輝 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-かがやき

前頭9枚目だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所後、横綱稀勢の里が富岡八幡宮で横綱力士刻名式に出席した際、土俵入りで露払いを務めた。(→富岡八幡宮奉納土俵入り
名古屋市熱田神宮奉納土俵入りでは、稀勢の里の太刀持ちを務めた。(→熱田神宮奉納土俵入り
自己最高位の前頭4枚目で迎えた今場所、初日は千代翔馬に叩き込まれて黒星発進。
二日目、同じ石川県出身で今場所から同じ金色の締め込みをつけた遠藤と対戦。(→石川県黄金廻し対決) 寄り切られて連敗。
三日目、人気力士の宇良と対戦。押し倒して初日を出す。
そこから白星黒星と交互に積み重なり、七日目を終えて3勝5敗。
中日、初めての結びで横綱日馬富士と対戦。下手出し投げで敗れる。
九日目、二日連続の結びで横綱白鵬と対戦。叩き込まれて連敗。
十日目、過去2戦2敗の北勝富士戦。土俵際で突き落とされて3連敗。7敗目と後がなくなる。
十一日目、大栄翔を寄り切って4勝目。
十二日目、初対戦の大関豪栄道に突き落とされ、負け越しが決まる。
十三日目、優勝争いをしている碧山と対戦。物言いがつく微妙な相撲だったが、惜しくも敗れて9敗目。師匠の高田川親方は、悔しい負け方をした輝に「残念!!」と書かれたケーキを買ったそう。(→高田川部屋ブログ 記事が表示されない場合は→こちら
十四日目、千代丸に押し出されて3連敗。10敗と二桁負けに。
千秋楽は豪風を押し出して5勝目。5勝10敗で今場所を終える。
負け越しは2場所ぶり。二桁負けは、昨年1月場所以来9場所ぶり。



(初) 千代翔馬戦 ●叩き込み 8.1秒
 輝、両手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとつき、両者、立つ。千代翔馬、頭から低く踏み込み、右上手に手を伸ばす。輝、突っ張って廻しを与えず。千代翔馬、右押っ付けで突き、右に回る。輝、向き直り、押しながら前に出る。千代翔馬、土俵際を右へ右へ回る。輝、ついて行く。千代翔馬、土俵を半周して叩く。輝、最後は足がついて行かず、土俵に転がる。両者、土俵下に落ちる。
20170709 01 312 千代翔馬 叩き込み 輝 40

(2) 遠藤戦 ●寄り切り 16.0秒
 輝、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと両手をつく。輝、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。遠藤、低く当たる。輝、突き放しながら前に出る。遠藤、右足が俵に掛かるが、押し返して中に戻る。輝、突き放して前に出る。遠藤、土俵際、左下手前廻しに手を探るが取れず。輝、突っ張る。遠藤、右に回って中に戻る。両者、押し合い。遠藤、右から張って左を差す。輝、体を離すが俵に詰まる。遠藤、突っ張り、右を差して前に出る。輝、左で小手に巻き、俵伝いに左へ回りながら左で叩こうとするが、上体が起きて俵を割る。
〔ともに金色の締め込みの両者〕
20170710 02 313 輝-遠藤
〔遠藤の寄り切り〕
20170710 02 313 遠藤 寄り切り 輝 40

(3) 宇良戦 ○押し倒し 8.7秒
 宇良、仕切り線後方で先に両手をつく。輝、両手をサッとつく。宇良、素早く立ち、頭を下げて踏み込む。輝、その場で当たりを受け、突き放しながら前に出る。宇良、右足を俵に掛け、頭を下げて押す。輝、突き放す。宇良、叩きながら土俵際を左に回る。輝、前のめりになるが堪え、向き直る。宇良、土俵際、重心が後ろになるが堪え、しゃがむ。輝、そこを押す。宇良、俵の外に倒れて転がる。
20170711 03 312 輝 押し倒し 宇良 38

