FC2ブログ

栃ノ心 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-とちのしん

平幕だった1月場所で初優勝を果たし、10場所ぶりに関脇に復帰した先場所は、10勝5敗の成績で殊勲賞を受賞。次の夏場所で大関昇進を懸けることとなった。→先場所の取組内容

春巡業では精力的に稽古した。
番付発表日の会見では、大関昇進への意欲を示した。→番付発表日会見

稽古総見では、横綱稀勢の里や鶴竜も破り、力強い相撲で存在感を見せた。→稽古総見後コメント (→スポニチ記事 記事が表示されない場合は →こちら
出稽古に来た横綱稀勢の里、出羽海部屋で小結御嶽海、同部屋の栃煌山、碧山らと稽古した。
場所前の取材では、もう一回優勝したいという意欲、大関昇進のチャンスにかける思いを語った。→場所前コメント① 、→場所前コメント②
場所の始まる前日、初めて優勝額贈呈式に出席。1月場所での優勝を思い出し、更に気合いが入ったよう。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら

迎えた今場所、初日は松鳳山と対戦。豪快な吊りを見えるなど、力強い相撲で寄り切って白星発進。→取組後支度部屋
二日目、初顔の阿炎を逃がさず寄り切って連勝。→取組後支度部屋
そのまま白星を連ね、六日目は、豊山にヒヤリとさせられながらも勝って6連勝。単独トップに立つ。この快進撃に中立親方は「前に攻めてから廻しを取っている。左上手にこだわっていない」と指摘。→中立親方解説
七日目、新小結遠藤の休場により不戦勝。
中日、同じ関脇の逸ノ城と対戦。がっぷり力勝負で長引く相撲の多い両者は、今回もやや長めに。相手に吊られる場面もあったが堪え、寄り切りで勝って8連勝。取組後は「(逸ノ城は)前より重かった」とコメント。→取組後支度部屋
そのまま白星を連ねて十一日目を終え、ただ一人全勝の自分を追う1敗力士は、鶴竜と白鵬の2横綱のみとなる。翌十二日目、白鵬と対戦が組まれ、支度部屋で意欲をみせる。→支度部屋であすの白鵬戦について
その十二日目、過去25戦全敗の相手 横綱白鵬と対戦。右四つがっぷりで廻しを引きつけ合う展開に。40秒を超える相撲の末、寄り切り。初めて白鵬を破って12連勝。大関昇進に向け、大きな星を上げた。→取組後支度部屋 →中立親方白鵬戦解説
翌十三日目、正代に引き落とされて初黒星。1敗で横綱鶴竜と並ぶ。→取組後支度部屋「きょうの相撲は忘れたい」
十四日目、鶴竜と相星対戦。相手に中に入られ、苦しい体勢になり、上手投げに行くところを掬い投げを返されて連敗。ついにトップを明け渡す→取組後支度部屋
千秋楽、取組前に大関昇進が事実上決まり、技能賞受賞が決定。千秋楽の一番に勝てば、敢闘賞の受賞も。その勢戦では、寄り切りで勝ち、優勝決定を結びの一番まで延長。敢闘賞受賞も決める。
 →取組後インタビュー →取組を見守るジョージアの家族ら
今場所は13勝2敗と優勝に次ぐ成績を上げ、敢闘賞技能賞の三賞W受賞。3場所連続二桁勝利。勝ち越しは4場所連続。
逸ノ城戦の47.7秒は、今場所の幕内最長取組。平均取組時間15.2秒は、今場所の幕内最長。
寄り切りで9回勝ったのは、今場所の最多同一決まり手勝利数。

