千代翔馬 2017年初(一月)場所取組内容

201701-ちよしょうま

幕内2場所目で前頭10枚目だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
自己最高位の前頭6枚目となった今場所、初日は嘉風と対戦。吊り落とされて黒星発進。(→取組の様子
二日目、妙義龍を下手投げで倒して初白星。そこから白星が連なって3連勝。
五日目、碧山に寄り切られて2敗目。六日目、勢の掬い投げに倒れて連敗。
白星黒星を積み重ね、十日目、石浦の変化に泳ぎ、送り出されて5敗目。
十一日目、優勝争いに絡む貴ノ岩に押し出されて連敗。5勝6敗と黒星先行に。
十二日目、1差で優勝争い単独トップの稀勢の里を追う蒼国来を、上手出し投げで倒して6勝目。
十三日目、やはり1差でトップを追う逸ノ城を肩透かしで倒して7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十四日目大翔丸、千秋楽佐田の海と連敗し、7勝8敗と惜しくも負け越す。
負け越しは昨年5月場所以来、4場所ぶり。



(初) 嘉風戦 ●吊り落し 5.1秒
 嘉風、先に両手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、左手で相手の肩を押さえて頭から踏み込む。嘉風、左肘を固めて低く当たり、左を差す。千代翔馬、左で頭を叩きながら下がって俵に詰まる。嘉風、右を差す。千代翔馬、両腕で相手の右肩を押さえながら左に回り、体を離そうとする。嘉風、左で後ろ廻しを取ってともに回り、相手を大きく吊り上げ、右側へ落とす。千代翔馬、頭が下になり、左手をついて土俵に落ちる。

(2) 妙義龍戦 ○下手投げ 7.3秒
 妙義龍、先に右手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえ、頭から当たる。妙義龍、押す。千代翔馬、叩きながら少し引き、右で顔を押し上げてから土俵際を左へ回る。妙義龍、土俵際向き直って押す。千代翔馬、突っ張る。妙義龍、右で首を巻いて下がり、土俵際首投げに行こうとする。千代翔馬、左で後ろ廻しを取り、右で相手の右膝を押さえながら左下手投げ。妙義龍、土俵に落ちる。千代翔馬、勢い余って土俵内を右足一本でぴょんぴょん跳ぶ。

(3) 遠藤戦 ○突き落し 5.2秒
 千代翔馬、右手をつく。遠藤、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って踏み込む。千代翔馬、その場で立ち、左手を張るように動かしてから左を差す。遠藤、左下手を取り、右で押っ付けて上手前廻しも取って前に出る。千代翔馬、土俵際、体を開きながら右から突き、左で頭を押さえつける。遠藤、両足が宙に舞い、俵の外に裏返る。

(4) 豪風戦 ○引き落し 1.6秒
 千代翔馬、手をつこうとしてなかなかつかず。豪風、先に左手をつく。千代翔馬、手をつく。豪風、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。千代翔馬、やや伸び上がりながらの右かち上げで相手を起こし、相手の手を叩きながら左に開く。豪風、土俵に落ちる。

(5) 碧山戦 ●寄り切り 9.5秒
 千代翔馬、右手をつこうとして一度戻し、右手を土俵すぐ上で浮かせる。碧山、両手をサッとついて立つ。千代翔馬、両手をサッとつき、頭から踏み込もうとする。碧山、両手で相手の肩を押さえる。千代翔馬、相手の手を撥ね上げ、左で張って中に入ろうとする。碧山、両手で突き放す。千代翔馬、俵に詰まる。碧山、叩く。千代翔馬、前のめりになりながら前に出、突き放し、頭を下げる。碧山、両手で突き放し、左を差し、右上手を取って寄る。千代翔馬、左下手を取るが俵を割る。

