荒鷲 2016年九州(十一月)場所取組内容

201611-あらわし

前頭10枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭10枚目で迎えた今場所、初日は旭秀鵬を、二日目は新入幕の北勝富士を寄り切って(→北勝富士戦画像)連勝スタート。
三日目、大翔丸に突き落とされて初黒星。
四日目、勢を思い切った小手投げで倒し、3勝目。
五日目、千代翔馬に寄り切られて2敗目。(→五日目、北の富士さんが見分けられない荒鷲との対戦画像
六日目から白星が連なり、十日目、勝てば勝ち越しの貴ノ岩戦、立合い変化で決める。(→勝ち越しインタビューの様子
十二日目、十二日目と連敗。
十三日目、新入幕で好調の石浦を叩き込み、9勝目。
十四日目は妙義龍(→勝負後塩カゴを落とす妙義龍)、千秋楽(→土俵入りの際目を腫らせた荒鷲)は正代に勝ち、11勝4敗の成績で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。二桁勝利は、一昨年7月場所以来、14場所ぶり。



(初) 旭秀鵬戦 ○寄り切り 5.1秒
 荒鷲、先に右手をつく。旭秀鵬、左、右とサッと手をつく。荒鷲、左手をサッとつき、右肘を固める。旭秀鵬、右肘でかち上げ気味に当たる。荒鷲、すぐに左上手前廻しを取る。旭秀鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、右を差し込んで下手を取る。荒鷲、右下手も取り、左上手を引きつけて一気に前に出、腰を下ろして寄り切る。

(2) 北勝富士戦 ○寄り切り 20.9秒
 荒鷲、先に右手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて立つ。荒鷲、右肘を固め、左前廻しを狙いながら踏み込む。北勝富士、やや左に踏み出し、右喉輪で突き放す。荒鷲、左で下がりを掴む。北勝富士、叩きながら右に回る。荒鷲、重心が後ろになって崩れかけるが堪える。北勝富士、突き放しながら前に出る。荒鷲、土俵際、相手の右喉輪を外し、左に回り込んで体を離す。北勝富士、俵に詰まる。荒鷲、体勢を崩しかける。北勝富士、相手に背中を向けるがくるっと向き直る。荒鷲、前に出、左から張って右を差す。北勝富士、土俵際、左から突く。両者、体が離れ、互いに体勢を崩しかけるが堪える。荒鷲、先に体勢を立て直し、前に出て左下手を取る。北勝富士、大きく引いて右を巻き替えて差し、掬い投げを打つ。荒鷲、体が傾くが、左上手を持って堪え、右前廻しを探る。北勝富士、右下手を取り、左で相手の右手を掴んで前廻しを与えず。荒鷲、右前廻しを探り続けて取り、両廻しを引きつけて前に出る。北勝富士、俵に詰まる。荒鷲、左上手投げで振って前に出る。北勝富士、土俵下に落ちて転がる。

(3) 大翔丸戦 ●突き落し 2.2秒
 荒鷲、先に手をつく。大翔丸、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、頭から踏み込み、押し、左から突く。荒鷲、前のめりになり、向き直ろうとするが、土俵に両手をつく。

(4) 勢戦 ○小手投げ 8.0秒
 荒鷲、先に手をつく。勢、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。勢、右肩から当たる。荒鷲、すぐに左上手前廻しを取って左に回る。勢、乗じて前に出、右差し手を抜く。荒鷲、土俵際、右上手前廻しも取る。勢、左から掬って振る。荒鷲、右上手を離さず、左下手を深くする。両者、左四つで少し止まる。荒鷲、体を開いて右上手投げを下に打つ。勢、土俵に転がる。その後、荒鷲、土俵下に落ちる。決まり手は、上手が途中で切れたので小手投げに。

(5) 千代翔馬戦 ●寄り切り 8.5秒
 荒鷲、右手をつく。千代翔馬、両手をサッとついて立つ。荒鷲、右肘を固める。千代翔馬、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。両者、差し手争い。千代翔馬、左を差し勝ち、右上手を取る。荒鷲、左下手を取る。千代翔馬、右上手を引きつけて前に出る。荒鷲、土俵際堪える。千代翔馬、体を開いて右上手出し投げで振る。荒鷲、向き直って右上手を取るが土俵際。千代翔馬、右上手を引きつけて前に出、左下手も取り、相手を浮かせながら俵の外に出す。

