豊山 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ゆたかやま

昨年3月、三段目付出しでデビューし、その場所三段目優勝(→三段目優勝インタビュー)。翌5月場所は幕下に昇進し、連続優勝(→幕下優勝インタビュー)。幕下を3場所で通過し、昨年11月に十両昇進(新十両会見→①→② →新十両紹介の様子)。十両を3場所で通過し、初土俵から7場所連続勝ち越しで、新入幕を果たす。
番付発表の日、四股名を本名の小柳(おやなぎ)から豊山に改名。同じ新潟県出身の先々代の時津風親方(元大関)、先代湊親方(元小結)も名乗った四股名を受け継ぐ。(新入幕会見 →シブ5時 Nスタ→①番付表を手に→②「笑う門には福来る」→③「教員の大変さを思い知らされ、違う道に進もうと思った」 →中継で新入幕の挨拶
稽古総見では幕内力士の申し合い稽古に参加。
時津風部屋に出稽古に来た大関照ノ富士、大関昇進を懸ける関脇高安、横綱白鵬らと稽古した。
前頭16枚目で迎えた今場所、初日は魁聖を寄り切って白星。
二日目、妙義龍に突き落とされて初黒星。
そこから黒星が連なり、まさかの8連敗で九日目に負け越しが決まる。「幕内の雰囲気にのまれているし、相撲内容も全部悪い。脇の甘さ、腰の高さ、当たった後の攻めの遅さが出ています」とコメント。(→七日目のコメント
十日目、石浦を1分10秒近い相撲の末 小手投げで倒し、ようやく2勝目を上げる。
十一日目、十両の大砂嵐と対戦。物言いがつくも、寄り倒しで敗れて9敗目。
そのまま3連敗し、11敗目。
十四日目、蒼国来を寄り切って3勝目。
千秋楽、十両の旭大星を寄り切って連勝。4勝11敗で今場所を終える。
負け越しは入門後初めて。



(初) 魁聖戦 ○寄り切り 8.0秒
 魁聖、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で左手をつき、右手をトンとつく。両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を下げて踏み込む。豊山、右手を出しながらやや左へ踏み出し、右喉輪で押し上げ、左上手を取る。魁聖、右差しで前に出、左ものぞかせて両差しになろうとする。豊山、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、右から掬って上手を切ろうとする。豊山、左上手を離さず、右筈で相手の胸を押し上げながら低い体勢で寄り切る。
20170514 01 301 豊山 寄り切り 魁聖 45
〔新入幕初白星インタビューを受ける豊山〕
20170514 01 301 豊山 寄り切り 魁聖 75 新入幕初白星 05

(2) 妙義龍戦 ●突き落し 6.9秒
 妙義龍、先に右手をつく。豊山、仕切り線少し後方でサッと手をつく。その直前、妙義龍、素早く立ち、やや左へぴょんと飛び、頭から当たる。豊山、左肘を固めて当たり、突っ張る。妙義龍、下からあてがって下がらず、相手の手を叩きながら引き、右から突く。豊山、俵の外に飛び出す。
20170515 02 301 妙義龍 突き落とし 豊山 35
20170515 02 301 妙義龍 突き落とし 豊山 40

(3) 千代大龍戦 ●押し出し 3.5秒
 豊山、仕切り線後方で先に左手をつく。千代大龍、一旦手をつこうとして止め、サッと手をついて立つ。両者、胸で当たる。千代大龍、当たりで相手をはじき起こし、押しながらどんどん前に出る。豊山、上体が起きて土俵下に落ちる。
20170516 03 302 千代大龍 押し出し 豊山 40

(4) 阿武咲戦 ●渡し込み 15.7秒
 阿武咲、先に手をつく。豊山、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、阿武咲、素早く立ち、右手で相手の肩を押さえながら左へ踏み出し、押し上げる。豊山、左を差そうとする。阿武咲、右押っ付けで前に出る。豊山、右で押っ付け、叩きながら少し下がる。阿武咲、乗じて前に出、両差しになる。豊山、左小手投げで振る。阿武咲、右差し手を突きつけて前に出る。豊山、向き直って中に戻り、右押っ付けで押し上げる。阿武咲、両差しで前に出る。豊山、再び左小手で振る。阿武咲、左手で相手の右足を渡し込みながら右差し手を突きつける。豊山、俵の外に背中から落ち、阿武咲、その上に乗る。
20170517 04 301 阿武咲 渡し込み 豊山 35

