日馬富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-はるまふじ


休場明けだった先場所は、10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
巡業では、積極的に若手に胸を指導した。(日刊スポーツ記事→十両朝乃山を指導  記事が表示されない場合は →こちら、スポーツ報知記事→遠藤と宇良に指導 記事が表示されない場合は →こちら
4月14日に33歳となる。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
ニコニコ動画などが開催するイベント「大相撲超会議場所」の幕内トーナメントで優勝した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
稽古総見では、大関昇進が懸かる関脇高安と稽古した。(→稽古総見ニュース→高安との稽古
迎えた夏場所、初日から白星を連ね、5連勝で幕内通算勝利数が684勝に。歴代単独10位となる。(→四日目終了時点の幕内勝星数記録
更に六日目は、通算勝利数が800に。関脇の高安が初黒星を喫したことにより、勝ちっ放しは日馬富士と白鵬の二人だけに。
七日目、嘉風を立合いで圧倒してから押し出し、相手が落ちないようガシッと抱きしめる。
八日目、3年ぶりに中日勝ち越し。
九日目、関脇玉鷲を寄り切るが、土俵下に落ちる際に右足親指を負傷する。しかし、その影響を感じさせず、十日目も勝って10連勝。
十一日目、小結御嶽海戦。土俵際で上手を取る際に足が出、初黒星。優勝争いから一歩後退し、白鵬が単独トップに立つ。(→初黒星に苦笑いの日馬富士
十二日目は不戦勝。十三日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。叩き込まれて2敗目を喫する。
十四日目、大関豪栄道に叩き込まれて3敗目。白鵬は全勝を守り、この日に優勝を決める。
千秋楽、優勝者 白鵬との横綱対戦。1分半近い相撲の末、寄り切りで敗れる。しかし、力のこもった熱戦を見せ、11勝4敗で今場所を終える。
白鵬との取り組み 87.8秒は、今場所の幕内最長。(→今場所の幕内各種データ順位



(初) 琴奨菊戦 ○寄り切り 5.6秒
 日馬富士は仕切り線そばで、琴奨菊は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。日馬富士、左から張って両差しを狙う。琴奨菊、左肘を固めて当たる。日馬富士、深い左下手を取り、右も差して両下手を取る。琴奨菊、外から抱える体勢になり、左から押っ付ける。日馬富士、両下手を引きつけて寄る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 319 日馬富士 寄り切り 琴奨菊

(2) 遠藤戦 ○押し出し 4.1秒
 遠藤、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。遠藤、素早く立って踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く踏み込み、顎に向かって突き上げる。遠藤、突き返すが前に出られず。日馬富士、土俵際の相手を押し上げる。遠藤、土俵下に落ちる。
20170515 02 320 日馬富士 押し出し 遠藤 40

(3) 隠岐の海戦 ○寄り切り 6.9秒
 隠岐の海、先に右手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて左を差そうとする。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、右上手前廻しを取って前に出る。隠岐の海、俵に足が掛かる。日馬富士、上手を引きつけて寄る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170516 03 321 日馬富士 寄り切り 隠岐の海 40

(4) 千代の国戦 ○押し出し 3.6秒
 千代の国、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。日馬富士、左から張る。千代の国、左肘を固めて当たる。日馬富士、左上手に手を掛ける。千代の国、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、顎に向かって突き上げ、下から押し上げる。千代の国、引く。日馬富士、乗じて前に出、右押っ付けで押す。千代の国、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170517 04 318 日馬富士 押し出し 千代の国 40

(5) 大栄翔戦 ○上手出投 1.1秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手で相手の肩を押さえて頭で当たり、左に動いて左上手を取って手前に投げる。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170518 05 319 日馬富士 上手投げ 大栄翔 40

(6) 碧山戦 ○寄り切り 3.9秒
 碧山、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、碧山、早く立ち、右肘を固めて踏み込む。日馬富士、頭から低く当たる。碧山、右でかち上げる。日馬富士、構わず、両前廻しを取って一気に前に出、右筈で相手の胸を押し上げる。碧山、上体が起きて俵に詰まる。日馬富士、右を差して差し手を返す。碧山、俵の外に出る。
20170519 06 321 日馬富士 寄り切り 碧山 40

(7) 嘉風戦 ○押し出し 6.2秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、踏み込んで頭で当たり合う。日馬富士、頭が相手の下になる。嘉風、上体が起きて少し下がり、左から張って左を差す。日馬富士、左下手を探る。嘉風、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、叩いて体を離し、顎に向かって突き放しながら前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。日馬富士、相手が落ちないようガシッと抱きしめる。
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 40
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 50

