稀勢の里、2回目優勝インタビュー全文(2017年春場所)

20170326 15 331 君が代斉唱で泣く稀勢の里 01
20170326 15 331 君が代斉唱で泣く稀勢の里 05

20170326 15 332 賜杯拝戴 05
20170326 15 332 賜杯拝戴 10

2017年春場所、2回目、二場所連続優勝を果たした 大関稀勢の里の館内インタビューは以下の通り。

<それでは、会場の皆さん。新横綱の優勝。逆転優勝! 稀勢の里関です。おめでとうございます!>
ありがとうございました。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 01 ありがとうございました

<今の気持ちを教えてください>
いやもう、本当に、この応援のおかげと、支えてくれた人のおかげです。はい。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 02 支えてくれた人のおかげです

<君が代の最中に涙があふれてきました。どんな思いになったんでしょう>
(小声で)すみません。今回は泣かないと決めていたんですけど、すみません。はい。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 03 泣かないと決めてたんですけど@ニュース7

<先場所の初優勝とはまた違った喜びではないでしょうか>
そうですね。ま、苦しかった分、嬉しいですね。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 04 苦しかった分嬉しい

<怪我をして、昨日は相撲がなかなか取れない状況で、今日、どんな気持ちでこの体育館にやって来て、相撲を取ったんですか>
そうですね。あのー。気持ちだけ、ぶつけようと思って、土俵に上がりました。はい。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 05 気持ちだけ

<その気持ちで、ひとつ勝って、決定戦になりました。思いはどうでしたか>
いやもう、自分の力以上のものがね、最後は、出たので。
本当に、ね。あきらめないで、最後まで力を出して、良かったと思います。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 06 あきらめないで良かった 02 @ニュース7

<今日は、ご両親もこの館内に来ていて(館内拍手と歓声)、優勝を決めた後、どうですか、目が合いました?>
そうですね、合いました。はい。
20170326 15 335 優勝インタビュー 07 両親と目が合った

<いい姿を見せられましたね!>(「親孝行ー!」との声が飛び、館内笑い)
やー(ちょっと照れたような声)。そうですね。はい。(館内拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 08 両親にいい姿を見せられましたねはい

<十五日間が終わりましたので、あえて伺いますが、怪我の具合はどうなんでしょう>
まー、もう、今はしっかり治して、またね、五月場所に元気な姿を皆さまにね、見せられるように、明日からしっかりね、えー、治療に専念して、やっていきたいと思います。(館内大きな拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 09 治療に専念する 02 @ニュース7

<もう少しだけ聞かせていただきます>
<新横綱で、戦った十五日間。どんな十五日間だったでしょう>
まーあの、今までの相撲人生 十五年間とは全く違うような場所でしたし、本当にあのー、横綱土俵入りも、こういう風にして初めてやって、
本当に今は、ま、疲れているっていうのが、疲れたというのが、今、一番ですけど!(館内笑い)
20170326 15 335 優勝インタビュー 11 本音は疲れた
まーでも、本当に、何かこう見えない力というのがね、とても感じた十五日間だったと思います。
20170326 15 335 優勝インタビュー 12 見えない力

<先場所の優勝を、この春場所、新横綱の場所で確信に変えたいとも言っていたと思いますが、今、優勝を果たして、その辺り、どうですか>
ちょっと今日の千秋楽は、見えない力で勝てたので、なかなか確信とはいかないですけど、
またね、これを確信に変えられるように、一生懸命稽古して、皆さまにいい姿を見せることだけ考えて、稽古していきたいと思います。(館内拍手と歓声)

<本当におめでとうございました! 稀勢の里関でした>
ありがとうございました!!(館内大きな拍手と歓声)
20170326 15 335 優勝インタビュー 15 ありがとうございました
20170326 15 335 優勝インタビュー 19 礼

インタビュアー:太田雅英アナウンサー

《2017年春場所取組内容・目次へ》