(5) 大翔丸戦 ●押し出し 6.1秒
 豊山、仕切り線後方で先に左手をつく。大翔丸、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、やや右にずれながら頭で当たり、押し上げる。豊山、突き放すが前に出られず。大翔丸、押し上げながら前に出る。豊山、上体が起きて土俵下に落ち、客席に倒れ込む。
20170518 05 302 大翔丸 押し出し 豊山 40

(6) 佐田の海戦 ●寄り切り 8.6秒
 佐田の海、先に右手をつく。豊山、左手をつく。佐田の海、突っ掛ける。2度目、佐田の海、先に右手をつく。豊山、仕切り線後方で手をつく。その直前、佐田の海、素早く立って踏み込む。豊山、押し上げる。佐田の海、左を差して左下手を取る。豊山、右で差し手を抱えて前に出る。佐田の海、土俵際堪え、右上手を取って前に出る。豊山、上体が起きて俵を割る。
20170519 06 301 佐田の海 寄り切り 豊山 37

(7) 豊響戦 ●押し出し 4.5秒
 豊響、仕切り線少し後方で先に手をつく。豊山、サッと両手をつく。豊響、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。豊山、左で押っ付けで押し上げ、左を差す。豊響、押しながら前に出る。豊山、土俵際、左から突くが、その際左足が俵の外に出る。その後、豊響、土俵下に飛び落ちる。
20170520 07 303 豊響 押し出し 豊山 40

(中) 琴勇輝戦 ●肩透かし 7.8秒
 豊山、仕切り線後方で先に手をつく。琴勇輝、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、頭から踏み込み、両手を出して当たる。豊山、右肘を固めて当たる。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。豊山、下からあてがうが土俵際。琴勇輝、叩きながら右へ回る。豊山、乗じて前に出、押す。琴勇輝、突き上げ、右をのぞかせ、肩透かしを引きながら土俵際を右へ回る。豊山、土俵に這い、琴勇輝、右足一本で残す。
20170521 08 302 琴勇輝 肩透かし 豊山 35
20170521 08 302 琴勇輝 肩透かし 豊山 42-2

(9) 徳勝龍戦 ●寄り切り 20.6秒
 豊山、仕切り線後方で先に左手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。徳勝龍、右で顎を押し上げる。豊山、右喉輪で押す。徳勝龍、右で相手の左腕を引っ張り込み、自分得意の左四つに組む。豊山、左を差し、差し手を返して前に出る。徳勝龍、左をのぞかせ、右上手を探るが取れず。豊山、左下手を探るが取れず。徳勝龍、右で差し手を抱えながら前に出る。豊山、俵に詰まる。徳勝龍、左から掬って振り、前に出ながら上手を探る。豊山、右小手で振り、左差し手を返して右を巻き替えようとするがならず、土俵際を左へ回る。徳勝龍、前に出る。豊山、土俵際、右から振り、更に左から掬う。徳勝龍、どんどん前に出る。豊山、俵伝いに左へ回り、左掬い投げに行く。徳勝龍、体勢を崩す。豊山、相手が落ちる前に俵の外に出る。
20170522 09 303 徳勝龍 寄り切り 豊山 40

(10) 石浦戦 ○小手投げ 68.8秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。豊山、仕切り線少し後方でサッと両手をつき、素早く立って右肘を固める。石浦、右手を出し、頭を下げて左肘を固める。豊山、右でかち上げ気味に当たり、左へ回る。石浦、左下手を取って一気に前に出、右筈で押し上げる。豊山、土俵際、左から突き、左を差す。石浦、相手の左脇から頭を出す体勢になり、両者、土俵中央に戻る。石浦、両前廻しを取り、じりじり前に出る。豊山、左で相手の首を抱え、右で差し手を抱えて覆いかぶさる体勢。両者、止まる(約17秒)。石浦、首を抜こうとするが抜けず。両者、再び止まる(約32秒)。豊山、外から抱えながら前に出る。石浦、土俵際、体を入れ替える。豊山、土俵際、右小手でぶん投げる。石浦、体が振られて土俵下に落ちる。
〔豊山が石浦の首を抱えた体勢で 両者が止まる〕
20170523 10 304 豊山 小手投げ 石浦 20 豊山の顔
〔豊山の小手投げ〕
20170523 10 304 豊山 小手投げ 石浦 35
20170523 10 304 豊山 小手投げ 石浦 37
20170523 10 304 豊山 小手投げ 石浦 40
20170523 10 304 豊山 小手投げ 石浦 45

