千代大龍 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-ちよたいりゅう

再入幕して前頭14枚目だった先場所は、9勝6敗の成績で、8場所ぶりに幕内で勝ち越した。→先場所の取組内容
前外ら10枚目で迎えた今場所、初日は隠岐の海を押し出して白星発進。
二日目、大翔丸に寄り切られて初黒星。
白星、黒星が交互に連なり、四日目を終えて2勝2敗。
五日目、大栄翔を上手投げで倒してから白星が連なる。六日目の大相撲中継では、花柄の浴衣を披露(→千代大龍花柄浴衣)。
九日目、琴勇輝戦では立合いが2度合わず、両者がそろって藤島審判長に頭を下げる場面も(→藤島審判長の迫力)。取組では琴勇輝を突き出して5連勝。7勝目と勝ち越しまであと一つとする。また全勝の白鵬、1敗の碧山を追う、2敗力士4人の中に入る。
十日目、1敗の碧山に突き出されて3敗に後退。
十一日目、栃煌山に引き落とされ、今場所初めての連敗で4敗目。
十二日目、阿武咲を叩き込んで勝ち越し決定。
十三日目、蒼国来を押し出して連勝。
十四日目、宝富士に引き落とされて5敗目を喫するも、千秋楽、栃ノ心を叩き込んで10勝目。10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越しは3場所連続。二桁勝利は、2014年7月場所以来、3年ぶり。



(初) 隠岐の海戦 ○押し出し 2.1秒
 隠岐の海、相手が手をつく前にふわっと立つ。2度目、隠岐の海、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して踏み込む。隠岐の海、差そうとする。千代大龍、右喉輪で突き放しながら前に出る。隠岐の海、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170709 01 307 千代大龍 押し出し 隠岐の海 40 お尻

(2) 大翔丸戦 ●寄り切り 3.1秒
 大翔丸、先に手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。大翔丸、やや右に踏み出して当たり、右に開いていなす。千代大龍、前のめりになる。大翔丸、右で後ろ廻しを取って前に出る。千代大龍、向き直ろうとするが、俵を割る。
20170710 02 306 大翔丸 寄り切り 千代大龍 40

(3) 松鳳山戦 ○突き落し 4.5秒
 両者、なかなか手をつかず。松鳳山、サッと手をついて突っ掛ける。2度目、松鳳山、先に右手をつく。松鳳山、右、左とサッと手をついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、右手を出して当たり、突き放す。松鳳山、両差しになり、左下手に手を掛けながら前に出る。千代大龍、土俵際、左に回りながら左で突く。松鳳山、土俵に落ちる。
20170711 03 306 千代大龍 突き落とし 松鳳山 40

(4) 石浦戦 ●下手投げ 8.4秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。千代大龍、手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭から踏み込む。千代大龍、両手突きで相手を起こし、突っ張る。石浦、中に入って左を深く差し、右前廻しを取る。千代大龍、肩越しの右上手を取る。石浦、体を開き、右で相手の右膝を押さえながら左下手投げ。千代大龍、足を送れず、土俵に転がる。
20170712 04 308 石浦 下手投げ 千代大龍 37

(5) 大栄翔戦 ○上手投げ 7.9秒
 大栄翔、先に両手をつく。千代大龍、両手をサッとつく。その直前、大栄翔、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げて相手を起こし、突っ張る。大栄翔、下からあてがい、左で廻しを探る。千代大龍、右手で相手の廻しを切り、左上手を取って右を差し、上手を引きつけて前に出、土俵際で上手投げ。大栄翔、土俵に転がる。
20170713 05 309 千代大龍 上手投げ 大栄翔 40

(6) 徳勝龍戦 ○寄り切り 1.8秒
 徳勝龍、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。徳勝龍、素早く立つ。千代大龍、左肘を固めて踏み込む。徳勝龍、右に変わって右上手を狙う。千代大龍、左差しで前に出る。徳勝龍、俵を割る。
20170714 06 307 千代大龍 寄り切り 徳勝龍 40-1

