豪栄道 2016年九州(十一月)場所取組内容

201611-ごうえいどう

4度目の角番だった先場所は、初日から白星を連ねて十四日目に初優勝決定。千秋楽も勝ち、史上初の角番からの全勝優勝を果たした。→先場所の取組内容
地元の大阪府寝屋川市や、母校の埼玉栄高校へのパレードを行ったり、多忙に過ごす。
二所ノ関連合稽古で稀勢の里、琴奨菊、高安らと。また、境川部屋に来た日馬富士、照ノ富士らと稽古し、初の綱とり場所に臨む。
迎えた今場所、初日は栃煌山を押し出して白星発進。
二日目、今場所大関とりが懸かる高安を突き落として連勝。
そのまま白星を連ね、五日目を終えた時点で、鶴竜、白鵬の2横綱と、平幕の蒼国来の4人でトップに並ぶ。(→三日目嘉風とのにらみ合い
六日目、初日に横綱日馬富士を破った小結玉鷲と対戦。突き落とされて初黒星を喫する。(→玉鷲の突き落とし)(→顔をすりむいた豪栄道
七日目、魁聖を巻き落として連敗回避。
中日の隠岐の海戦、一度は軍配をもらうも「物言い」。勝負は際どく見えたが、「軍配差し違え」と判断されて2敗目。(→取組画像
九日目、大関稀勢の里に突き落とされて3敗目。全勝の鶴竜と3敗差がつき、連続優勝での綱とりが絶望的に。
十日目琴奨菊、十一日目照ノ富士と大関を倒し、勝ち越し決定。(→照ノ富士戦でのにらみ合い
十二日目、1横綱3大関を破った遠藤と対戦。押し出して9勝目を上げる。
十三日目、横綱日馬富士と対戦。「取り直し」の末、上手投げで敗れる。
十四日目、千秋楽と横綱戦が続き、3横綱に全員に敗れ、9勝6敗で今場所を終える。
今年の「待った」回数は27回で、十両以上で最も多い力士となる。(→2016年ランキング



(初) 栃煌山戦 ○押し出し 6.2秒
 豪栄道、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方でサッと両手をつく。豪栄道、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて低く踏み込む。栃煌山、両腕を内に入れて当たる。豪栄道、どんどん前に出る。栃煌山、左を差すが土俵際になり、俵伝いに左へ回る。豪栄道、左差しで前に出る。栃煌山、左から突く。豪栄道、前のめりになるが堪え、向き直って押す。栃煌山、土俵下に落ちる。

(2) 高安戦 ○突き落し 1.4秒
 豪栄道、右手をつく。高安、すぐにサッと手をついて突っ掛ける。2度目、豪栄道、右手をつく。高安、すぐに右、左と手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から踏み込む。高安、左肘を前に出して当たる。豪栄道、低く当たって右から突く。高安、左手をつき、左膝から崩れ落ちる。

(3) 嘉風戦 ○突き落し 2.2秒
 嘉風、先に両手をつく。豪栄道、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。豪栄道、踏み込んで右を差す。嘉風、突き放して頭を下げる。豪栄道、下がらず、左から突く。嘉風、左膝から土俵に落ちる。

(4) 御嶽海戦 ○寄り切り 5.2秒
 御嶽海、先に右手をつく。豪栄道、右拳をつこうと浮かせる。御嶽海、立とうと立とうとピクリと動くが、相手が手をつかないため、立合いを嫌う。2度目、御嶽海、先に手をつく。豪栄道、右拳を浮かせ、サッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、頭から踏み込む。豪栄道、頭から低く踏み込み、左上手前廻しを取り、右を差して一気に前に出る。御嶽海、俵に詰まるが、右差し手を返す。豪栄道、左上手が下がりになる。御嶽海、俵伝いに右へ回りながら左を巻き替えて両差しになる。豪栄道、右上手に手を掛けながら体を寄せる。御嶽海、右から掬おうとするが、土俵下に落ちる。

(5) 碧山戦 ○押し出し 9.7秒
 豪栄道、先に右手をつく。碧山、仕切り線少し後方でサッと手をつく。豪栄道、頭から踏み込む。碧山、両肘を固め、かち上げ気味に当たる。豪栄道、すぐに左上手を取り、前に出る。碧山、引いて上手を切り、土俵際、右をのぞかせて肩透かしを引きながら土俵際を右に回る。豪栄道、落ちずに向き直る。碧山、突き放そうとする。豪栄道、下からあてがいながら前に出る。碧山、下がり、突っ張る。豪栄道、下からあてがい、左前廻しを取る。碧山、叩きながら引く。豪栄道、廻しが切れるが落ちずに前に出、相手の腹を押す。碧山、土俵下に飛び落ちる。

(6) 玉鷲戦 ●突き落し 9.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、ぴょんと立ち、右肘を固める。玉鷲、頭で当たり合い、両手突きで相手を起こし、顎に向かって突き放しながら前に出る。豪栄道、引いて体を離し、相手の手をいなしながら俵の上を際どく左へ回る。玉鷲、俵の上で踏み止まる。両者、少し中に戻る。豪栄道、押しながら前に出る。玉鷲、押し返す。豪栄道、両差しになって前に出る。玉鷲、俵に足を掛けながら左で突く。豪栄道、顔から落ちる。玉鷲、その上に乗る。

