高安 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-たかやす

先場所は、関脇で11勝4敗の成績を上げ、三役での連続3場所の合計勝ち星が34勝となり、場所後、大関に昇進。→先場所の取組内容
昇進後は、ボートレース場でのトークショーに出演したり(→トークショー画像)、地元茨城県土浦市役所を訪問したりした(→土浦市役所訪問)。
また、同じ茨城県出身で兄弟子の横綱稀勢の里の太刀持ちとして、茨城県水戸市の横綱常陸山像の前での土俵入りも務めた。大関が太刀持ちを務めるのは異例。(→常陸山像前土俵入り)
番付発表では、優勝への意欲を口にした。(→TBS→NHK
名古屋場所宿舎であるお寺での交流イベントでは稀勢の里とともに笑顔を見せた(→NHK→TBS )。
稽古では、春場所前以来、稀勢の里と久々に稽古。また、二所ノ関一門連合稽古では、琴奨菊、北勝富士らと稽古した。(→NHK NW9での高安特集→舞の海さん高安への期待→デーモン閣下高安への期待
新大関として迎えた今場所、初日は、初顔の北勝富士に押し倒されて黒星発進。(→支度部屋での表情
二日目勢を寄り切って初日を出す。(支度部屋でのコメント →NHK →TBS
そこから白星を連ね、小結琴奨菊、新関脇御嶽海らを倒して7連勝。(→芝田山親方、高安について
九日目、小結嘉風に寄り切られて2敗目。
十日目、宇良と初対戦。自ら俵まで下がり、助走をつけてぶつかってくる相手をしっかり受け止める。足を取られるも、首投げで倒して勝ち越しを決める。
十一日目、関脇玉鷲に押し出されて3敗目。
そこから黒星が連なり、栃煌山、横綱白鵬、横綱日馬富士に敗れて4連敗。
千秋楽、大関豪栄道を叩き込み、9勝6敗で今場所を終える。



(初) 北勝富士戦 ●押し倒し 9.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。高安、両手をサッとつき、踏み込む。北勝富士、頭から低く当たる。高安、両肘を固めてかち上げ気味に当たろうとするが、上体が高くすっぽ抜ける。北勝富士、右で押っ付け、左喉輪で押し上げ、再び頭で当たり、右に回る。高安、向き直って突き放そうとする。北勝富士、両差しになる。高安、右で小手に巻いて下がる。北勝富士、どんどん前に出る。高安、土俵際を右に回り、左で首を巻いて首投げに行く。北勝富士、落ちずに右で押す。高安、俵の外に倒れる。
〔首投げに行く高安〕
20170709 01 315 北勝富士 押し倒し 高安 35
〔北勝富士の押し倒し〕
20170709 01 315 北勝富士 押し倒し 高安 40

(2) 勢戦 ○寄り切り 3.5秒
 勢、右手をつく。高安、すぐに仕切り線後方でサッと両手をつき、両肘を固めて踏み込む。勢、頭から当たるが、相手の当たりに上体が起きる。高安、前に出ようとする。勢、右で小手に巻いて右へ回り、土俵際左で頭を叩く。高安、左差しで前に出る。勢、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。高安、俵の外に転がる。
20170710 02 316 高安 寄り切り 勢 40

(3) 琴奨菊戦 ○突き落し 4.9秒
 高安、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、両肘を固めて当たる。琴奨菊、左をねじ込む。高安、左を差す。琴奨菊、左差し手を返して前に出る。高安、右から突き、左で頭を押さえつけながら右に回る。琴奨菊、土俵に転がる。
20170711 03 317 高安 突き落とし 琴奨菊 40

(4) 御嶽海戦 ○突き出し 8.7秒
 御嶽海、先に手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込む。高安、両肘でかち上げる。御嶽海、仰け反るが堪え、右を差して右に回る。高安、右押っ付けついて行き、叩いて右に回る。御嶽海、向き直る。高安、突っ張り、叩いて左に開く。御嶽海、前のめりになるが向き直る。高安、突き放す。御嶽海、俵に詰まる。高安、相手の胸を突く。御嶽海、土俵下に飛び落ちる。
20170712 04 315 高安 突き出し 御嶽海 40

(5) 貴景勝戦 ○突き落し 3.0秒
 貴景勝、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から踏み込む。高安、両肘を固めてかち上げる。貴景勝、上体が起きる。高安、突っ張り、右に開いて右から突く。貴景勝、土俵に落ちる。
20170713 05 317 高安 突き落とし 貴景勝 37