(4) 逸ノ城戦 ●寄り切り 5.3秒
 逸ノ城、先に両手をつく。輝、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張って右を差し、左上手を取って右差し手を返す。輝、右下手を取り、左上手に手を伸ばす。逸ノ城、左に回って相手に上手を与えず、左上手を持って前に出る。輝、左をねじ込んで両差しになるが、俵に詰まる。逸ノ城、腹をぶつけるように寄る。輝、俵を割る。
20170712 04 312 逸ノ城 寄り切り 輝 38

(5) 貴ノ岩戦 ○押し出し 2.5秒
 輝、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。輝、右手を出して頭から当たる。貴ノ岩、右肘を固めて当たる。輝、押しながら前に出る。貴ノ岩、土俵際堪えようとするが、右足が俵の外に滑り出る。
20170713 05 312 輝 押し出し 貴ノ岩 40

(6) 栃煌山戦 ●叩き込み 13.2秒
 栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。栃煌山、両差しになろうとする。輝、左押っ付けで押し上げ、突き放す。栃煌山、上体が起きる。輝、頭から当たり、押しながら前に出る。栃煌山、右足を俵に掛けて堪え、左を差して右をねじ込み、両差しになって前に出る。輝、上体が起きて俵に詰まり、右で頭を押さえながら土俵際を左へ回る。栃煌山、どんどん前に出る。輝、土俵際を更に回り込み、頭をつけようと体勢を低くする。栃煌山、そこを叩く。輝、前にバッタリ落ちる。
20170714 06 312 栃煌山 叩き込み 輝 42

(7) 阿武咲戦 ○上手投げ 3.3秒
 阿武咲、先に両手をつく。輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。阿武咲、右手で相手の肩を押さえ、左前廻しを取る。輝、右喉輪で押し、左をのぞかせる。阿武咲、右で押っ付けながら前に出る。輝、左差し手を抜き、左上手を取って体を開きながら投げ捨てる。阿武咲、体が飛んで俵の外に両手をつく。
20170715 07 312 輝 上手投げ 阿武咲 37

(中) 日馬富士戦 ●下手出投 9.9秒
 輝、先に左手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、素早く立って右手を出す。日馬富士、頭から素早く踏み込んで当たり、左上手に手を伸ばす。輝、右喉輪で押し上げる。日馬富士、右で顔を押し上げ、左上手を探る。輝、突き放して前に出る。日馬富士、左から張って頭を下げる。輝、両手で突き放す。日馬富士、俵に詰まるが、頭から当たり、左上手前廻しを探る。輝、腰を引いて廻しを与えず。日馬富士、顔に向かって突っ張る。輝、両手で押し上げようとする。日馬富士、土俵際、ようやく左上手を取り、左に回りながら出し投げ。輝、上体を起こして向き直る。日馬富士、左で後ろ縦褌を取って左に回りながら出し投げ。輝、土俵中央に転がる。
20170716 08 319 日馬富士 下手出し投げ 輝 35
20170716 08 319 日馬富士 下手出し投げ 輝 42

(9) 白鵬戦 ●叩き込み 3.2秒
 輝、左手をつく。白鵬、すぐに両手をサッとつく。輝、右手を出して頭から踏み込もうとする。白鵬、左から張り、やや左へ踏み出して右を差し、左上手に手を掛ける。輝、向き直って体を離す。白鵬、突き放す。輝、俵に詰まって膝が伸びる。白鵬、そこを叩く。輝、前にバッタリ落ちる。
20170717 09 319 白鵬 叩き込み 輝 40

(10) 北勝富士戦 ●突き落し 10.2秒
 北勝富士、先に右手をつく。輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。北勝富士、左手を出して頭から踏み込む。輝、右手を出して頭で当たり合い、左に回る。北勝富士、右を差す。輝、左で相手の差し手を抱え、右筈で押し上げながら左上手を探る。北勝富士、腰を捻って上手を与えず。輝、再び左上手に手を伸ばす。北勝富士、腰を引いて上手を与えず。輝、また左上手に手を伸ばす。北勝富士、肩透かしを引きながら右に回り、俵に詰まる。輝、右で顎を押し上げる。北勝富士、仰け反って堪え、右で突きながら俵伝いに右へ回る。輝、前に体が飛んで落ちる。北勝富士、土俵内に残る。
20170718 10 313 北勝富士 突き落とし 輝 35
20170718 10 313 北勝富士 突き落とし 輝 40