(7) 魁聖戦 ○巻き落し 12.1秒
 豪栄道、先に右手をつく。魁聖、仕切り線後方でサッと手をつく。豪栄道、左手をサッとつき、やや左に踏み出して頭から当たり、左上手を取る。魁聖、両腕を内に入れて胸で当たり、両差しになろうとしながら一気に前に出、右差し手を返す。豪栄道、左上手が切れて俵に詰まり、右を差して下手を取り、右に回る。魁聖、その機に左上手を取る。豪栄道、右下手を離し、左上手を取って左に回る。魁聖、左上手を持って前に出る。豪栄道、左上手が切れて俵に詰まり、右掬い投げを打ちながらかろうじて右に回って中に戻り、右差し手で巻きながら左上手に手を掛ける。魁聖、土俵に転がる。

(中) 隠岐の海戦 ●押し出し 4.9秒
 豪栄道、先に右手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、豪栄道、先に右手をつく。隠岐の海、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭を下げる。隠岐の海、踏み込んで右肘でかち上げ、左を差す。豪栄道、右で首を巻いて下がる。隠岐の海、左で後ろ廻しを取り、前に出る。豪栄道、俵に詰まり、左から突く。隠岐の海、前に落ち、豪栄道、土俵下に落ちる。軍配、豪栄道。「物言い」がつき、協議の結果、豪栄道の体が先に落ちていると判断、「軍配差し違え」で隠岐の海の勝ちとなる。VTRでは、豪栄道の踵が蛇の目の砂に触れるのと、隠岐の海の爪先が返るタイミングが微妙に見えた。友綱審判長は「豪栄道の体が土俵の中になかった。(左)かかとと言うより、もう片方の足が飛び出していた」と宙に浮いた右足が土俵外に出ていたと判断したよう(日刊スポーツより 記事が表示されない場合は→こちら)。

(9) 稀勢の里戦 ●突き落し 3.3秒
 豪栄道、先に右手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込む。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。豪栄道、両差しになろうとしながら前に出る。稀勢の里、左で差し手を抱え、土俵際、右で頭を押さえ、俵伝いに左へ回りながら左で小手投げ気味に突く。豪栄道、左肘から土俵に落ちる。その後、稀勢の里、土俵下に落ちる。

(10) 琴奨菊戦 ○押し出し 3.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭から踏み込む。豪栄道、左肘を固めて低く踏み込み、当たり勝って左を差し、右押っ付けで前に出ながら右上手に手を掛ける。琴奨菊、上手を切るが、上体が起きて俵に詰まる。豪栄道、右で押っ付ける。琴奨菊、俵の外に出る。

(11) 照ノ富士戦 ○寄り切り 7.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右肩から踏み込む。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込み、両差しになろうとする。照ノ富士、外から差し手を極め気味に抱える。豪栄道、右差し手を抜き、左差しで前に出る。照ノ富士、右で差し手を抱えて俵に詰まる。豪栄道、深い右廻しを取ってがぶり寄る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。

(12) 遠藤戦 ○押し出し 2.5秒
 豪栄道、先に右手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと両手をつく。豪栄道、頭から踏み込む。遠藤、左肘を固めて当たる。豪栄道、当たり勝ち、左を差して右で押っ付ける。遠藤、体を離そうと引き、叩いて右に回ろうとする。豪栄道、乗じて一気に前に出る。遠藤、土俵下に落ち、花道を走る。

(13) 日馬富士戦 ●上手投げ 1.3秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、手をサッとつく。豪栄道、頭から低く踏み込む。日馬富士、頭で当たり合う。豪栄道、左を差そうとする。日馬富士、右で押っ付け、左上手を取る。豪栄道、両差しで前に出る。日馬富士、体を開き、下がりながら上手投げを打ち、右で頭を押さえる。豪栄道、左肘から土俵に落ち、日馬富士、俵の外に出る。軍配、豪栄道。「物言い」がつき、協議の結果、足が出るのが同時と判断、「取り直し」となる。(3.1秒)
<取り直しの相撲>豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。豪栄道、右肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、右手を出しながら頭から当たり、すぐに左上手を取って左に開き、右で頭を押さえて下がりながら上手投げ。豪栄道、土俵に落ちる。その後、日馬富士、土俵下の栃ノ心の元へ飛び落ちる。(1.3秒)

(14) 鶴竜戦 ●上手出投 4.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。鶴竜、仕切り線少し後方で手をサッとついて立つ。豪栄道、立てず。2度目、豪栄道、先に右手をつく。鶴竜、仕切り線少し後方で手をサッとつく。その直前、豪栄道、素早く立ち、頭から踏み込む。鶴竜、左から張り、豪栄道、前に出る。しかし、ここで式守伊之助が止める。豪栄道の手つき不十分か。3度目、豪栄道、先に右手をつく。鶴竜、仕切り線少し後方で手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、頭から踏み込む。鶴竜、頭で当たり合い、左を差す。豪栄道、左差し、右押っ付けで前に出る。鶴竜、左を差し込んで差し手を返す。豪栄道、右上手に手を伸ばすが届かず、左下手を探る。鶴竜、素早く右を巻き替えて差す。豪栄道、すぐに右を巻き替えに行く。鶴竜、そこで体を開いて左上手出し投げ。豪栄道、前に泳いで土俵下に飛び落ちる。

(楽) 白鵬戦 ●上手出投 7.3秒
 豪栄道、先に右手をつく。白鵬、両手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を前に出す。白鵬、両手を出して顔を挟みながら右へ踏み出し、突き放す。豪栄道、突き返して前に出る。白鵬、叩き、左で突きながら左に回って体を離す。豪栄道、前にのめりになるが土俵際向き直る。白鵬、激しく突っ張る。豪栄道、撥ね上げながら前に出る。白鵬、機を見て、左で後ろ廻しを取って体を開きながら出し投げ。豪栄道、前に泳いで土俵下に飛び落ちる。

《2016年九州場所取組内容・目次へ》