玉鷲 2016年九州(十一月)場所取組内容

201611-たまわし

前頭6枚目だった先場所は、10勝5敗と10場所ぶりに二桁勝利を上げた。→先場所の取組内容
今場所は、昨年3月場所以来、2度目の小結となる。
迎えた今場所、初日、横綱日馬富士を押し出して白星発進。(→勝負直後の画像→殊勲インタビューの様子
二日目、大関稀勢の里に寄り切られて初黒星。
三日目、大関琴奨菊を寄り切って2勝目を上げる。(→殊勲インタビューで笑顔
四日目、横綱白鵬に突き落とされ、誕生日白星ならず。(→勝負後悔しそうな玉鷲
五日目、今場所大関とりが懸かる高安を小手投げで破って3勝目。(→勝ち名乗りを受ける様子
六日目、初日から勝ちっぱなしの綱取り大関豪栄道を強烈に突き落とし、4勝目。先場所豪栄道が優勝を決めた一番の相手だった悔しさを晴らした。(→取組画像→笑顔で殊勲インタビュー
七日目、関脇隠岐の海を押し出して3連勝。5勝2敗と白星先行。
中日、横綱鶴竜にどんどん攻め込むも、下手捻りで敗れて3敗目。(→勝負後、ひやりとしたと思われる鶴竜の表情
九日目、十日目と連勝し、勝ち越しまであと1つとする。(→魁聖を強烈に押し倒し→倒れた魁聖に手を貸す玉鷲
十一日目、十二日目と連敗して足踏み。(→勝ち越しを前に連敗で悔しい表情
十三日目、大関照ノ富士を送り出し、三役で初めて勝ち越しを決める。勝ち越しインタビューでは、目を潤ませる(→インタビューの様子
十四日目、嘉風を突き出して9勝目。
千秋楽、三賞受賞と勝ち越しが懸かる遠藤を突き倒し、10勝5敗の成績を上げる。馬力のある突き押しが評価され、技能賞を受賞。(三賞受賞インタビューの様子 →①ニコニコ→②目をぎゅっと閉じて開ける



(初) 日馬富士戦 ○押し出し 2.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方で手をサッとつく。玉鷲、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。玉鷲、左で突いていなし、右喉輪で押し上げながら一気に前に出る。日馬富士、土俵下に飛び落ちる。

(2) 稀勢の里戦 ●寄り切り 7.0秒
 玉鷲、先に手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつく。玉鷲、頭から踏み込もうとする。稀勢の里、右から張って左を差し、すぐに差し手を返して前に出る。玉鷲、俵に足を掛けて必死に堪える。稀勢の里、深い右上手一枚廻しを取る。玉鷲、左差し手を返すが相手の上手を切れず。稀勢の里、腰を下ろして寄り切る。

(3) 琴奨菊戦 ○寄り切り 4.3秒
 玉鷲、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線少し後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。玉鷲、頭から当たりながらやや左に踏み出す。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込む。玉鷲、右で顎を押し上げながら一気に前に出る。琴奨菊、上体が起きて土俵際。玉鷲、両差しで寄る。琴奨菊、土俵下に落ちる。

(4) 白鵬戦 ●突き落し 1.5秒
 玉鷲、先に左手をつく。白鵬、腰を下ろし、手をつこうとする。玉鷲、立とうと前のめりになり、ついていた手を戻す。白鵬、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、玉鷲、先に左手をつく。白鵬、腰を下ろし、右手をサッとついて立つ。玉鷲、頭から当たろうとする。白鵬、左から張り、右肘でかち上げ気味に当たる。玉鷲、左でかち上げを防ぎ、突き放す。白鵬、左で相手の腕を突いて左に開く。玉鷲、前につんのめり、右手を土俵について転がる。

(5) 高安戦 ○小手投げ 2.5秒
 玉鷲、先に手をつく。高安、仕切り線少し後方でサッと手をつき、素早く立って右から張って両差しになる。玉鷲、右で差し手を抱え、小手投げで振り回して前に出る。高安、俵の外に手をつく。

(6) 豪栄道戦 ○突き落し 9.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、ぴょんと立ち、右肘を固める。玉鷲、頭で当たり合い、両手突きで相手を起こし、顎に向かって突き放しながら前に出る。豪栄道、引いて体を離し、相手の手をいなしながら俵の上を際どく左へ回る。玉鷲、俵の上で踏み止まる。両者、少し中に戻る。豪栄道、押しながら前に出る。玉鷲、押し返す。豪栄道、両差しになって前に出る。玉鷲、俵に足を掛けながら左で突く。豪栄道、顔から落ちる。玉鷲、その上に乗る。

