千代翔馬 2017年春(三月)場所取組内容

201703-ちよしょうま

自己最高位の前頭6枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、先代九重親方死去に伴い延期されていた幕内昇進祝賀会を千代皇とともに行った。
前頭7枚目で迎えた今場所、初日は隠岐の海を上手捻りで倒して白星発進。
そこから白星が連なり、4連勝。
五日目、4連勝同士で栃煌山と対戦。叩き込まれて初黒星。(→栃煌山戦
六日目、北勝富士と対戦。激しい突っ張り合いから、叩き込んで連敗回避。
七日目、遠藤に上手出し投げで倒され2敗目。
中日、九日目と連勝し、7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十日目、徳勝龍に浴びせ倒されて3敗目。
十一日目、大翔丸を寄り切って勝ち越し決定。(→勝ち越しインタビュー
十二日目はベテランの嘉風、十三日目は新入幕の宇良に敗れて連敗。(→宇良戦立合い不成立場面
十四日目、妙義龍を叩き込んで9勝目。
千秋楽は好調の貴景勝に敗れ、9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 隠岐の海戦 ○上手捻り 13.7秒
 隠岐の海、右手をつく。千代翔馬、すぐにサッと手をつき、右手を出して低く踏み込む。隠岐の海、左腕を内に入れ、左を差す。千代翔馬、左にずれて当たり、左を差して深い下手を取る。隠岐の海、右上手に手を伸ばすが取れず、右で押っ付ける。千代翔馬、左下手を更に深くし、右を巻き替えようと見せてから右上手に手を伸ばして取り、左下手は離して差し手を返す。隠岐の海、腰を振って相手の上手を切ろうとする。千代翔馬、右上手を離さず。隠岐の海、左下手を取る。千代翔馬、右足外掛けに行く。隠岐の海、左下手を持って堪え、右押っ付けで前に出る。千代翔馬、右上手で捻りながら左差し手を返す。隠岐の海、左膝が入る形になり、体勢を崩して土俵に裏返る。

(2) 輝戦 ○掬い投げ 10.1秒
 輝、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。輝、素早く立って両手突き。千代翔馬、低く踏み込み、右前廻しを探るが取れず。輝、突き放す。千代翔馬、押し上げ、相手の右腕を手繰って左に回り、右から張って右上手に手を伸ばすが取れず。輝、左を差し、両廻しを取る。千代翔馬、左下手を取って左に回り、土俵際、体を開いて左掬い投げを打ってから、その腕を抜いて体を離す。輝、土俵にバッタリ落ちる。

(3) 琴勇輝戦 ○送り出し 6.2秒
 千代翔馬、手をつこうとするがつかず。琴勇輝、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代翔馬、サッと手をつき、頭から踏み込む。琴勇輝、両手突きから押し上げる。千代翔馬、すぐに右上手前廻しを取って右に回る。琴勇輝、少し下がって廻しを切る。千代翔馬、突き放し、右で突いていなし、相手を後ろから抱えて前に出る。琴勇輝、土俵下に落ちる。

(4) 栃ノ心戦 ○寄り切り 27.4秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。千代翔馬、左肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突き放し、突っ張る。栃ノ心、下がらずあてがう。千代翔馬、更に突っ張りながら前に出、左を差して右上手を取り、すぐ体を開いて右上手出し投げで振り回す。栃ノ心、左下手を持って堪え、右で相手の差し手を引っ張り込む。千代翔馬、右上手で振って頭をつける。栃ノ心、右をねじ込んで相手を起こそうとする。千代翔馬、左を巻き替えて差す。栃ノ心、右で押っ付ける。千代翔馬、左で相手の左膝を押さえながらの右上手出し投げで振り回し、左を差し直して一気に前に出る。栃ノ心、上体が起きて俵を割る。

(5) 栃煌山戦 ●叩き込み 1.6秒
 栃煌山、じりっと足をすり、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、突っ掛ける。2度目、千代翔馬、先に両手をつくがその手を戻す。栃煌山、仕切り線後方でサッと手をついて立つ。千代翔馬、少し遅れてサッと手をついて立ち、右手を出して頭から低く当たり、中に入ろうとする。栃煌山、下がりながら叩いて左に開く。千代翔馬、土俵に両手をつく。

(6) 北勝富士戦 ○叩き込み 8.6秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手を前に出す。両者、頭で当たり合う。千代翔馬、右前廻しを探る。北勝富士、突き放そうとする。千代翔馬、左で叩いていなし、右で後ろ廻しを取る。北勝富士、向き直って叩く。千代翔馬、落ちずに向き直り、突っ張りながら前に出る。北勝富士、下からあてがい、突き放す。千代翔馬、叩いて左に開く。北勝富士、前にバッタリ落ちる。

