高安 2017年初(一月)場所取組内容

201701-たかやす

関脇で大関昇進が懸かっていた先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
小結で迎えた今場所、初日は横綱日馬富士に寄り切られて黒星発進。
二日目、大関照ノ富士を肩透かしで破って初日を出す。(→殊勲インタビューの様子
三日目、大関豪栄道を下手投げで倒し、連勝。(→殊勲インタビューの様子
四日目、新関脇の玉鷲に押し出されて2敗目。
五日目、横綱鶴竜を引き落とし、3勝2敗と白星先行。(→殊勲インタビューの様子
六日目は不戦勝。七日目、角番大関琴奨菊を叩き込み、5勝2敗と白星先行。(→殊勲インタビューの様子
八日目、2歳年下の御嶽海に寄り切られて3敗目。
初日から勝ちっぱなしの兄弟子 大関稀勢の里が初黒星を喫した九日目、優勝争いをする横綱白鵬を撃破。2敗目を与えて兄弟子を援護する形に。(→取組の様子→殊勲インタビューの様子
そこから白星を連ね、十一日目、新関脇の正代を引き落として勝ち越し決定。(→勝ち越しインタビュー
そのまま十三日目まで5連勝し、二桁勝利を上げる。
十四日目、既に11勝を上げている蒼国来と対戦。突き落とされて4敗目。この日、兄弟子の稀勢の里が初優勝を決め、稀勢の里に「高安のおかげ」と言ってもらったことを場所後に明かす(→そのときのことを語る高安)。
千秋楽、勝ち越しの懸かる遠藤と対戦。叩き込んで11勝目を上げる。
4度目の敢闘賞を受賞。(→敢闘賞受賞インタビュー→トロフィーや盾を持っての記念撮影)11勝4敗の成績で今場所を終え、再び大関昇進への起点を作る。
稀勢の里優勝パレードの旗手を務める(→パレードの様子)。
稀勢の里が横綱に昇進したことで、土俵入りの太刀持ちを務める。(明治神宮奉納土俵入りの様子 →①→②→③→④→⑤→土俵入りの感想を述べる高安



(初) 日馬富士戦 ●寄り切り 3.0秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、頭を下げる。日馬富士、左手を出し、やや右に踏み出して相手の左腕を取り、とったり気味に振る。高安、向き直って左腕を抜くが、上体が起きて叩く。日馬富士、中に入って前に出る。高安、土俵下に飛び落ちる。

(2) 照ノ富士戦 ○肩透かし 3.6秒
 高安、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、頭から低く踏み込む。高安、十分差せなかった左を一旦抜いて差し直す。照ノ富士、頭を下げる。高安、左で頭を叩き、右に開く。照ノ富士、あっさり土俵に両手をつく。

(3) 豪栄道戦 ○下手投げ 15.0秒
 豪栄道、右手をつく。高安、すぐに手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、両腕を内に入れて頭から低く踏み込む。高安、当たりで上体が起きる。豪栄道、左を差し、右押っ付けで前に出る。高安、右で押っ付けながら堪える。豪栄道、右上手前廻しを取る。高安、左下手を取り、腰を振って相手の上手を切る。豪栄道、右を巻き替えて差す。高安、右で叩きながら左上手出し投げを打つ。豪栄道、向き直り、右差し手を抜いて上手に手を伸ばすが取れず。高安、左下手を深くする。豪栄道、少し右に回る。高安、右上手に手を伸ばす。豪栄道、腰を右に捻って上手を与えず。一呼吸後、高安、体を開いて左下手投げ。豪栄道、土俵に這う。

(4) 玉鷲戦 ●押し出し 2.8秒
 高安、右手をつく。玉鷲、左手をつく。高安、左手をピクッと動かす。玉鷲、立つが、高安、立てず。2度目、高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。両者、もう片方の手をほぼ同時にサッとついて立つ。高安、左肘を前に出して頭を下げる。玉鷲、頭から踏み込む。高安、左を差す。玉鷲、右で押っ付け、左喉輪で突き放す。高安、仰け反りながら右で相手の喉輪を撥ね上げる。玉鷲、更に右喉輪で押そうとする。高安、俵に詰まり、左から突いて左に回る。玉鷲、そのまま押しながら前に出る。高安、上体が起きて俵を割る。

(5) 鶴竜戦 ○引き落し 8.8秒
 高安、仕切り線後方で先に両手をつく。鶴竜、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、両肘を固めて当たり、両手で顔を押し上げる。鶴竜、右喉輪で突き上げる。高安、右から張るが、俵に詰まる。鶴竜、右喉輪で押し上げる。高安、土俵際を右に回る。鶴竜、両手で顎に突き放す。高安、相手の腕を撥ね上げ、右から張り、叩いて左に開く。鶴竜、前のめりになるが堪え、向き直る。高安、顔に向かって突っ張りながら前に出る。鶴竜、左喉輪で突き放す。高安、左から張ろうとする。鶴竜、相手の左手を右から張るが、体勢を崩して右によろめく。高安、右に回って体を離す。鶴竜、右膝から土俵に落ちる。

