夏場所三日目・十両。(取組時間等)

夏場所三日目・十両について。
十両2枚目の旭秀鵬が、佐田の海を叩き込み、ただ一人初日から3連勝。
十両筆頭の大砂嵐と2枚目の千代丸の対戦は熱戦。千代丸が突っ張って俵に追い詰めるも、大砂嵐が右四つに組み止めて長い相撲に。出血による中断から再開後、大砂嵐が寄り切って初日を出す。千代丸は大砂嵐戦7戦全敗。
関取最年長の安美錦は、朝乃山を叩き込んで初日を出す。
新十両の貴源治は、突っ張って竜電を土俵際に追い込むが、竜電、残して戻り、上手投げで逆転。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 明生 2勝1敗 寄り切り ● 旭日松 1勝2敗 (7.6秒)
 旭日松、押しながら前に出る。明生、あてがって堪え、右をのぞかせ、相手の引きに乗じて寄り切る。
20170516 03 201 明生 寄り切り 旭日松 40

○ 竜電 2勝1敗 上手投げ ● 貴源治 1勝2敗 (10.5秒)
 貴源治、両手突きから突っ張る。竜電、土俵際に追い込まれるが堪え、左を差して中に戻り、右上手投げで倒す。
20170516 03 202 竜電 上手投げ 貴源治 40

○ 誉富士 2勝1敗 突き出し ● 里山 2勝1敗 (4.6秒)
 里山、踏み込む。誉富士、両手突きから突っ張る。里山、左から突いて中に入ろうとする。誉富士、力強く突っ張り、土俵外に出す。
20170516 03 203 誉富士 突き出し 里山 40

● 照強 1勝2敗 寄り切り ○ 北太樹 1勝2敗 (7.5秒)
 照強、低く当たる。北太樹、左を差し、右上手を取って前に出る。照強、土俵際堪え、左から掬おうとする。北太樹、右上手を引きつけて寄り切る。
20170516 03 204 北太樹 寄り切り 照強 40

● 力真 1勝2敗 突き落とし ○ 琴恵光 1勝2敗 (4.3秒)
 琴恵光、右から張って両差しになる。力真、右を巻き替える。琴恵光、左押っ付けで前に出てから、左で突き落とす。
20170516 03 205 琴恵光 突き落とし 力真 40

○ 千代鳳 2勝1敗 下手投げ ● 天風 2勝1敗 (24.7秒)
 両者、なかなか手をつかず、千代鳳に合わせて天風も体を上下に揺らす。天風、左を差し、深い右上手を取って前に出る。千代鳳、左下手投げで振る。天風、土俵際、右上手投げを返すが、先に土俵に落ちる。
20170516 03 206 千代鳳 下手投げ 天風 40

○ 青狼 2勝1敗 叩き込み ● 大奄美 2勝1敗 (3.5秒)「待った1回」。
 大奄美、突っ掛ける。2度目、青狼、素早く立って両手突き。大奄美、やや立ち遅れて上体が起きる。青狼、引き、土俵際で叩き落とす。
20170516 03 207 青狼 叩き込み 大奄美 40

● 朝乃山 1勝2敗 叩き込み ○ 安美錦 1勝2敗 (3.9秒)「待った1回」。
 安美錦、ふわっと立つ。2度目、安美錦、踏み込んで突き起こし、叩きながら右に回る。朝乃山、向き直ろうとするが、土俵下に落ちる。
20170516 03 208 安美錦 叩き込み 朝乃山 40

● 千代皇 2勝1敗 寄り切り ○ 東龍 2勝1敗 (6.5秒)
 東龍、右を差し、左上手を取って振り、上手を引きつけて寄り切る。
20170516 03 209 東龍 寄り切り 千代皇 40

○ 英乃海 1勝2敗 上手捻り ● 剣翔 1勝2敗 (15.1秒)
 両者、右四つ、左上手を取る。英乃海、上手を引きつけて前に出る。剣翔、相手の上手を切ろうとするが切れず、俵に詰まる。英乃海、右から掬いながら左上手で捻り倒す。
20170516 03 210 英乃海 上手捻り 剣翔 40

○ 錦木 1勝2敗 押し出し ● 旭大星 1勝2敗 (2.9秒)
 旭大星、当たってすぐに引いて左へ回り込む。錦木、土俵際堪えて押し出す。
20170516 03 211 錦木 押し出し 旭大星 35
20170516 03 211 錦木 押し出し 旭大星 40

○ 臥牙丸 2勝1敗 寄り切り ● 山口 2勝1敗 (2.8秒)
 臥牙丸、踏み込んで左下手を取り、一気に前に出る。山口、土俵下に落ちる。
20170516 03 212 臥牙丸 寄り切り 大砂嵐 40

● 千代丸 1勝2敗 寄り切り ○ 大砂嵐 1勝2敗 (49.2秒)「流血」による中断あり。
 大砂嵐、両手突き。千代丸、必死に突っ張り、いなし、相手を土俵際に追い込む。大砂嵐、土俵際で右を差し、掬いながら中に戻り、両廻しを取り、一呼吸後、寄る。千代丸、土俵際堪えて中に戻る。両者、右四つで止まる。千代丸が顔から出血していたため、行司が止める(中断時間43秒)。再開後、大砂嵐、両廻しを引きつけて寄り切る。
〔突っ張る千代丸〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 10 突っ張る千代丸
〔土俵際の大砂嵐〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 15 土俵際の大砂嵐
〔土俵際堪える千代丸〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 22 土俵際の千代丸
〔取組を中断して血を拭く 木村銀治郎〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 30 出血待った 木村銀治郎
〔大砂嵐の寄り切り〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 40
〔大砂嵐、千代丸をポンと叩く〕
20170516 03 213 大砂嵐 寄り切り 千代丸 50 勝負後千代丸にポン

● 佐田の海 1勝2敗 叩き込み ○ 旭秀鵬 3勝0敗 (3.6秒)
 旭秀鵬、右かち上げから叩く。佐田の海、落ちずに向き直る。旭秀鵬、右で頭を叩きながら大きく引く。佐田の海、土俵に落ちる。
20170516 03 214 旭秀鵬 叩き込み 佐田の海 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:大砂嵐、2位:安美錦、3位:千代丸

《2017年夏場所取組内容・目次へ》