千代の国 2017年春(三月)場所取組内容

201703-ちよのくに

前頭8枚目だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭6枚目で迎えた今場所、初日は北勝富士を突き落としたかに見えたが、その前に足が出ており、黒星発進。(→北勝富士戦
二日目、逸ノ城を突き落として初日を出す。
四日目の隠岐の海戦、相手に軍配が上がるも、「差し違え」で勝って3連勝。
五日目、宝富士に寄り切られて2敗目。
六日目から再び白星が連なって3連勝。6勝2敗と白星先行。(七日目の嘉風戦では片足を大きく上げて相手をかわす →①,→②
九日目、栃ノ心に立合い変化からの叩き込みで敗れて3敗目。
十日目、琴勇輝に立合い変わられるが対応し、引き落としで勝って7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十一日目の栃煌山戦。立合い変わられるも堪え、相手に寄られるところ、土俵際小手投げで返す。微妙な勝負に行司は回し団扇。取り直しに。(→取り直しとなった一番)取り直しの相撲では、千代の国が立合い変わる。しかし相手に対応されて4敗目。
十二日目、石浦を突き落として勝ち越し決定。(→勝ち越しインタビューを受ける千代の国
十三日目、十四日目と連敗。
千秋楽、徳勝龍を突き落とし、9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所連続。



(初) 北勝富士戦 ●寄り切り 4.2秒
 千代の国、先に左手をつく。北勝富士、腰を下ろし、右手をつく。両者、もう片方の手をサッとついてほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、右喉輪で突き放し、叩く。北勝富士、落ちずに左で押っ付け、左上手を探る。千代の国、左に回りながら左で突き落としに行くが、その際右足が俵の外に出る。北勝富士、裏返って土俵に落ちるが、勝負は北勝富士の勝ち。

(2) 逸ノ城戦 ○突き落し 5.6秒
 千代の国、先に手をつく。逸ノ城、手をサッとつく。千代の国、頭から踏み込む。逸ノ城、右を差し、左でガバッと相手を捕まえに行く。千代の国、左に回って体を離し、突っ張りながら前に出る。逸ノ城、左足が俵に掛かり、右前廻しを探る。千代の国、左から突く。逸ノ城、土俵に落ちる。

(3) 碧山戦 ○突き落し 1.3秒
 千代の国、先に左手をつく。碧山、手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。千代の国、左に開いて突く。碧山、前にバッタリ落ちる。

(4) 隠岐の海戦 ○突き落し 5.6秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代の国、仕切り線後方でサッと手をつく。隠岐の海、右肘を前に出して踏み込む。千代の国、頭から当たり、突き放す。隠岐の海、下からあてがい、左を差す。千代の国、右で押っ付け、左で叩きながら下がる。隠岐の海、乗じて左差しで前に出る。千代の国、俵の上で右から突き落としに行き、両者、俵の外に倒れる。軍配、隠岐の海。「物言い」がつき、協議の結果、隠岐の海の手が先についていると判断、「軍配差し違え」で千代の国の勝ちとなる。

(5) 宝富士戦 ●寄り切り 7.2秒
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。宝富士、仕切り線後方でサッと手をつく。千代の国、素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。千代の国、右肘を固めて差させず、突き放す。宝富士、下がらず左を差す。千代の国、突き放す。宝富士、左を差す。千代の国、右に回って右を差す。宝富士、右を差して深い下手を取る。千代の国、腰を振って廻しを切るが土俵際。宝富士、左上手を取って寄る。千代の国、上体が起きて俵を割る。

(6) 遠藤戦 ○突き出し 2.9秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、低く踏み込み、右前廻しを狙う。千代の国、やや右に踏み出し、右肘を固めて当たり、右で押っ付けて左喉輪で押し上げ、突き放す。遠藤、土俵際。千代の国、そこを更に突き放す。遠藤、土俵下に飛び落ちる。

