名古屋場所六日目・十両。(取組時間等)

名古屋場所六日目・十両について。
ただ一人勝ちっ放しの朝乃山は、琴恵光を上手投げで裏返し、初日から6連勝。
豊山は、天風を寄り切って5勝目。天風は初日から6連敗。他の1敗力士3人が敗れ、1敗は豊山1人に。
新十両の翔猿は、北太樹との50秒近い相撲の末、蹴返しで勝利。3勝3敗と五分に。
初日から5連敗の里山は、千代鳳との40秒を超える相撲の末、とったりで勝ち、初白星。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 北太樹 4勝2敗 蹴返し ○ 翔猿 3勝3敗 (48.4秒)
 翔猿、やや右にずれて当たり、右に回る。北太樹、叩いて捕まえようとする。翔猿、右差しで頭をつけ、左から絞って相手に差させず、左上手を探る。北太樹、両手で相手の右腕を抱え上げ、右に回る。翔猿、右下手を持ってついて行き、再び頭をつける。両者、やや膠着状態。翔猿、機を見て右足で相手の右足を蹴り、体を開いて相手を落とす。
20170714 06 201 翔猿 蹴返し 北太樹 35

○ 力真 3勝3敗 上手投げ ● 照強 2勝4敗 (4.6秒)
 照強、低く当たる。力真、右を差し、機を見て叩きながら左へ回り、土俵際で肩越しの左上手を取って上手投げ。
20170714 06 202 力真 上手投げ 照強 35

● 千代鳳 2勝4敗 とったり ○ 里山 1勝5敗 (41.1秒)
 里山、中に入ろうとする。千代鳳、低い体勢で押して入れず。両者、頭をつけて押し合う展開。里山、機を見て相手の左腕を手繰ってとったり。千代鳳、前に泳いで土俵に落ちる。
20170714 06 203 里山 とったり 千代鳳 35
20170714 06 203 里山 とったり 千代鳳 40

● 阿炎 4勝2敗 押し出し ○ 誉富士 4勝2敗 (43.0秒)
 阿炎、両手突きから突っ張る。誉富士、下からあてがって堪え、突っ張り返して前に出る。阿炎、土俵際回り込んで中に戻る。両者、頭をつけて押し合う形で止まる(約9秒間)。誉富士、押して前に出る。阿炎、叩きながら回り込んで中に戻る。両者、再び止まる(約14秒間)。阿炎、突き放して前に出、叩きながら左に回る。誉富士、乗じて前に出、俵に詰まった相手を押す。阿炎、相手の腕を手繰ろうとするが俵を割る。
〔止まる両者〕
20170714 06 204 誉富士 押し出し 阿炎 20 止まる両者
〔誉富士の押し出し〕
20170714 06 204 誉富士 押し出し 阿炎 40

○ 山口 4勝2敗 寄り倒し ● 明生 2勝4敗 (11.4秒)
 山口、右に変わろうとする。明生、左へ踏み出して相手の右腕を取る。山口、前に泳ぎ、土俵際向き直って左を差す。両者、左四つ両廻し。明生、相手の上手を切ろうとする。山口、上手を離さず、寄り倒す。
20170714 06 205 山口 寄り倒し 明生 35
20170714 06 205 山口 寄り倒し 明生 45

● 大砂嵐 3勝3敗 突き落とし ○ 剣翔 3勝3敗 (5.2秒)
 大砂嵐、右でかち上げる。剣翔、左上手に手を伸ばすが取れず。大砂嵐、両廻しを取って前に出る。剣翔、土俵際、左に回りながら左突き落としで逆転。
20170714 06 206 剣翔 突き落とし 大砂嵐 40

● 旭大星 3勝3敗 押し出し ○ 大奄美 4勝2敗 (9.7秒)
 旭大星、左にずれて当たる。両者、押し合う。旭大星、右上手を取る。大奄美、左差し手を返して相手の上手を切り、突き放して土俵外に出す。
20170714 06 207 大奄美 押し出し 旭大星 40

○ 竜電 4勝2敗 押し出し ● 青狼 1勝5敗 (2.6秒)
 竜電、押しながら前に出る。青狼、叩こうとするが、俵の外に出る。
20170714 06 208 竜電 押し出し 青狼 40

○ 豊山 5勝1敗 寄り切り ● 天風 0勝6敗 (4.3秒)
 天風、踏み込んで左を差そうとする。豊山、左差し手を返し、右で差し手で抱えながら前に出る。天風、上体が起きて俵を割る。
20170714 06 209 豊山 寄り切り 天風 40

● 琴恵光 3勝3敗 上手投げ ○ 朝乃山 6勝0敗 (8.3秒)
 朝乃山、踏み込んで左上手を取る。両者、右四つ両廻しを取って胸が合い、廻しの引きつけ合い。琴恵光、前に出る。朝乃山、土俵際、左上手投げで相手を裏返す。
20170714 06 210 朝乃山 上手投げ 琴恵光 35

○ 豊響 3勝3敗 寄り切り ● 千代皇 1勝5敗 (9.0秒)
 豊響、頭から踏み込む。千代皇、右にずれて当たる。豊響、押す。千代皇、土俵際右を差して右に回る。豊響、左上手を取って寄り立てる。千代皇、左上手を持って堪えるが、豊響、寄り切る。
20170714 06 211 豊響 寄り切り 千代皇 40

● 東龍 3勝3敗 寄り切り ○ 英乃海 2勝4敗 (10.3秒)
 両者、肘を固めて当たり合う。英乃海、すぐに左上手前廻しを取って前に出る。東龍、右下手、左上手を取るが土俵際。英乃海、右下手も取り、相手を浮かせながら寄る。東龍、堪える。英乃海、一呼吸後、伸びた左上手を引きつけながら寄り切る。
20170714 06 212 英乃海 寄り切り 東龍 40

● 魁聖 4勝2敗 送り出し ○ 妙義龍 4勝2敗 (2.2秒)
 妙義龍、頭から当たり、左上手を取って左に回りながら出し投げ。魁聖、後ろ向きに俵に詰まる。妙義龍、背中を押す。魁聖、俵の外に出る。
20170714 06 213 妙義龍 送り出し 魁聖 35

○ 安美錦 4勝2敗 上手出し投げ ● 旭秀鵬 2勝4敗 (1.2秒)
 安美錦、左に変わり、左上手を取って出し投げ。旭秀鵬、堪えられず土俵に落ちる。
20170714 06 214 安美錦 上手出し投げ 旭秀鵬 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:朝乃山、2位:翔猿、3位:里山

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》