嘉風 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-よしかぜ

小結だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
秋場所は、9場所ぶりに関脇に復帰。35歳5ヶ月での関脇昇進は、昭和以降では最高齢。(→番付発表会見@ニュース7)また、最年長での大関昇進への意欲も示した。(→大関昇進狙う@チェック11
迎えた今場所、初日から4連敗。
五日目、北勝富士を押し出して初日を出す。
七日目、栃ノ心の立合い変化にも動じず、八日目、松鳳山との激しい相撲を制して、4連勝。4勝4敗と星を五分にする。
そのまま十二日目まで8連勝。勝ち越しを決める。(→勝ち越しインタビューの様子
十三日目、豪栄道と優勝争いをしている日馬富士に寄り切られて5敗目。
十四日目、荒鷲に取り直しの末に敗れて6敗目。今場所の二桁勝利ならず。
千秋楽、同じ関脇の御嶽海に熱戦の末に敗れ、8勝7敗で今場所を終える。また、4度目の技能賞を獲得。
勝ち越しは5場所連続。



(初) 千代大龍戦 ●突き出し 3.2秒
 嘉風、仕切り線後方で先に手をつく。千代大龍、腰を下ろし、手をつこうとする。嘉風、突っ掛ける。2度目、千代大龍、先に手をつく。嘉風、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。千代大龍、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。嘉風、右肘を固めて当たる。千代大龍、右喉輪で相手を起こし、突き放しながら前に出る。嘉風、俵に詰まる。千代大龍、相手の胸に突っ張る。嘉風、土俵下客席に倒れ込む。
20170910 314 千代大龍 突き出し 嘉風 40

(2) 阿武咲戦 ●押し倒し 10.8秒
 阿武咲、先に両手をつく。嘉風、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。嘉風、頭から低く当たる。阿武咲、押し上げ、少し引く。嘉風、乗じて押しながら前に出る。阿武咲、土俵際から押しながら中に戻り、左喉輪で押す。両者、力強く押し合う。嘉風、少し引いて左廻しに手を伸ばす。阿武咲、押しながら前に出る。嘉風、俵の外に倒れ、土俵下に尻餅。
20170911 02 315 阿武咲 押し倒し 嘉風 40-2

(3) 豪栄道戦 ●叩き込み 1.0秒
 嘉風、先に両手をつく。豪栄道、腰を下ろし、左、右とサッと手をつく。嘉風、その直前、素早く立ち、頭から踏み込む。豪栄道、その場で立ち、叩いて左に変わる。嘉風、土俵に落ちる。
20170912 03 316 豪栄道 叩き込み 嘉風 40

(4) 琴奨菊戦 ●小手投げ 3.7秒
 嘉風、先に両手をつく。琴奨菊、左手をつく。嘉風、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。琴奨菊、遅れて左肘を固めてその場で立つ。嘉風、左を差して下手を取る。琴奨菊、右で差し手を抱える。嘉風、下手が切れるが、左差しで前に出る。琴奨菊、右に回りながら小手投げを下へ打つ。嘉風、土俵に落ちる。
20170913 04 315 琴奨菊 小手投げ 嘉風 40

(5) 北勝富士戦 ○押し出し 2.4秒
 嘉風、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭からやや左へ踏み出す。嘉風、頭から低く当たる。北勝富士、叩きながら引く。嘉風、乗じて一気に前出る。北勝富士、土俵際、右に回ろうとする。嘉風、許さず押す。北勝富士、土俵下に飛び落ちる。
20170914 05 314 嘉風 押し出し 北勝富士 40

(6) 栃煌山戦 ○寄り切り 21.6秒
 嘉風、先に両手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放す。栃煌山、押しながら前に出る。嘉風、俵に両足を掛けて堪え、左下手を取り、左へ回って中に戻る。栃煌山、右で差し手を抱え、左を差そうとする。嘉風、頭をつけ、左下手を持って右で押っ付け、左へ回りながら右で相手の左手首を掴んで差させず。栃煌山、右で差し手を抱えながら左を差そうとし続ける。嘉風、前に出ながら右を差し勝つ。栃煌山、土俵際、左で首を巻く体勢になる。嘉風、深い両下手を取って寄り切る。
20170915 06 315 嘉風 寄り切り 栃煌山 40

(7) 栃ノ心戦 ○足取り 6.3秒
 嘉風、先に両手をつく。栃ノ心、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込もうとする。栃ノ心、叩きながら左に変わる。嘉風、向き直る。栃ノ心、突っ張りながら下がり、右を差して左上手に手を伸ばす。嘉風、少し引いて体を離し、頭を下げ、浅い両差しになって前に出る。栃ノ心、土俵際、左で頭を押さえつけて叩こうとする。嘉風、右で相手の足を持ち上げる。栃ノ心、俵を割る。
20170916 07 315 嘉風 足取り 栃ノ心 40

(中) 松鳳山戦 ○寄り切り 19.9秒
 嘉風、先に両手をつく。松鳳山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両手を出す。両者、頭で当たり合う。松鳳山、突っ張る。嘉風、下から撥ね上げ、頭を下げるが中に入れず。松鳳山、両差しになろうとする。嘉風、下がって体を離す。松鳳山、右から張って中に入ろうとする。嘉風、左を差す。松鳳山、右押っ付けで押し上げ、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず。松鳳山、叩きながら引く。嘉風、乗じて押しながら前に出る。松鳳山、俵に両足を掛けて堪える。嘉風、中に入ろうとする。松鳳山、相手の腕を撥ね上げて下がらせ、右から張る。嘉風、左を差そうとする。松鳳山、突き放し、押しながら前に出る。嘉風、下からあてがい、押し返す。松鳳山、両差しになろうとする。嘉風、左押っ付けで左に回り、左を差して下手を取る。松鳳山、右上手に手を伸ばす。嘉風、腰を引いて上手を与えず、左下手を引きつけて寄る。松鳳山、上体が起きて俵を割る。嘉風、鼻血で血だらけになる。
〔松鳳山の張り手〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 10 松鳳山の張り手
〔嘉風の寄り切り〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 40
〔流血しながらの勝ち名乗り〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 60 流血

