千代翔馬 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-ちよしょうま

自己最高位の前頭2枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭5枚目で迎えた今場所、初日は輝を叩き込んで白星発進。
二日目宇良、三日目遠藤に連敗。
四日目、立ち合いの変化から叩き込んで2勝目。
六日目、大きな逸ノ城を上手投げで倒し、3勝3敗と星を五分に。この日の大相撲中継で、赤い浴衣姿を披露。(→千代翔馬の浴衣姿
七日目大栄翔に叩き込まれ、八日目は上位に休場者が多く出たために大関戦が組まれ、新大関高安に寄り倒されて連敗。
九日目、大関豪栄道を土俵際で首投げ。「物言い」がついたが、「軍配通り」勝つ。
十日目、前日通算勝利数が亡き先代九重親方の千代の富士に並んだ横綱白鵬と対戦。寄り切られて6敗目。白鵬は、千代の富士の弟子を倒し、通算勝利数を歴代単独2位とする。
十一日目は横綱日馬富士、十二日目は勢に押し出されて3連敗。負け越しが決まる。
十三日目、石浦を叩き込んで5勝目。
十四日目隠岐の海、千秋楽蒼国来と連敗し、5勝10敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも2場所連続。
今場所の待った回数は5回と、嘉風、石浦と並んで最多。また、蒼国来戦の0.6秒は、今場所の最短取組時間。
場所後、新潟県新発田市の諏訪神社で、横綱白鵬の土俵入りで太刀持ちを務める。(→諏訪神社白鵬奉納土俵入り



(初) 輝戦 ○叩き込み 8.1秒
 輝、両手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとつき、両者、立つ。千代翔馬、頭から低く踏み込み、右上手に手を伸ばす。輝、突っ張って廻しを与えず。千代翔馬、右押っ付けで突き、右に回る。輝、向き直り、押しながら前に出る。千代翔馬、土俵際を右へ右へ回る。輝、ついて行く。千代翔馬、土俵を半周して叩く。輝、最後は足がついて行かず、土俵に転がる。両者、土俵下に落ちる。
20170709 01 312 千代翔馬 叩き込み 輝 40

(2) 宇良戦 ●押し出し 5.3秒
 宇良、仕切り線後方で先に手をつく。千代翔馬、両手をサッとついて素早くその場で立ち、見ながら左手を出す。宇良、頭を下げる。千代翔馬、左で相手の肩を押さえ、肩に向かって突っ張り、少し叩く。宇良、乗じて押しながらどんどん前に出る。千代翔馬、土俵下に落ちる。勝負後、宇良、左目を痛そうにする。
20170710 02 312 宇良 寄り切り 千代翔馬 40

(3) 遠藤戦 ●突き落し 1.6秒
 遠藤、仕切り線後方で先に手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右肘を固めて頭から踏み込む。遠藤、低く当たり、すぐに右から突きながら左で頭を押さえつける。千代翔馬、前のめりになり、土俵に右手をつく。
20170711 03 313 遠藤 突き落とし 千代翔馬 40

(4) 貴ノ岩戦 ○叩き込み 1.4秒
 貴ノ岩、右手をつく。千代翔馬、すぐに右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右肩から当たろうとする。千代翔馬、その場で伸び上がり、叩きながら右に変わる。貴ノ岩、向き直りながら相手の足を抱えて堪えようとする。千代翔馬、相手の手を外して更に叩く。貴ノ岩、土俵に両手をつく。
〔足を抱える貴ノ岩〕
20170712 04 310 千代翔馬 叩き込み 貴ノ岩 30 足を抱える貴ノ岩
〔千代翔馬の叩き込み〕
20170712 04 310 千代翔馬 叩き込み 貴ノ岩 40

(5) 栃煌山戦 ●寄り切り 5.0秒
 千代翔馬、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、千代翔馬、相手が手をつく前に突っ掛ける。3度目、千代翔馬、両手をサッとついて素早く立つ。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッと動かし、その場で立つ。千代翔馬、両手を出して当たる。栃煌山、右喉輪で突き放す。千代翔馬、右から張り、右上手を取る。栃煌山、両差しになって前に出る。千代翔馬、上手が切れ、左で首を巻きながら左へ回る。栃煌山、乗じて右で後ろ廻しを取って前に出、腰を下ろして寄る。千代翔馬、土俵下に落ちる。
20170713 05 311 栃煌山 寄り切り 千代翔馬 40