(7) 嘉風戦 ○引き落し 4.2秒
 嘉風、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。千代の国、突き放す。嘉風、下がらず前に出る。千代の国、土俵際、押し上げてから左へ開き、右足を高々と上げ、俵の上の左足一本で相手をかわす。嘉風、前に飛び落ち、土俵下に転落。

(中) 荒鷲戦 ○とったり 4.0秒
 両者、仕切り線後方でサッと手をつき、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。千代の国、頭から踏み込んで当たる。荒鷲、突き放し、左から張って左を差す。千代の国、右で差し手を抱え、体を開いてとったり。荒鷲、体が裏返って背中から土俵に落ちる。

(9) 栃ノ心戦 ●叩き込み 0.7秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方でサッと手をつく。千代の国、ぴょんと立って頭から当たろうとする。栃ノ心、叩いて左へ変わる。千代の国、土俵に落ちる。

(10) 琴勇輝戦 ○引き落し 5.1秒
 千代の国、先に左手をつく。琴勇輝、両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、頭から踏み込もうとする。琴勇輝、叩きながら右へ変わる。千代の国、向き直って突き放す。琴勇輝、土俵際下からあてがい、左へ回る。千代の国、叩いて右に開く。琴勇輝、前に泳いで土俵に転がる。

(11) 栃煌山戦 ●寄り切り 3.0秒
 千代の国、仕切り線後方で先に左手をつく。栃煌山、腰を下ろし、足をじりっとすり、両手をサッとつく。千代の国、素早く立って踏み込む。栃煌山、叩いて左に開く。千代の国、前のめりになるが堪え、向き直る。栃煌山、前に出る。千代の国、土俵際で右を差す。栃煌山、右下手を取って両差しで寄る。千代の国、土俵際、体を開いて右小手投げに行く。両者、足を大きく上げ、俵の外に倒れる。木村晃之助、軍配を栃煌山に上げようとするが、すぐに回し団扇で千代の国に上げる。「物言い」がつき、藤島審判長は「両者の体の落ちるのが同時」と説明、「取り直し」となる。(6.3秒)
<取り直しの相撲>千代の国、仕切り線少し後方で先に左手をつく。栃煌山、腰を下ろし、足をじりっとすり、両手をサッとつく。千代の国、左へ踏み出し、左から突こうとする。栃煌山、見ながら右筈で相手の胸を押し、右から張って両差しになり、前に出る。千代の国、上体が起きて俵の外に出る。

(12) 石浦戦 ○突き落し 2.8秒
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。石浦、腰を下ろし、右手をつき、時をおいて左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。千代の国、見ながら立って相手の肩を押さえ、突っ張り、右から突く。石浦、体が飛んで俵の外に転がる。

(13) 貴ノ岩戦 ●吊り出し 11.5秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、頭から踏み込み、突っ張る。貴ノ岩、叩いて右に回る。千代の国、向き直り、押し上げてから引く。貴ノ岩、前のめりになるが堪える。千代の国、突き放す。貴ノ岩、右から突いていなし、右で後ろ廻しを取る。千代の国、くるっと向き直って廻しを切る。貴ノ岩、左下手を取り、右差し手を返して寄る。千代の国、俵の上で堪える。貴ノ岩、相手を高々と吊り上げ、俵の外に出す。

(14) 御嶽海戦 ●押し出し 2.5秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に手をつく。御嶽海、手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。御嶽海、右手を出して頭から当たる。両者、突き放し合う。御嶽海、左を差す。千代の国、叩いて下がる。御嶽海、乗じて押し出す。

(楽) 徳勝龍戦 ○突き落し 4.7秒
 千代の国、仕切り線後方で先に左手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。千代の国、右手を出し、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。徳勝龍、下がらず左喉輪で押す。千代の国、突き放す。徳勝龍、右から突いて喉輪を外し、右を差す。千代の国、左から突きながら左へ回る。徳勝龍、土俵に落ちる。

《2017年春場所取組内容・目次へ》