一夜明け会見では、大関昇進を決め「もっと頑張らないと」と話す。(優勝一夜明け会見 →①TBS→②NHK)(→春日野親方コメント)(伝達式での口上について →①栃ノ心→②春日野親方)(→栃ノ心、師匠と握手
伝達式前日は、「楽しみだけれど緊張する」と言いつつ、まだリラックスした表情。→伝達式前日
5月30日、昇進が正式に決まり、大関昇進伝達式に臨む。その際、栃ノ心は「親方の教えを守り、力士の手本となるように、稽古に精進します」と口上を述べる。(→伝達式) 伝達式直後の会見では、『親方』という言葉をどうしても入れたかった」と話す。(口上について: →栃ノ心→春日野親方)(その他:→会見後、足がしびれた栃ノ心 →ジョージア国旗を持って騎馬
(伝達式後NHKインタビュー →①伝達式を終えて→②来日後の苦労→③怪我をして変わった相撲、、→④目指すのは「強い大関」
(元栃乃若の李大源さん、栃ノ心について →①(昇進は)うれしい→②(栃ノ心は)兄貴→③魚を食べるのが異常にうまい→④忙しい中返信→⑤兄弟子の活躍に刺激受ける


(初) 松鳳山戦 ○寄り切り 14.4秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとつく。松鳳山、素早く立ち、左腕を前に出して踏み込む。栃ノ心、左肘で相手の顎にかち上げる。松鳳山、顎に向かって突っ張り、両差しになる。栃ノ心、右上手を取り、左で差し手を抱えて前に出る。松鳳山、土俵際から中に戻り、両下手を取る。栃ノ心、右上手が伸び、肩越しの左上手を取って吊り上げる。松鳳山、両下手で振って相手を土俵際にする。栃ノ心、土俵際、左上手で振る。松鳳山、右足が一瞬俵の外を掃く。栃ノ心、気づかず、再び相手を浮かせて俵の外に出す。松鳳山、土俵下に落ちる。
〔松鳳山を吊る 栃ノ心〕
20180513 01 317 栃ノ心 寄り切り 松鳳山 30 吊り上げる
〔栃ノ心の寄り切り〕
20180513 01 317 栃ノ心 寄り切り 松鳳山 39 足が出る

(2) 阿炎戦 ○寄り切り 11.7秒
 阿炎、両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつく。阿炎、長い腕で相手が完全に立つ前に両手突き、相手を起こして突っ張る。栃ノ心、上体が起きるが堪え、突き返して前に出る。阿炎、土俵際、右上手を探るが取れず。両者、突っ張り合い。栃ノ心、左廻しを取って前に出る。阿炎、右で相手の左腕を抱え、土俵際を右に回る。栃ノ心、両下手を取って引きつけ、前に出る。阿炎、俵の外に出る。
20180514 02 316 栃ノ心 寄り切り 阿炎 35

(3) 玉鷲戦 ○叩き込み 6.9秒
 栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、左手をつく。栃ノ心、素早く立って突っ掛ける。2度目、栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、両手をサッとつく。栃ノ心、右を差す。玉鷲、頭から当たり、左で押っ付け、突き放す。栃ノ心、突き返しながら前に出、右を差す。玉鷲、土俵際、突き放す。栃ノ心、右のど輪で押し上げ、右を差す。玉鷲、左で押っ付ける。栃ノ心、左で叩いて右に開く。玉鷲、土俵にバッタリ這う。栃ノ心、その後 体勢を崩し、右手を玉鷲の尻に当てながら土俵に倒れる。
20180515 03 317 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 43

(4) 御嶽海戦 ○寄り切り 3.3秒
 御嶽海、先に右手をつくがその手を戻す。栃ノ心、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。御嶽海、左肘を固めて当たり、左を差す。栃ノ心、左上手を取って力強く前に出る。御嶽海、両差しになるが、上体が起きて俵を割る。
20180516 04 316 栃ノ心 寄り切り 御嶽海 38

(5) 魁聖戦 ○寄り切り 12.7秒
 魁聖、先に両手をつく。栃ノ心、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。魁聖、右肘を固めて当たる。栃ノ心、左上手前廻しを取り、頭をつけ、右前廻しも取る。魁聖、右差しで右に回り、肩越しの左上手を取る。栃ノ心、頭を上げ、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、腰が伸びて俵を割る。
20180517 05 317 栃ノ心 寄り切り 魁聖 40