(6) 逸ノ城戦 ○上手投げ 24.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突っ張り、叩きながら左へ回る。逸ノ城、向き直る。千代翔馬、突っ張る。逸ノ城、下からあてがって下がらず。千代翔馬、頭をつけて左で押っ付ける。逸ノ城、右差し手を抜いて右で相手の左腕を引っ張り込もうとする。千代翔馬、下がり、土俵際、右に回りながら右上手に手を伸ばすが取れず、相手の左腕を抱えて小手投げで振り、体を入れ替える。逸ノ城、取られた腕を抜いて向き直り、土俵際突き放す。両者、一瞬見合う。千代翔馬、右から強烈に張り、突っ張り、左上手を取って左に回りながら右で頭を押さえる。逸ノ城、右下手を取って堪え、向き直る。千代翔馬、左を巻き替えて差す。逸ノ城、右が上手になり、左下手も取る。千代翔馬、左下手を取り、右で相手の脇腹を叩いてから右を巻き替えようとする。逸ノ城、許さず前に出る。千代翔馬、右上手を取り、土俵際体を開いて上手投げに行く。逸ノ城、左差し手を返して堪える。千代翔馬、下がりながら左で頭を押さえて右上手投げ。逸ノ城、土俵に右手をつく。
〔千代翔馬の上手投げを堪える逸ノ城〕
20170714 06 311 千代翔馬 上手投げ 逸ノ城 30 千代翔馬の投げを堪える逸ノ城
〔千代翔馬、下がりながらの上手投げで逸ノ城を落とす〕
20170714 06 311 千代翔馬 上手投げ 逸ノ城 40

(7) 大栄翔戦 ●叩き込み 3.8秒
 大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、右手を出す。千代翔馬、右手で肩を押さえながら頭から当たり、突き放す。大栄翔、突っ張り、叩いて右に開く。千代翔馬、向き直ろうとするが、前のめりになって土俵に手をつく。
20170715 07 311 大栄翔 叩き込み 千代翔馬 40

(中) 高安戦 ●寄り倒し 15.1秒
 高安、右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、頭から踏み込み、右上手を狙う。高安、右でかち上げて相手を起こす。千代翔馬、右上手は取れず、左下手を取る。高安、右で相手の左腕を極め気味に抱え、左下手を取り、右上手に手を伸ばす。千代翔馬、腰を捻って上手を与えず。両者、右上手に手を伸ばす。千代翔馬、右を巻き替えようとする。高安、乗じて一気に前に出る。千代翔馬、俵に詰まり、右から突き落とそうとするが、俵の外に倒れる。高安、その上に落ちる。
20170716 08 317 高安 寄り倒し 千代翔馬 40

(9) 豪栄道戦 ○首投げ 1.8秒
 豪栄道は右手を、千代翔馬は両手をサッとついて立つ。しかし、手つき不十分で式守勘太夫が両者を止める。2度目、千代翔馬、右手をつく。豪栄道、右手をサッとついて素早く立つ。千代翔馬、左手をサッとついてその場で伸び上がり、叩きながら右に変わる。豪栄道、動じず両差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、左首投げ。豪栄道、土俵に倒れる。直後、千代翔馬、土俵下に落ちる。軍配、千代翔馬。「物言い」がついたが、豪栄道の膝が先についているとし、「軍配通り」千代翔馬の勝ちとなる。
20170717 09 317 千代翔馬 首投げ 豪栄道 40
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170717 09 317 千代翔馬 首投げ 豪栄道 60 説明する二所ノ関審判長
〔殊勲インタビューを受ける千代翔馬〕
20170717 09 317 千代翔馬 首投げ 豪栄道 75 殊勲インタビュー