(中) 千代翔馬戦 ○押し出し 2.5秒
 日馬富士は仕切り線後方で、千代翔馬は仕切り線そばで、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立ち、右手を出して踏み込む。日馬富士、右喉輪で相手を起こし、顎に向かって突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170521 08 320 日馬富士 押し出し 千代翔馬 43

(9) 玉鷲戦 ○寄り切り 4.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。玉鷲、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く当たり、左廻しに手を掛ける。玉鷲、押す。日馬富士、左膝が土俵につきそうな低い体勢になるが堪え、叩きながら右に回る。玉鷲、前のめりになり、土俵際向き直る。日馬富士、そこを突き上げ、両下手を取って寄る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。両者、土俵下に落ちる。勝負後、日馬富士、右足を痛そうにする。親指を痛めたよう。
〔日馬富士の低い体勢〕
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 15 日馬富士の低い体勢
〔日馬富士の寄り切り〕
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40

(10) 栃煌山戦 ○寄り切り 2.5秒
 栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。日馬富士、右手を出して頭から鋭く踏み込む。両者、頭で当たり合う。栃煌山、相手の当たりに上体が起きる。日馬富士、左押っ付けで前に出、右を差してそのまま寄り切る。
20170523 10 319 日馬富士 寄り切り 栃煌山 40

(11) 御嶽海戦 ●寄り切り 4.6秒
 御嶽海、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込んで当たる。御嶽海、両差しになって前に出る。日馬富士、左上手を取って左へ回る。御嶽海、右差し手を返して前に出る。日馬富士、土俵際、右押っ付けで押し上げて右を差し、左上手を取るが、その際、左足が俵の外に出る。日馬富士、気づかず、左上手投げで相手を土俵際にするが、取組を止められる。
20170524 11 320 御嶽海 寄り切り 日馬富士 35 日馬富士の足が出る

(12) 貴ノ岩戦 □不戦勝 
 貴ノ岩、「左大腿四頭筋肉離れ」のため、休場。
20170525 12 320 貴ノ岩休場

(13) 高安戦 ●叩き込み 8.9秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。高安、素早く立って踏み込み、左を差そうとする。日馬富士、頭から低く当たり、右で押っ付ける。高安、右上手を取って右へ回る。日馬富士、堪えて左下手を取り、サッと体を開いて下手投げを打ち、下手を離す。高安、前に泳ぎ、土俵際向き直る。日馬富士、そこを押し上げる。高安、俵に足を掛けて堪える。日馬富士、頭を下げて当たろうとする。高安、そこを叩く。日馬富士、前につんのめって土俵に手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 40-1
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 50-1

(14) 豪栄道戦 ●叩き込み 4.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から踏み込んで当たる。豪栄道、右前廻しを探るが取れず。日馬富士、押し上げる。豪栄道、下がらず。日馬富士、叩きながら大きく引く。豪栄道、乗じて前に出る。日馬富士、俵に詰まり、土俵際を左へ回る。豪栄道、ついて行く。日馬富士、体勢を低くして中に入ろうとする。豪栄道、そこを手前に叩く。日馬富士、土俵に落ちる。
20170527 14 320 豪栄道 叩き込み 日馬富士 40

(楽) 白鵬戦 ●寄り切り 87.8秒
 両者、ほぼ同時に腰を下ろす。日馬富士、左手をつこうとして前のめりになり、突っ掛ける形になる。2度目、白鵬、右、左とサッと手をつく。日馬富士、遅れて仕切り線後方で両手をサッとつく。白鵬、右手を相手の額の前に出し、左を差す。日馬富士、頭をつけ、左に回って右上手前廻しを取る。白鵬、左差し手を抜いて小手に巻く。日馬富士、右を深く差して前に出、深い右下手、左上手を取る。白鵬、俵に両足を掛けて堪え、右下手を取って中に戻り、左上手に手を伸ばす。日馬富士、両廻しを持ち、腰を引いた体制で相手に上手を与えず、じりっじりっと前に出、左上手を引きつけて前に出る。白鵬、左押っ付けで堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、すぐに腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約4秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出る。白鵬、左で差し手を抱えながら堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約6秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。白鵬、左差し手を抱えて堪える。日馬富士、起きた体勢を少し低くする。両者、止まる(約5秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、堪える。日馬富士、腰を引く。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、土俵際、左小手で振って中に戻る。両者、止まる(約6秒間)。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、左で相手の脇腹を叩いてから取る。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、両廻しを持って堪える。両者、止まる(約5秒間)。白鵬、右下手を離し、右肘を張りながら腰を振って相手の上手を切り、右差し手を返して一気に前に出る。日馬富士、俵を割る。
20170528 15 320 白鵬 寄り切り 日馬富士 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》