2017年初(1月)場所十両の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の十両(取組時間等)の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◇初日◇
20170108 01 202 大奄美 掬い投げ 照強 43 ○大奄美 掬い投げ 照強●

新十両対決は、大奄美が照強を掬い投げで初日白星。
同じく新十両の力真が、旭日松を寄り切って白星発進。
今場所から大銀杏を結った宇良は、千代丸を押し出して白星発進。
琴恵光が、小柳を網打ちで倒す。
→初日・十両取組時間等へ

◇二日目◇
20170109 02 211 宇良 首捻り 青狼 35-1 ○宇良 首捻り 青狼●

十両3枚目の宇良は、青狼を首投げから逆に体を預けながらの首捻りで倒し、2連勝。
十両2場所目の小柳は、北太樹得意の左四つになりながら、がぶって寄り切り、初日を出す。
琴恵光、初日に続いて土俵際の逆転で2連勝。
関取最年長の安美錦は、剣翔を叩き込んで初日を出す。
新十両の大奄美が、再十両の希善龍を寄り切って初日。
→二日目・十両取組時間等へ

◇三日目◇
20170110 03 212 宇良 引っ掛け 東龍 30 ○宇良 引っ掛け 東龍●

十両3枚目の宇良が、東龍を引っ掛けで破り、3連勝。
琴恵光、北太樹を土俵際で突き落とし、3連勝。
若乃島は、新十両の大奄美と、2連勝同士で対戦。50秒近い相撲の末、相手に軍配が上がるも、「差し違え」で若乃島が3連勝。
誉富士、新十両の力真を押し出し、3連勝。
新十両 照強、希善龍を下手投げで倒し、関取初白星。
<成績上位者>
全勝 宇良、琴恵光、誉富士、若乃島(4人)
→三日目・十両取組時間等へ

◇四日目◇
20170111 04 213 宇良 渡し込み 豊響 15 残す宇良 02-2 ○宇良 渡し込み 豊響●

十両3枚目の宇良が、豊響の押しに土俵際大きく仰け反って堪え、渡し込みで勝利。ただ一人、4連勝。
里山が、大きな天風を下手投げで転がし、3勝目。
関取最年長の安美錦が、北太樹を叩き込んで一旦軍配をもらうが、先に足が出たとして「差し違え」で敗れる。北太樹は初白星。
新十両の大奄美が、初日から3連勝の誉富士を、土俵際の首捻りで倒して3勝目。
新十両の力真が、初日から3連勝の若乃島に、掬い投げからの押し倒しで勝ち、2勝目。
再十両の希善龍が、旭日松を叩き込んで初日を出す。
<成績上位者>
全勝 宇良(1人)
一敗 旭秀鵬、琴恵光、誉富士、里山、大奄美、若乃島(6人)
→四日目・十両取組時間等へ

◇五日目◇
20170112 05 212 宇良 寄り切り 旭秀鵬 40 ○宇良 寄り切り 旭秀鵬●

ただ一人初日から4連勝の宇良は、旭秀鵬を寄り切って5連勝。単独トップを守る。
前日、新十両の大奄美に敗れて初黒星を喫した誉富士は、再十両の若乃島を叩き込んで4勝目。
里山は、再十両の希善龍を肩透かしで倒し、4勝目。
新十両の大奄美は、阿夢露を押し倒して4勝目。
まだ髷を結えない小柳は、関取最年長安美錦を押し出して3勝目。
<成績上位者>
全勝 宇良(1人)
一敗 誉富士、里山、大奄美(3人)
→五日目・十両取組時間等へ

◇六日目◇
20170113 06 205 里山 下手投げ 山口 40 ○里山 下手投げ 山口●

ただ一人初日から5連勝の宇良が、大栄翔に突き出されて初黒星。大栄翔は、宇良戦3戦全勝。
里山は、山口の上手投げを堪えて鮮やかな下手投げで5勝目。
誉富士は、大きな天風を叩き込んで5勝目。
新十両の大奄美は、竜電を寄り切り、5勝目。他の3人とともにトップに並ぶ。
旭日松が、若乃島にとったりで勝ち、初白星を上げる。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 宇良、誉富士、里山、大奄美(4人)
二敗 大栄翔、徳勝龍、剣翔(3人)
→六日目・十両取組時間等へ

