玉鷲 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たまわし

関脇2場所目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
関脇連続3場所目の今場所、初日は千代翔馬を押し出して白星発進。
二日目、大関照ノ富士を土俵下に吹っ飛ばして連勝(→土俵下に落ちた照ノ富士)。殊勲インタビューでは笑顔全開。
三日目、小結御嶽海に掬い投げで倒されて初黒星。御嶽海には7回対戦して全敗。
四日目、関脇琴奨菊に寄り切られて連敗。相手の寄りを俵でこらえ続けた際に腰を痛めたようで、花道奥で付け人の肩を借りる。(→付け人に肩を借りる玉鷲
五日目、ここまで2横綱1大関を撃破した小結嘉風を押し出し、3勝目。
六日目、今場所大関昇進が懸かり、ここまで勝ちっ放しの関脇高安と対戦。土俵下に吹っ飛ばし、初黒星をつける。(→取組後の玉鷲コメント→“ツンデレ”付け人の秘策(スポーツ報知記事) 記事が表示されない場合は→こちら
そのまま白星を連ねて4連勝。6勝2敗と白星先行。
九日目、横綱日馬富士に寄り切られて3敗目。
十日目、遠藤の肘を極めるような小手投げで倒して7勝目。
十一日目は、横綱稀勢の里の休場による不戦勝で、勝ち越しが決まる。
十三日目は、ただ一人勝ちっ放しの横綱白鵬戦と対戦。3度目の立合いからの相撲で寄り倒され、黒星をつけられず。
十四日目は栃ノ心戦。相手の立合い変わりながらの叩き込みに敗れて5敗目。
千秋楽、大関豪栄道を叩き込み、10勝5敗で今場所を終える。
待った合計5回は、白鵬と並んで今場所の幕内最多。(→今場所の幕内各種データ順位
勝ち越しは6場所連続。三役では4場所連続。関脇で二桁勝利を上げ、大関昇進への足掛かりを作る。



(初) 千代翔馬戦 ○押し出し 4.0秒
 玉鷲、左手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左で相手の肩を押さえる。玉鷲、両手を出し、両者、頭で当たり合う。玉鷲、押しながらどんどん前に出る。千代翔馬、相手の手をいなしながら土俵際を左へ回る。玉鷲、逃さず突き放す。千代翔馬、土俵下に吹っ飛び、高田川審判の上に圧し掛かる。
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 40
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 45

(2) 照ノ富士戦 ○押し出し 5.6秒
 玉鷲、先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとついて立ち、右から張る。玉鷲、踏み込み、左筈で押し上げ、右で小手に振り、突き放しながら前に出る。照ノ富士、右を差すが土俵際。玉鷲、押す。照ノ富士、土俵下の稀勢の里の上に落ちる。
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 43
〔殊勲インタビューを受ける玉鷲〕
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 75 玉鷲殊勲インタビュー


(3) 御嶽海戦 ●掬い投げ 7.5秒
 御嶽海、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たり、両者、突き放し合う。玉鷲、突っ張る。御嶽海、下からあてがい、押して前に出る。玉鷲、俵に足が掛かるが、右押っ付け、左喉輪で前に出る。御嶽海、土俵際両差しになり、体を入れ替えるように左から掬う。玉鷲、体が伸びて土俵に裏返る。
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 40-2
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 45-2

(4) 琴奨菊戦 ●寄り切り 9.9秒
 玉鷲、先に左手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと両手をつきく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。玉鷲、右喉輪で相手を起こす。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左を差して前に出る。玉鷲、土俵際、右小手で振る。琴奨菊、振られるが堪え、右もねじ込んで寄る。玉鷲、俵に両足を掛けて堪える。琴奨菊、両差しでがぶり続ける。玉鷲、ついに俵を割る。
20170517 04 315 琴奨菊 寄り切り 玉鷲 37-2

(5) 嘉風戦 ○押し出し 4.0秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から低く当たる。玉鷲、力強く突っ張る。嘉風、上体が起き、土俵際で叩く。玉鷲、そのまま押す。嘉風、土俵下に飛び落ちる。
20170518 05 314 玉鷲 押し出し 嘉風 40

(6) 高安戦 ○押し出し 2.9秒
 高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。高安、両肘を固める。玉鷲、左手を出して頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げる。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げ、突き放しながら一気に前に出る。高安、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170519 06 315 玉鷲 押し出し 高安 40

