誉富士 2016年秋(九月)場所取組内容

201609-ほまれふじ

前頭15枚目だった今年の一月場所、4勝11敗の成績だった。→一月場所の取組内容 翌場所から十両を3場所務め、十両4枚目だった先場所、10勝5敗の成績を上げる。
再入幕し、前頭11枚目で迎えた今場所、初日、臥牙丸に押し倒されて黒星発進。
二日目、三日目と敗れて3連敗。
四日目、「右下腿三頭筋挫傷のため、1ヶ月の休養、安静、加療が必要」との診断書を提出し、休場(→中継画像)。
場所前の8月17日、青森県平川市で行われた巡業の稽古中に、右ふくらはぎに肉離れを起こす(大相撲中継情報)。それが二日目の取組後に悪化し、踏ん張りが効かなくなったたため、休場を決断したとのこと(NHK NEWS WEB より。元記事が削除されていたため文字をコピーしていたものですみません。→こちら
今場所は、0勝4敗11休の成績だった。



(初) 臥牙丸戦 ●押し倒し 2.7秒
 臥牙丸、先に手をつく。誉富士、仕切り線後方でサッと手をつき、やや右に動く。臥牙丸、見ながら頭で当たり、押しながら前に出、右喉輪で押し上げる。誉富士、土俵際、体勢を崩す。臥牙丸、そこを押す。誉富士、土俵に転がる。

(2) 佐田の海戦 ●押し出し 2.6秒
 佐田の海、先に手をつく。誉富士、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込み、互いに右喉輪で相手を起こす。佐田の海、左を差す。誉富士、右で押っ付けながら右に回る。佐田の海、乗じて前に出、押す。誉富士、土俵下に飛び落ちる。

(3) 豊響戦 ●突き出し 7.0秒
 誉富士、先に手をつく。豊響、腰を下ろし、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて立ち、両手を出して頭から踏み込む。誉富士、左へ踏み出し、左から突いて左に開く。豊響、向き直る。誉富士、押し、叩きながら下がる。豊響、突き放しながら前に出る。誉富士、土俵際突っ張り返し、右に回る。豊響、逃さず突き放す。誉富士、上体が起きて俵を割る。

(4) 徳勝龍戦 ■ 不戦勝 
 誉富士、右下腿三頭筋挫傷のため、休場。

《2016年秋場所取組内容・目次へ》