琴奨菊 2017年初(一月)場所取組内容

201701-ことしょうぎく

先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
冬巡業では、他の力士らと浜辺でのジャンプが話題になる。(→報道されたその様子
稽古総見では、膝に違和感があり、好調とは言えず。
二所ノ関一門連合稽古では、鋭い立合いで稀勢の里に6連勝するなど、力強さを見せた。
4月に第一子誕生予定。
1年前優勝を果たした初場所(→2016年初場所取組内容)を、7度目の角番で迎える。
初日は荒鷲を寄り切って白星発進。
二日目、隠岐の海の小手投げに敗れるが、三日目、小結 栃ノ心を掬い投げで倒して2勝目。
四日目、新関脇の正代に寄り切られてから黒星が連なり、中日まで5連敗。2勝6敗と苦しい星に。
九日目、初日からただ一人勝ちっぱなしの大関稀勢の里を寄り切り、3勝目。
十日目、大関豪栄道の肩透かしに敗れ、7敗目と後がなくなる。
十一日目、横綱鶴竜の休場で不戦勝。踏み止まる。
十二日目、新関脇の玉鷲に一方的に押し出されて負け越し。大関からの陥落が決まる。(→支度部屋でコメントする琴奨菊
千秋楽、大関照ノ富士を寄り切って5勝目。5勝10敗で今場所を終える。
来場所は関脇となり、二桁勝利で大関復帰を目指すこととなる。
場所後、同じ一門の稀勢の里が横綱に昇進し、その綱打ちでは笑顔を見せた。(→綱打ちの様子



(初) 荒鷲戦 ○寄り切り 5.4秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固める。琴奨菊、両肘を固めて踏み込む。荒鷲、左上手を取る。琴奨菊、左を差し、どんどん前に出ながら右も差そうとする。荒鷲、右で首を抱えて左に回る。琴奨菊、差そうとしていた右を抜く。荒鷲、右小手投げに行く。琴奨菊、左差し手を返して堪える。荒鷲、左下手に手を掛ける。琴奨菊、右押っ付けで前に出る。荒鷲、廻しが切れて俵に詰まる。琴奨菊、左差し手を返す。荒鷲、土俵下に落ちる。

(2) 隠岐の海戦 ●小手投げ 8.4秒
 隠岐の海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。琴奨菊、両肘を固めて低く当たり、左を差して前に出る。隠岐の海、左差しで土俵際を左へ回る。琴奨菊、がぶりながらどんどん前に出る。隠岐の海、更に左へ回り、逆の右から小手投げ。琴奨菊、右膝から土俵に落ちて転がる。

(3) 栃ノ心戦 ○掬い投げ 10.6秒
 琴奨菊、相手が手をつく前に、ふわっと突っ掛ける。2度目、栃ノ心、先に手をつく。琴奨菊、手をサッとついて立ち、両肘を固める。栃ノ心、右肘を固め、左に踏み出して左上手に手を伸ばすが取れず。琴奨菊、右を差し、左も差そうとしながら前に出る。栃ノ心、右押っ付けで堪える。琴奨菊、右差し手を返し、左差し手を抜いて左上手を取る。栃ノ心、右下手を取る。琴奨菊、左上手を引きつけて寄る。栃ノ心、左上手を取り、俵に両足を掛けて堪える。琴奨菊、体を開いて土俵内に右掬い投げ。栃ノ心、裏返って土俵に転がる。

(4) 正代戦 ●寄り切り 7.3秒
 正代、仕切り線少し後方で先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて頭から踏み込む。正代、両腕を内に入れて当たる。琴奨菊、左上手前廻しに手を掛ける。正代、引いて廻しを切る。琴奨菊、左押っ付けで前に出る。正代、俵に両足が掛かるが左で押っ付けながら堪え、左を差して土俵際を左に回る。琴奨菊、右で差し手を抱え、左で顎を押し上げる。正代、両差しになり、深い左下手を取って寄る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。

(5) 宝富士戦 ●上手投げ 2.8秒
 宝富士、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。琴奨菊、左を差して一気に前に出る。宝富士、左上手を取るが俵に詰まり、体を開きながら左上手投げ。琴奨菊、土俵に転がる。

(6) 御嶽海戦 ●寄り切り 3.6秒
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左で下から相手の顔を張り、左を差そうとする。御嶽海、顔は左に向くが、右肘を固めて相手に差させず、両差しになって前に出る。琴奨菊、上体が起き、右で小手に振る。御嶽海、右差し手が抜けるが、左差し、右筈で胸を押し上げながら前に出る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。

