徳勝龍 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-とくしょうりゅう

前頭12枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、山響部屋の部屋開きで、横綱稀勢の里の土俵入りの露払いを務める。(→産経フォト 記事が表示されない場合は→こちら
前頭9枚目で迎えた今場所、初日は石浦の上手出し投げに倒れ、黒星発進。
二日目碧山、三日目大栄翔に敗れ、初日から3連敗。
四日目の千代の国戦、相手の上手投げに倒れたかに見えたが、「物言い」がつき、相手の足が先に出ているとして、「軍配差し違え」で勝ち、今場所の初白星。
五日目大翔丸、六日目千代大龍に敗れて連敗。1勝5敗と黒星先行。
七日目、貴ノ岩を叩き込んで2勝目。(→勝ち名乗りを受ける際に口を動かす徳勝龍
八日目、蒼国来を寄り切り、初めて連勝。3勝目を上げる。
九日目、明徳義塾での同級生、栃煌山に送り出され、6敗目。
そこから黒星が連なり、十一日目に負け越し決定。十二日目も敗れて4連敗。
十三日目、逸ノ城を寄り切って4勝目。
十四日目、千秋楽と連敗し、4勝10敗で今場所を終える。
負け越しは十両だった昨年11月場所以来、4場所ぶり。二桁負けは、昨年1月場所以来、9場所ぶり。



(初) 石浦戦 ●上手出投 0.9秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて立つ。石浦、右手を出して立ち、左に変わって左から突き落とし気味に上手出し投げ。徳勝龍、土俵にバッタリ落ちる。
20170709 01 308 石浦 上手出し投げ 徳勝龍 35

(2) 碧山戦 ●突き落し 5.0秒
 碧山、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつく。碧山、両手で相手の肩を押さえて相手を起こし、突っ張る。徳勝龍、下からあてがって前に出る。碧山、叩きながら下がり、土俵際右から突いて右に開く。徳勝龍、前に泳いで俵に詰まり、踏みとどまれずに俵を割る。
20170710 02 308 碧山 突き落とし 徳勝龍 40

(3) 大栄翔戦 ●突き落し 10.5秒
 大栄翔、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。大栄翔、両手を出して頭から低く踏み込む。徳勝龍、右で顔を押し上げ、叩きながら右へ回る。大栄翔、乗じて前に出、突き放す。徳勝龍、引き、右から突きながら体を離すが土俵際。両者、激しく押し合う。大栄翔、機を見て左から突く。徳勝龍、土俵に両手をつく。
20170711 03 309 大栄翔 突き落とし 徳勝龍 40

(4) 千代の国戦 ○寄り切り 4.1秒
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。徳勝龍、サッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、左肘を固めて頭から踏み込む。徳勝龍、右で相手の左腕を引っ張り込む。千代の国、左下手、右上手を取る。徳勝龍、左差し、右で相手の差し手を抱えながら前に出る。千代の国、土俵際、体を開いて右上手投げに行く。徳勝龍、左差し手を突きつける。両者、体が傾くが、徳勝龍、右手を土俵につく。軍配、千代の国。「物言い」がつき、協議の結果、千代の国の足が先に出ているとし、「軍配差し違え」で徳勝龍の勝ちとなる。VTRでは、千代の国が上手投げに行った際、左足爪先が 相手の手より少し先に俵の外についていた。
〔千代の国の爪先が出た場面〕
20170712 04 306 徳勝龍 寄り切り 千代の国 40 千代の国の左爪先
〔その後、徳勝龍の手がつく〕
20170712 04 306 徳勝龍 寄り切り 千代の国 42
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170712 04 306 徳勝龍 寄り切り 千代の国 60 説明する二所ノ関審判長

(5) 大翔丸戦 ●引き落し 8.7秒
 大翔丸、先に両手をつく。徳勝龍、なかなか手をつかず。大翔丸、立合いを嫌う。2度目、両者、ほぼ同時に両手をサッとついて立つ。徳勝龍、左から張る。大翔丸、頭から当たり、両差しになる。徳勝龍、前に出る。大翔丸、左差し手を返して左に回る。徳勝龍、突っ張る。大翔丸、左をのぞかせ、右押っ付けで押し上げてから右で突く。徳勝龍、両手で突き放そうとする。大翔丸、右で突きながら右に回る。徳勝龍、向き直って押す。大翔丸、左に開く。徳勝龍、前に泳ぎ、土俵外に両手をついて落ちる。
20170713 05 307 大翔丸 引き落とし 徳勝龍 37

(6) 千代大龍戦 ●寄り切り 1.8秒
 徳勝龍、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。徳勝龍、素早く立つ。千代大龍、左肘を固めて踏み込む。徳勝龍、右に変わって右上手を狙う。千代大龍、左差しで前に出る。徳勝龍、俵を割る。
20170714 06 307 千代大龍 寄り切り 徳勝龍 40-1