(6) 栃ノ心戦 ○寄り切り 95.1秒
 栃ノ心、両手をつく。高安、すぐに仕切り線後方でサッと手をつき、両肘を固めて踏み込む。栃ノ心、両肘を固めて胸で当たる。両者、突き放し合う。栃ノ心、左を差し、右押っ付けから上手を取って絞り、左差し手を返す。高安、左を十分差せず、左下手前廻しを取り、左半身で上体が起きた体勢。栃ノ心、頭をつけて左前廻しも取る。高安、右で相手の左手首を掴む。両者、止まる(約5秒間)。栃ノ心、両前廻しを引きつけて前に出る。高安、右で頭を押さえながら左へ回って堪える。両者、止まる(約6秒間)。栃ノ心、両前廻しを持ったまま右足を飛ばして相手の左足を蹴る。高安、堪える。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出ようとする。高安、左に回り、左下手出し投げを打つ。栃ノ心、左下手が切れるが、再び取って頭をつける。高安、左下手を持って半身の体勢。両者、しばらく止まる(約24秒間)。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。高安、左に回って堪える。栃ノ心、左下手を離し、右上手出し投げを打つ。高安、堪え、土俵際、左下手出し投げを打ちながら右で叩き、正対して左を差し直し、やや深い左下手を取る。両者、左四つで胸が合い、栃ノ心が右上手、高安が左下手を持った体勢で止まる(約7秒間)。高安、左下手投げで振り回し、腰を引いて相手の上手を切る。栃ノ心、右を巻き替えて差す。高安、左上手を持って寄る。栃ノ心、上体が起きて俵を割る。
〔高安の下手投げ〕
20170714 06 317 高安 寄り切り 栃ノ心 30 高安の下手投げ
〔巻き替える栃ノ心〕
20170714 06 317 高安 寄り切り 栃ノ心 35 巻き替える栃ノ心
〔高安の寄り切り〕
20170714 06 317 高安 寄り切り 栃ノ心 40

(7) 正代戦 ○突き倒し 4.0秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、両肘を固めて胸から踏み込む。正代、胸で当たるが、相手の当たりに弾かれて少し下がる。高安、顎に向かって突っ張りながら前に出る。正代、下からあてがうが俵に詰まる。高安、突き放す。正代、俵の外に膝をつき、尻から土俵下に落ちる。
20170715 07 316 高安 突き倒し 正代 42

(中) 千代翔馬戦 ○寄り倒し 15.1秒
 高安、右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、頭から踏み込み、右上手を狙う。高安、右でかち上げて相手を起こす。千代翔馬、右上手は取れず、左下手を取る。高安、右で相手の左腕を極め気味に抱え、左下手を取り、右上手に手を伸ばす。千代翔馬、腰を捻って上手を与えず。両者、右上手に手を伸ばす。千代翔馬、右を巻き替えようとする。高安、乗じて一気に前に出る。千代翔馬、俵に詰まり、右から突き落とそうとするが、俵の外に倒れる。高安、その上に落ちる。
20170716 08 317 高安 寄り倒し 千代翔馬 40

(9) 嘉風戦 ●寄り切り 5.2秒
 嘉風、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げて相手を起こす。嘉風、左廻しを取る。高安、右で相手の左腕を抱えて振って下手を切る。嘉風、再び左下手を取り、右筈で押し上げながら寄る。高安、上体が起きて俵を割る。
20170717 09 316 嘉風 寄り切り 高安 40

(10) 宇良戦 ○首投げ 33.8秒
 宇良、仕切り線後方で右手をつく。高安、すぐに右手をつく。両者、左手をサッとついて立つ。宇良、頭を下げて踏み込む。高安、見ながら両手を出し、突き放す。宇良、下がって右足を俵に掛け、左に回って相手の右足を狙う。高安、見ながら突き放す。宇良、下がって右足を俵に掛ける。両者、見合う。高安、左から張ろうとする。宇良、頭を下げてかわし、踏み込んで当たり、押し上げる。高安、左で顔を押し上げる。宇良、体を離し、頭から当たる。高安、突き放し、右から張る。宇良、頭を下げ、相手の右足を取ろうとする。高安、右で相手の左腕を抱えて左に回る。宇良、左下手投げに行く。高安、右で差し手を抱えながら堪え、左を差そうとする。宇良、右から絞り、左差し手を抜き、両手で相手の左腕を手繰って右に回る。高安、土俵際になる。宇良、押し上げる。高安、動じず、押す。宇良、自ら大きく下がって右足を俵に掛け、そこから走り込んで相手にぶつかる。高安、当たる。宇良、下がって再び右足を俵に掛ける。高安、見ながらじりじり前に出る。両者、押して体を離す。宇良、踏み込んで相手の右足を取り、抱え上げて前に出る。高安、右で首を巻いて首投げに行き、右膝で相手の左足を跳ね上げる。宇良、土俵に裏返る。その後、高安、土俵に膝から落ちる。
〔自ら俵まで下がり、走り込んで高安にぶつかる宇良〕
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 20 下がって走り込む 01
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 20 下がって走り込む 02
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 20 下がって走り込む 05
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 20 下がって走り込む 07
〔高安の首投げ〕
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 37
20170718 10 317 高安 首投げ 宇良 40

