日馬富士 2016年九州(十一月)場所取組内容

201611-はるまふじ

先場所は、十二日目まで豪栄道と優勝争い。12勝3敗の成績で終える。→先場所の取組内容
10月4日に行われた東京五輪・パラリンピックを盛り上げるためのイベント「大相撲beyond2020場所」で鶴竜とともに20年ぶりに三段構えを披露。
場所前は、田子ノ浦部屋で大関昇進を狙う関脇高安と、境川部屋で綱取りが懸かる大関豪栄道と稽古した。風邪でやや体調を崩す。
迎えた今場所、初日、小結の玉鷲に押し出されて黒星発進。(→勝負直後画像
二日目からは白星を連ね、全勝の横綱鶴竜を追う。(→三日目栃煌山戦画像、五日目遠藤戦画像→①口がとがる遠藤→②日馬富士が支えようとするも落ちる遠藤→中日嘉風戦直後→九日目勝負後隠岐の海の元に下りる日馬富士
10連勝した十一日目、鶴竜が稀勢の里に敗れたことにより全勝力士が消え、鶴竜、新入幕・石浦とともに3人が1敗で並ぶ。
十二日目、2日連続2横綱を破った稀勢の里に敗れて、2敗に後退。1敗の鶴竜1人を2敗で稀勢の里と石浦とともに追う展開に。
十三日目、綱取りが懸かっていた大関豪栄道を取り直しの末に下し、1敗の鶴竜を追うただ一人の2敗力士に。(→勝負後、土俵下の栃ノ心の元に落ちる日馬富士→支度部屋でのコメント
十四日目、横綱白鵬に小手投げで敗れて3敗に後退。鶴竜が勝って1敗を守り、千秋楽を待たずに優勝を決める。
千秋楽、優勝を決めた鶴竜と対戦。寄り切りで敗れ、11勝4敗で今場所を終える。
両足首に痛みがある中、場所を務め、直後の巡業は休場することに。途中から参加予定。



(初) 玉鷲戦 ●押し出し 2.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方で手をサッとつく。玉鷲、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。玉鷲、左で突いていなし、右喉輪で押し上げながら一気に前に出る。日馬富士、土俵下に飛び落ちる。

(2) 魁聖戦 ○上手投げ 1.3秒
 魁聖、先に両手をつく。日馬富士、手をサッとつく。その直前、魁聖、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。日馬富士、当たってすぐに左に動き、左上手を取って投げる。魁聖、土俵に這う。

(3) 栃煌山戦 ○上手投げ 4.1秒
 栃煌山、仕切り線少し後方で先に左手をつく。日馬富士、両手をサッとつく。その直前、栃煌山、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、頭で当たり合う。栃煌山、突き放す。日馬富士、下がって体を離す。栃煌山、前に出る。日馬富士、左で張り、左足を俵に掛けながら左上手を取り、土俵際、体を開いて左上手で振り回しながら右で頭を押さえる。栃煌山、土俵に転がる。

(4) 碧山戦 ○腰砕け 23.1秒
 日馬富士、仕切り線後方で、碧山、仕切り線傍で、両者、ほぼ同時に手をサッとついて立つ。日馬富士、頭から踏み込む。碧山、頭から当たる。日馬富士、左上手を取って左に回って引きつけ、上手を持って左に回りながら右で相手の右膝を押さえる。碧山、向き直って左を差して両差しになろうとする。日馬富士、右を固めて差させず、右前廻しを探る。碧山、左上手を探る。日馬富士、その機に右下手を取り、廻しを遠ざけて相手に上手を与えず。碧山、左で押っ付けながら腰を振って下手を切る。日馬富士、左上手を持って左に回りながら右で相手の右膝を押さえる。碧山、堪えて一緒に回る。日馬富士、右下手を取って両廻し。碧山、右下手を取り、左上手に手を伸ばす。日馬富士、腰を捻って上手を与えず。両者、少し止まる(約3秒間)。碧山、右下手を持って少し右に回り、腰を振って上手を切ろうとするがならず、左上手に手を伸ばす。日馬富士、廻しを引きつけて前に出る。碧山、右下手投げで振る。日馬富士、振られるが堪える。碧山、後ろ向きに体勢を崩し、土俵に尻餅。日馬富士、その上に乗る。勝負後、日馬富士、右足首を気にする。碧山も、花道の奥で立ち止まる場面があったとのこと。

(5) 遠藤戦 ○押し出し 2.3秒
 遠藤、仕切り線後方で先に右手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。遠藤、その直前素早く立ち、左肘を固めて踏み込もうとする。日馬富士、左手を出して頭から踏み込み、左喉輪、右押っ付けで一気に前に出る。遠藤、仰け反って俵を割る。

(6) 正代戦 ○押し出し 4.8秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線少し後方でサッと両手をついて素早く立ち、左手を出して踏み込む。正代、その場で立つ。日馬富士、頭を相手の左肩にぶつけ、左喉輪、右押っ付けで一気に前に出る。正代、俵に詰まり、仰け反りながら右で相手の喉輪を外す。日馬富士、体が右へ飛ぶが立て直し、左から張り、右上手を探るが取れず、頭をつけて右押っ付けで前に出る。正代、上体が起きて俵を割る。