(7) 貴ノ岩戦 ○叩き込み 8.6秒
 貴ノ岩、両手をつく。徳勝龍、すぐに両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。貴ノ岩、右手で相手の左腕を押さえて低く当たる。徳勝龍、右で差し手を抱えて前に出る。貴ノ岩、左差しで俵に詰まるが、右上手前廻しを取って前に出る。徳勝龍、土俵際相手の廻しを切る。貴ノ岩、左下手に手を掛ける。徳勝龍、右を巻き替えて差そうとする。貴ノ岩、頭を下げて左で押っ付ける。徳勝龍、そこを叩きながら下がる。貴ノ岩、土俵にバッタリ落ちる。
20170715 07 308 徳勝龍 叩き込み 貴ノ岩 37

(中) 蒼国来戦 ○寄り切り 12.2秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとつく。蒼国来、左肘を固めてやや右へ踏み出す。徳勝龍、両手を出して頭から当たる。蒼国来、左を差し、右上手に手を伸ばす。徳勝龍、左を差し、腰を捻って相手に上手を与えず、右で差し手を抱えながら前に出る。蒼国来、土俵際を左へ回り、左半身になる。徳勝龍、左上手を取って前に出る。蒼国来、土俵際右から突く。徳勝龍、右上手を持って堪え、前に出る。蒼国来、俵を割る。
20170716 08 307 徳勝龍 寄り切り 蒼国来 35

(9) 栃煌山戦 ●送り出し 5.5秒
 栃煌山、仕切り線後方でサッと両手をつく。徳勝龍、すぐに手をサッとつく。栃煌山、左肘を固めて踏み込もうとする。徳勝龍、左から張り気味に手を振る。栃煌山、両差しになって前に出る。徳勝龍、左で首を巻き、左半身で俵に詰まる。栃煌山、相手を後ろから抱えて外に出す。
20170717 09 311 栃煌山 送り出し 徳勝龍 40

(10) 阿武咲戦 ●寄り切り 2.9秒
 阿武咲、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右肘を固めて低く当たる。徳勝龍、左肘を固めて当たり、右で相手の左腕を引っ張り込む。阿武咲、深い左下手を取り、右で押っ付けながら一気に前に出る。徳勝龍、仰け反って俵を割る。
20170718 10 310 阿武咲 寄り切り 徳勝龍 40

(11) 千代丸戦 ●寄り切り 8.8秒
 両者、見合いながら手を下ろし、千代丸、手をつく。徳勝龍、すぐにサッと手をつき、素早く立つ。千代丸、見ながら立つ。両者、両手突きから突っ張り合う。千代丸、突き勝って前に出る。徳勝龍、右に回って下からあてがう。千代丸、右をのぞかせて前に出る。徳勝龍、左で突き落とそうとながら土俵際を左へ回るが、俵の外に出る。その後、千代丸、土俵に落ちる。
20170719 11 305 千代丸 寄り切り 徳勝龍 40

(12) 荒鷲戦 ●寄り切り 3.3秒
 荒鷲、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、左から張って左へ踏み出し、左を差し、深い左下手、右上手を取って前に出る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。
20170720 12 304 荒鷲 寄り切り 徳勝龍 40-2

(13) 逸ノ城戦 ○寄り切り 21.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。徳勝龍、腰を下ろし、両手をサッとついて素早く立つ。逸ノ城、左から張って右を差す。徳勝龍、左を巻き替えようとするがならず。逸ノ城、右差し手を返して左上手を取り、右下手を探る。徳勝龍、機を見て左を巻き替える。逸ノ城、乗じて前に出、左を巻き替えて左下手を取る。徳勝龍、左差し手を大きく返し、土俵際堪えて中に戻る。逸ノ城、左下手を持って上体が起きた体勢になり、機を見て肩越しの右上手に手を伸ばす。徳勝龍、その機に右上手を引きつけて一気に前に出る。逸ノ城、力なく俵を割る。
20170721 13 309 徳勝龍 寄り切り 逸ノ城 40

(14) 勢戦 ●小手投げ 8.2秒
 勢、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。勢、右を差そうとする。徳勝龍、突っ張り、左を差そうとする。勢、右上手に手を伸ばす。徳勝龍、少し右に動いて上手を与えず、左差し手を返して前に出る。勢、俵伝いに左へ回り、右小手投げ。徳勝龍、足が宙を舞い、右手を土俵について土俵に転がる。
20170722 14 311 勢 小手投げ 徳勝龍 40

(楽) 錦木戦 ●寄り切り 5.1秒
 錦木、先に手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両手を出して頭から踏み込み、顎に向かって突き上げる。錦木、下からあてがって堪える。徳勝龍、叩きながら右へ回り、突っ張りながら前に出ようとする。錦木、両下手を取って一気に前に出る。徳勝龍、左をねじ込もうとするがならず、左で首を巻く。錦木、そのまま寄り切る。
20170723 15 303 錦木 寄り切り 徳勝龍 40

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》