御嶽海 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-みたけうみ

小結連続2場所目だった先場所は、2横綱を撃破して8勝7敗と勝ち越し。初めて殊勲賞を受賞した→先場所の取組内容
高安が大関に昇進して関脇の座が空き、初めて関脇に昇進。長野県からの新関脇は、高登以来84年ぶり。(番付発表 →TBS →NHK
場所前は境川部屋に出稽古に行くなどした。また、滋賀県東近江市の小学校相撲大会に参加するなど、子どもたちと触れ合った。(→御嶽海トレーニングとインタビュー
迎えた今場所、初日は過去5戦全敗の 横綱稀勢の里と対戦。寄り切りで初めて勝ち、白星発進。
二日目は、同学年で中学生のころから対戦した北勝富士と。押し出して連勝。
三日目は豪栄道、四日目は高安と大関に連敗して星が五分に。
五日目、同じ関脇の玉鷲を押し出して3勝目。これで玉鷲戦は8戦全勝。
六日目は、過去3戦全敗だった 小結嘉風を寄り切って連勝。
七日目、初顔だが大学時代に一度対戦のある宇良に勝って3連勝。5勝2敗と白星先行。
八日目は初顔の貴景勝に押し倒されて3敗目。
九日目、小結琴奨菊を、立合い変化から叩き込んで連敗回避。
十日目、正代を下手出し投げで倒して連勝。7勝目と勝ち越しまであと一つとする。
十一日目、初日から10連勝中、勝てば通算勝利数が1位の1047に並ぶ横綱白鵬と対戦。寄り切りで勝って初黒星をつけるとともに、自身の勝ち越しを決める。
十二日目、横綱日馬富士に寄り切られて4敗目。そこから栃ノ心、栃煌山に敗れて3連敗。
千秋楽、勝てば敢闘賞受賞となる阿武咲と対戦。押し出しで勝って9勝6敗の成績で今場所を終える。
優勝した白鵬にただ一人黒星をつけ、殊勲賞を受賞。殊勲賞受賞は、二場所連続で2度目。
勝ち越しは、今年1月場所から4場所連続。



(初) 稀勢の里戦 ○寄り切り 7.1秒
 御嶽海、手をつく。稀勢の里、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。御嶽海、右肘を固めて低く当たる。稀勢の里、左を差そうとするが差せず。御嶽海、右を差し勝ち、両差しになって前に出る。稀勢の里、俵に詰まって上体が起きる。御嶽海、両差しで休まず圧力をかける。稀勢の里、堪え切れずに俵を割る。
20170709 01 319 御嶽海 寄り切り 稀勢の里 37
〔殊勲インタビューを受ける御嶽海〕
20170709 01 319 御嶽海 寄り切り 稀勢の里 75 御嶽海

(2) 北勝富士戦 ○押し出し 3.5秒
 御嶽海、手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。北勝富士、やや左へ踏み出して頭から当たる。御嶽海、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、左押っ付け、右喉輪で突き放そうとするが俵に詰まる。御嶽海、押す。北勝富士、俵の上右足一本になり、土俵下に飛び落ちる。
20170710 02 314 御嶽海 押し出し 北勝富士 35

(3) 豪栄道戦 ●押し出し 2.9秒
 御嶽海、先に右手をつく。豪栄道、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、両肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、両肘を固めて当たる。豪栄道、左を差そうとする。御嶽海、右を巻き替えて差す。豪栄道、頭をつけて左押っ付けで前に出る。御嶽海、引いて俵に詰まり、棒立ちになる。豪栄道、そこを押す。御嶽海、俵を割る。
20170711 03 315 豪栄道 押し出し 御嶽海 40

(4) 高安戦 ●突き出し 8.7秒
 御嶽海、先に手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込む。高安、両肘でかち上げる。御嶽海、仰け反るが堪え、右を差して右に回る。高安、右押っ付けついて行き、叩いて右に回る。御嶽海、向き直る。高安、突っ張り、叩いて左に開く。御嶽海、前のめりになるが向き直る。高安、突き放す。御嶽海、俵に詰まる。高安、相手の胸を突く。御嶽海、土俵下に飛び落ちる。
20170712 04 315 高安 突き出し 御嶽海 40

(5) 玉鷲戦 ○押し出し 5.7秒
 御嶽海、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、右手を出して頭から踏み込む。御嶽海、低く当たる。玉鷲、右喉輪で相手を起こし、突っ張る。御嶽海、下からあてがって下がらず。玉鷲、少し引く。御嶽海、乗じて前に出、突き放す。玉鷲、俵の外に出る。
20170713 05 315 御嶽海 押し出し 玉鷲 40

(6) 嘉風戦 ○寄り切り 11.4秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、右手をつく。嘉風、ふわっと突っ掛ける。2度目、嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、両手をついて突っ掛ける。3度目、嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出して頭から低く踏み込む。嘉風、頭から当たり、左上手を取って左に開く。御嶽海、右差しで向き直る。嘉風、左上手を持ち、右で叩きながら左へ回る。御嶽海、乗じて前に出る。嘉風、突っ張り、左を差そうとする。御嶽海、押し上げて差させず、下から両差しになる。嘉風、左を巻き替えて差し、左下手を取る。御嶽海、左差しで前に出、右上手を取って引きつけて寄る。嘉風、土俵際、腰を引いて上手を切ろうとするがならず、上体が起きて俵を割る。
20170714 06 314 御嶽海 寄り切り 嘉風 40