(11) 大砂嵐戦 ●寄り倒し 14.2秒
 大砂嵐、先に手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、大砂嵐、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、やや左へ踏み出し、右喉輪で押し上げる。大砂嵐、左で喉輪にあてがい、右を差そうとする。豊山、両手で相手の右腕を抱えて左に回り、右をねじ込む。大砂嵐、左で押っ付けながら前に出、左上手を取る。豊山、左上手、右下手を取る。両者、右四つがっぷりに。両者、廻しを引きつける。大砂嵐、左上手投げで振って寄る。豊山、俵に両足を掛けながら右へうっちゃろうとする。大砂嵐、体を預ける。豊山を下にして、両者、土俵下に落ちる。式守錦太夫、軍配を大砂嵐に上げる。「物言い」がつくが、二所ノ関審判長は「豊山の足が先に出ていた」と説明、「軍配通り」大砂嵐の勝ちとなる。
20170524 11 301 大砂嵐 寄り倒し 豊山 40-2
〔説明する〕二所ノ関審判長
20170524 11 301 大砂嵐 寄り倒し 豊山 60 説明する二所ノ関審判長

(12) 荒鷲戦 ●寄り切り 14.6秒
 荒鷲、先に手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。荒鷲、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、右手を出して頭から当たる。荒鷲、左前廻しに手を伸ばす。豊山、右喉輪で押し上げる。荒鷲、両手で相手の喉輪を外し、左へ回る。豊山、突っ張りながら前に出る。荒鷲、土俵際左を差す。豊山、右で押っ付け、左で押す。荒鷲、両手で相手の左腕を手繰る。豊山、突き放す。荒鷲、土俵際、右から突いて右へ開く。豊山、向き直って突っ張り、叩きながら引く。荒鷲、乗じて突き放しながら前に出る。豊山、土俵際。荒鷲、両差しになって寄る。豊山、土俵下に落ちる。
20170525 12 303 荒鷲 寄り切り 豊山 40

(13) 松鳳山戦 ●寄り倒し 8.1秒
 豊山、仕切り線少し後方で先に手をつく。松鳳山、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右から張る。豊山、左肘を固めて当たる。松鳳山、突っ張り、右から張る。豊山、下からあてがう。松鳳山、左を差す。豊山、右で相手の差し手を抱え、左を差そうとするがならず、両手で相手の左腕を抱えて振ろうとする。松鳳山、その機に右下手を取り、両差しで前に出る。豊山、俵に両足を掛けながら左で突き落としに行く。松鳳山、右差し手を突きつけ、左で渡し込みに行きながら体を預ける。両者、ほぼ同時に俵の外に倒れるが、体勢的に松鳳山が有利とみられ、松鳳山の勝ち。
20170526 13 307 松鳳山 寄り倒し 豊山 37
20170526 13 307 松鳳山 寄り倒し 豊山 40

(14) 蒼国来戦 ○寄り切り 4.0秒
 豊山、仕切り線少し後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、両手を出し、その場で頭から当たる。蒼国来、左を差す。豊山、頭をつけて左を差し、右で差し手を抱えながら一気に前に出る。蒼国来、右足が俵の外に出る。
20170527 14 306 豊山 寄り切り 蒼国来 40

(楽) 旭大星戦 ○寄り切り 15.1秒
 旭大星、先に左手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。旭大星、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。旭大星、左上手前廻しに手を掛けるが取れず。両者、突き放し合う。旭大星、下から押し上げて前に出る。豊山、土俵際。旭大星、引いて体を離す。豊山、乗じて前に出、筈で押し上げる。旭大星、土俵際、右に回って右差し手を返す。豊山、ついて行きながら左上手を取る。旭大星、右足で内掛けに行く。豊山、構わず、左上手を持って寄り切る。
20170528 15 301 豊山 寄り切り 旭大星 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》