照ノ富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-てるのふじ

先場所は、十四日目に単独トップに立つも、新横綱の稀勢の里に逆転優勝される。→先場所の取組内容
場所中に悪化した左膝の治療のため、巡業を休み、モンゴルに帰国。体重も11キロ落とす。
靖国神社奉納相撲から、巡業に復帰。(→土俵入り、支度部屋コメント→①→②
巡業後は、時津風部屋に出稽古に行くなどした。
迎えた今場所、初日は遠藤に寄り切られて黒星発進。二日目、関脇 玉鷲に押し出されて連敗。
三日目、初顔の大栄翔を寄り倒して初日。そこから白星を連ね、8連勝で十日目に勝ち越しを決める。
十二日目、正代を送り出して10連勝。しかし、花道奥で付け人に肩を借り、足を痛そうにする。
十三日目、栃煌山を下がりながらの小手投げで倒し、11連勝。
十四日目、勝ちっ放しで、この日に勝てば優勝が決まる横綱白鵬と対戦。相手に廻しを与えないようにするも、自分も廻しを取れず、37秒の相撲の末に寄り切りで敗れる。
千秋楽は、場所後の大関昇進を確実にした関脇 高安と対戦。相手の肘を極めながらの小手投げで勝ち、12勝3敗で今場所を終える。



(初) 遠藤戦 ●寄り切り 7.3秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて低く踏み込む。照ノ富士、右肘でかち上げ、突き放す。遠藤、左を差し込み、右も差して両差しになる。照ノ富士、外から抱え、左から小手に振る。遠藤、振られて土俵際になる。照ノ富士、更に左で小手投げ。遠藤、右後ろ廻しを持って堪え、前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 317 遠藤 寄り切り 照ノ富士 40

(2) 玉鷲戦 ●押し出し 5.6秒
 玉鷲、先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとついて立ち、右から張る。玉鷲、踏み込み、左筈で押し上げ、右で小手に振り、突き放しながら前に出る。照ノ富士、右を差すが土俵際。玉鷲、押す。照ノ富士、土俵下の稀勢の里の上に落ちる。
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 43
〔照ノ富士、土俵下の稀勢の里にぶつかる〕
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 01
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 05
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 10
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 15

(3) 大栄翔戦 ○寄り倒し 5.8秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。照ノ富士、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から踏み込み、右を差す。大栄翔、右喉輪で押し上げ、左を巻き替えて差す。照ノ富士、乗じて前に出、右上手で後ろ廻しを取る。大栄翔、俵に足を掛けながら左下手を取る。照ノ富士、右上手で相手を持ち上げ、左差し手を返して突きつける。大栄翔、俵の外に膝から落ち、土俵下に落ちる。
〔大栄翔を浮かせる 照ノ富士〕
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 35 吊る
〔照ノ富士の寄り倒し〕
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 40

(4) 千代翔馬戦 ○掬い投げ 4.7秒
 千代翔馬、先に左手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手を動かして立つ。千代翔馬、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突き放す。照ノ富士、右を差して左上手を取る。千代翔馬、右下手を取って引きつけ、左を巻き替えようとするがならず。照ノ富士、右差し手を大きく返す。千代翔馬、宙を舞って土俵に転がる。
20170517 04 316 照ノ富士 掬い投げ 千代翔馬 40

(5) 琴奨菊戦 ○上手投げ 13.7秒
 琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、すぐに仕切り線少し後方でサッと手をついて突っ掛ける。2度目、琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、左手を出して右肩から踏み込んで当たる。琴奨菊、すぐに左上手前廻しを取り、右差し手を返して前に出る。照ノ富士、右下手を取って堪え、相手の上手を切る。琴奨菊、左で押っ付けながらがぶる。照ノ富士、土俵際堪える。琴奨菊、右から掬う。照ノ富士、右下手を持って中に戻る。琴奨菊、深い右下手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばして取り、前に出ながら上手投げ。琴奨菊、土俵に転がる。
20170518 05 317 照ノ富士 上手投げ 琴奨菊 40

(6) 千代の国戦 ○押し出し 18.3秒
 千代の国、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつく。千代の国、右手を出してぴょんと立ち、頭を下げる。照ノ富士、左で張るが当たらず、右を差す。千代の国、左で小手に巻いて左に回る。照ノ富士、右腕を抜いて向き直り、相手を捕まえようとする。千代の国、叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、右を差そうとする。千代の国、突き放しながら前に出、相手の手を叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、左で張ろうとして空振り、右肘でかち上げる。千代の国、一瞬頭が上がるが堪え、突き放す。照ノ富士、叩きながら少し引き、左から張り、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。千代の国、取られた右腕を抜く。照ノ富士、突き放す。千代の国、土俵際の木村玉治郎にぶつかる。照ノ富士、更に突き放す。千代の国、右筈で相手の左脇を押し上げて右に回る。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。千代の国、左から突いて左へ回ろうとするが、右足が俵の外に出る。
20170519 06 317 照ノ富士 寄り切り 千代の国 40

(7) 隠岐の海戦 ○寄り切り 4.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。照ノ富士、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、両手を出し、左を差す。照ノ富士、踏み込み、左下手を取って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回り、右から突く。照ノ富士、構わず寄り切る。
20170520 07 318 照ノ富士 寄り切り 隠岐の海 40

(中) 御嶽海戦 ○極め出し 5.0秒
 御嶽海、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手を動かし、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手をを出し、左肘を固めて頭から踏み込み、両差しになって前に出る。照ノ富士、外から抱え、やや仰け反って相手を浮かせ、極めて前に出る。御嶽海、堪らず俵を割る。
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 30
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 40