(7) 宇良戦 ○押し倒し 7.6秒
 宇良、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、右、左とサッと手をついて素早く立つ。宇良、頭を下げてやや左へ踏み出す。御嶽海、左肘を固めて当たり、左をのぞかせ、突き放す。宇良、押し上げながら前に出る。御嶽海、右から突いていなし、前に出る。宇良、少し泳ぎ、右足を俵に掛けて向き直り、左で相手の右太ももに手を掛ける。御嶽海、押す。宇良、土俵際を左へ回る。御嶽海、逃さずついて行く。宇良、しゃがむ体勢になる。御嶽海、そこを更に押す。宇良、俵の外に倒れる。
20170715 07 314 御嶽海 押し倒し 宇良 40
20170715 07 314 御嶽海 押し倒し 宇良 42

(中) 貴景勝戦 ●押し倒し 8.6秒
 御嶽海、先に右手をつく。貴景勝、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。御嶽海、上体を起こされる。貴景勝、突き放す。御嶽海、下から撥ね上げて前に出、右を差そうとする。貴景勝、左で押っ付けながら左へ回り、両手で突き放しながら前に出る。御嶽海、土俵際、右廻しを取る。貴景勝、右喉輪で押しながら前に出る。御嶽海、俵の上で右に開いて出し投げに行こうとするが、廻しが切れて俵の外に尻餅。
20170716 08 315 貴景勝 押し倒し 御嶽海 37

(9) 琴奨菊戦 ○叩き込み 0.7秒
 御嶽海、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で手をサッとつき、頭から踏み込む。御嶽海、その場で立ち、叩きながら右に変わる。琴奨菊、前に落ちて土俵に転がる。
20170717 09 314 御嶽海 叩き込み 琴奨菊 40

(10) 正代戦 ○下手出投 4.0秒
 御嶽海、先に手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘でかち上げる。御嶽海、少し下がり、頭をつけて左上手を取る。正代、左に回って左を差す。御嶽海、体を開き、下手になった左で出し投げ。正代、土俵に転がる。
20170718 10 315 御嶽海 寄り切り 正代 40

(11) 白鵬戦 ○寄り切り 4.8秒
 御嶽海、先に手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込もうとする。白鵬、右から張って左を差し、右上手を取る。御嶽海、右上手を取って右へ回り、相手を俵に追い詰める。白鵬、土俵際で右を差し、左外掛けで堪えようとする。御嶽海、右上手を持ち、左で押っ付けながら寄り立てる。白鵬、土俵下に落ちる。
20170719 11 319 御嶽海 寄り切り 白鵬 35
20170719 11 319 御嶽海 寄り切り 白鵬 40
〔殊勲インタビューを受ける御嶽海〕
20170719 11 319 御嶽海 寄り切り 白鵬 75 御嶽海 21カット

(12) 日馬富士戦 ●寄り切り 3.8秒
 御嶽海、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、頭から低く踏み込んで当たり、右喉輪で押し上げ、左上手を取る。御嶽海、右下手を取る。日馬富士、左上手を持って右に回り、相手を土俵際にして寄る。御嶽海、俵を割る。
20170720 12 319 日馬富士 寄り切り 御嶽海 40
〔土俵から落とさないよう相手を押さえる日馬富士〕
20170720 12 319 日馬富士 寄り切り 御嶽海 52 喉掴み 02

(13) 栃ノ心戦 ●寄り倒し 38.2秒
 両者、ほぼ同時に手をつく。栃ノ心、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて当たり、左を差そうとするが差せず。栃ノ心、右を差し、左で差し手を抱えながら右下手を探る。御嶽海、すぐに切る。栃ノ心、肩越しの左上手を取って捕まえる。御嶽海、右下手を取る。両者、少し止まる(約3秒間)。栃ノ心、左上手を引きつけ、右前廻しを探る。御嶽海、右下手を持って体勢を低くし、左から押っ付ける。栃ノ心、右差し手で相手を起こし、左上手投げで振る。御嶽海、左手で相手の右膝に内無双を切って左に回る。両者、右四つ、御嶽海が下手を持ってやや低い体勢、栃ノ心が左上手を持った体勢で止まる(約10秒間)。栃ノ心、右下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、左上手を取り、両廻しを持って堪えようとするが、土俵際腰が伸びる。栃ノ心、相手に体を預ける。御嶽海、後ろに傾いて倒れ、栃ノ心、その上に乗る。
20170721 13 316 栃ノ心 寄り倒し 御嶽海 40

(14) 栃煌山戦 ●寄り切り 17.6秒
 御嶽海、先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、両肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たる。御嶽海、左を差し込む。栃煌山、右上手に手を掛ける。御嶽海、左差し手を返して相手の上手を切る。栃煌山、差し手を抱えながら前に出る。御嶽海、差し手を返しながら堪え、中に戻ろうとする。栃煌山、右喉輪で押し上げ、右から張って両差しになる。御嶽海、引いて左下手を狙う。栃煌山、乗じて左差しで一気に前に出る。御嶽海、土俵際、右上手に手を伸ばすが取れず。栃煌山、右上手を取って左差し手を返し、前に出る。御嶽海、土俵際右上手に手を掛ける。栃煌山、腰を下ろして上手を与えず、左差し手を返しながら寄る。御嶽海、上体が起きて俵を割る。
20170722 14 318 栃煌山 寄り切り 御嶽海 37

(楽) 阿武咲戦 ○押し出し 3.0秒
 阿武咲、先に手をつく。御嶽海、腰を下ろし、両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手で相手の肩を押さえ、右喉輪で起こす。御嶽海、右喉輪で押し上げ、突き放しながら前に出る。阿武咲、上体が起き、土俵下に飛び落ちる。
20170723 15 316 御嶽海 押し出し 阿武咲 40
〔殊勲賞受賞インタビューを受ける御嶽海〕
20170723 15 316 御嶽海 押し出し 阿武咲 75 殊勲賞受賞 御嶽海 05

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》