(7) 佐田の海戦 ○押し出し 3.3秒
 佐田の海、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方でサッと手をつく。佐田の海、素早く立ち、両腕を下げて踏み込み、右廻しを探る。千代大龍、両手で突き放す。佐田の海、体が離れる。千代大龍、突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがうが俵に詰まる。千代大龍、胸を押す。佐田の海、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170715 07 306 千代大龍 押し出し 佐田の海 35

(中) 荒鷲戦 ○突き落し 1.3秒
 荒鷲、先に手をつく。千代大龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて当たり、体を離す。荒鷲、前のめりになる。千代大龍、そこを右から突く。荒鷲、両足を宙に舞わせ、右肘から土俵に落ちる。
20170716 08 305 千代大龍 突き落とし 荒鷲 40

(9) 琴勇輝戦 ○突き出し 2.6秒
 琴勇輝、相手が手をつく前に両手突きで突っ掛ける。2度目、千代大龍、先に右手をつく。琴勇輝、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。しかし、琴勇輝の手つき不十分で、行司 木村寿之介が止める。3度目、琴勇輝、先に両手をつく。千代大龍、両手をサッとつく。琴勇輝、右手を出して頭から踏み込み、突き放す。千代大龍、下から撥ね上げる。琴勇輝、少し引く。千代大龍、乗じて突き放しながら前に出る。琴勇輝、俵に詰まる。千代大龍、更に突く。琴勇輝、土俵下に飛び落ちる。
〔2度立合い不成立。土俵下の藤島審判長と頭を下げる両力士〕
20170717 09 306 千代大龍 突き出し 琴勇輝 02 2度目の不成立 01 藤島審判長
20170717 09 306 千代大龍 突き出し 琴勇輝 02 2度目の不成立 05 頭を下げる両者
〔千代大龍の突き出し〕
20170717 09 306 千代大龍 突き出し 琴勇輝 35

(10) 碧山戦 ●突き出し 5.4秒
 千代大龍、仕切り線後方で先に右手をつく。碧山、右手をサッとつき、両肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固める。碧山、右肘でかち上げ、突っ張りながら前に出る。千代大龍、下から撥ね上げるが俵に詰まる。碧山、突き放す。千代大龍、俵の外に出る。
20170718 10 307 碧山 突き出し 千代大龍 40

(11) 栃煌山戦 ●引き落し 7.6秒
 栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代大龍、すぐに手をサッとついて立つ。栃煌山、左肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて右手を出して当たり、右喉輪で突き放す。栃煌山、下がらず、押しながら前に出る。千代大龍、俵に詰まり、両手で顔を押し上げる。栃煌山、押し返してから左に開く。千代大龍、前のめりになって土俵に両手をつく。
20170719 11 310 栃煌山 引き落とし 千代大龍 40

(12) 阿武咲戦 ○叩き込み 3.3秒
 阿武咲、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、突き上げ、叩きながら大きく引く。阿武咲、前に飛び落ち、千代大龍、右足一本で残る。
20170720 12 310 千代大龍 叩き込み 阿武咲 40

(13) 蒼国来戦 ○押し出し 2.8秒
 千代大龍、右手をつく。蒼国来、仕切り線かなり後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、右肘を固めてやや右へ踏み出す。千代大龍、突っ張りながら前に出る。蒼国来、俵に詰まり、右から突きながら回り込もうとする。千代大龍、逃さず押す。蒼国来、俵を割る。
20170721 13 304 千代大龍 押し出し 蒼国来 40

(14) 宝富士戦 ●引き落し 1.8秒
 宝富士、先に両手をつく。千代大龍、両手をサッと動かして立つ。宝富士、左肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり突き放す。宝富士、右上手前廻しを取るが切れる。千代大龍、前のめりに体勢を崩す。宝富士、左に開く。千代大龍、土俵に落ちる。
20170722 14 305 宝富士 引き落とし 千代大龍 35

(楽) 栃ノ心戦 ○叩き込み 4.8秒
 千代大龍、右手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肩から当たり、右喉輪で押し上げる。栃ノ心、上体が起き、引いて体を離す。千代大龍、押し上げる。栃ノ心、土俵際堪え、廻しを探る。千代大龍、叩きながら引く。栃ノ心、土俵に落ちて転がる。
20170723 15 311 千代大龍 叩き込み 栃ノ心 40

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》