(11) 大栄翔戦 ○寄り切り 13.4秒
 大栄翔、先に両手をつく。輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。大栄翔、両手突きに行く。輝、右手を出しながら踏み込む。大栄翔、突き放して相手を起こし、突っ張る。輝、下から撥ね上げ、前に出ながら右を差し、左上手を探るが取れず、深い右下手を取る。大栄翔、土俵際、左半身になり、左首投げに行く。輝、その機に左を差し、両差しで堪える。大栄翔、左に回って中に戻る。輝、前に出る。大栄翔、土俵際、左足内掛けに行く。輝、動じず寄る。大栄翔、上体が起きて俵を割る。
〔首投げに行く大栄翔〕
20170719 11 311 輝 寄り切り 大栄翔 25 首投げ
〔内掛けに行く大栄翔〕
20170719 11 311 輝 寄り切り 大栄翔 35 内掛け
〔輝の寄り切り〕
20170719 11 311 輝 寄り切り 大栄翔 40

(12) 豪栄道戦 ●突き落し 2.3秒
 輝、先に左手をつき、相手が手をつこうとしたときに突っ掛ける。2度目、豪栄道は右手、輝は左手をつく。豪栄道、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込む。輝、右で相手を突き起こし、突っ張ろうとする。豪栄道、左から突いていなす。輝、前に飛び落ちる。
20170720 12 316 豪栄道 突き落とし 輝 40

(13) 碧山戦 ●叩き込み 3.6秒
 輝、先に左手をつく。碧山、右手をつく。輝、素早く立つが、碧山立てず。2度目、碧山、先に右手をつく。輝、左手をサッとつく。碧山、その直前素早く立ち、両差しを狙う。輝、左肘を固めて当たり、突き放そうとする。碧山、叩きながら下がる。輝、乗じて前に出る。碧山、俵の外に出、輝、土俵に落ちる。軍配、碧山。「物言い」がつき、山科審判長は「踵が残っている」と説明し、「軍配通り」碧山の勝ちとなる。VTRでは、輝の方が有利に見えた。
20170721 13 312 碧山 叩き込み 輝 42
〔説明に苦慮し、苦笑する山科審判長〕
20170721 13 312 碧山 叩き込み 輝 60 山科審判長

(14) 千代丸戦 ●押し出し 10.5秒
 輝、先に左手をつく。千代丸、右手をつく。輝、素早く立って踏み込む。千代丸、その場で立ち、右肘を固めて胸で当たる。輝、突き放そうとする。千代丸、相手の手を叩いて右に回る。輝、乗じて押しながら前に出る。千代丸、土俵際堪えて右を差す。輝、左上手を取って寄り立てる。千代丸、俵に両足を掛けながら堪え、腰を下ろして相手の上手を切り、右に回って中に戻る。輝、右下手を取る。千代丸、左上手に手を伸ばす。輝、土俵際、腰を引いて上手を与えず、左を巻き替えようとする。千代丸、乗じて左で差し手を抱えながら寄り、押して相手の下手を切る。輝、俵を割って土俵下に落ちる。
20170722 14 310 千代丸 押し出し 輝 40

(楽) 豪風戦 ○押し出し 6.3秒
 輝、先に左手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、左肘を固めて頭から踏み込む。輝、左を差そうとする。豪風、右で押っ付け、左を差そうとする。輝、右押っ付けで相手を起こし、顔に向かって押し上げながら前に出る。豪風、俵に詰まる。輝、相手の胸を押し上げる。豪風、叩こうとするが、土俵下に落ちる。
20170723 15 309 輝 押し出し 豪風 40

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》