(7) 遠藤戦 ●上手出投 11.2秒
 遠藤、仕切り線後方で右手をつき、千代翔馬、すぐに左、右と手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえながら踏み込み、、右上手を取る。遠藤、左を差して前に出、右上手を取る。千代翔馬、土俵際で左下手を取って両廻し。遠藤、左から巻くようにして右に回り、右上手を持って前に出、左下手を取る。両者、土俵中央に戻る。千代翔馬、伸びた右上手を取り直す。遠藤、左肘を張りながら腰を振って相手の上手を切り、前に出る。千代翔馬、体を開いて左下手投げに行く。遠藤、右上手で出し投げ。千代翔馬、左膝から土俵に落ちる。

(中) 宝富士戦 ○掬い投げ 13.8秒
 宝富士、先に両手をつく。千代翔馬、手をサッとついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。千代翔馬、右肘を固めて当たり、左喉輪で押し上げる。宝富士、相手の喉輪を外す。千代翔馬、突き放し、右喉輪で距離を取る。宝富士、相手の右腕を外す。千代翔馬、突き放し、左喉輪で押し上げる。宝富士、喉輪を外し、左を差す。千代翔馬、右上手を取って右に回る。宝富士、左差しで前に出、右上手を取って寄る。千代翔馬、土俵際、左から掬い投げ。宝富士、裏返って土俵に落ちる。両者、土俵下に落ちる。

(9) 碧山戦 ○寄り切り 11.6秒
 千代翔馬、手をつこうとするがつけず、立合いを嫌う。2度目、千代翔馬、先に左手をつく。碧山、仕切り線少し後方で両手をサッとつき、素早く立って両手突きに行く。千代翔馬、突き放しながら前に出る。碧山、押し返して前に出る。千代翔馬、右で突いて相手をいなしながら土俵際を右に回る。碧山、前のめりになるが俵で踏み止まる。千代翔馬、押す。碧山、突き放しながら前に出る。千代翔馬、右から突いて体を離す。碧山、前に泳いで俵の上で向き直る。千代翔馬、そこを押し上げ、左を差して寄る。碧山、俵を割る。

(10) 徳勝龍戦 ●浴せ倒し 4.4秒
 千代翔馬、左手をつく。徳勝龍、すぐに手をサッとついて素早く立つ。千代翔馬、左肘を固めて低く当たる。徳勝龍、左を差して前に出る。千代翔馬、左下手を取り、土俵際、左掬い投げで堪えて左へ回る。徳勝龍、左差し手を突きつけて体を預ける。千代翔馬、背中から倒れる。

(11) 大翔丸戦 ○寄り切り 6.8秒
 大翔丸、先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとついて素早く立って踏み込む。大翔丸、頭から当たる。千代翔馬、右を差し、左上手前廻しも取る。大翔丸、右を差す。千代翔馬、両廻しを引きつけてどんどん前に出る。大翔丸、腰が伸びて俵を割る。

(12) 嘉風戦 ●寄り倒し 3.9秒
 嘉風、先に両手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、左手で相手の肩を押さえ、頭をつける。嘉風、左を差し、右で押っ付けながら一気に前に出る。千代翔馬、俵に詰まるが、左から掬おうとする。両者、体が離れてともに俵の外に倒れるが、千代翔馬がわずかに早く土俵につく。

(13) 宇良戦 ●寄り切り 3.7秒
 宇良、仕切り線後方で先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとついて素早く立つ。宇良、立てず。2度目、宇良、仕切り線後方で先に手をつく。千代翔馬、両手をサッとついて素早く立って踏み込む。宇良、頭を下げて当たる。千代翔馬、右でかち上げる。宇良、頭を上げず、左を差して一気に前に出る。千代翔馬、右で小手に巻くが俵に詰まり、左で頭を叩こうとする。宇良、左差しで寄る。千代翔馬、土俵下に落ちる。

(14) 妙義龍戦 ○叩き込み 1.4秒
 妙義龍、右手をつく。千代翔馬、一旦、右手をつくが戻す。妙義龍、手を戻し、再び右手をつく。千代翔馬、サッと手をついて素早く立ち、左手を出して踏み込み、右前廻しを探る。妙義龍、右を差して前に出ようとする。千代翔馬、叩く。妙義龍、左膝からあっけなく土俵に転がる。

(楽) 貴景勝戦 ●押し出し 10.1秒
 両者、手をつこうとして止める。千代翔馬、先に手をつく。貴景勝、両手をサッと動かして突っ掛ける。2度目、千代翔馬、右手をつくが、その手を戻す。貴景勝、両手をサッとつき、両手突きに行く。千代翔馬、右手を出して頭から当たる。貴景勝、両手で相手を起こす。千代翔馬、突き放しながら前に出、左で廻しを探る。貴景勝、押しながら前に出る。千代翔馬、叩きながら下がり、土俵際で左廻しを探る。貴景勝、叩きながら引くが、一瞬前のめりになる。千代翔馬、叩きながら右に回る。貴景勝、押しながらどんどん前に出、両手で突き放す。千代翔馬、土俵下に落ちる。貴景勝、勝ったことで敢闘賞も獲得。

《2017年春場所取組内容・目次へ》