(7) 隠岐の海戦 ○押し出し 5.6秒
 隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方で左手をつき、両者、もう片方の手をサッとついてほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、両手を出してやや左へ踏み出し、右喉輪で相手を起こし、顎に向かって押し上げながら前に出る。隠岐の海、左半身になる。玉鷲、右押っ付けで押し上げる。隠岐の海、土俵下に飛び落ちる。

(中) 鶴竜戦 ●下手捻り 11.4秒
 両者、見合い、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。鶴竜、左から張り、右肘を固めて頭から踏み込む。玉鷲、両手を出して踏み込む。鶴竜、低く当たって左を差す。玉鷲、顎に向かって突っ張る。鶴竜、下からあてがい、少し下がって相手の手を叩く。玉鷲、突き放しながら前に出る。鶴竜、土俵際を左へ回る。玉鷲、突き放しながらどんどん前に出る。鶴竜、土俵際を右へ回り、頭を下げて左前廻しを取る。玉鷲、右で廻しを切ろうとするが切れず、右で押っ付けながら前に出る。鶴竜、土俵際を右へ回りながら左下手で捻る。玉鷲、足が流れて土俵に這う。

(9) 碧山戦 ○押し出し 9.0秒
 碧山、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつく。碧山、その直前、素早く立ち、両差しを狙う。玉鷲、頭から当たり、左押っ付け、右喉輪で突き放す。碧山、両手で顎を押し上げてから右に開く。玉鷲、前のめりになるが向き直り、右喉輪で押し上げながら前に出る。碧山、上体が起きて俵に詰まり、左上手に手を伸ばす。玉鷲、相手の胸を押す。碧山、俵を割る。

(10) 魁聖戦 ○押し倒し 5.0秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を内に入れて踏み込む。玉鷲、やや左に踏み出して頭から当たり、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。魁聖、右を差そうとする。玉鷲、左で押っ付け、右喉輪でぐいぐい押し上げながら前に出る。魁聖、仰け反って俵に詰まる。玉鷲、そのまま右喉輪で押す。魁聖、俵の外に倒れる。

(11) 栃煌山戦 ●押し出し 9.6秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に手をつき、相手が手をつこうと動いたときに突っ掛ける。2度目、玉鷲、先に左手をつく。栃煌山、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、両手を出して頭を下げ、やや左へ踏み出し、左から押っ付ける。栃煌山、向き直る。玉鷲、突き放しながら前に出る。栃煌山、素早く引き、土俵際、両差しになって前に出る。玉鷲、下がって体を離そうとするが俵に詰まる。栃煌山、右差し手を返す。玉鷲、俵の上で左上手に手を伸ばすが取れず。栃煌山、右に回り、両差しで前に出る。玉鷲、体を離して突き放そうとするが俵に詰まる。栃煌山、相手の腹を押し上げる。玉鷲、土俵下に飛び落ちる。

(12) 御嶽海戦 ●押し出し 6.7秒
 御嶽海、先に右手をつく。玉鷲、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。御嶽海、右手を出して頭から当たる。玉鷲、突っ張って前に出る。御嶽海、下から撥ね上げて堪える。玉鷲、引いて体を離す。御嶽海、乗じて前に出、押し上げる。玉鷲、上体が起きて俵に詰まり、右を差して差し手を返して突くが、右足が俵の外に出る。その後、御嶽海、俵の外に落ちる。

(13) 照ノ富士戦 ○送り出し 3.6秒
 玉鷲、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右から張る。玉鷲、頭から当たる。照ノ富士、左を差す。玉鷲、右小手投げで振り放す。照ノ富士、泳いで土俵際。玉鷲、後ろから押す。照ノ富士、俵の外に出る。

(14) 嘉風戦 ○突き出し 3.7秒
 嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左、右とサッと手をつき、素早く立って頭から踏み込む。嘉風、頭から低く当たる。玉鷲、両手で相手を突き起こし、突っ張りながら前に出る。嘉風、下からあてがうが、土俵際で棒立ちになる。玉鷲、相手の胸をそっと押して俵の外に出す。

(楽) 遠藤戦 ○突き倒し 2.8秒
 遠藤、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。遠藤、両腕を下げて頭から踏み込む。玉鷲、両手を出して低く当たり、顎に向かって突き放しながら前に出る。遠藤、仰け反り、左で喉輪を外すが俵に詰まる。玉鷲、更に突く。遠藤、しゃがみ込む形になり、俵の外に倒れる。

《2016年九州場所取組内容・目次へ》