(9) 玉鷲戦 ○寄り切り 9.4秒
 嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左手をつく。嘉風、立とうと先に前のめりになるが止め、立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、時を置いて右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。玉鷲、右喉輪で押そうとする。嘉風、左で押っ付けながら左に回る。玉鷲、突き放す。嘉風、下から中に入り、前に出ながら右下手を取り、両差しでどんどん前に出る。玉鷲、俵に両足を掛けて堪える。嘉風、休まず寄り立てる。玉鷲、土俵下に落ちる。
20170918 09 315 嘉風 寄り切り 玉鷲 40
〔目の上を切った嘉風〕
20170918 09 315 嘉風 寄り切り 玉鷲 60 今日は目の上を切る

(10) 正代戦 ○押し出し 5.1秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。嘉風、腰を下ろし、右手をつく。正代、立とうと前のめりになる。嘉風、ついていた手を戻し、立合いを嫌う。2度目、正代、仕切り線後方で先に両手をつく。嘉風、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、左肘を固め、頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放し、左を差し、右で押っ付けながら一気に前に出る。正代、土俵下に落ちる。
20170919 10 316 嘉風 押し出し 正代 40

(11) 碧山戦 ○押し出し 5.2秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。碧山、右手をつき、左手をサッと動かして立ち、右手で相手の肩を押さえ、頭から低く踏み込む。嘉風、相手の当たりで起こされる。碧山、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず。碧山、叩きながら引く。嘉風、乗じて押しながら一気に前に出る。碧山、俵の外に出る。
20170920 11 316 嘉風 押し出し 碧山 40

(12) 貴景勝戦 ○叩き込み 10.1秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、腰を下ろし、左手をつき、右手をサッと動かして立ち、両手を出す。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で突き放しながら前に出る。嘉風、俵に詰まるが、あてがいながら堪え、押し返す。貴景勝、相手の腕を叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出、左で張る動きを見せ、頭で当たってから体を離す。貴景勝、前のめりになるが堪える。両者、激しく突き放し合う。嘉風、機を見て叩き、左に開く。貴景勝、土俵に落ちる。
20170921 12 316 嘉風 叩き込み 貴景勝 43
〔勝ち越しインタビューを受ける嘉風〕
20170921 12 316 嘉風 叩き込み 貴景勝 75 勝ち越し 10

(13) 日馬富士戦 ●寄り切り 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、素早く立ち、頭から当たろうとする。日馬富士、低く鋭く踏み込んで頭で当たり合い、左を差し、前に出ながら右上手を取って一気に寄り切り。両者、土俵下に落ちる。
20170922 13 318 日馬富士 寄り切り 嘉風 40

(14) 荒鷲戦 ●引き落し 2.0秒
 嘉風、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。嘉風、ふわっと先に立つ。荒鷲、その場で左から張って右前廻しを狙い、左を差して前に出る。しかし、行司 式守勘太夫が止める。2度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、手をサッとついて素早く立ち、左に変わる。嘉風、立てず。3度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、仕切り線後方で右手をつく。嘉風、先にふわっと立つ。荒鷲、左から張り、右肘を固める。嘉風、左肘を固めて頭から当たり、左を差す。荒鷲、右で相手の差し手を抱えて下がり、土俵際で小手投げに行く。嘉風、左掬い投げを返す。両者、片足を大きく上げ、俵の外に倒れる。軍配、荒鷲。「物言い」がつき、協議の結果、体が落ちるのが同時と判断、「取り直し」になる。(3.6秒)
20170923 14 316 01 荒鷲-嘉風 37
<取り直しの相撲>嘉風、先に両手をつく。荒鷲、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、踏み込んで右肘を固める。嘉風、見ながらその場で立ち、左肘を固めて頭から当たる。荒鷲、右肘でかち上げ気味に当たる。両者、体が離れる。嘉風、頭を下げて当たろうとする。荒鷲、左から張り、右で相手の首を抱えて引く。嘉風、土俵に這う。(2.0秒)
20170923 14 316 02 荒鷲 引き落とし 嘉風 40

(楽) 御嶽海戦 ●叩き込み 13.8秒
 嘉風、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつき、両者、頭から踏み込む。嘉風、左肘を固めて低く当たり、左押っ付けで前に出、突き放し、左下手に手を掛ける。御嶽海、左へ回りながら右を巻き替える。嘉風、突き放しながら前に出る。御嶽海、右を差す。嘉風、突き上げて左を差す。御嶽海、右上手に手を伸ばすが取れず。嘉風、左下手を持って頭をつける。御嶽海、右で押っ付けて相手の下手を切る。嘉風、押す。御嶽海、左で頭を叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出る。御嶽海、俵の上で右へ開く。嘉風、前に飛んで土俵に落ちる。御嶽海、俵の上で残してから、土俵下に飛び落ちる。勝負後の勝ち名乗りの際、御嶽海、負けたと思ったか、土俵を下りようとする。VTRでは、御嶽海の左手が髷に入っているようにも見えたが、物言いはなし。
20170924 15 317 御嶽海 叩き込み 嘉風 40
〔傷だらけの嘉風〕
20170924 15 317 御嶽海 叩き込み 嘉風 50 傷だらけ嘉風

〔技能賞受賞〕
20170924 901 三賞受賞者 14 嘉風 自分の番になると正面向く @サンデースポーツ

《2017年秋場所取組内容・目次へ》