御嶽海 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-みたけうみ

新関脇だった先場所は、稀勢の里と優勝した白鵬の2横綱を撃破して9勝6敗で勝ち越し、殊勲賞を受賞した。→先場所の取組内容
お台場で行われた巡業では、白鵬の息子 真羽人くんに、先場所白鵬にただ一人土をつけた相手として稽古相手に指名された。(→お台場場所真羽人くん
稽古総見では、横綱日馬富士と稽古。(→稽古総見ニュース画像
また、東京都品川区の鮫洲運転免許試験場で一日警察署長を務めた。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
場所直前、デーモン閣下の秋場所注目力士の一人として取り上げられ、大関候補と言われた。(→おはよう日本
関脇二場所目で迎えた今場所、初日は新入幕から2場所連続二桁勝利を上げて前頭3枚目に上がってきた阿武咲に叩き込まれて黒星発進。
二日目、千代大龍に叩き込まれて連敗。
三日目、松鳳山を引き落として初日を出す。
四日目、過去8戦全勝の小結玉鷲に、差し違えで敗れ、1勝3敗と黒星先行。
五日目から栃ノ心、琴奨菊、小結栃煌山と実力者に3連勝し、4勝3敗と白星先行に。
八日目、同学年でアマチュア時代からのライバル 北勝富士に3度目の対戦で初めて敗れ、4勝4敗と星が五分に。
十日目は途中出場でまだ白星がなかった碧山に、十一日目優勝争い単独トップの大関豪栄道に敗れて連敗。5勝6敗と黒星先行に。
十二日目、十三日目と連勝して7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
十四日目、横綱日馬富士に寄り切られ、7勝7敗に。
千秋楽、同じ関脇の嘉風と対戦。熱戦の末、嘉風を叩き込んで勝ち越しを決める。
勝ち越しは5場所連続。
場所後の大相撲beyond2020場所で、「横綱五人がかり」で、日馬富士の5人目の相手を務める。(→Nスタ画像



(初) 阿武咲戦 ●叩き込み 2.4秒
 阿武咲、先に手をつく。御嶽海、腰を下ろし、両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手を出して頭から当たろうとする。御嶽海、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で相手を起こそうとする。阿武咲、下から押し上げ、叩いて左へ下がる。御嶽海、前に飛び落ちる。
20170910 315 阿武咲 叩き込み 御嶽海 40

(2) 千代大龍戦 ●叩き込み 2.3秒
 御嶽海、先に手をつく。千代大龍、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肘を固めて頭から当たる。千代大龍、左肘を固めて強烈に当たり、顎に向かって突き上げ、叩きながら引く。御嶽海、前にバッタリ落ちる。
20170911 02 314 千代大龍 叩き込み 御嶽海 37

(3) 松鳳山戦 ○引き落し 2.2秒
 御嶽海、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両手突きから顎に向かって突っ張る。御嶽海、下がらず、顎に向かって押し上げて相手を仰け反らせ、叩いて左に開く。松鳳山、土俵に両手をつく。
20170912 03 315 御嶽海 引き落とし 松鳳山 35

(4) 玉鷲戦 ●押し出し 2.9秒
 御嶽海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。玉鷲、頭から低く当たる。御嶽海、両差しになる。玉鷲、押っ付けながら一気に前に出る。御嶽海、俵に足を掛けながら左から掬う。玉鷲、体が裏返り、御嶽海、右足を俵の外に踏み出す。玉鷲、土俵下に落ちる。軍配、御嶽海。「物言い」がつき、協議の結果、御嶽海の足が先に出ていると判断、「軍配差し違え」で玉鷲の勝ち。
20170913 04 314 玉鷲 押し出し 御嶽海 40

(5) 栃ノ心戦 ○寄り切り 4.9秒
 御嶽海、先に手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、左肘を固めて右手を出し、やや左へ頭から踏み出す。栃ノ心、右肘を固めて当たる。御嶽海、右で押し上げて起こし、相手の手を叩きながら左へ回る。栃ノ心、少し泳ぎ、土俵際向き直って右を差す。御嶽海、右を差し、左で押っ付けながら寄る。栃ノ心、左上手を取るが俵に詰まる。御嶽海、寄り切る。
20170914 05 315 御嶽海 寄り切り 栃ノ心 40

(6) 琴奨菊戦 ○掬い投げ 5.6秒
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手を動かし、左肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から踏み込み、右肘を固めて当たり、両差しになって前に出る。琴奨菊、上体が起きて俵に詰まる。御嶽海、両差しで寄り立て、体を開いて左から掬う。琴奨菊、土俵に落ちる。
20170915 06 314 御嶽海 掬い投げ 琴奨菊 40

(7) 栃煌山戦 ○押し出し 5.8秒
 御嶽海、先に手をつく。栃煌山、腰を下ろし、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たる。御嶽海、右を差し、左も差し込んで両差しになる。栃煌山、左右から押っ付ける。御嶽海、前に出る。栃煌山、左で押っ付けながら右喉輪で押し上げる。御嶽海、左で相手の右手首を掴み、右差しで前に出る。栃煌山、俵伝いに左へ回る。御嶽海、相手の腹を押す。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170916 07 316 御嶽海 寄り切り 栃煌山 40