(6) 栃ノ心戦 □ 不戦勝 
 栃ノ心、「右膝関節捻挫」のため、休場。

(7) 琴奨菊戦 ○叩き込み 3.1秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。高安、両腕を交差させて当たる。琴奨菊、左でかち上げ気味に当たる。高安、突っ張り、叩きながら下がる。琴奨菊、土俵に這う。

(中) 御嶽海戦 ●寄り切り 10.0秒
 御嶽海、先に手をつく。高安、両手をサッとつく。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、右手を出して頭で当たり、顎に向かって突き上げる。御嶽海、左喉輪で押し上げる。高安、右で相手の左上腕を押し上げながら前に出、両手で顎を押し上げる。御嶽海、仰け反るが堪え、両者、互いに左で顎を押し上げ、右で押っ付ける。高安、左で差し手を抱え、じりじり前に出る。御嶽海、右足が俵に掛かるが、左を差して両差しになる。高安、左で頭を叩いて右に回る。御嶽海、乗じて前に出、再び両差しになる。高安、上体が起き、俵の上で右小手投げに行こうとする。御嶽海、左差し手を突きつけて寄り切る。

(9) 白鵬戦 ○押し出し 3.6秒
 高安、仕切り線後方で先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつき、左手を出して右肩から踏み込む。高安は両肘で、白鵬は右でかち上げる。白鵬、上体が起きる。高安、突き放しながら一気に前に出る。白鵬、叩きながら左に回るが、俵の上でやや仰け反る。高安、そこを押す。白鵬、土俵下に飛び落ちる。

(10) 宝富士戦 ○押し出し 3.0秒
 宝富士、先に両手をつく。高安、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固めて踏み込む。高安、左手を出してやや右に踏み出し、頭から当たる。宝富士、左を差そうとする。高安、右で押っ付けて相手の差させず、左喉輪で押し上げながら前に出る。宝富士、上体が起きて俵に詰まる。高安、左喉輪で押し上げ、右で腹を押す。宝富士、仰け反って俵を割る。

(11) 正代戦 ○引き落し 3.5秒
 高安、先に右手をつく。正代、仕切り線後方で両手をつく。高安、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。正代、右肘を固めて、両者、胸で当たり合う。高安、突っ張りながら前に出る。正代、下からあてがうが俵に詰まる。高安、叩きながら引く。正代、前に落ちる。

(12) 荒鷲戦 ○叩き込み 3.2秒
 荒鷲、手をつく。高安、すぐに両手をサッとつき、素早く立って両腕を内に入れて踏み込む。荒鷲、遅れて立ち、右肘を固めて当たり、左上手前廻しを取る。高安、右肘でかち上げる。荒鷲、左廻しを離さず。高安、突っ張って廻しを切り、叩きながら右に開く。荒鷲、前のめりになって土俵に両手をつく。

(13) 貴ノ岩戦 ○突き落し 15.5秒
 高安、先に手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、両腕を内に入れる。貴ノ岩、右肘を前に出し、頭から踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。高安、右かち上げで相手を起こし、両手で突き放そうとする。貴ノ岩、右で相手の腕を突き、右に回る。高安、向き直り、左から張って叩き、顔に向かって突っ張る。貴ノ岩、相手の腕を下から撥ね上げ、左から張り、両上手を取る。高安、左差し手を抜き、肩越しの左上手を取る。貴ノ岩、右下手を取る。高安、深い左上手を引きつけて相手を起こそうとするがならず。貴ノ岩、両廻しを引きつけて前に出る。高安、土俵際左上手を離し、俵に足を掛けながら右から突いて逆転。貴ノ岩、土俵下に転がり落ちる。

(14) 蒼国来戦 ●突き落し 28.9秒
 高安、右手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。高安、両腕を内に入れる。蒼国来、右肘を固めてやや左へ踏み出し、左上手前廻しに手を掛ける。高安、左へ回って上手を与えず。蒼国来、左押っ付けから左を差し、差し手を返して右上手を取る。高安、左下手を取り、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず、自分は深い左下手を取る。高安、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、土俵中央、左四つで止まる(約5秒間)。高安、右で押っ付けながら腰を振って相手の下手を切り、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず。両者、少し止まる(約3秒間)。高安、前に出ながら右上手を探る。蒼国来、腰を捻って上手を与えず。高安、何度も右上手に手を伸ばすが取れず。蒼国来、右で差し手を抱えた体勢で右に回る。高安、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出る。蒼国来、俵に詰まり、右押っ付けで突く。高安、左下手が切れて前にのめりになる。蒼国来、俵伝いに右に回って体を離す。高安、土俵際、向き直ろうとして足が外に出る。

(楽) 遠藤戦 ○叩き込み 5.1秒
 高安、先に右手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、両腕を内に入れる。遠藤、頭から当たる。高安、右かち上げで相手を起こし、左、右と喉輪で押し上げる。遠藤、相手の右腕を手繰る。高安、取られた腕を抜く。遠藤、右喉輪で押し上げ、前に出る。高安、土俵際突っ張り、叩いて左へ回る。遠藤、押すが、距離が開いて土俵に両手をつく。

《2017年初場所取組内容・目次へ》