日馬富士 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-はるまふじ

先場所は、11勝4敗の成績だった。→先場所の取組内容
6月は、大阪府堺市で伊勢ヶ濱部屋恒例の合宿を行った。
4横綱で熱田神宮奉納土俵入り。また、名古屋市瑞穂消防署で一日消防署長を務めた(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら)。
迎えた今場所、初日は対戦成績が拮抗している小結嘉風と対戦。いなされて後ろにつかれる体勢から、持ち前の身体能力で向き直るも、寄り切られて黒星発進。
二日目、過去5戦負けなしの正代に押し出されて連敗。正代は初金星を獲得。
三日目、初顔の貴景勝を寄り切り、今場所の初白星。
そこから白星を連ね、中日の琴奨菊戦では首投げでの勝利。首投げの決まり手で勝つのは2014年3月以来約3年ぶり。
中日まで6連勝。
九日目、初対戦の人気力士 宇良に、とったりで敗れて3敗目。宇良は初金星獲得。支度部屋で「ついていけなかった。年だな。そろそろ時代が変わる時かも」と弱気な発言。(→時事通信記事 記事が表示されない場合は→こちら
翌十日目、関脇玉鷲を寄り切って連敗回避。そこから白星を連ねる。
横綱白鵬が通算勝利数を1047とし、歴代1位の魁皇と並んだ十二日目、「こういう偉大な横綱と同じ時代にいることが励みになる。何百年に一人。尊敬している」と白鵬をたたえる。(→時事通信記事 記事が表示されない場合は→こちら
十三日目は、自身が幕内700勝を上げる。支度部屋では「(対戦してきた)相手に感謝したい。相手がいての相撲。一生懸命やることの積み重ね」と発言。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
十四日目には幕内701勝目を上げ、歴代7位の貴乃花に並び、「体がよく耐えて頑張ってくれてます。いつも支えてくれる人たちのおかげです。(角界の)先輩たちの名に恥じぬよう頑張りますよ」と発言。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
千秋楽、勝てば優勝の横綱白鵬と対戦。立合い変わり気味に上手を取られ、そこから1分10秒近い相撲の末に寄り倒しで敗れる。連敗スタートだった今場所について「先が見えず、いろいろと考えさせられた。気持ち的に疲れた」「本当に一日一日、一生懸命だった。やれるだけやってみたいと。今は休みたい」と発言。(→時事通信記事 記事が表示されない場合は→こちら
今場所は、11勝4敗の成績で終える。11勝4敗は2場所連続。



(初) 嘉風戦 ●寄り切り 16.2秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線かなり後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込もうとする。日馬富士、左で相手の肩を押さえながら頭で当たり、突き放す。嘉風、頭を下げて中に入る機をうかがう。日馬富士、左で張り、右肘でかち上げ、再び左で張り、右でかち上げる。嘉風、頭を上げず、左に開いていなす。日馬富士、つんのめりそうになる。嘉風、左で相手の後ろ縦褌をつかみ、相手を後ろから抱える。日馬富士、右足で相手の右足をちょん掛けに行きながら向き直る。嘉風、左で再び後ろ縦褌を取る。日馬富士、右で頭を抱えて左で上手を取る。嘉風、右前廻しも取り、左にくるっと回ってから前に出、右差し手を返し、左で相手の右膝裏を持ち上げながら寄る。日馬富士、土俵下に落ちる。
〔日馬富士を後ろから抱える嘉風〕
20170709 01 320 嘉風 寄り切り 日馬富士 20 後ろから抱える
〔ちょんがけを見せながら向き直る日馬富士〕
20170709 01 320 嘉風 寄り切り 日馬富士 25 ちょんがけで向き直る
〔上手を取る日馬富士、回る嘉風〕
20170709 01 320 嘉風 寄り切り 日馬富士 30 日馬上手を取る嘉風回る
〔寄る嘉風〕
20170709 01 320 嘉風 寄り切り 日馬富士 37

(2) 正代戦 ●押し出し 4.1秒
 正代、先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、頭から低く踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たる。日馬富士、右前廻しに手を掛けるが取れず、前に出ながら左を差す。正代、左下手を取り、土俵際下手投げで相手を俵に追い詰める。日馬富士、右上手を取るが切れ、俵の上左足一本。正代、そこを押す。日馬富士、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170710 02 321 正代 押し出し 日馬富士 35