(中) 北勝富士戦 ●寄り切り 7.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。御嶽海、右手をつこうとする。北勝富士、突っ掛ける。2度目、北勝富士、先に右手をつく。御嶽海、右、左と手をつく。北勝富士、素早く立って頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。北勝富士、低く当たって右上手前廻しを取る。御嶽海、両差しになるが左差し手が窮屈、右筈で脇を押す。北勝富士、右上手を引きつけて前に出る。御嶽海、俵に詰まる。北勝富士、左で顔を押し上げて相手を起こし、寄る。御嶽海、土俵下に落ちる。
20170917 08 315 北勝富士 寄り切り 御嶽海 40

(9) 貴景勝戦 ○引き落し 3.7秒
 御嶽海、先に手をつく。貴景勝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肘を固めて頭から当たる。貴景勝、右手を出して頭から踏み込んで当たり、突き放しながら前に出る。御嶽海、下から撥ね上げるが土俵際。貴景勝、相手を押し出そうとするが、左足が流れて前に落ちる。
20170918 09 316 御嶽海 引き落とし 貴景勝 40

(10) 碧山戦 ●叩き込み 2.2秒
 御嶽海、先に右手をつく。碧山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。碧山、頭から踏み込む。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて当たる。碧山、押し上げ、叩きながら引く。御嶽海、前に飛んで土俵に落ちる。
20170919 10 315 碧山 叩き込み 御嶽海 40

(11) 豪栄道戦 ●寄り切り 4.5秒
 御嶽海、先に手をつく。豪栄道、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。豪栄道、低く当たって左を差す。御嶽海、左を差し、右も巻き替えて差す。豪栄道、左上手を取り、頭をつけて右上手前廻しも取る。御嶽海、両差しになるが仰け反る体勢。豪栄道、両上手を引きつけて寄る。御嶽海、俵に詰まり、右から掬おうとするが俵の外に出る。
20170920 11 317 豪栄道 寄り切り 御嶽海 40

(12) 正代戦 ○叩き込み 4.2秒
 御嶽海、先に右手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立って頭から踏み込む。正代、右かち上げで相手を起こす。御嶽海、突き放しながら体を離す。正代、前に出、右肘を固めて当たり、左を差す。御嶽海、右押っ付けで押し上げる。正代、頭を下げて差そうとする。御嶽海、右に開いて叩く。正代、土俵に両手をつく。
20170921 12 315 御嶽海 叩き込み 正代 40

(13) 逸ノ城戦 ○押し出し 7.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。逸ノ城、右腕を内に入れる。御嶽海、右手を出し、やや左にずれながら頭から当たり、突き放す。逸ノ城、下からあてがい、左上手に手を掛けるが取れず。御嶽海、押す。逸ノ城、右から小手に振るが俵に詰まり、上体が起きる。御嶽海、相手の胸を押す。逸ノ城、俵の外に出る。
20170922 13 316 御嶽海 押し出し 逸ノ城 40

(14) 日馬富士戦 ●寄り切り 15.4秒
 御嶽海、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。御嶽海、素早く立ち、右肘を固め、左腕を内に入れて頭を下げる。日馬富士、頭から低く鋭く踏み込み、左上手前廻しをに手を掛ける。御嶽海、腰を引いて上手を与えず、両差しになる。日馬富士、右上手前廻しを取る。御嶽海、両差し手を返して上手を切ろうとする。日馬富士、左上手前廻しも取って両上手。御嶽海、深い右下手を取るが、やや苦しい体勢。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、両上手を引きつけて前に出る。御嶽海、両下手を持って俵に詰まる。日馬富士、右手を引きつけ、相手の左肘を極め気味に寄る。御嶽海、俵を割る。
20170923 14 318 日馬富士 寄り切り 御嶽海 40
20170923 14 318 日馬富士 寄り切り 御嶽海 45

(楽) 嘉風戦 ○叩き込み 13.8秒
 嘉風、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつき、両者、頭から踏み込む。嘉風、左肘を固めて低く当たり、左押っ付けで前に出、突き放し、左下手に手を掛ける。御嶽海、左へ回りながら右を巻き替える。嘉風、突き放しながら前に出る。御嶽海、右を差す。嘉風、突き上げて左を差す。御嶽海、右上手に手を伸ばすが取れず。嘉風、左下手を持って頭をつける。御嶽海、右で押っ付けて相手の下手を切る。嘉風、押す。御嶽海、左で頭を叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出る。御嶽海、俵の上で右へ開く。嘉風、前に飛んで土俵に落ちる。御嶽海、俵の上で残してから、土俵下に飛び落ちる。勝負後の勝ち名乗りの際、御嶽海、負けたと思ったか、土俵を下りようとする。VTRでは、御嶽海の左手が髷に入っているようにも見えたが、物言いはなし。
20170924 15 317 御嶽海 叩き込み 嘉風 40

《2017年秋場所取組内容・目次へ》