日馬富士、9回目優勝インタビュー全文(2017年秋場所)

2017年秋場所、9回目の優勝を果たした 横綱日馬富士の館内インタビューは以下の通り。

<では、優勝インタビューです。見事な逆転優勝でした。7場所ぶり、9回目の優勝。横綱日馬富士関です。おめでとうございます!>
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 01

ありがとうございます。(四方に礼。拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 02 ありがとうございます
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 05 礼をする

<久しぶりに賜杯を抱きました。感触はいかがでしたか>
や、素直にうれしいです。(館内拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 08 素直にうれしい

<今日は、逆転優勝で決めました。まずは本割について伺っていきますが、素晴らしい出足でした。どんな気持ちで土俵に上がって行ったんでしょうか>
今日の一番に、命かけて、全身全霊を持って相撲を取りました。はい、良かったです。(館内拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 11 全身全霊

<その後、支度部屋に戻って、十両の照強関を呼んで、少し立合いを確認してから決定戦に臨みました。あの辺りの狙いはどうだったんでしょう>
いや、照強をテレビに出してやろうかなと思って。はは(笑)。(館内笑いと拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 15 照強をテレビに

<その後、決定戦も素晴らしい内容でした。振り返っていかがですか>
いや本当に、悔いのない相撲だけを取りたいなと思って、気合いを入れて一生懸命取りました。
(館内で『最高―!』という叫び声と拍手)

<今場所は、3横綱が初日から不在で、2大関も休場しました。その中で、横綱としてどんな心境で、上がり続けていたんでしょうか>
(一人横綱は)初めての経験なので、まあ、序盤はなかなか心技体がうまく合わなくて、自分の相撲を取ることがなかなかできなくて。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 19 初めての経験
ま、ただ、前を見て、明日を信じて。その一日一日の積み重ねで、相撲を取りました。はい。(館内拍手と歓声)

<少し聞きにくいんですが、三日目から3連敗。横綱といえど、弱気になることはありませんでしたか>
もう、下がる場所がないので、前を見て、一生懸命頑張りました(笑)。(館内拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 21 もう下がる場所がない (下がる場所がないのでと言ったときの表情)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 22 一生懸命頑張りました

<終盤になって、逆転優勝の目が出てきました。この辺り、心境に変化はありましたか>(館内で『最高―!』という叫び声が複数、笑い声)
ま、本当に、余計なことは考えずに、一番一番に集中して、はい。結果は後からついてくることであって、先に考えてもしょうがないので、一番に集中しました。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 25 先に考えてもしょうがない

<改めて、一人横綱として、十五日間振り返って、いかがでしょうか>
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 30 厚井「一人横綱の場所を振り返って」

や、こういういい結果で終わって、本当に良かったです。はい。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 31 いい結果で終わってよかった

<少し気が早いんですが、来場所は、今、3横綱2大関が準備を進めています。どういう準備をして迎え撃ちましょうか>
や、相撲取りは、毎日稽古に精進して。毎日が稽古なので。来場所に向けて、一日一日努力して、頑張って行きます。(館内、拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 35 毎日が稽古、頑張る

<おめでとうございました>
ありがとうございました。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 40 ありがとうございました
<見事、逆転優勝。横綱日馬富士関でした>

インタビュアー:厚井大樹アナウンサー

《2017年秋場所取組内容・目次へ》