荒鷲 2017年春(三月)場所取組内容

201703-あらわし

自己最高位の前頭2枚目だった先場所は、2つの金星を獲得するも、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭4枚目で迎えた今場所、初日は遠藤に寄り切られて黒星発進。(→勝負後遠藤に引き上げてもらう荒鷲
二日目宝富士、三日目嘉風に寄り切られて3連敗。
四日目、松鳳山を下手投げで倒して初日を出す。
五日目から再び黒星が連なり、4連敗で7敗目。後がなくなる。
九日目、横綱日馬富士を寄り切り、3つめの金星を獲得。(→殊勲インタビューを受ける
十日目、途中出場の魁聖と対戦。「物言い」がつくも突き落として連勝。7敗で踏み止まる。(→勝負直後
十一日目、角番を脱出した大関 照ノ富士の上手投げに敗れて負け越し決定。
十二日目、新横綱で初日から勝ちっ放しの稀勢の里に寄り切られて9敗目。この取組で、土俵下に落ちた際に左足首を捻る。
十三日目から左足首捻挫のため、休場。(→荒鷲休場
3勝10敗2休で今場所を終える。負け越しは2場所連続。



(初) 遠藤戦 ●寄り切り 9.6秒
 荒鷲、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつき、左肘を固めて低く踏み込み、前に出ながら左下手を取る。荒鷲、左を差し、深い右上手を取る。遠藤、右上手前廻しも取る。荒鷲、上手を引きつけて右に回り、土俵際右上手投げに行く。遠藤、左下手投げを返して堪え、中に戻って右上手前廻しを取り直し、両廻しを引きつけて前に出る。荒鷲、左下手投げを打ち、更に土俵際、右掬い投げも打つ。遠藤、休まず前に出て寄り切る。荒鷲、土俵下に落ちる。

(2) 宝富士戦 ●寄り切り 4.4秒
 宝富士、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。宝富士、素早く立つ。荒鷲、遅れて立つが、行司 木村庄太郎が止める。2度目、宝富士、先に両手をつく。荒鷲、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。荒鷲、左を差し、右で押っ付ける。宝富士、左をねじ込み、深い右上手を取って前に出る。荒鷲、土俵際、左下手投げに行く。宝富士、右上手を引きつけて寄る。荒鷲、俵の外に出る。その後、宝富士、土俵に落ちる。

(3) 嘉風戦 ●寄り切り 5.2秒
 嘉風、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。嘉風、ふわっと突っ掛ける。2度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。嘉風、再びふわっと突っ掛ける。3度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、右、左とサッと手をついて立ち、右肘を固める。嘉風、左肘を固めて頭から当たる。荒鷲、左廻しに手を伸ばす。嘉風、叩きながら下がり、左を差して頭をつけ、右で押っ付けながら前に出る。荒鷲、右小手投げに行く。嘉風、左差し手を突きつけて寄る。荒鷲、上体が起きて俵を割る。

(4) 松鳳山戦 ○下手投げ 15.1秒
 荒鷲、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。荒鷲、右肘を固めて当たり、左廻しに手を伸ばす。松鳳山、突っ張る。荒鷲、下からあてがい、左下手を探るが取れず、相手の左腕を抱えながら右に回る。松鳳山、取られた腕を抜き、引く。荒鷲、前のめりになるが堪える。松鳳山、突き放し、右から張り、右上手を取る。荒鷲、深い左下手を取り、機を見て体を開き、左下手で投げ捨てる。松鳳山、土俵に転がる。

(5) 碧山戦 ●押し出し 2.1秒
 荒鷲、仕切り線後方で先に右手をつく。碧山、手をサッとついて立ち、低く踏み込み、左押っ付け、右筈で押しながら一気に前に出る。荒鷲、土俵下に飛び落ちる。

(6) 貴ノ岩戦 ●寄り切り 6.3秒
 荒鷲、先に右手をつく。貴ノ岩、手をサッとつく。荒鷲、素早く立ち、右腕を内に入れて踏み込む。貴ノ岩、すぐに左前廻しを取り、引きつけて前に出る。荒鷲、土俵際、左押っ付けで突く。貴ノ岩、両下手を持って前に出る。荒鷲、右を巻き替えて右下手を取る。貴ノ岩、両廻しを引きつけながら寄る。荒鷲、土俵際、右下手投げに行く。貴ノ岩、左上手を引きつけながら腰をぶつける。荒鷲、左足一本で俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。

