2017年夏(5月)場所幕内の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の幕内取組内容の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◆初日◆
20170514 01 900 オープニング 10 @ニュース7

皇太子ご夫妻が来場され、後半戦からご観戦。
新横綱だった先場所優勝した稀勢の里は、小結嘉風に押し出されて黒星発進。
横綱鶴竜は、小結御嶽海戦。攻め込みながらも、引いて相手に押し出されて初日黒星。
日馬富士、白鵬の2横綱は白星発進。
今場所、大関昇進が懸かる関脇 高安は、力強い相撲で大栄翔を叩き込み、白星スタート。
大関照ノ富士は、遠藤に寄り切られて初日黒星。
角番大関 豪栄道は、隠岐の海を土俵際の下手出し投げで倒し、白星発進。
新入幕の豊山は、魁聖を寄り切って初日白星。
同じく新入幕の阿武咲は、大翔丸に突き落とされて初日黒星。
→初日幕内取組内容へ

◆二日目◆
20170515 02 900 稀勢の里二日目 @ニュース7

初日黒星だった横綱稀勢の里は、取組前に、土俵下に落ちた照ノ富士に乗られるアクシデント。しかし、隠岐の海を寄り切って初日を出す。
横綱日馬富士は、初日に大関 照ノ富士を破った遠藤と対戦。押し出して連勝。
横綱白鵬は、初日に横綱稀勢の里を破った嘉風と対戦。突っ張り続けて叩き落とし、連勝スタート。
横綱鶴竜は、初対戦の千代の国に引き落とされて連敗。千代の国は、初の結びで、横綱を撃破。膝の怪我で一時は三段目まで落ちた苦労を乗り越えて金星を掴む。
今場所大関昇進が懸かる関脇高安は、大関豪栄道を一方的に突き出して、連勝。角番の豪栄道は、初黒星。
大関照ノ富士は、関脇玉鷲に押し出されて連敗。玉鷲は連勝。
宇良は、輝に攻められるも、動き回って攻勢に転じ、押し出しで連勝。
新入幕の阿武咲が、魁聖を押し出して初日を出す。
→二日目幕内取組内容へ

◆三日目◆
20170516 03 900 稀勢の里三日目 @ニュース7

横綱稀勢の里が前日金星を挙げた千代の国と対戦。千代の国に攻め込まれて、俵に左足一本をかろうじて掛ける体勢で堪え、相手の引きに乗じて押し出し。2勝目を上げる。
横綱日馬富士は、隠岐の海に完勝。初日から3連勝。
横綱白鵬は、初顔の千代翔馬と対戦。千代翔馬に土俵際下手投げを打たれるも、上手投げで勝って3連勝。
初日から2連敗だった横綱鶴竜は、遠藤を引き落として初日。
初日から2連敗だった大関照ノ富士は、大栄翔を吊り上げてから差し手を突きつけての豪快な寄り倒しで勝ち、初日を出す。
角番大関 豪栄道は、初日に稀勢の里を破った嘉風と対戦。叩き込まれて早くも2敗目。
大関昇進が懸かる関脇 高安は、関脇 琴奨菊と対戦。立合いの強烈な当たりで相手をはじき、叩き込み。初日から3連勝。
小結 御嶽海は、分のいい相手 関脇 玉鷲と対戦。土俵際に追い込まれるが、掬い投げで逆転し、初日から3連勝。玉鷲戦は7戦全勝。
注目の小兵対決、宇良-石浦戦。相手の張りや押し上げにも頭を上げず、相手の叩きに乗じて送り出して勝って3連勝。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬、高安、御嶽海、栃煌山、宇良、大翔丸(7人)
→三日目幕内取組内容へ