(6) 豊山戦 ○突き落し 9.6秒
 豊山、仕切り線後方で先に両手をつく。栃ノ心、両手をサッとつく。豊山、左肘を固め、右手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて踏み込んで当たる。豊山、突っ張る。栃ノ心、上突っ張りで返す。豊山、頭をつけて前に出る。栃ノ心、左で首を巻き、右で押っ付けながら土俵際を右に回る。豊山、乗じて押しながら前に出る。栃ノ心、左で頭を叩きながら大きく引き、土俵際で右に開く。豊山、体が飛び、土俵下に倒れ込む。
20180518 06 316 栃ノ心 突き落とし 豊山 38

(7) 遠藤戦 □ 不戦勝 
 遠藤、右上腕二頭筋遠位部断裂のため、休場。
20180519 07 317 栃ノ心 不戦勝 遠藤カット

(中) 逸ノ城戦 ○寄り切り 47.7秒
 逸ノ城、両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつく。逸ノ城、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。逸ノ城、左上手を取ってすぐに前に出る。栃ノ心、右下手を取り、土俵際で左上手を取って少し中に戻る。両者、右四つがっぷりで少し止まる(約2秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけ、相手を吊る。栃ノ心、堪えて中に戻り、左上手を手前にする。両者、右四つがっぷりで止まる(約13秒間)。逸ノ城、右差し手を返して相手の上手を切ろうとする。栃ノ心、右下手投げで振り、左を巻き替えて両差しになる。逸ノ城、外四つになる。両者、止まる(約5秒間)。栃ノ心、両下手を引きつけて前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。栃ノ心、腰をぶつけてあおる。逸ノ城、俵の上で堪えるが、ついに俵を割る。
〔栃ノ心を吊る 逸ノ城〕
20180520 08 317 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 15 吊る逸ノ城
〔栃ノ心の寄り切り〕
20180520 08 317 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 37
〔勝ち越しインタビューを受ける栃ノ心〕
20180520 08 317 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 75 勝ち越しインタビュー 10

(9) 大栄翔戦 ○寄り切り 9.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。栃ノ心、両手をサッとつく。大栄翔、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、左手を出して当たる。大栄翔、突き放そうとする。栃ノ心、前に出ながら右を差し、左上手を取る。大栄翔、右差しで右に回る。栃ノ心、右下手も取り、一呼吸後、両廻しを引きつけ、相手を吊りながら前に出、そのまま寄り切る。
20180521 09 317 栃ノ心 寄り切り 大栄翔 35

(10) 千代大龍戦 ○寄り切り 6.4秒
 栃ノ心、手をつく。千代大龍、すぐに両手をサッとつく。その直前、栃ノ心、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。栃ノ心、左上手を取り、体勢を低くして右押っ付けで押し上げる。千代大龍、右腕を返して相手の上手を切り、左を差そうとする。栃ノ心、両上手を取り、相手を浮かせ、一気に前に出る。千代大龍、俵の外に出る。
〔千代大龍を吊り上げて寄る 栃ノ心〕
20180522 10 317 栃ノ心 寄り切り 千代大龍 30 吊る

(11) 琴奨菊戦 ○上手投げ 7.8秒
 琴奨菊、仕切り線後方で左手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。琴奨菊、すぐに左上手前廻しを取る。栃ノ心、左上手を取れず、腰を振って相手の上手を切ろうとする。琴奨菊、左上手を離さず、右差し手を返して前に出る。栃ノ心、右下手で振って堪え、左上手を取る。両者、胸が合い、琴奨菊、右下手を取る。栃ノ心、左上手で投げながら左膝で相手を裏返し、投げ捨てる。琴奨菊、土俵に転がる。
20180523 11 318 栃ノ心 上手投げ 琴奨菊 37
20180523 11 318 栃ノ心 上手投げ 琴奨菊 40

