石浦 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-いしうら

前頭11枚目、結婚して初めて迎えた先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、ロッテ「キシリトールガム」発売20周年企画により、ガムのパッケージ柄の割烹着でちゃんこ店一日店長を務める。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
場所前、横綱白鵬の熱田神宮奉納土俵入りで露払いを務めた。(→白鵬熱田神宮奉納土俵入り
前頭8枚目で迎えた今場所、初日の徳勝龍戦、立合い変わってからの上手出し投げで倒し、白星発進。
二日目大栄翔、三日目初対戦の碧山に敗れて連敗。
四日目、千代大龍を下手投げで倒し、2勝2敗と星を五分に。
五日目、阿武咲に押し出されて3敗目。
六日目の隠岐の海戦、一度は軍配をもらうも「差し違え」で敗れて連敗。2勝4敗と黒星先行に。
七日目、中学時代先輩が「バケモノ」と呼んでいたという栃煌山と2度目の対戦。下手投げで倒して初めて勝つ。(→石浦“バケモノ”退治に成功【スポニチ】 記事が表示されない場合は→こちら
八日目から前面に生首と背面に幽霊がデザインされた着流しで場所入り。大いに注目される。(→石浦ツイッター ツイートが表示されない場合は →こちら(ついっぷるトレンド)) 取組は、逸ノ城を上手出し投げで倒して連勝。4勝4敗と星を五分にする。
九日目、貴ノ岩を下手投げで倒して3連勝。5勝4敗と白星先行に。
十日目琴勇輝、十一日目佐田の海に敗れて連敗。5勝6敗と黒星先行。
十二日目、錦木を押し出し、6勝6敗と星を五分に。
十三日目千代翔馬、十四日目北勝富士と連敗し、負け越し決定。
千秋楽、千代丸を送り出し、7勝8敗と一点の負け越しに留める。
負け越しは今年3月場所以来、2場所ぶり。
今場所の待った回数は5回と、嘉風、千代翔馬と並んで最も多かった。



(初) 徳勝龍戦 ○上手出投 0.9秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて立つ。石浦、右手を出して立ち、左に変わって左から突き落とし気味に上手出し投げ。徳勝龍、土俵にバッタリ落ちる。
20170709 01 308 石浦 上手出し投げ 徳勝龍 35

(2) 大栄翔戦 ●突き倒し 4.8秒
 大栄翔、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、その場で立って両手突き、突っ張りながら前に出る。石浦、上体が起きて俵に詰まり、相手の腕を手繰ろうとする。大栄翔、向き直って更に突く。石浦、俵の外に尻餅。
20170710 02 309 大栄翔 突き倒し 石浦 37

(3) 碧山戦 ●叩き込み 9.2秒
 石浦、先に両手をつき、相手が手をつく前にぴょんと突っ掛ける。2度目、石浦、先に両手をつく。碧山、両手をサッとつく。石浦、頭から踏み込む。碧山、両手で相手の肩を押さえ、突き放す。石浦、左から突きながら左へ回り、左上手に手を掛ける。碧山、向き直って廻しを与えず、見ながら突っ張って前に出る。石浦、土俵際、左へ回って中に戻り、頭を下げる。碧山、叩く。石浦、土俵に落ちる。
20170711 03 308 碧山 叩き込み 石浦 40

(4) 千代大龍戦 ○下手投げ 8.4秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。千代大龍、手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭から踏み込む。千代大龍、両手突きで相手を起こし、突っ張る。石浦、中に入って左を深く差し、右前廻しを取る。千代大龍、肩越しの右上手を取る。石浦、体を開き、右で相手の右膝を押さえながら左下手投げ。千代大龍、足を送れず、土俵に転がる。
20170712 04 308 石浦 下手投げ 千代大龍 37

(5) 阿武咲戦 ●押し出し 5.3秒
 阿武咲、先に手をつく。石浦、仕切り線かなり後方で右手をつき、左手をサッとついて立つ。阿武咲、右肘を固め、左腕を内に入れる。石浦、左肘を固め、頭から低く踏み込んで当たる。阿武咲、左を差そうとするがならず、突き放し、叩く。石浦、乗じて突き放しながら前に出る。阿武咲、右下手前廻しを探る。石浦、左上手を探る。阿武咲、腰を引いて上手を与えず。石浦、叩きながら引き、上体が起きる。阿武咲、乗じて一気に前に出る。石浦、土俵下へ吹っ飛ぶ。
20170713 05 310 阿武咲 押し出し 石浦 40

(6) 隠岐の海戦 ●押し出し 5.2秒
 隠岐の海、先に右手をつくがその手を戻す。石浦、右手をつく。隠岐の海、両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、石浦、右手をつく。隠岐の海、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘でかち上げる。しかし、隠岐の海の手つき不十分か、行司 木村寿之介が止める。3度目、隠岐の海、先に右手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて立つ。隠岐の海、左手をサッとつく。石浦、右手を出して頭から低く踏み込む。隠岐の海、その場で当たりを受け、左を差す。石浦、左筈で脇を押し上げ、右から絞る。隠岐の海、突っ張り、突き放して前に出る。石浦、土俵際、叩いて俵の上で右に開く。両者、土俵下に落ちる。軍配、石浦。「物言い」がつき、石浦の踵が先に出ているとして「軍配差し違え」で隠岐の海の勝ちとなる。
20170714 06 308 隠岐の海 押し出し 石浦 40
〔説明する藤島審判長〕
20170714 06 308 隠岐の海 押し出し 石浦 60 説明する藤島審判長 03