(7) 高安戦 ●叩き込み 3.1秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。高安、両腕を交差させて当たる。琴奨菊、左でかち上げ気味に当たる。高安、突っ張り、叩きながら下がる。琴奨菊、土俵に這う。

(中) 松鳳山戦 ●小手投げ 8.0秒
 松鳳山、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。松鳳山、素早く立ち、左肘を固めて右から張る。琴奨菊、左肘を固めて当たる。松鳳山、左を差し、右で相手の左腕を極め気味に抱えて前に出る。琴奨菊、右で差し手を抱えて前に出る。松鳳山、俵に詰まり、左差し手を抜き、両手で相手の左腕を抱え、網打ち気味に後ろへ振る。琴奨菊、右膝から落ち、土俵下に転がり落ちる。

(9) 稀勢の里戦 ○寄り切り 10.3秒
 稀勢の里、両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。稀勢の里、右手で相手の肩を押さえる。琴奨菊、左喉輪で押し上げ、左押っ付けから左を差す。稀勢の里、左を差し、右上手に手を伸ばす。琴奨菊、左差し手を返して上手を与えず、右を巻き替えようとする。稀勢の里、左で押っ付ける。琴奨菊、右は十分差せないまま、左差し手を返してがぶりながらどんどん前に出る。稀勢の里、右足が俵の外に滑り出る。

(10) 豪栄道戦 ●肩透かし 3.8秒
 豪栄道、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと両手をつく。豪栄道、両腕を内に入れて踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、右で相手の左腕を引っ張り込み、左をねじ込む。豪栄道、左差し手を返し、右押っ付けで前に出る。琴奨菊、左足を俵に掛けて堪える。豪栄道、下がりながら右で叩き、左差し手を返す。琴奨菊、土俵に転がる。

(11) 鶴竜戦 □ 不戦勝 
 鶴竜、「頸椎斜角筋損傷、左肩鎖関節脱臼」のため、休場。

(12) 玉鷲戦 ●押し出し 3.6秒
 琴奨菊、サッと手をついて突っ掛ける。2度目、玉鷲、先に左手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと両手をつき、頭から踏み込む。玉鷲、頭から踏み込み、両手で相手の上腕を押さえる。琴奨菊、左を差そうとする。玉鷲、右喉輪、左筈押しで前に出る。琴奨菊、左足が俵に掛かる。玉鷲、右喉輪で押し上げる。琴奨菊、仰け反って上体が起きる。玉鷲、相手の胸、腹を押す。琴奨菊、土俵下に落ちる。

(13) 白鵬戦 ●下手出投 10.0秒
 白鵬、右、左と手をサッとついて立つ。琴奨菊、少し遅れ、左手をサッとついて立つ。白鵬、右肘を固めて踏み込む。琴奨菊、右肘を固めて頭から当たり、左上手に手を伸ばすが取れず。白鵬、右を差し、左も差して両差しになる。琴奨菊、上体を起こしながら左を巻き替えて差す。白鵬、右上手に手を掛ける。琴奨菊、腰を引いて相手の上手を切り、左差しで中に戻る。白鵬、左下手を取る。琴奨菊、右で押っ付けながら腰を振って相手の下手を切ろうとするが切れず。白鵬、機を見て右で頭を叩きながら左に開き、そのまま頭を押さえながら左下手出し投げ。琴奨菊、土俵に転がる。

(14) 勢戦 ●寄り切り 8.2秒
 勢、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。勢、左肘を固め、右肩から踏み込む。琴奨菊、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しを探る。勢、右を差し、少し左に回って相手に上手を与えず。琴奨菊、左押っ付けで相手に十分差させず。勢、引く。琴奨菊、乗じて前に出る。勢、土俵際、右を差して右に回る。琴奨菊、右を差して前に出ようとする。勢、右掬い投げで相手を俵に追い詰め、寄る。琴奨菊、俵を割る。

(楽) 照ノ富士戦 ○寄り切り 9.1秒
 両者、仕切り線後方で手をサッとついて立つ。琴奨菊、右肘を固めて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、右を差し、左上手に手を伸ばすが取れず。琴奨菊、左上手前廻しを取り、右差し手を大きく返して前に出る。照ノ富士、右差し手を返して相手の上手を切る。琴奨菊、右差し手を返しながら右に回り、左で押っ付けながら前に出、左上手を取る。照ノ富士、俵に詰まる。琴奨菊、上手を離し、左筈で押しながら寄る。照ノ富士、俵の外に出る。

《2017年初場所取組内容・目次へ》