(12) 白鵬戦 ○寄り切り 40.4秒
 白鵬、相手が手をつく前に、右手をサッとついて突っ掛ける。2度目、栃ノ心、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。白鵬、低く当たって左上手前廻しを取る。栃ノ心、左上手、右下手を取る。両者、右四つがっぷりになる。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。白鵬、やや土俵際になるが、堪えて中に戻る。両者、少し止まる(約3秒間)。両者、廻しの引きつけ合い。白鵬、右下手で振る。栃ノ心、左上手で振り返す。白鵬、やや土俵際になるが、中に戻る。両者、土俵中央、右四つがっぷりで止まる(約12秒間)。白鵬、廻しを引きつける。栃ノ心、両廻しを引きつけ、左へ寄って相手を土俵際にする。白鵬、俵に詰まる。栃ノ心、両廻しを引きつけて寄る。白鵬、俵の上で堪える。栃ノ心、休まず寄り立て、右下手を離して右のど輪で押す。白鵬、ついに俵を割る。
20180524 12 319 栃ノ心 寄り切り 白鵬 40
20180524 12 319 栃ノ心 寄り切り 白鵬 45
〔座布団の舞う中、勝ち名乗りを受ける栃ノ心〕
20180524 12 319 栃ノ心 寄り切り 白鵬 55 座布団の舞う館内 15
20180524 12 319 栃ノ心 寄り切り 白鵬 60 座布団を片づける呼出し
〔殊勲インタビューを受ける 栃ノ心〕
20180524 12 319 栃ノ心 寄り切り 白鵬 75 殊勲インタビュー 30 微笑

(13) 正代戦 ●引き落し 6.7秒
 正代、先に両手をつく。栃ノ心、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、左肘を固めて当たる。栃ノ心、左上手に手を伸ばすが取れず、右で押っ付け、右を差そうとしながら前に出る。正代、左を差す。栃ノ心、右で押っ付け、左のど輪で押し上げる。正代、左差しで堪える。栃ノ心、下がりながら右を巻き替えようとする。正代、乗じて前に出る。栃ノ心、右を差そうとする。正代、一気に引く。栃ノ心、前のめりになって土俵に落ち、正代、俵の上右足一本で残してから土俵に落ちる。
20180525 13 317 正代 引き落とし 栃ノ心 42

(14) 鶴竜戦 ●掬い投げ 27.0秒
 栃ノ心、手をつく。鶴竜、すぐに手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固める。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、左を差す。鶴竜、頭をつけて右で押っ付け、右で顎を突き上げてから右を差し、左で差し手争い。栃ノ心、左上手を取り、右を差そうとする。鶴竜、右下手を取り、下手投げで振って左を巻き替えて両差しになる。栃ノ心、両上手を引きつけて前に出るが、右上手が伸びる。鶴竜、土俵際を右に回って中に戻り、深い両下手を取る。栃ノ心、相手を腹に乗せるようにして前に出る。鶴竜、土俵際、両下手を引きつけて堪え、右に回って体を入れ替える。栃ノ心、両上手を持って中に戻る。鶴竜、頭をつけ、下手を持った両肘を張る。栃ノ心、右足で相手の右足を蹴る。鶴竜、堪える。両者土俵中央、鶴竜が肘を張りながら両下手を持って低い体勢、栃ノ心が両上手を持って上体が起きた体勢で、少し止まる(約2秒間)。鶴竜、両下手を引きつけて前に出る。栃ノ心、右で首を巻きながらの左上手投げで体を入れ替えようとする。鶴竜、廻しを離し、右掬い投げ。栃ノ心、上手が切れて土俵に落ちる。
〔鶴竜の掬い投げ〕
20180526 14 318 鶴竜 掬い投げ 栃ノ心 35
20180526 14 318 鶴竜 掬い投げ 栃ノ心 38
〔土俵を叩いて悔しがる 栃ノ心〕
20180526 14 318 鶴竜 掬い投げ 栃ノ心 50 土俵を叩く 01

(楽) 勢戦 ○寄り切り 8.6秒
 勢、右手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。勢、左で押っ付ける。栃ノ心、突き放し、左上手を取り、右をねじ込んで下手を取る。勢、右差しで一気に前に出、左上手を取る。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。勢、俵に詰まり、右下手も取る。栃ノ心、がぶる。勢、左上手が切れ、俵を割る。
20180527 15 319 栃ノ心 寄り切り 勢 37

《2018年夏場所取組内容・目次へ》