(7) 千代の国戦 ○叩き込み 9.5秒
 千代の国、先に手をつく。玉鷲、時をおき、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、突き放そうとする。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げる。千代の国、仰け反るが堪え、突き放す。玉鷲、突き返し、頭で当たって突き放して相手を下がらせる。千代の国、土俵際で突っ張る。玉鷲、突っ張りで応戦し、機を見て叩く。千代の国、土俵に両手をつく。
20170520 07 316 玉鷲 叩き込み 千代の国 40

(中) 隠岐の海戦 ○押し出し 1.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつこうとする。隠岐の海、ふわっと突っ掛ける。2度目、隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッと動かす。両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて当たる。玉鷲、頭から踏み込み、両手で押しながら一気に前に出る。隠岐の海、土俵下に落ちる。
20170521 08 315 玉鷲 押し出し 隠岐の海 40

(9) 日馬富士戦 ●寄り切り 4.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。玉鷲、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く当たり、左廻しに手を掛ける。玉鷲、押す。日馬富士、左膝が土俵につきそうな低い体勢になるが堪え、叩きながら右に回る。玉鷲、前のめりになり、土俵際向き直る。日馬富士、そこを突き上げ、両下手を取って寄る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。両者、土俵下に落ちる。勝負後、日馬富士、右足を痛そうにする。親指を痛めたよう。
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 15 日馬富士の低い体勢
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40

(10) 遠藤戦 ○小手投げ 4.9秒
 遠藤、先に手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。遠藤、左を差す。玉鷲、右で押っ付け、左喉輪で押し上げて相手を起こし、少し叩く。遠藤、再び左を差し、右前廻しを取る。玉鷲、すぐに右小手投げで振る。遠藤、左肘が極まりかけ、堪らず俵を割る。勝負後、遠藤、やや左肘を気にする。
20170523 10 316 玉鷲 小手投げ 遠藤 30

(11) 稀勢の里戦 □不戦勝 
 稀勢の里、「左上腕二頭筋損傷」のため、休場。
20170524 11 321 稀勢の里休場
〔玉鷲、勝ち越しインタビュー〕
20170524 11 321 玉鷲勝ち越しインタビュー

(12) 大栄翔戦 ○掬い投げ 7.4秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭で当たる。両者、突っ張り合う。大栄翔、下から突っ張って前に出、左で相手の右脇を押し上げる。玉鷲、右で首を抱えて密着し、左を差して体を開きながら左掬い投げ。大栄翔、前に飛び落ちる。
20170525 12 315 玉鷲 掬い投げ 大栄翔 37

(13) 白鵬戦 ●寄り倒し 13.2秒
 両者、見合う。玉鷲、先に左手をつく。白鵬、右手をつこうとする。玉鷲、ついていた手を戻す。白鵬、腰を上げ、仕切り直し。2度目、玉鷲、先に左手をつく。白鵬、手をつかずに腰を上げ、仕切り直し。3度目、玉鷲、左手をつく。白鵬、すぐに右、左と手をつく。玉鷲、素早く立って左手を出す。白鵬、右手を出し、左にサッと開いて左から突く。玉鷲、前に泳ぐが、左足を俵に掛けながら向き直る。白鵬、右を差す。玉鷲、すぐに左を巻き替える。白鵬、両手で顎を押し上げる。玉鷲、堪えて右へ回って中に戻る。白鵬、左喉輪で押し上げる。玉鷲、喉輪を外し、右で押っ付ける。白鵬、右を差す。玉鷲、左で首を巻く。白鵬、素早く左上手を取る。玉鷲、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず、右下手を取る。白鵬、左上手を持ってじりじり前に出、左上手を引きつけて寄り立てる。玉鷲、深い左上手も取り、両廻しを持ちながら俵に両足を掛けて堪える。白鵬、腰を下ろし、右差し手を突きつけて体を預ける。玉鷲、俵の外に倒れ、白鵬、その上に乗る。
20170526 13 320 白鵬 寄り倒し 玉鷲 38

(14) 栃ノ心戦 ●叩き込み 0.8秒
 両者、腰を下ろして見合うが手をつかず。栃ノ心、腰を上げ、仕切り直し。2度目、栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、手をサッと動かして立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、叩きながら右に変わる。玉鷲、土俵に手をつく。
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 40
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 45

(楽) 豪栄道戦 ○叩き込み 2.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者見合う。豪栄道、立とうと動き、玉鷲、素早く立つが、呼吸が合わず、行司 式守勘太夫が止める。2度目、豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者、合わせて立つ。豪栄道、左から張る。玉鷲、踏み込んで両手突きで起こし、叩きながら下がる。豪栄道、土俵に落ちて転がる。
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 40
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 50

《2017年夏場所取組内容・目次へ》