(10) 白鵬戦 ●寄り切り 24.6秒
 千代翔馬、右手をつく。白鵬、すぐに右手をつく。千代翔馬、左手をサッとついて突っ掛ける。2度目、千代翔馬、右手をつく。白鵬、右手をつく。千代翔馬、左手をつく。白鵬、左手をサッとついて立つ。千代翔馬、右手を出して頭から当たろうとする。白鵬、見ながら右を差す。千代翔馬、左上手前廻しを探るが取れず。白鵬、右差し手を返しながら左上手を取る。両者、少し止まる(約4秒間)。千代翔馬、左押っ付けで前に出ようとする。白鵬、堪える。千代翔馬、左押っ付けで上手を探るが取れず、左を巻き替えようとするがならず。白鵬、右下手も取る。千代翔馬、左押っ付けで上手を探るが取れず、腰を捻って廻しを切ろうとするが切れず。白鵬、両廻しを引きつけて少し前に出る。両者、止まる(約3秒間)。千代翔馬、左で相手の脇腹を叩き、左を巻き替える。白鵬、乗じて両上手を引きつけて前に出る。千代翔馬、俵の外に左足が滑り出る。
20170718 10 318 白鵬 寄り切り 千代翔馬 40

(11) 日馬富士戦 ●とったり 3.2秒
 両者、手をサッとつき、ほぼ同時に頭から踏み込む。日馬富士、低く当たる。千代翔馬、叩きながら左へ回る。日馬富士、落ちずについて行き、押し上げる。千代翔馬、右足を俵に掛けながら右を差す。日馬富士、相手の左腕を両手で抱えて体を開き、とったり。千代翔馬、土俵に転がる。
20170719 11 318 日馬富士 とったり 千代翔馬 35

(12) 勢戦 ●押し出し 2.1秒
 勢、先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。勢、右肩から踏み込む。千代翔馬、右手を出してやや左へ踏み出し、左上手前廻しに手を掛けるが取れず。勢、押しながら前に出る。千代翔馬、上体が起きて俵を割る。
20170720 12 312 勢 押し出し 千代翔馬 40

(13) 石浦戦 ○叩き込み 2.0秒
 石浦、両手をつく。千代翔馬、すぐに両手をつく。石浦、素早く立つが、千代翔馬、立てず。2度目、石浦、先に手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとついて素早く立ち、両手突き。石浦、頭を下げる。千代翔馬、突っ張ってから叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20170721 13 311 千代翔馬 叩き込み 石浦 41

(14) 隠岐の海戦 ●上手投げ 35.0秒
 隠岐の海、仕切り線後方で右手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右手を出して踏み込む。隠岐の海、左を差して深い下手を取る。千代翔馬、右で相手の脇腹を叩いて巻き替えに行くと見せて深い右上手に手を伸ばして取り、上手を持って右に回り、右足外掛けに行く。隠岐の海、堪え、左を巻き替えようと見せてから右上手を取って両廻し。両者、左四つがっぷりで少し止まる(約4秒間)。隠岐の海、両廻しを引きつけて前に出ようとし、左差し手を返して相手の上手を切ろうとする。千代翔馬、堪える。一呼吸後、隠岐の海、右上手を引きつけて前に出ながら、左差し手を返して相手を切ろうとする。千代翔馬、堪えて中に戻る。両者、左四つがっぷりで止まる(約4秒間)。千代翔馬、左足を飛ばして相手の右足を蹴る。隠岐の海、堪え、右上手を引きつけて前に出る。千代翔馬、左足一本を俵に掛けて体を開き、左下手投げに行こうとする。隠岐の海、右上手投げ。千代翔馬、俵の外に裏返り、その後、隠岐の海、土俵に倒れる。
20170722 14 309 隠岐の海 上手投げ 千代翔馬 37

(楽) 蒼国来戦 ●叩き込み 0.6秒
 両者、なかなか手をつかず。蒼国来、左手をつく。千代翔馬、左、右と手をついて頭から踏み込む。蒼国来、その場で立ち、叩きながら左に開く。千代翔馬、土俵に手をつく。
20170723 15 308 蒼国来 叩き込み 千代翔馬 40
20170723 15 308 蒼国来 叩き込み 千代翔馬 50

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》