高安 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たかやす

再び関脇に上がった先場所は、12勝3敗の成績だった。→先場所の取組内容
小結だった先々場所の11勝と合わせると、「三役の地位での連続3場所の合計が33勝以上」という大関昇進への目安に、あと10勝となる。そのため夏場所は、大関とりの場所に。高安が大関昇進を懸けるのは、昨年11月場所以来、2度目。
番付発表時の会見では、「全勝したい」「次は自分が優勝したい」と意欲を燃やす。(→会見の様子
稽古総見では、横綱日馬富士と稽古。(→日馬富士との稽古)ぶつかり稽古では、横綱白鵬の胸を借りる。 →大関とり挑む関脇高安“横綱パワー”吸収(デイリースポーツ記事) 記事が表示されない場合は→こちら→稽古総見後高安コメント
同部屋の兄弟子 横綱 稀勢の里が、怪我の影響で十分稽古できないこともあり、時津風部屋や阿武松部屋に積極的に出稽古に行って横綱鶴竜らと稽古し、二所ノ関一門連合稽古では白鵬とも稽古した。(→白鵬との稽古後コメント
迎えた今場所、場所入りの際は、菖蒲柄の着物を身につけ、勝負に懸ける気持ちを高める。(→高安の場所入り
初日は、大栄翔を叩き込んで白星発進。
二日目は角番大関の豪栄道を突き出して完勝。三日目は関脇の琴奨菊を叩き込んで3連勝。
四日目は、初日に横綱鶴竜を撃破した小結御嶽海と対戦。土俵際に追い込まれるが、首投げで逆転。五日目は遠藤を寄り切って5連勝。
六日目、関脇玉鷲に押し出されて初黒星。
連敗せず、七日目から3連勝し、九日目に勝ち越しを決める。
十日目、勝ちっ放しの横綱白鵬に寄り倒されて2敗目。
連敗せず、また白星を連ね、十二日目に10勝目。大関昇進の目安に到達。(→支度部屋でのコメント
十三日目、横綱日馬富士を叩き込んで11勝目。観戦に来ていた両親も喜ぶ。横綱を破ったこと、目安より更に星を積み上げたことで、昇進ムードが一気に高まる。(→支度部屋でのコメント
十四日目、正代戦では、引き、更に呼び込むような上手投げに行き、乗じて寄り倒される。
千秋楽、土俵に上がる前に、高安の大関昇進を諮る理事会の開催が八角理事長に要請され、理事長も了承したことで、事実上昇進が決まる。取組では、大関照ノ富士に肘を極めながらの小手投げで敗れて連敗。11勝4敗で今場所を終え、技能賞を受賞。
場所後は、大関昇進に向けて大きく注目される。(→千秋楽翌日会見の様子→昇進前日の様子
大関昇進伝達式では、「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と述べ、正式に大関高安が誕生。(→伝達式口上→鯛を持ち上げる→稀勢の里と握手→伝達式後会見でのコメント



(初) 大栄翔戦 ○叩き込み 4.3秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手を出して頭から当たる。高安、両肘を固めてかち上げ気味に当たり、突っ張る。大栄翔、仰け反りながらあてがって堪える。高安、右から突いて相手を崩し、叩く。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170514 01 314 高安 叩き込み 大栄翔 35

(2) 豪栄道戦 ○突き出し 3.6秒
 豪栄道、右手をつく。高安、すぐに右手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から低く踏み込む。高安、当たりで相手をはじき起こす。豪栄道、上体が完全に起きる。高安、突っ張りながら前に出る。豪栄道、相手の手を叩きながら左へ回ろうとするが土俵際。高安、逃さず突っ張りながら前に出る。豪栄道、俵の外に出る。
20170515 02 317 高安 突き出し 豪栄道 40

(3) 琴奨菊戦 ○叩き込み 3.6秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立ち、両肘を固めて胸で強く当たり合う。琴奨菊、相手の当たりに弾かれて上体が起きる。高安、突っ張りながら前に出る。琴奨菊、左足を俵に掛けて堪える。高安、叩きながら左へ回る。琴奨菊、土俵に落ちる。
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 10
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 15 激しく突っ張る高安
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 40

(4) 御嶽海戦 ○首投げ 7.3秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとつく。高安、両肘を固めて踏み込む。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込み、相手の当たりに下がらず。高安、右喉輪で押し上げる。御嶽海、下がらず相手の喉輪を外し、押しながら前に出る。高安、上体が起きて土俵際。御嶽海、右押っ付けで押し上げ、左を差して寄る。高安、俵に足を掛けながら左首投げ。御嶽海、土俵に裏返り、高安、その上に乗る。
20170517 04 314 高安 首投げ 御嶽海 38

(5) 遠藤戦 ○寄り切り 9.8秒
 高安、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、頭から踏み込む。高安、両肘を固め、右肩から力強く当たる。遠藤、下から押し上げて下がらず。高安、右を差す。遠藤、下がりながら左を巻き替えて差し、右で押っ付けながら右に回る。高安、乗じて左差しで前に出、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左下手を取る。高安、右押っ付けで押し上げながら前に出る。遠藤、上体が起き、ややあっさり俵を割る。
20170518 05 315 高安 寄り切り 遠藤 40

