2017年7月(名古屋)場所 幕内取組 各種データ順位

2017年7月(名古屋)場所 幕内全取り組みを対象に、各種データを順位化しました。
扱ったデータは「勝ち星数」、「同一決まり手勝利数」、「待った回数」、「物言い回数」、全取り組み時間のうちの「最長取組時間」、「最短取組時間」、及び「長取組平均時間」、「短取組平均時間」です。

■幕内優勝
 東横綱(1) 白鵬(39回目)  (14勝1敗)
20170723 15 321 賜杯拝戴 白鵬

■三賞
 殊勲賞:西関脇 御嶽海(2回目)(9勝6敗)
 敢闘賞:東前頭8枚目 碧山(2回目)(13勝2敗)
 技能賞:該当なし
〔トロフィーを持つ碧山と御嶽海〕
20170723 15 900 千秋楽 11 三賞 01-2 @ニュース7
〔殊勲賞インタビューを受ける御嶽海〕
20170723 15 316 御嶽海 押し出し 阿武咲 75 殊勲賞受賞 御嶽海 05
〔敢闘賞インタビューを受ける碧山〕
20170723 15 335 碧山殊勲インタビュー 05

■勝ち星数
 14勝 白鵬(優勝)
 13勝 碧山
 12勝 栃煌山
 11勝 日馬富士
 10勝 阿武咲、千代大龍、松鳳山

■最多同一決まり手勝利数(カッコ内は全勝利数に占めるその決まり手の割合)
 7回 嘉風 寄り切り(85.7%)

■待った回数
 5回 嘉風、千代翔馬、石浦
 4回 豪栄道、隠岐の海、千代大龍、豪風、錦木

■最多物言い回数
 3回 碧山

※以下の取り組み時間の順位はこのブログ独自に計測した取り組み時間を元にしています。

■最長取組時間
 123.5秒 栃ノ心-逸ノ城戦
20170718 10 312 栃ノ心 上手出し投げ 逸ノ城 20

■最短取組時間
 0.6秒 千代翔馬-蒼国来戦
20170723 15 308 蒼国来 叩き込み 千代翔馬 50

■長平均取組時間
1位 28.0秒 栃ノ心
2位 22.1秒 逸ノ城
3位 18.3秒 千代丸

■短平均取組時間
1位 3.95秒 阿武咲
2位 4.05秒 千代大龍
3位 4.37秒 琴奨菊

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》