(3) 貴景勝戦 ○寄り切り 7.1秒
 貴景勝、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。貴景勝、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込み、突き放す。両者、体が離れる。日馬富士、左から張り、突き放し、再び左から張って左下手を取る。貴景勝、左から掬う。日馬富士、右上手を取って堪え、両廻しを引きつけて前に出る。貴景勝、上体が起きて俵を割る。
20170711 03 318 日馬富士 寄り切り 貴景勝 40

(4) 栃ノ心戦 ○上手出投 1.6秒
 栃ノ心、先に手をつく。日馬富士、両手をサッとつく。その直前、栃ノ心、素早く立ち、右肘を固める。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、すぐに左上手を取って左に開いて出し投げ。栃ノ心、体勢を崩して土俵に這う。
20170712 04 319 日馬富士 上手出し投げ 栃ノ心 40

(5) 北勝富士戦 ○掬い投げ 3.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、頭から踏み込む。北勝富士、やや左へ踏み出し、頭から当たる。日馬富士、低く当たり、押しながら一気に前に出る。北勝富士、俵に詰まる。日馬富士、右を差して掬う。北勝富士、体が裏返って土俵に転がる。
20170713 05 320 日馬富士 掬い投げ 北勝富士 40

(6) 勢戦 ○押し出し 2.3秒
 勢、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。勢、素早く立ち、右肩から踏み込みながら両差しを狙う。日馬富士、頭から踏み込んで当たり、左上手前廻しを狙う。勢、腰を引いて廻しを与えず、叩きながら引く。日馬富士、乗じて押しながら前に出る。勢、俵の外に出る。
20170714 06 320 勢 押し出し 日馬富士 40

(7) 琴奨菊戦 ○首投げ 8.7秒
 琴奨菊、仕切り線後方で左手をつく。日馬富士、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつく。琴奨菊、その直前、素早く立って頭から踏み込もうとする。日馬富士、左から張る。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込む。日馬富士、深い左下手を取り、下手投げで相手を土俵際にする。琴奨菊、左足を俵に掛けて残し、左差し手を返し、右で差し手を抱えながら前に出る。日馬富士、足が流れて体が伸びた低い体勢で俵に詰まるが、体勢を立て直し、右で首を巻いて体を入れ替えながらの首投げ。琴奨菊、右で相手の左足を持って堪えようとするが、俵の外に転がる。日馬富士、その上に乗る。
〔俵に詰まる日馬富士〕
20170715 07 318 日馬富士 首投げ 琴奨菊 30-1
〔日馬富士の首投げ〕
20170715 07 318 日馬富士 首投げ 琴奨菊 38

(中) 輝戦 ○下手出投 9.9秒
 輝、先に左手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、素早く立って右手を出す。日馬富士、頭から素早く踏み込んで当たり、左上手に手を伸ばす。輝、右喉輪で押し上げる。日馬富士、右で顔を押し上げ、左上手を探る。輝、突き放して前に出る。日馬富士、左から張って頭を下げる。輝、両手で突き放す。日馬富士、俵に詰まるが、頭から当たり、左上手前廻しを探る。輝、腰を引いて廻しを与えず。日馬富士、顔に向かって突っ張る。輝、両手で押し上げようとする。日馬富士、土俵際、ようやく左上手を取り、左に回りながら出し投げ。輝、上体を起こして向き直る。日馬富士、左で後ろ縦褌を取って左に回りながら出し投げ。輝、土俵中央に転がる。
20170716 08 319 日馬富士 下手出し投げ 輝 35
20170716 08 319 日馬富士 下手出し投げ 輝 42

(9) 宇良戦 ●とったり 2.9秒
 宇良、仕切り線後方で先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。宇良、素早く立ち、頭を下げる。日馬富士、頭から踏み込む。宇良、低く当たり、両手で相手の右腕を取って左へ回り、土俵際体を開いてとったり。日馬富士、土俵に落ちる。
20170717 09 318 宇良 とったり 日馬富士 35
20170717 09 318 宇良 とったり 日馬富士 42