◇七日目◇
20170114 07 211 宇良 とったり 小柳 35 ○宇良 とったり 小柳●

六日目初黒星を喫した宇良は、小柳を押し上げ、機を見てとったりで倒して1敗を守る。
里山は、同じ奄美大島出身の 若乃島を突き落として1敗を守り、宇良と2人でトップに並ぶ。
大栄翔は、阿武咲に土俵際まで追い込まれるも、うまくいなして逆転。2敗を守る。
新十両の大奄美は、山口に上手出し投げで敗れて2敗目。
六日目に初日を出して旭日松は、竜電を力強く押し出して連勝。
幕下の北はり磨は、希善龍を押し出して勝ち越し決定。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 宇良、里山(2人)
二敗 大栄翔、徳勝龍、剣翔、誉富士、大奄美(5人)
→七日目・十両取組時間等へ

◇八日目◇
20170115 08 210 02 剣翔 送り倒し 宇良 40 ○剣翔 送り倒し 宇良●

1敗でトップの1人 宇良が、過去3戦全敗の剣翔と対戦。一度は軍配をもらうも、「取り直し」の末に送り倒しで敗れ、2敗に後退。剣翔は、2敗で並ぶ。
1敗でもう一人のトップ 里山が、阿夢露に押し出されて2敗に後退。1敗力士が消える。
豊響は、北太樹を、相手得意の左四つで寄り切って4勝目。
新十両の大奄美は、関取最年長の安美錦を押し出して5勝目。トップの7人の中に入る。安美錦は、2勝6敗に。
新十両の照強は、旭大星を鮮やかな下手投げで倒し、4勝4敗と五分にする。
初日から5連敗スタートだった旭日松は、山口を土俵下まで吹っ飛ばして3連勝。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 大栄翔、宇良、徳勝龍、剣翔、誉富士、里山、大奄美(7人)
三敗 旭秀鵬(1人)
→八日目・十両取組時間等へ

◇九日目◇
20170116 09 210 宇良 押し出し 旭大星 40 ○宇良 押し出し 旭大星●

2敗でトップの1人 宇良が、旭大星を押し出し。
大栄翔、徳勝龍が勝って、優勝争いトップは3人に。
里山は、竜電を掛け投げに行こうとしたところ、内掛けを返されて敗れ、3敗に後退。
新十両の照強が、剣翔を寄り切り、5勝4敗と白星先行に。剣翔は3敗に後退。
関取最年長の安美錦が、千代丸を寄り切って3勝目。
旭秀鵬と北太樹は立合いが合わず、力を抜いた北太樹を旭秀鵬が押し出してあっけない勝負となる。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 大栄翔、宇良、徳勝龍(3人)
三敗 旭秀鵬、剣翔、誉富士、里山、大奄美(5人)
四敗 豊響、英乃海、山口、天風、照強(5人)
→九日目・十両取組時間等へ

◇十日目◇
20170117 10 209 阿武咲 突き倒し 宇良 40 ○阿武咲 突き倒し 宇良●

ずっとトップを走っていた宇良が、阿武咲に突き倒されて3敗に後退。阿武咲は6勝目。
大栄翔が、関取最年長の安美錦を突き出し、2場所連続の勝ち越しを決めるとともに2敗でトップを守る。
徳勝龍は、旭秀鵬を寄り切って5場所ぶりの勝ち越し。大栄翔と2人でトップに並ぶ。
誉富士は、青狼を押し出し、勝ち越しまであと1つとする。
大奄美は、同じ奄美大島出身の里山と3敗同士で対戦。寄り切って7勝目。里山は4敗に後退。
阪神淡路大震災の日に生まれた新十両の照強は、琴恵光の寄り倒しに敗れ、誕生日白星ならず。
北太樹は、一旦軍配をもらうも、髷を掴む反則を取られ、負け越しとなる。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 大栄翔、徳勝龍(2人)
三敗 宇良、誉富士、大奄美(3人)
四敗 旭秀鵬、阿武咲、剣翔、天風、里山(5人)
→十日目・十両取組時間等へ

◇十一日目◇
20170118 11 211 徳勝龍 叩き込み 大栄翔 40 ○徳勝龍 叩き込み 大栄翔●

2敗でトップの二人、大栄翔と徳勝龍が直接対決。徳勝龍が叩き込みで勝利し、単独トップに立つ。
十両3枚目の宇良が、山口を押し出して勝ち越し。新入幕の可能性が広がる。
誉富士が、阿夢露を立合い変化から押し出し、勝ち越しを決める。
大奄美は、力真と新十両同士で対戦。押し出して勝ち越しを決める。
再十両の希善龍は、竜電に寄り倒される。通算6回目の十両だが、今場所も勝ち越せず。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 徳勝龍(1人)
三敗 大栄翔、宇良、誉富士、大奄美(4人)
四敗 阿武咲、剣翔、天風(3人)
→十一日目・十両取組時間等へ