(6) 勢戦 ●掬い投げ 19.2秒
 勢、右手をつく。千代翔馬、右手をつく。勢、すぐに左手をサッとついて立つが、千代翔馬、立てず。2度目、勢、右、左と手をサッとついて立つ。千代翔馬、すぐに両手をサッとついて立つ。勢、左肘を固め、右腕を内に入れて踏み込む。千代翔馬、右手を出し、やや左に踏み出して頭から当たり、左上手前廻しを取る。勢、右で差し手を抱えて相手の廻しを切り、右に回りながら小手投げで振り、左を差す。千代翔馬、中に戻りながら右上手を取る。勢、右で差し手を抱える。両者、土俵中央で少し止まる(約4秒間)。勢、左下手を取る。千代翔馬、伸びた右上手を持って左に回り、左下手を取り、右上手をしっかり取り直し、両廻しを引きつけて前に出る。勢、右上手に手を伸ばして相手に腰を引かせ、その機に右を巻き替えて差す。千代翔馬、両上手を持って前に出る。勢、すぐに体を開いて右掬い投げ。千代翔馬、廻しが切れて体が飛び、土俵下に落ちる。

(7) 琴勇輝戦 ○叩き込み 3.1秒
 千代翔馬、左手をつこうとしてなかなかつかず。琴勇輝、両手をついて突っ掛ける。2度目、琴勇輝、仕切り線後方でサッと両手をつき、素早く立つ。千代翔馬、左、右と手をついてやや遅れて立つ。琴勇輝、両手突きで相手を起こす。千代翔馬、右前廻しに手を掛けて前に出、右を差そうとする。琴勇輝、左で押っ付ける。千代翔馬、すぐに右に開いて叩く。琴勇輝、前に飛んで転がる。

(中) 栃煌山戦 ●寄り切り 7.1秒
 千代翔馬、相手の動きを見ながら腰を下ろし、先に右手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方でサッと手をついて立つ。千代翔馬、右手を出して左に変わり、左から突く。栃煌山、向き直る。千代翔馬、顎に向かって突き上げる。栃煌山、堪えて右上手で後ろ廻しを取り、引きつけて前に出る。千代翔馬、右足が俵に詰まり、左差し手を返して上手を切ろうとするがならず、中に戻ろうとする。栃煌山、上手を引きつけて寄る。千代翔馬、左から掬おうとするが、俵の外に出る。

(9) 魁聖戦 ○上手投げ 13.7秒
 魁聖、先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。魁聖、両腕を内に入れる。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込み、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き上げ、相手の手を叩いて左に回り、左上手で後ろ廻しを取って左に回る。魁聖、向き直って上手を切る。千代翔馬、右喉輪で突き上げ、突き放し、左上手に手を伸ばすが取れず、突っ張り、左下手を取って前に出る。魁聖、右小手投げに行く。千代翔馬、左足で外掛けに行きながら堪え、左差しで前に出る。魁聖、左を差して差し手を返し、土俵際、左下手、右上手を取る。千代翔馬、右上手を取り、すぐに土俵内へ右上手投げで振る。魁聖、堪えようとするが、千代翔馬、投げ切る。魁聖、土俵に転がる。

(10) 石浦戦 ●送り倒し 1.3秒
 石浦、仕切り線後方で先に右手をつく。千代翔馬、サッと両手をついて突っ掛ける。2度目、石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。千代翔馬、右手をついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。石浦、その場で立ち、両手で叩く動きを見せながら左へ変わる。千代翔馬、前に泳いで俵に詰まる。石浦、左で後ろ廻しを取り、相手の後ろにつく。千代翔馬、右膝から俵の外に倒れる。