◆四日目◆
20170517 04 901 稀勢の里ー遠藤 02 @ニュース7

横綱稀勢の里が、遠藤に押し出されて2敗目。初めて金星を配給する。遠藤は、初日の照ノ富士戦に続く2勝目、昨年11月以来3個目の金星を獲得。
日馬富士、白鵬の2横綱は初日から4連勝。
横綱鶴竜が、小結嘉風に押し出されて3敗目。嘉風は、ここまで2横綱1大関撃破。
大関照ノ富士は、千代翔馬を豪快に掬い投げ。2連敗スタートの後2連勝。
角番大関豪栄道は、高校の後輩 大栄翔を寄り切って2勝目。
今場所大関昇進が懸かる関脇高安は、好調の小結御嶽海と対戦。御嶽海に土俵際に追い込まれるが、首投げで逆転し、4連勝。
玉鷲と琴奨菊が関脇同士で対戦。琴奨菊が寄り切って初日を出す。
阿武咲と豊山の新入幕同士の対戦は、阿武咲が渡し込みで勝って3勝目。豊山は3敗目。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬、高安(3人)
一敗 御嶽海、嘉風、栃煌山、正代、勢、北勝富士、貴景勝、蒼国来、栃ノ心、宇良、大翔丸、阿武咲(12人)
→四日目幕内取組内容へ

◆五日目◆
20170518 05 900 ニュース7 五日目

横綱日馬富士が、大栄翔を上手出し投げで瞬殺し、初日から5連勝。幕内勝利数が歴代単独10位の684勝となった。
横綱白鵬は、初日に横綱鶴竜を破った小結御嶽海と対戦。上手投げで下して初日から5連勝。
今場所大関昇進が懸かる 関脇高安は、前日稀勢の里を破った遠藤と対戦。寄り切りで勝って、初日から5連勝。
前日、2敗目を喫した横綱稀勢の里は、千代翔馬戦。足も使って攻めてくる うるさい相手をやや長い相撲の末に寄り倒し。3勝目を上げる。
横綱鶴竜は、左足首の骨の炎症のため、今日から休場。
大関照ノ富士は、関脇琴奨菊のがぶり寄りをこらえ、上手投げで倒して3勝目。
角番大関豪栄道は、千代の国を押し出し、3勝2敗と白星先行に。
前日、腰を痛そうにしていた関脇玉鷲は、好調の小結嘉風を力強く押し出して3勝目。
北勝富士と貴景勝、埼玉栄高校出身同士の対戦。激しい押し合いから、後輩の貴景勝が勝利。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬、高安(3人)
一敗 正代、貴景勝、栃ノ心、大翔丸、阿武咲(5人)
→五日目幕内取組内容へ

◆六日目◆
20170519 06 900 六日目 01 4人@ニュース7

横綱日馬富士は、碧山を力強く寄り切って完勝。初日から6連勝。
横綱白鵬は、遠藤と組まずに突っ張り、叩きで崩して押し出し、初日から6連勝。
横綱稀勢の里は、初顔の大栄翔を浴びせ倒し、4勝目。
大関照ノ富士は、初対戦の千代の国と熱戦。押し出しで勝って4勝目。
角番大関豪栄道は、今場所好調の小結御嶽海を下手投げで倒し、4勝目。
大関昇進が懸かる関脇高安は、関脇玉鷲と対戦。土俵下に吹っ飛ばされて初黒星。玉鷲は4勝目。
関脇琴奨菊は、今場所好調の小結嘉風の肩透かしに倒れ、5敗目。
小兵の宇良は、大きな逸ノ城を肩透かしで倒して4勝目。
貴景勝と輝の若手同士の対戦は熱戦。輝が突き落としで勝って4勝目。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬(2人)
一敗 高安、大翔丸、阿武咲(3人)
二敗 稀勢の里、照ノ富士、豪栄道、玉鷲、嘉風、栃煌山、正代、勢、北勝富士、貴景勝、輝、栃ノ心、宇良、石浦、千代大龍(15人)
→六日目幕内取組内容へ