◇十二日目◇
20170119 12 206 徳勝龍 寄り切り 大奄美 40 ○徳勝龍 寄り切り 大奄美●

前日単独トップに立った徳勝龍が、新十両で既に勝ち越した大奄美と対戦。寄り切って2敗を守る。大奄美は4敗に後退。
十両3枚目の宇良が、先場所敗れた関取最年長の安美錦と対戦。送り出してトップとの1差を守る。安美錦は負け越し。
十両2枚目の大栄翔が、北太樹の立合い変化、とったりを残し、押し倒しで勝ってトップとの1差を守る。
豊響と琴恵光が5勝6敗同士で対戦。琴恵光が網打ちで軍配をもらうが同体取り直しに。その相撲で琴恵光が叩き込みで勝利。豊響は7敗目とあとがなくなる。
天風は、旭日松を寄り切るも立合い不成立。次は押し出して勝ち、勝ち越し決定。
7敗同士の対戦、阿夢露は、若乃島を寄り倒して踏み止まる。負け越した若乃島は、右膝を痛めたようで土俵に戻れず、車椅子で花道を下がる。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 徳勝龍(1人)
三敗 大栄翔、宇良(2人)
四敗 天風、誉富士、大奄美(3人)
→十二日目・十両取組時間等へ

◇十三日目◇
20170120 13 211 宇良 たすき反り 天風 35-3 ○宇良 たすき反り 天風●

優勝争い単独トップの徳勝龍が、誉富士に突き落とされて3敗に後退。誉富士は9勝目。
宇良が、天風をたすき反りで破って10勝目。優勝争いトップに並ぶ。「たすき反り」は決まり手が発表されるようになった昭和34年5月場所から、十両、幕内通じて初めての決まり手。
大栄翔が、阿夢露を引き落として10勝目。宇良、徳勝龍と共にトップに並ぶ。
豊響が、旭大星を土俵際の突き落としで倒す。「物言い」がつくも「軍配通り」。7敗で踏み止まる。
新十両 大奄美が十両二場所目の小柳を寄り切って9勝目。小柳は今日の勝ち越しならず。
新十両 照強は、幕下 富士東の小手投げに敗れて負け越し。
若乃島が、今日から休場。山口が不戦勝で7勝目。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 大栄翔、宇良、徳勝龍(3人)
四敗 誉富士、大奄美(2人)
五敗 旭秀鵬、阿武咲、天風(3人)
→十三日目・十両取組時間等へ

◇十四日目◇
20170121 14 301 宇良 掬い投げ 佐田の海 40 ○宇良 掬い投げ 佐田の海●

優勝争いトップの1人 宇良が、幕内の土俵で佐田の海と対戦。肩透かし気味の掬い投げで勝利し、3敗を守る。
同じくトップ大栄翔は、幕内の土俵で貴景勝と対戦。豪快に突き倒し、3敗を守る。
もう一人のトップ徳勝龍は、小柳に押し出されて4敗に後退。小柳は勝ち越し。
誉富士は、阿武咲を押し出し、二桁勝利を上げるとともに、トップと1差を守る。
山口は、日本大学相撲部で同学年だった英乃海と対戦。下手出し投げで倒し、勝ち越しを決める。
竜電が、豊響を押し出して、十両に復帰後2場所連続勝ち越し。豊響は負け越し。
琴恵光が、里山を押し倒して勝ち越し。里山は、七日目を終えた時点で6勝1敗だったが、7勝7敗で千秋楽へ。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 大栄翔、宇良(2人)
四敗 徳勝龍、誉富士(2人)
五敗 天風、大奄美(2人)
→十四日目・十両取組時間等へ

◇千秋楽◇
20170122 15 212 大栄翔 突き落とし 誉富士 70

優勝争いトップの一人宇良は、里山のとったりに敗れて4敗に後退。里山は勝ち越し決定。
もう一人のトップ 大栄翔は、誉富士を突き落とし、十両優勝を決める。
新十両 大奄美は、琴恵光を寄り切って二桁勝利。
新十両 力真と旭大星が7勝7敗同士で対戦。旭大星が送り出しで勝って勝ち越し。力真は負け越し。
既に負け越しが決まっている新十両 照強は、幕下の芝と対戦。寄り切って7勝8敗とし、十両残留を濃厚にする。芝は負け越し。
幕下の貴源治が、阿夢露を寄り切って5勝2敗の成績。阿夢露は、十両10枚目で5勝10敗の成績に。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 大栄翔 ※優勝決定
四敗 宇良、徳勝龍(2人)
五敗 誉富士、大奄美(2人)
→千秋楽・十両取組時間等へ

《2017年初場所取組内容・目次へ》