(7) 栃煌山戦 ○下手投げ 3.3秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつき、右から張る。石浦、頭を下げて張り手をかわしながら中に入り、左で後ろ廻し、右で前廻しを取り、一気に前に出る。栃煌山、肩越しの右上手を取るが俵に詰まる。石浦、右で相手の右膝を押さえながら、土俵内へ左下手投げ。栃煌山、土俵に転がる。石浦、その上に乗るように転がる。
20170715 07 310 石浦 下手投げ 栃煌山 40

(中) 逸ノ城戦 ○上手出投 13.5秒
 逸ノ城、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出してやや左へ踏み出す。逸ノ城、右肘を固めて踏み込み、右を差す。石浦、左で押っ付け、体を開いて左で突く。逸ノ城、向き直る。石浦、両差しになって左に回り、深い左下手を取って右前廻しを取る。逸ノ城、右で差し手を抱え、左に腰を向けて相手の廻しを切る。石浦、再び左を差し込んで下手を取る。逸ノ城、肩越しの右上手を取る。石浦、すぐに腰を引いて上手を切る。逸ノ城、右を差す。石浦、頭をつけて左から絞る。逸ノ城、右を差し込もうとしながら前に出る。石浦、左上手を取り、土俵際左に回りながら右で頭を押さえて上手出し投げ。逸ノ城、俵の外に出る。
20170716 08 309 石浦 上手出し投げ 逸ノ城 40

(9) 貴ノ岩戦 ○下手投げ 5.3秒
 石浦、先に両手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。石浦、右手を出して頭を下げる。貴ノ岩、右肘を固めて踏み込む。石浦、左に変わって左上手を取り、左に回りながら出し投げを打つ。貴ノ岩、向き直ろうとする。石浦、両下手を取って前に出る。貴ノ岩、俵に詰まり、左押っ付けで押し上げる。石浦、体を開き、右手で相手の右膝を押さえながら左下手投げ。貴ノ岩、土俵に裏返る。
20170717 09 308 石浦 下手投げ 貴ノ岩 37

(10) 琴勇輝戦 ●押し出し 2.0秒
 石浦、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で手をサッとつく。石浦、頭から踏み込もうとする。琴勇輝、両手突きで相手を起こす。石浦、左を差すが土俵際。琴勇輝、押す。石浦、俵の外に出る。
20170718 10 308 琴勇輝 押し出し 石浦 40

(11) 佐田の海戦 ●寄り切り 2.8秒
 佐田の海、先に右手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右手を出して頭から踏み込む。石浦、右手を出して左へ踏み出し、左から突く。佐田の海、向き直る。石浦、両差しになる。佐田の海、外から抱えながら前に出る。石浦、俵の上で右から掬おうとするが、土俵下に落ちる。その後、佐田の海も土俵下に落ちる。
20170719 11 306 佐田の海 寄り切り 石浦 40

(12) 錦木戦 ○押し出し 21.6秒
 錦木、先に手をつく。石浦、右手をつく。錦木、早く立つ。石浦、遅れて立って当たるが、行司 木村寿之介が止める。2度目、石浦、右手をつく。錦木、両手をつく。石浦、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。錦木、右を差す。石浦、押し上げ、左を巻き替えて差し、左下手を取る。錦木、右で差し手を抱える。石浦、左下手を持って頭をつけ、右で絞りながら相手の左手を掴む。両者、止まる(約11秒間)。石浦、左下手を手前に持ち替え、右に回る。錦木、右小手投げに行く。石浦、左腕を抜いて投げをかわし、すぐに左下手で後ろ廻しを取り、一気に前に出、俵に詰まった相手を押す。錦木、土俵下に落ちる。
〔錦木の小手投げがすっぽ抜ける〕
20170720 12 307 石浦 押し出し 錦木 30 小手投げすっぽ抜け
〔前に出る石浦〕
20170720 12 307 石浦 押し出し 錦木 37 寄る石浦

(13) 千代翔馬戦 ●叩き込み 2.0秒
 石浦、両手をつく。千代翔馬、すぐに両手をつく。石浦、素早く立つが、千代翔馬、立てず。2度目、石浦、先に手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとついて素早く立ち、両手突き。石浦、頭を下げる。千代翔馬、突っ張ってから叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20170721 13 311 千代翔馬 叩き込み 石浦 41

(14) 北勝富士戦 ●押し出し 4.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。石浦、右手をつく。北勝富士、左手をサッとつき、見ながら立つ。石浦、右手を出して頭から踏み込む。北勝富士、右を差して相手を起こそうとする。石浦、左を巻き替え、頭をつける。北勝富士、押しながら前に出る。石浦、土俵際相手の右腕を手繰る。北勝富士、その右で突き放す。石浦、上体が起きて土俵下に飛び落ちる。
20170722 14 312 北勝富士 押し出し 石浦 37

(楽) 千代丸戦 ○送り出し 3.3秒
 石浦、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。石浦、頭から踏み込もうとする。千代丸、両手突きから突き放す。石浦、頭を下げて相手の右側につき、後ろから抱えて俵の外に出す。
20170723 15 304 石浦 送り出し 千代丸 40

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》