◆七日目◆
20170520 07 900 ニュース7

横綱日馬富士は、今場所2横綱1大関を破った小結嘉風と対戦。低く鋭い当たりで先手を取り、押し出しで勝ち、初日から7連勝。
横綱白鵬は、初顔の大栄翔を難なく寄り切り。初日から7連勝で、日馬富士とトップを並走。
横綱稀勢の里は、初日に横綱鶴竜を破った小結御嶽海と対戦。痛めた左腕を絞られて十分差せず、上手も取らせてもらえず時間がかかるが、寄り切って5勝目を上げる。
前日初黒星を喫した関脇高安は、千代翔馬を叩き込んで6勝目。連敗回避。
大関照ノ富士は、隠岐の海を寄り切って5勝目。
角番大関豪栄道は、関脇琴奨菊と対戦。相手のがぶりを堪えて突き落とし、5勝目を上げる。琴奨菊は1勝6敗と苦しい星。
関脇玉鷲は、横綱鶴竜を破った千代の国を叩き込んで5勝目。
栃ノ心は、小兵の石浦に中に入られるも、相手の左肩越しに両廻しを取り、持ち上げて豪快に投げ捨て、5勝目を上げる。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬(2人)
一敗 高安(1人)
二敗 稀勢の里、照ノ富士、豪栄道、玉鷲、正代、勢、北勝富士、輝、栃ノ心、宇良、大翔丸、阿武咲、千代大龍(13人)
→七日目幕内取組内容へ

◆八日目◆
20170521 08 900 ニュース7 01 中日

横綱日馬富士は、千代翔馬を土俵下に吹っ飛ばし、中日勝ち越し。
横綱白鵬は、関脇琴奨菊を上手出し投げで転がし、中日勝ち越し。日馬富士と並走。
横綱稀勢の里は、粘る碧山を寄り切り、6勝目。
大関照ノ富士は、小結御嶽海を豪快に決め出して6勝目。御嶽海は上位戦が続き、四日目から5連敗。
角番大関豪栄道は、遠藤に寄り切られて3敗目。遠藤は1横綱2大関を撃破。
大関昇進を懸ける関脇高安は、小結嘉風を叩き込んで7勝目。
関脇玉鷲は、隠岐の海を一気に押し出して6勝目。
幕内4場所目の北勝富士は、宝富士と四つに組む展開。土俵際で何度も堪え、寄り切り、6勝目を上げる。
宇良は、新入幕の阿武咲と対戦。相手をうまくかわして押し出し、6勝目を上げる。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬(2人)
一敗 高安(1人)
二敗 稀勢の里、照ノ富士、玉鷲、正代、北勝富士、輝、栃ノ心、宇良、大翔丸(9人)
→八日目幕内取組内容へ

◆九日目◆
20170522 09 900 ニュース7 01 九日目

横綱日馬富士は、高安を破るなど好調な関脇玉鷲と対戦。叩きで崩して寄り切り、初日から9連勝。しかし、右足親指を痛めたよう。
横綱白鵬は、碧山を上手出し投げで倒し、初日から9連勝。日馬富士と並走。
横綱稀勢の里は、栃煌山に張り差しに行くが、中に入られて寄り切られる。3敗目を喫するとともに、2つ目の金星配給。
照ノ富士と豪栄道は大関同士の対戦。照ノ富士が寄り切って7勝目。角番の豪栄道は4敗目。
大関昇進が懸かる高安は、動きのいい千代の国と対戦。相手の突っ張りに下がらず、上手投げで倒して勝ち越しを決める。千代の国は7敗目。
関脇琴奨菊は、1横綱2大関を破った遠藤と対戦。がぶり寄り完勝し、7敗で踏みとどまる。遠藤は6敗目。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬(2人)
一敗 高安(1人)
二敗 照ノ富士、正代、輝、栃ノ心、宇良(4人)
→九日目幕内取組内容へ