(11) 玉鷲戦 ●押し出し 5.1秒
 高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。高安、右から張って左を差し、右前廻しを探る。玉鷲、廻しを与えないようにしながら下がって俵に詰まり、左を差し、右押っ付けで突きながら体を入れ替える。高安、土俵際向き直る。玉鷲、突き放す。高安、上体が起きて俵の外に出る。
20170719 11 316 玉鷲 押し出し 高安 35

(12) 栃煌山戦 ●送り出し 22.8秒
 高安、先に右手をつく。栃煌山、足をジリッとすり、手をサッとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。高安、胸から当たってかち上げ、突き放す。栃煌山、少し下がるが、張り手を交えて突き放しながら前に出る。高安、右から張る。栃煌山、押し上げ、右から張り、突き放し、更に右から張って両差しを狙う。高安、右から張る。栃煌山、右から張る。高安、両差しを狙う。栃煌山、左で押っ付け、右喉輪で突き放す。高安、胸で当たり、叩きながら左に回る。栃煌山、向き直って右から張り、前に出る。高安、左に開く。栃煌山、向き直る。高安、両手で突き放す。栃煌山、右喉輪、左筈で押しながら前に出る。高安、左足が俵に掛かる。栃煌山、叩きながら引く。高安、堪える。栃煌山、両差しになり、右で後ろ廻しを取る。高安、左で差し手を抱え、左上手に手を伸ばすが取れず。栃煌山、右下手を持って前に出、後ろについて送り出す。高安、土俵下に飛び落ちる。
〔栃煌山の張り手〕
20170720 12 317 栃煌山 送り出し 高安 15 栃煌山の張り手
〔栃煌山の送り出し〕
20170720 12 317 栃煌山 送り出し 高安 40

(13) 白鵬戦 ●押し倒し 18.4秒
 白鵬は仕切り線上で、高安は仕切り線後方で、両者、ほぼ同時に手をつく。白鵬、素早く立つ。高安、左肘を固める。白鵬、右に踏み出し、右から突く。高安、向き直る。白鵬、左喉輪で突き放し、左で肩を押し上げながら右で絞り、右に回る。高安、向き直る。白鵬、押し上げる。高安、相手の手を叩いて体を離す。白鵬、右押っ付けで押し上げながら前に出、土俵際の相手を左喉輪で押し上げる。高安、俵伝いに左に回りながら右で喉輪を外し、右を差して中に戻ろうとする。白鵬、叩きながら土俵際を左に回って中に戻る。高安、向き直る。両者、体が離れて見合う。白鵬、右押っ付けで前に出る。高安、俵に掛かった右足一本で傾く。白鵬、そのまま突く。高安、土俵に落ちる。
20170721 13 319 白鵬 押し倒し 高安 37

(14) 日馬富士戦 ●とったり 3.4秒
 高安、先に右手をつく。日馬富士、両手をサッとつく。高安、左肘を固めて踏み込もうとする。日馬富士、左手を出して鋭く踏み込む。高安、やや右に踏み出し、右上手を狙う。日馬富士、右に回って上手を与えず、右で相手の左腕を抱え、体を開いてとったりで振り回す。高安、右手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170722 14 320 日馬富士 とったり 高安 35

(楽) 豪栄道戦 ○叩き込み 3.4秒
 高安、先に右手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げて相手を起こし、突っ張る。豪栄道、相手の手を叩きながら左へ回る。高安、向き直って叩く。豪栄道、土俵に倒れる。
20170723 15 318 高安 叩き込み 豪栄道 40

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》