(7) 御嶽海戦 ○寄り切り 23.1秒
 御嶽海、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。御嶽海、その直前、素早く立って頭を下げる。日馬富士、右で相手の肩を押さえ、頭から当たりながら左手を伸ばして左上手を取り、すぐに左に回って上手投げに行く。御嶽海、逆に右掬い投げを打つ。日馬富士、振られそうになるが堪えて向き直り、土俵内に戻る。両者、土俵中央で右四つ、日馬富士が左上手を持ち、御嶽海は右下手を持った体勢。日馬富士、体を開いて左上手投げで振り回す。御嶽海、左足が俵に掛かる。日馬富士、右で相手の左手首を持ち、左上手を持って頭をつける。御嶽海、中に戻る。日馬富士、右を差して下手を探る。御嶽海、左で相手の右膝に内無双。日馬富士、すこし体勢が崩れるが堪え、右下手を取り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、俵に両足を掛けながら左押っ付けで突く。日馬富士、少し体が傾くが、両廻しを引きつけて寄り続ける。御嶽海、ついに俵を割る。

(中) 嘉風戦 ○寄り切り 4.8秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭を下げる。日馬富士、頭から踏み込み、左喉輪、右押っ付けで押し上げる。嘉風、右で喉輪にあてがい、左をのぞかせて堪える。日馬富士、少し下がって左下手、右前廻しを取り、一気に前に走る。嘉風、上体が起きて右で首を巻く形になる。日馬富士、力強く寄り切る。嘉風、土俵下に落ちる。

(9) 隠岐の海戦 ○寄り切り 2.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。隠岐の海、その直前、素早く立つ。日馬富士、左手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、左を差す。日馬富士、右上手、左下手を取って一気に前に出る。隠岐の海、土俵際、右小手投げに行こうとする。日馬富士、そのまま寄り切る。隠岐の海、土俵下に落ちる。

(10) 高安戦 ○外掛け 24.2秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、左手を出して低く踏み込む。高安、左でかち上げ、右上腕で相手の顎を押し上げる。日馬富士、右、左と張る。高安、右から張る。日馬富士、両廻しに手を掛け、左上手を取り、右を差す。高安、深い左上手に手を伸ばして取り、右下手も取る。日馬富士、右下手も取って両廻し。高安、左上手を引きつける。日馬富士、堪える。高安、腰を遠ざけて相手の上手を切る。日馬富士、切れた左上手に手を伸ばすが取れず、体を開いて右下手投げに行こうとする。高安、左上手を持って堪え、向き直って右をねじ込もうとする。日馬富士、右下手を持ち、頭をつけて左で相手の右腕を掴む。高安、左上手が肩越しになる。両者、止まる(約6秒間)。日馬富士、右下手を引きつける。高安、左上手で振ろうとする。日馬富士、そこを右足で外掛け。高安、土俵に倒れ、日馬富士、その上に乗る。

(11) 琴奨菊戦 ○下手投げ 4.8秒
 日馬富士は仕切り線少し後方で、琴奨菊は仕切り線後方で、サッと手をついて立つ。琴奨菊、頭から踏み込もうとする。日馬富士、左から張り、両差しになって左下手を取る。琴奨菊、外から抱える。日馬富士、左下手を引きつけて前に出、体を開いて右で相手の右足を押さえながら左下手投げ。琴奨菊、土俵に転がる。

(12) 稀勢の里戦 ●寄り切り 5.4秒
 稀勢の里、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。稀勢の里、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。日馬富士、左手を出して頭から踏み込んで当たり勝ち、右喉輪で相手を起こす。稀勢の里、左で突いて相手の喉輪を外し、左を差す。日馬富士、低い体勢で右上手、左下手を取る。稀勢の里、腰を振って相手の右上手を切る。日馬富士、右を巻き替えようとする。稀勢の里、そこを左押っ付けで一気に前に出る。日馬富士、土俵際、右から突こうとするが、上体が起きて俵を割る。

(13) 豪栄道戦 ○上手投げ 1.3秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、手をサッとつく。豪栄道、頭から低く踏み込む。日馬富士、頭で当たり合う。豪栄道、左を差そうとする。日馬富士、右で押っ付け、左上手を取る。豪栄道、両差しで前に出る。日馬富士、体を開き、下がりながら上手投げを打ち、右で頭を押さえる。豪栄道、左肘から土俵に落ち、日馬富士、俵の外に出る。軍配、豪栄道。「物言い」がつき、協議の結果、足が出るのが同時と判断、「取り直し」となる。(3.1秒)
<取り直しの相撲>豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。豪栄道、右肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、右手を出しながら頭から当たり、すぐに左上手を取って左に開き、右で頭を押さえて下がりながら上手投げ。豪栄道、土俵に落ちる。その後、日馬富士、土俵下の栃ノ心の元へ飛び落ちる。(1.3秒)

(14) 白鵬戦 ●小手投げ 2.5秒
 日馬富士、先に左手をつき、右手もつき、前に傾く。両者、腰を上げ、仕切り直し。2度目、白鵬、手をサッとついて素早く立つ。日馬富士、手をサッとつき、右手を出して踏み込む。白鵬、左肘を固める。日馬富士、左上手を取って左に回り、一気に前に出、深い右下手も取って寄る。白鵬、土俵際、左小手投げを打ちながら体を入れ替える。日馬富士、土俵に転がる。

(楽) 鶴竜戦 ●寄り切り 5.6秒
 鶴竜は両手をサッとつき、日馬富士は両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。鶴竜、頭を下げて踏み込もうとする。日馬富士、右手で相手の上腕を押さえながら頭から踏み込み、すぐに左に動きながら左上手、右下手を取って前に出る。鶴竜、左上手に手を伸ばすが取れず、土俵際になるが、右を深く差して下手を取り、左で押っ付けで一気に前に出る。日馬富士、土俵際、左上手投げに行こうとするが俵に詰まる。鶴竜、腰を下ろして寄る。日馬富士、力なく俵を割る。

《2016年九州場所取組内容・目次へ》