◆十日目◆
20170523 10 900 ニュース7 01

勝ちっ放しの横綱白鵬は、1敗の関脇高安と対戦。張り差しで相手の強烈な当たりを避け、頭をつけて慎重に攻め、機を見て一気に前に出、体を預けて寄り倒し。初日から10連勝。今場所大関昇進が懸かる高安は2敗目。1敗力士が消える。
同じく勝ちっ放しの横綱日馬富士は、前日横綱稀勢の里を破った栃煌山と対戦。鋭い当たりで相手を起こして寄り切り。初日から10連勝で白鵬と並走。
前日3敗目を喫した横綱稀勢の里は、関脇琴奨菊の寄りにあっけなく土俵を割り、4敗目。
大関照ノ富士は、嘉風を寄り切って勝ち越しを決めるとともに、2敗を守る。2横綱1大関を破った嘉風は5勝5敗に。
角番大関豪栄道は、千代翔馬を掬い投げで倒して6勝目。勝ち越しまであと2勝。
関脇玉鷲は、遠藤の肘を極めるような小手投げで土俵外に出し、7勝目。勝ち越しまであと1勝とする。
平幕の正代、栃ノ心、宇良が勝ち越し。
<成績上位者>
全勝 日馬富士、白鵬(2人)
一敗 なし
二敗 照ノ富士、高安、正代、栃ノ心、宇良(5人)
三敗 玉鷲、勢、北勝富士、貴景勝、徳勝龍(5人)
→十日目幕内取組内容へ

◆十一日目◆
20170524 11 901 2横綱 @ニュース7

初日から勝ちっ放しの横綱白鵬は、角番大関豪栄道を上手捻りで倒し、初日から11連勝。豪栄道は、5敗目。
もう一人の勝ちっ放し力士 横綱日馬富士は、小結御嶽海戦。土俵際で上手を取って投げに行こうとするが、その前に俵の外に足が出て、初黒星。御嶽海は初日の鶴竜に続き、2横綱撃破。
横綱稀勢の里は、今日から休場。関脇玉鷲は、不戦勝で勝ち越し。
今場所大関昇進が懸かる関脇高安は、横綱稀勢の里を破った栃煌山と対戦。叩き込みで勝って9勝目。3場所連続で33勝に、あと1つとする。
大関照ノ富士は、碧山を上手投げで倒して9勝目。
平幕の勢、北勝富士、貴景勝が勝ち越し。
宇良が、土俵際を際どく回り込んで体を入れ替え、正代を送り出して9勝目。館内を沸かせる。
<成績上位者>
全勝 白鵬(1人)
一敗 日馬富士(1人)
二敗 照ノ富士、高安、栃ノ心、宇良(4人)
三敗 玉鷲、正代、勢、北勝富士、貴景勝(5人)
→十二日目幕内取組内容へ

◆十二日目◆
20170525 12 901 十二日目 03 全勝~二敗 @ニュース7

ただ一人勝ちっ放しの横綱白鵬は、栃煌山を叩き込んで12連勝。単独トップを守る。
1敗で追う横綱日馬富士は、対戦相手貴ノ岩の休場で不戦勝。
大関昇進が懸かる関脇高安は、宝富士と対戦。呼び込むような上手投げで勝ち、10勝目。大関昇進の目安、三役で連続3場所合計33勝に到達。
大関照ノ富士は、正代をやや強引な相撲で送り出して10勝目。トップと2差を守る。
大関豪栄道は、碧山を押し出して7勝目。角番脱出まであと1勝とする。
大関から陥落して関脇2場所目の琴奨菊は、小結御嶽海に寄り切られて負け越し。御嶽海は6勝6敗と星を五分にする。
関脇玉鷲は、大栄翔に攻め込まれるも、掬い投げで勝って9勝目。
宇良は、北勝富士をうまくいなして送り出して10勝目。幕内2場所目で初めて二桁勝利を上げるとともに、優勝争いに名を連ねる。
石浦は、勢をうまい肩透かしで倒し、6勝6敗と星を五分にする。
輝と阿武咲が勝ち越しを決める。
<成績上位者>
全勝 白鵬(1人)
一敗 日馬富士(1人)
二敗 照ノ富士、高安、宇良(3人)
三敗 玉鷲、貴景勝、栃ノ心(3人)
→十二日目幕内取組内容へ