(6) 玉鷲戦 ●押し出し 2.9秒
 高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。高安、両肘を固める。玉鷲、左手を出して頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げる。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げ、突き放しながら一気に前に出る。高安、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170519 06 315 玉鷲 押し出し 高安 40

(7) 千代翔馬戦 ○突き落し 2.5秒
 高安、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。高安、両肘を固めて力強く当たる。千代翔馬、左下手に手を伸ばすが取れず。高安、突っ張り、右に開いて右で突く。千代翔馬、土俵に手をつき、両足が宙を舞って土俵に転がる。
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 37
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 42

(中) 嘉風戦 ○叩き込み 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと両手をつき、両肘を固めて踏み込む。嘉風、頭から当たる。高安、左かち上げ気味に相手を起こし、顎に向かって突き放し、叩く。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20170521 08 316 高安 叩き込み 嘉風 40

(9) 千代の国戦 ○上手投げ 14.5秒
 千代の国、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から当たる。高安、右肘でかち上げる。両者、突っ張り合い。千代の国、突き勝って前に出、右喉輪で突き上げ、少し引く。両者、体が離れる。千代の国、右喉輪で押し上げる。高安、左を差す。千代の国、右上手に手を掛ける。高安、相手の上手を切って深い左下手を取り、右上手も取って前に出る。千代の国、右押っ付けで相手の下手を切る。高安、右上手投げを下に打つ。千代の国、土俵に落ちる。
20170522 09 316 高安 上手投げ 千代の国 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 高安〕
20170522 09 316 高安 上手投げ 千代の国 75 勝ち越しインタビュー 10

(10) 白鵬戦 ●寄り倒し 25.5秒
 高安、先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。高安、素早く立つ。白鵬、右から張って、右へ踏み出す。高安、向き直る。白鵬、右を差し、左上手を探るが取れず、右下手を取る。高安、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取り、何度も左手を伸ばしながら前に出る。白鵬、左上手を取り、両廻しを持って前に出る。高安、左上手を取って両廻しになる。白鵬、腰を下ろして相手の廻しを切る。高安、土俵際、右から掬って中に戻る。白鵬、左上手を持って頭をつける。高安、右を差した右半身の体勢、左で相手の右手首を掴む。白鵬、機を見て右筈で押し上げ、左上手を持って一気に前に出る。高安、土俵際で左で頭を叩く。白鵬、そのまま相手に体を預ける。高安を下にして、両者、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 40

(11) 栃煌山戦 ○叩き込み 4.0秒
 高安、先に右手をつく。栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方でサッと両手をついて立ち、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて当たり、突き放して前に出る。栃煌山、あてがうが土俵際。高安、叩きながら左に開く。栃煌山、前に泳いで土俵に倒れる。
20170524 11 317 高安 叩き込み 栃煌山 35

(12) 宝富士戦 ○上手投げ 4.7秒
 宝富士、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って両手を出す。宝富士、両手突きを受けて上体が起きるが、左を差す。高安、深い右上手を取り、すぐに呼び込むように右へ下がり、土俵際で上手投げ。宝富士、俵の外に倒れ、その後、高安、土俵下に落ちる。
20170525 12 314 高安 上手投げ 宝富士 40

(13) 日馬富士戦 ○叩き込み 8.9秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。高安、素早く立って踏み込み、左を差そうとする。日馬富士、頭から低く当たり、右で押っ付ける。高安、右上手を取って右へ回る。日馬富士、堪えて左下手を取り、サッと体を開いて下手投げを打ち、下手を離す。高安、前に泳ぎ、土俵際向き直る。日馬富士、そこを押し上げる。高安、俵に足を掛けて堪える。日馬富士、頭を下げて当たろうとする。高安、そこを叩く。日馬富士、前につんのめって土俵に手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 40-1
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 50-1
〔喜ぶ高安の両親〕
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 02
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 15
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 20
〔殊勲インタビューを受ける 高安〕
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 75 インタビュー 01

(14) 正代戦 ●寄り倒し 5.8秒
 正代、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、肘を固めて胸で当たり合う。高安、当たり勝ち、突き放す。正代、下からあてがって左へ回る。高安、叩きながら引く。正代、落ちずに突き放す。高安、右上手を取り、呼び込むように下がり、土俵際上手投げに行く。正代、左差し手を突きつける。高安、先に左手をついて土俵に落ち、両者、土俵下に転がり落ちる。
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 35
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 40

(楽) 照ノ富士戦 ●小手投げ 13.7秒
 高安、先に右手をつく。照ノ富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、頭を下げて左肘を固める。照ノ富士、踏み込んで当たり、左上手前廻しを探る。高安、左を差そうとするがさせず、左で頭を叩きながら右へ回る。照ノ富士、向き直る。両者、突き放し合う。高安、両差しになろうとする。照ノ富士、頭をつけ、極めながら前に出る。高安、左差し手を抜く。照ノ富士、左で極めながら小手投げを打つ。高安、堪らず土俵に転がり、右肘を気にする。
20170528 15 319 照ノ富士 小手投げ 高安 35

〔高安、技能賞を受賞〕
20170528 15 351 技能賞 高安
20170528 15 900 千秋楽 12 三賞受賞者 @ニュース7

《2017年夏場所取組内容・目次へ》