外に出る。佐田の海、土俵に落ち、大栄翔、土俵下に飛び落ちる。

(12) 輝戦 ○寄り切り 10.7秒
 佐田の海、先に手をつく。輝、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、右手を出して踏み込み、右喉輪で突き放す。輝、突き放してから右を差す。佐田の海、頭をつけ、左上手前廻しを取って前に出る。輝、右差し手を返して上手を切ろうとする。佐田の海、左上手を離さず、右下手も取る。輝、腰を捻って上手を切る。佐田の海、すぐに左上手を取り直し、両廻しを引きつけて寄る。輝、土俵際、右下手を取り、下手投げで振って相手も土俵際にする。佐田の海、両廻しを引きつけて一気に前に出る。輝、左上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、相手を浮かせながら俵の外に出す。

(13) 勢戦 ○上手出投 7.4秒
 佐田の海、先に手をつく。勢、仕切り線後方でサッと手をつく。佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。勢、左肘を固め、両差しを狙う。佐田の海、右から押っ付ける。しかし、勢の手つき不十分か、ここで木村晃之助が止める。2度目、佐田の海、先に手をつく。勢、腰を下ろし、仕切り線後方で右手をつく。佐田の海、素早く立つ。勢、左手をサッとついて立つ。佐田の海、頭から踏み込む。勢、右肘でかち上げ、両差しになろうとしながら前に出る。佐田の海、頭をつけて右から押っ付け、右上手を取る。勢、右で差し手を抱え、左差し手を返して相手の上手を切ろうとするがならず、深い左下手を取る。佐田の海、伸びた右上手を持ち、右に回りながら左で頭を叩いて上手出し投げ。勢、土俵に落ちる。

(14) 千代翔馬戦 ○押し出し 2.1秒
 佐田の海、先に手をつく。千代翔馬、手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右手を出してやや左に踏み出す。佐田の海相手の頭に頭で当たり、左筈を脇に入れ、右で押っ付ける。千代翔馬、一気に引き、土俵際、両手で相手の左腕を手繰る。佐田の海、乗じて前に出、左で相手の胸を押す。千代翔馬、俵の外に出る。佐田の海、俵の外に倒れ、千代翔馬、土俵下客席に背中から倒れ込む。

(楽) 琴勇輝戦 ●突き出し 4.6秒
 佐田の海、先に手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつく。佐田の海、頭から踏み込む。琴勇輝、両手を出して頭から踏み込み、両者、頭で当たり合う。琴勇輝、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがうが堪えられず、土俵下に飛び落ちる。

《2016年秋場所取組内容・目次へ》