(7) 北勝富士戦 ●寄り切り 11.0秒
 荒鷲、先に右手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。北勝富士、頭から当たる。荒鷲、左上手前廻しを探るが取れず、右下手を取る。北勝富士、腰を引いて上手を与えず、右差し手を返し、左上手、深い右下手を取って前に出る。荒鷲、左で押っ付け、土俵際、右下手投げで振るが下手が切れる。北勝富士、左上手を持って堪え、中に戻る。荒鷲、右差し手を抜く。北勝富士、両差しで前に出る。荒鷲、上体が起きて土俵下に落ちる。

(中) 千代の国戦 ●とったり 4.0秒
 両者、仕切り線後方でサッと手をつき、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。千代の国、頭から踏み込んで当たる。荒鷲、突き放し、左から張って左を差す。千代の国、右で差し手を抱え、体を開いてとったり。荒鷲、体が裏返って背中から土俵に落ちる。

(9) 日馬富士戦 ○寄り切り 4.3秒
 荒鷲、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。荒鷲、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。日馬富士、右手を出して踏み込み、左上手を取る。荒鷲、右下手を取り、すぐに下手投げで振って相手を俵に追い詰め、左で押っ付けながら寄る。日馬富士、左上手を持ち、右で叩こうとするが、左足が俵の外に出る。その後、荒鷲、土俵に転がる。

(10) 魁聖戦 ○突き落し 6.1秒
 荒鷲、先に右手をつく。魁聖、仕切り線後方でサッと手をつき、右腕を内に入れる。荒鷲、右肘を固めて低く踏み込み、左上手前廻しを狙うが取れず、右差しで左へ回る。魁聖、右差し手を抜く。荒鷲、深い左下手を探る。魁聖、押しながら前に出る。荒鷲、土俵際を左へ回り、左から突く。魁聖、土俵に落ち、すぐその後に、荒鷲も土俵に転がる。木村庄太郎は、軍配を荒鷲に上げる。「物言い」がつき、同体か協議した結果、藤島審判長は「魁聖の手が先についている」と説明、「軍配通り」荒鷲の勝ち。

(11) 照ノ富士戦 ●上手投げ 39.8秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に右手をつく。照ノ富士、両手をサッと動かして立ち、右肘を固めて踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たる。照ノ富士、左上手前廻しを取る。荒鷲、頭をつけ、右差し手を抜いて右上手を取り、左下手も取る。照ノ富士、左下手を深くし、腰を振って相手の下手を切る。荒鷲、右上手を引きつける。照ノ富士、右を巻き替えて両差しになる。荒鷲、両上手を引きつけて前に出る。照ノ富士、俵に両足を掛け、右差し手を大きく返して相手の左上手を切る。荒鷲、左腕がバンザイになり、右上手で土俵内へ振り、左上手を取り直す。照ノ富士、右差し手を返して前に出、左差し手を抜いて左上手を取る。荒鷲、左に回って土俵内へ戻る。両者、土俵中央で右四つ、両廻しを取る体勢で止まる(約11秒間)。照ノ富士、相手を吊り上げて前に出る。荒鷲、土俵際、右下手投げに行く。照ノ富士、少し下がって左上手投げ。荒鷲、土俵に転がる。

(12) 稀勢の里戦 ●寄り切り 3.3秒
 荒鷲、先に手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。荒鷲、低く当たって左上手前廻しに手を掛けるが切れる。稀勢の里、左を差して前に出る。荒鷲、右上手を取り、土俵際右上手投げに行こうとするが廻しが切れる。稀勢の里、左差し手を突きつけて体を預ける。荒鷲、俵の外に出る。その後、荒鷲、土俵下に飛び落ち、稀勢の里、俵の外に転がる。

(13) 逸ノ城戦 ■ 不戦勝 
 荒鷲、「左足関節捻挫」のため、休場。

《2017年春場所取組内容・目次へ》