◆十三日目◆
20170526 13 902 十三日目@ニュース7

1敗の横綱日馬富士が、2敗の関脇高安と対戦。相手を土俵際まで追い込むも、叩き込みで敗れて2敗に後退。高安は、両親が見守る土俵で横綱を破り、場所後の大関昇進を確実にする。
ただ一人勝ちっ放しの横綱白鵬は、関脇玉鷲と対戦。寄り倒して13連勝。後続に2差をつけ、十四日目に勝てば優勝という状況に。
大関照ノ富士は、栃煌山を下がりながらの小手投げで倒し、2敗を守る。栃煌山は負け越し。
大関豪栄道は、宝富士を寄り切って勝ち越し。角番を脱出。
新入幕の阿武咲は、北勝富士に取り直しの相撲の末、引き落としで勝利。9勝目を上げる。
大翔丸が、貴景勝を力強く押し倒し、1年ぶりの勝ち越しを決める。
<成績上位者>
全勝 白鵬(1人)
一敗 なし
二敗 日馬富士、照ノ富士、高安(3人)
三敗 栃ノ心、宇良(2人)
四敗 玉鷲、勢、貴景勝、阿武咲(4人)
→十三日目幕内取組内容へ

◆十四日目◆
20170527 14 900 十四日目 01 @ニュース7

勝ちっ放しの横綱白鵬は、2敗で追う大関照ノ富士と対戦。やや慎重な攻めで、37秒の相撲の末に、寄り切り。1年ぶり38回目の優勝を決める。
横綱日馬富士は、前日角番を脱出した大関豪栄道に叩き込まれ、3敗目。豪栄道は9勝目を上げる。
前日横綱日馬富士を破って、場所後の大関昇進を確実にした関脇高安は、正代に寄り倒されて3敗目。
東小結御嶽海は、勢を力強く押し出し、勝ち越しを決める。
西小結で35歳の嘉風は、栃煌山を寄り切って勝ち越し。
貴景勝が、過去5戦5勝の宇良を、押し倒して今回も勝利。二桁勝ち星に乗せる。
石浦は、宝富士を回りながらの下手投げで倒し、7勝目。千秋楽に勝ち越しを懸ける。
不戦勝の1勝のみだった隠岐の海が、千代の国を寄り切ってようやく相撲での白星を上げる。
<成績上位者>
全勝 白鵬 ※優勝決定
一敗~二敗 なし
三敗 日馬富士、照ノ富士、高安、栃ノ心(4人)
四敗 貴景勝、宇良、阿武咲(4人)
→十四日目幕内取組内容へ

◆千秋楽◆
20170528 15 900 千秋楽 02 @ニュース7

十四日目に優勝を決めた白鵬は、結びで日馬富士と横綱同士の対戦。四つに組んでの力の入った1分半近い相撲の末、寄り切りで勝利。13回目の全勝優勝を果たす。
大関照ノ富士は、場所後の大関昇進が確実の関脇 高安と対戦。極めながらの強烈な小手投げで倒し、12勝目を上げる。技能賞を受賞した高安は、連敗で場所を終える。
大関豪栄道は、関脇玉鷲と対戦。玉鷲に叩き込まれ、9勝6敗で終える。玉鷲は、関脇で二桁勝利を上げ、大関昇進の足掛かりとなる。
既に負け越しが決まっている関脇 琴奨菊は、勢と対戦。がぶってからの押し出しで勝ち、7勝8敗と1点の負け越しに留める。
殊勲賞を受賞の小結 御嶽海、技能賞受賞の関脇 高安と小結 嘉風、敢闘賞受賞の阿武咲、三賞受賞者4人全員が千秋楽に敗れる。
幕内2場所目で連日土俵を沸かせた宇良は、大翔丸を掬い投げで破って11勝目。しかし、三賞には選ばれなかった。
<成績上位者>
全勝 白鵬 ※優勝 
一敗~二敗 なし
三敗 照ノ富士、栃ノ心(2人)
四敗 日馬富士、高安、貴景勝、宇良(4人)
五敗 玉鷲、正代、北勝富士、阿武咲(4人)
→千秋楽幕内取組内容へ


《2017年夏場所取組内容・目次へ》