(9) 豪栄道戦 ○寄り切り 15.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固める。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、左上手を取る。豪栄道、左を差し、右差し手を抜き、右で叩きながら左に回る。照ノ富士、左廻しを持って前に出、下手になった左を深くし、右上手に手を伸ばす。豪栄道、左下手を取る。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けで前に出る。豪栄道、右上手も取り、俵に両足を掛けて堪える。照ノ富士、右押っ付けで相手を傾かせ、腰を下ろして寄り切る。
20170522 09 318 照ノ富士 寄り切り 豪栄道 40

(10) 嘉風戦 ○寄り切り 5.8秒
 嘉風、先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、胸で当たりを受け、左前廻しを探る。嘉風、腰を引いて廻しを与えず。照ノ富士、右を差す。嘉風、左を巻き替えて両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付け、左筈で押し上げて相手を起こし、右上手を取って引きつけ、前に出る。嘉風、俵を割る。
20170523 10 317 照ノ富士 寄り切り 嘉風 40

(11) 碧山戦 ○上手投げ 45.8秒
 碧山、先に手をつくが、その手を戻そうとする。照ノ富士、そこで突っ掛ける。2度目、碧山、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。碧山、頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、右を差す。碧山、引いて体を離し、突き放しながら前に出る。照ノ富士、下からあてがい、左で相手の腕を抱える。碧山、右をねじ込みながら前に出る。照ノ富士、右足が俵に掛かるが右下手前廻しを取り、左で押っ付けながら中に戻る。碧山、左から絞る。照ノ富士、左で叩きながら右下手出し投げを打ち、左上手前廻しも探る。碧山、右をのぞかせて前に出る。両者、足が止まり、碧山は右をのぞかせ、照ノ富士は両前廻しを持った体勢(約7秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。碧山、堪えながら右下手を取り、相手の下手を切って右に回る。照ノ富士は左上手を持って左半身の体勢、碧山は右下手を持って左押っ付けの体勢で、両者、止まる(約13秒間)。碧山、左を巻き替えに行く。照ノ富士、そこを左上手投げ。碧山、土俵に転がる。
20170524 11 318 照ノ富士 上手投げ 碧山 35

(12) 正代戦 ○送り出し 19.7秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、胸で当たり合う。正代、左を差して左へ回る。照ノ富士、右差し手を抱えて前に出る。正代、左から掬おうとする。照ノ富士、右で相手の左腕を極め気味にとったり。正代、振られて土俵際。照ノ富士、左喉輪で押し上げる。正代、土俵際、右から突く。照ノ富士、向き直り、出てくる相手を左から張り、突き放す。正代、再び土俵際、照ノ富士、右から張りに行く。正代、頭を下げてかわし、相手の顎の下に頭をつける。照ノ富士、叩き、右をねじ込み、左で相手の首を抱える。正代、頭を上げて前に出る。照ノ富士、右から掬いながら体を入れ替え、後ろから相手を押す。正代、俵の外に出る。
〔正代の肘を極め気味にとったりを打つ 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 15 肘が危ない
〔正代の首を抱える 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 30 首を抱えられた正代
〔照ノ富士の送り出し〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 43
〔勝負後、花道奥で足を痛そうにする 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 75 足が痛い 10

(13) 栃煌山戦 ○小手投げ 12.0秒
 栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から当たる。栃煌山、両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付けて十分差させず。栃煌山、左差し手を一旦抜き、再び差そうとする。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。栃煌山、左上手に手を伸ばし、土俵際を左へ回り、右を差す。照ノ富士、両手で相手の右腕を抱えるが止め、右で押っ付けながら前に出る。栃煌山、両差しになって前に出、右下手を取る。照ノ富士、外から抱え、左上手を取る。栃煌山、すぐに腰を捻って相手の上手を切る。照ノ富士、外から抱えながら前に出ようとする。栃煌山、一旦左差し手を抜き、頭をつける。照ノ富士、下がりながら左小手投げを打つ。栃煌山、土俵に転がる。
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 35
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 40

(14) 白鵬戦 ●寄り切り 36.9秒
 照ノ富士、先に両手をつく。白鵬、仕切り線後方で右、左と手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、胸で当たる。白鵬、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、左で差し手を抱え、右肘は固めて差させず。白鵬の左、照ノ富士の右で、差し手争い。照ノ富士、少し左に回って左上手を探るが取れず、右上手に手を伸ばす。白鵬、腰を捻って上手を与えず。両者、止まる(約7秒間)。照ノ富士、右上手に手を伸ばす。白鵬、上手を与えず。照ノ富士、左で抱えて前に出、廻しを探るが取れず。白鵬、左で頭を叩いて肩透かし。照ノ富士、堪え、頭をつけて右で押っ付け、左上手に手を伸ばすが取れず、右で相手の左手首を掴む。白鵬、右に回り、掴まれた左手を振りほどき、左を差そうとする。照ノ富士、頭をつけて右で押っ付ける。白鵬、一旦左差し手を抜いて少し引き、相手の上体が上がった機に左を十分差す。照ノ富士、左を巻き替えて差す。白鵬、左差し、右押っ付けで前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170527 14 319 白鵬 寄り切り 照ノ富士 40

(楽) 高安戦 ○小手投げ 13.7秒
 高安、先に右手をつく。照ノ富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、頭を下げて左肘を固める。照ノ富士、踏み込んで当たり、左上手前廻しを探る。高安、左を差そうとするがさせず、左で頭を叩きながら右へ回る。照ノ富士、向き直る。両者、突き放し合う。高安、両差しになろうとする。照ノ富士、頭をつけ、極めながら前に出る。高安、左差し手を抜く。照ノ富士、左で極めながら小手投げを打つ。高安、堪らず土俵に転がり、右肘を気にする。
20170528 15 319 照ノ富士 小手投げ 高安 35

《2017年夏場所取組内容・目次へ》