(10) 玉鷲戦 ○寄り切り 7.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。玉鷲、頭から踏み込もうとする。日馬富士、左から張り、左上手を取る。玉鷲、右喉輪で押し上げるが廻しを切れず、左で押っ付け、右で相手の左腕を抱える。日馬富士、両下手を引きつけて前に出る。玉鷲、左足が俵に掛かり、機を見て体を開き、右小手投げに行く。日馬富士、堪えて両下手を引きつけて前に出る。玉鷲、右足が俵の外に滑り出る。日馬富士、気づかず、手前に下手出し投げ。玉鷲、土俵に這う。
〔足が俵の外に滑り出る玉鷲〕
20170718 10 319 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40
〔勝負がついたことに気づかず出し投げを打つ日馬富士〕
20170718 10 319 日馬富士 寄り切り 玉鷲 45

(11) 千代翔馬戦 ○とったり 3.2秒
 両者、手をサッとつき、ほぼ同時に頭から踏み込む。日馬富士、低く当たる。千代翔馬、叩きながら左へ回る。日馬富士、落ちずについて行き、押し上げる。千代翔馬、右足を俵に掛けながら右を差す。日馬富士、相手の左腕を両手で抱えて体を開き、とったり。千代翔馬、土俵に転がる。
20170719 11 318 日馬富士 とったり 千代翔馬 35

(12) 御嶽海戦 ○寄り切り 3.8秒
 御嶽海、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、頭から低く踏み込んで当たり、右喉輪で押し上げ、左上手を取る。御嶽海、右下手を取る。日馬富士、左上手を持って右に回り、相手を土俵際にして寄る。御嶽海、俵を割る。
20170720 12 319 日馬富士 寄り切り 御嶽海 40
〔土俵から落とさないよう相手を押さえる日馬富士〕
20170720 12 319 日馬富士 寄り切り 御嶽海 52 喉掴み 02

(13) 豪栄道戦 ○押し出し 2.5秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪栄道、素早く立って頭を下げる。日馬富士、頭から踏み込む。豪栄道、右を差す。日馬富士、右前廻しを探る。豪栄道、叩きながら引いて廻しを切るが土俵際。日馬富士、突き放す。豪栄道、上体が起きて俵を割る。
20170721 13 318 豪栄道 押し出し 日馬富士 40

(14) 高安戦 ○とったり 3.4秒
 高安、先に右手をつく。日馬富士、両手をサッとつく。高安、左肘を固めて踏み込もうとする。日馬富士、左手を出して鋭く踏み込む。高安、やや右に踏み出し、右上手を狙う。日馬富士、右に回って上手を与えず、右で相手の左腕を抱え、体を開いてとったりで振り回す。高安、右手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170722 14 320 日馬富士 とったり 高安 35
〔幕内勝利数が701となり、横綱貴乃花の記録に並ぶ〕
20170722 14 320 日馬富士 とったり 高安 75 日馬富士幕内勝ち星数7位

(楽) 白鵬戦 ●寄り倒し 69.9秒
 白鵬、右手をつく。日馬富士、すぐに手をつこうとする。白鵬、左手をサッとつき、右手で相手の額を押さえ、左に動いて左上手を取る。日馬富士、向き直って右下手を取る。白鵬、右下手を探る。日馬富士、腰を引いて下手を与えず、じわじわと下手を深くする。白鵬、相手の下手を切り、右下手を取る。日馬富士、切られた右下手を取り直し、左上手を取る。両者、右四つ両廻しで互いに腰を引いた体勢で止まる(約18秒間)。両者、廻しの引きつけ合い。白鵬、少し前に出る。日馬富士、堪える。両者、右四つ両廻し、白鵬が深い左上手を持ち、日馬富士がやや右半身で左前廻しを持つ体勢で止まる(約4秒間)。両者、廻しを引きつけ合う。またしばらく止まる(約26秒間)。白鵬、両廻しを引きつけて前に出る。日馬富士、土俵際。白鵬、右下手を深くし、左上手を引きつけて体を預ける。日馬富士、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。白鵬、俵の外に倒れる。
20170723 15 319 白鵬 寄り倒し 日馬富士 40
20170723 15 319 白鵬 寄り倒し 日馬富士 50-2

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》