(11) 貴ノ岩戦 ●押し出し 6.6秒
 千代翔馬、右手をついてその手を戻し、左手をつこうとするが止め、再び右手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込む。貴ノ岩、右でかち上げ、右喉輪で押そうとする。千代翔馬、両手で相手の右腕を外す。貴ノ岩、力強く突き放して前に出る。千代翔馬、右で廻しを探るが取れず、土俵際右で突きながら右に回る。貴ノ岩、深い右下手を取って前に出、相手を浮かせながら寄る。千代翔馬、右をのぞかせて差し手を返し、左で首を捻る。貴ノ岩、右足一本で前のめりになるが堪え、左腕を突きつけて前に出る。千代翔馬、両手で相手の左腕を抱えながら俵伝いに右へ回るが、左足が俵の外に出る。貴ノ岩、土俵に裏返り、千代翔馬、勢い余って土俵下に落ち、花道奥まで走る。

(12) 蒼国来戦 ○上手出投 38.3秒
 千代翔馬、手をつこうとしてなかなかつかず。蒼国来、左、右とサッと手をついて立つ。千代翔馬、少し遅れて立ち、左手を出し、右肘を固める。蒼国来、左肘を固めて当たる。千代翔馬、左喉輪で押し上げ、突っ張る。蒼国来、下からあてがう。両者、左手で相手の肩を押さえ、頭をつけ合う。蒼国来、前に圧力をかける。千代翔馬、相手の手を叩き、前のめりになった相手に突っ張る。蒼国来、下からあてがって堪える。両者、再び頭をつけ合う。千代翔馬、相手の手を外し、右を差そうとする。蒼国来、体を離す。千代翔馬、左で相手の右腕を掴む。蒼国来、左手で相手の右手首を掴む。両者、手を離して見合う。蒼国来、見ながら右で相手の肩を押す。千代翔馬、押し返す。両者、頭をつけ合い、互いに手を取って体勢を低くする(約4秒間)。千代翔馬、相手の左でを手繰り、頭をつけて両前廻しを取る。蒼国来、右で前廻しを探る。千代翔馬、左廻しを離して相手の廻しを嫌い、再び左前廻しを取る。蒼国来、両手で相手の右腕を取り、機を見て右で前廻しに手を掛ける。千代翔馬、腰を引いて廻しを与えず、左に回って廻しを引きつけて寄る。蒼国来、俵に足を掛けて堪える。千代翔馬、頭をつけ、右に開いて右上手出し投げを打ちながら、左で相手の左膝を押さえる。蒼国来、前に泳いで土俵に両手をつく。

(13) 逸ノ城戦 ○肩透かし 9.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。千代翔馬、手をサッとつく。逸ノ城、両手を下げて踏み込もうとする。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突っ張り、相手の手を叩いて右に開き、右から突いて右に回る。両者、体が離れて見合う。千代翔馬、両手突きから突っ張り、左喉輪で押し上げる。逸ノ城、相手の手を外し、前に出て右を差す。千代翔馬、左に回る。逸ノ城、乗じて前に出る。千代翔馬、俵に両足を掛けながら左を巻き替え、両差しで前に出、左に開いて肩透かし。逸ノ城、土俵に落ちる。

(14) 大翔丸戦 ●突き出し 4.1秒
 大翔丸、サッと手をついて立つ。千代翔馬、遅れて手をついて立つ。大翔丸、左から突いて左に変わるが、行司 式守与之吉が立合いを止める。2度目、千代翔馬、先に左手をつく。大翔丸、両手をつく。千代翔馬、右手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。大翔丸、頭から当たる。千代翔馬、右喉輪で相手を起こし、突っ張る。大翔丸、叩いて左に開く。千代翔馬、前に泳いで俵に詰まり、向き直る。大翔丸、押す。千代翔馬、上体が起き、土俵下に落ちる。

(楽) 佐田の海戦 ●寄り切り 4.7秒
 佐田の海、右手をつく。千代翔馬、サッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右から張る。佐田の海、左を差して右上手を取る。千代翔馬、右上手、左下手を取る。佐田の海、左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。千代翔馬、足が浮いて俵の外に出る。その後、両者、土俵下に落ちる。

《2017年初場所取組内容・目次へ》