(6) 豪風戦 ○小手投げ 4.1秒
 荒鷲、先に手をつく。豪風、手をつこうとするが一旦止め、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立つ。荒鷲、右肘を固める。豪風、右手を出して踏み込む。荒鷲、左で相手の右膝を押さえる。豪風、左に回る。荒鷲、左で相手の右肘を抱える。豪風、浅い両差しで前に出る。荒鷲、右から極めるような小手投げで振る。豪風、体が振られ、右肘から土俵に落ちる。

(7) 錦木戦 ○下手投げ 16.4秒
 錦木、先に両手をつく。荒鷲、右手をつき、時をおいて左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭を下げる。荒鷲、右肘を固めて踏み込み、左前廻しを探る。錦木、左を差し勝ち、右で差し手を抱え、深い左下手を取り、右上手に手を伸ばす。荒鷲、腰を引いて上手を与えず、深い左下手を取る。錦木、左下手を持ち、右上手に何度も手を伸ばす。荒鷲、腰を引いて相手に上手を与えないようにするが、じりじり下がって土俵際になり、体を開いて左下手投げに行く。その機に、錦木、右上手を取って寄ろうとする。荒鷲、左下手投げを打ち続け、左足で相手の右足を跳ね上げる。錦木、体が裏返り、左肘から土俵に落ちる。荒鷲、その上に乗る。

(中) 豊響戦 ○下手投げ 3.4秒
 荒鷲、先に右手をつく。豊響、仕切り線後方で右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。豊響、右手を出して頭から踏み込む。荒鷲、左前廻しを取る。豊響、押っ付けながら前に出る。荒鷲、右下手も取り、土俵際、体を開いて右下手投げ。豊響、土俵に裏返る。

(9) 千代大龍戦 ○寄り切り 4.4秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に右手をつく。千代大龍、腰を下ろし、仕切り線少し後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で突き放そうとする。荒鷲、左上手を取って離さず。千代大龍、右差し手を抜く。荒鷲、右下手前廻しも取り、両下手を引きつけて前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(10) 貴ノ岩戦 ○叩き込み 0.8秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、右手を出して踏み込む。荒鷲、叩きながら右に飛ぶ。貴ノ岩、土俵に手をつく。

(11) 千代鳳戦 ●寄り切り 3.7秒
 荒鷲、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方で手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たり、左上手に手を伸ばして取る。千代鳳、両差しになって前に出る。荒鷲、右で首を巻き、左へ回るが俵に詰まる。千代鳳、腰を下ろして寄る。荒鷲、左上手が切れ、上体が起きて俵を割る。

(12) 蒼国来戦 ●寄り切り 9.0秒
 荒鷲、先に右手をつく。蒼国来、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて左へ踏み出す。荒鷲、右肘を固めて当たる。蒼国来、右喉輪で押し上げる。荒鷲、右半身で右前廻しを探る。蒼国来、左上手を取り、相手に上手を与えないよう左に回る。荒鷲、左を巻き替えようとするがならず。蒼国来、上手を引きつけて前に出る。荒鷲、上体が起きて俵を割る。

(13) 石浦戦 ○叩き込み 1.5秒
 荒鷲、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。荒鷲、左から張って右差しで少し前に出、叩く。石浦、前に落ちて両手をつく。

(14) 妙義龍戦 ○寄り切り 6.7秒
 荒鷲、仕切り線後方で先に右手をつく。妙義龍、右手をつき、両者見合い、左手をサッとついて素早く立つ。荒鷲、右肘を固める。妙義龍、左へ踏み出し、両手を出して当たる。荒鷲、左上手前廻しに手を伸ばすが届かず。妙義龍、突き放し、右を差し込み、左を巻き替えようとするがならず。荒鷲、右下手を取り、右下手投げで大きく振って相手を土俵際にし、左上手を取って寄る。妙義龍、俵を割る。

(楽) 正代戦 ○上手投げ 10.3秒
 荒鷲、先に右手をつく。正代、仕切り線後方で両手をつく。荒鷲、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、両腕を内に入れて両差しを狙う。荒鷲、低く当たって右を差そうとする。正代、左を巻き替えようとする。荒鷲、右肘を固めて差させず。正代、左で相手の差し手を引っ張り込む。荒鷲、右を差して下手を取る。正代、左上手を取る。荒鷲、右下手投げで振り回し、相手を土俵際にして前に出る。正代、土俵際、左上手投げに行こうとする。荒鷲、右下手を離し、左を差して両廻しを取って前に出る。正代、左下手を取って土俵内に戻る。荒鷲、止まらず、豪快な右上手投げ。正代、土俵に転がり、荒鷲、その上に乗る。

《2016年九州場所取組内容・目次へ》