FC2ブログ

逸ノ城 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-いちのじょう

16場所ぶりに三役に復帰、小結だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容

4月7日の誕生日で25歳に。「大関目指して頑張ります」と力強く宣言。→25歳誕生日
番付発表後に行われた身体測定では、前回測定から10キロ増えて自己最高を更新する225キロとなり、関取最重量。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
時津風部屋への出稽古では、これまで歯が立たなかった横綱白鵬に4勝2敗と勝ち越し、自信をつけた。(→スポーツ報知記事 記事が表示されない場合は →こちら

2015年7月以来、17場所ぶり関脇に復帰した今場所、初日は、初顔の阿炎を押し出して白星発進。
二日目、204キロの魁聖を寄り切って連勝。
三日目の大栄翔戦では、相手の立合い変化からの動きに翻弄され、一気に引きながら叩き込み、。「物言い」がつくも勝って3連勝。
四日目は、初青の豊山を寄り切って、三役で初めて初日から4連勝。横綱白鵬、今場所大関昇進を懸ける関脇栃ノ心、平幕の正代と並んでトップ。
五日目、新小結の遠藤に寄り切られて初黒星。そこから黒星が連なる。
中日はここまで勝ちっ放しの栃ノ心と対戦。途中、相手を吊り上げる場面もあったが、50秒近い相撲の末、寄り切られて4連敗。4勝4敗と五分になる。
九日目、大関豪栄道の休場による不戦勝で、白星ひとつ先行に。
十日目正代、十一日目千代大龍と連勝し、7勝と勝ち越しまであと一つとする。
十二日目元大関琴奨菊、十三日目横綱鶴竜と完敗。2連敗と足踏み。
十四日目、横綱白鵬を上手投げで倒し、勝ち越しを決める。白鵬は、この黒星により、優勝の可能性がなくなる。
千秋楽、小結御嶽海に押し出され、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越し5場所連続。関脇での勝ち越しは、新関脇だった2014年11月場所以来。
栃ノ心戦の47.7秒は、今場所の幕内最長取組。平均取組時間13.8秒は、今場所幕内で2番目の長さ。



(初) 阿炎戦 ○押し出し 6.2秒
 阿炎、先に手をつく。逸ノ城、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きで相手を起こし、右に開いて右上手を取る。逸ノ城、向き直り、左で差し手を抱える。阿炎、引いて左へ回り、相手の右腕を手繰る。逸ノ城、土俵際の相手を押す。阿炎、仰け反りながらも左へ回り込もうとする。逸ノ城、逃さず押す。阿炎、土俵下に落ちる。
20180513 01 316 逸ノ城 押し出し 阿炎 35

(2) 魁聖戦 ○寄り切り 14.8秒
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、やや左にずれ、両腕を内に入れる。逸ノ城、右肘を固めて踏み込み、左上手に手を掛ける。魁聖、左に回って上手を与えず、右下手を取る。逸ノ城、右下手を取り、少し引いて左を巻き替えようとする。魁聖、乗じて少し前に出る。逸ノ城、左上手に手を伸ばして取り、じりじり左に回り、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、右下手が切れて俵に詰まる。逸ノ城、腰を下ろして寄り切る。
20180514 02 317 逸ノ城 寄り切り 魁聖 40

(3) 大栄翔戦 ○叩き込み 10.9秒
 大栄翔、先に両手をつく。逸ノ城、腰を下ろし、両手をサッとつく。その直前、大栄翔、素早く立つ。逸ノ城、両手を出す。大栄翔、両手を出して左に変わり、左から突いていなす。逸ノ城、向き直る。大栄翔、押しながら前に出る。逸ノ城、押し返す。大栄翔、引いて左に開く。逸ノ城、向き直る。大栄翔、右のど輪で押し上げる。逸ノ城、押し返し、頭を叩きながら一気に引く。大栄翔、土俵に手をついて落ち、逸ノ城、俵の外に出る。軍配、逸ノ城。「物言い」がつき、両者が同時か協議した結果、藤島審判長は「大栄翔の手が先についている」と説明、「軍配通り」、逸ノ城の勝ちとなる。VTRでは、スローで見てわずかに大栄翔の手が先かという、かなり微妙なタイミングだった。
20180515 03 316 逸ノ城 叩き込み 大栄翔 40
〔説明する藤島審判長〕
20180515 03 316 逸ノ城 叩き込み 大栄翔 60 説明する藤島審判長 02

(4) 豊山戦 ○寄り切り 6.4秒
 豊山、先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張る。豊山、頭から踏み込み、右筈で脇を押し上げる。逸ノ城、右を差し、左上手に手を伸ばして取る。豊山、腰を振り、右差し手を返すが上手を切れず。逸ノ城、左上手を引きつけて寄る。豊山、俵を割る。
20180516 04 317 逸ノ城 寄り切り 豊山 40

(5) 遠藤戦 ●寄り切り 34.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張り、右肘を固めて当たる。遠藤、右を差す。逸ノ城、右から突いて体を離す。遠藤、向き直って右前廻しを取る。逸ノ城、左で差し手を抱え、右から絞る。遠藤、右下手を取り直す。逸ノ城、左上手に手を伸ばす。遠藤、腰を振って上手を与えず、頭をつけ、右下手を持ち、左も差そうとしながら前に出る。逸ノ城、俵に詰まるが、肩越しの左上手を取り、左に回って中に戻る。遠藤、左廻しも取り、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、左上手を持ち、右で頭を抱えながら上手投げで一回転近く振り回す。遠藤、廻しを持って左足一本で残し、すぐに頭をつける。逸ノ城、右を差し込む。両者、右四つ、遠藤が頭をつけて両廻し、逸ノ城が肩越しの左上手を持った体勢。遠藤、左上手を手前に取り直し、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、上体が起きて俵を割る。
〔上手投げで振り回す逸ノ城〕
20180517 05 316 遠藤 寄り切り 逸ノ城 20 上手投げで振り回す逸ノ城
〔遠藤の寄り切り〕
20180517 05 316 遠藤 寄り切り 逸ノ城 40

(6) 玉鷲戦 ●押し出し 6.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。逸ノ城、右腕を内に入れて胸で当たる。玉鷲、左押っ付け、右のど輪で押し上げ、突き放す。逸ノ城、下がらず、堪える。玉鷲、右筈、左押っ付けで前に出る。逸ノ城、左足が俵に詰まる。玉鷲、押す。逸ノ城、土俵下に落ちる。
20180518 06 317 玉鷲 押し出し 逸ノ城 40

(7) 松鳳山戦 ●下手投げ 10.3秒
 逸ノ城、先に両手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。逸ノ城、左で首を巻き、右で突く。松鳳山、乗じて前に出、両差しになる。逸ノ城、外から抱え、左上手を探る。松鳳山、腰を引いて上手を与えず。逸ノ城、左上手、更に右上手を探る。松鳳山、腰を捻って上手を与えず、そのまま右に回って右下手投げ。逸ノ城、土俵に転がる。
20180519 07 316 松鳳山 下手投げ 逸ノ城 40

(中) 栃ノ心戦 ●寄り切り 47.7秒
 逸ノ城、両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつく。逸ノ城、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。逸ノ城、左上手を取ってすぐに前に出る。栃ノ心、右下手を取り、土俵際で左上手を取って少し中に戻る。両者、右四つがっぷりで少し止まる(約2秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけ、相手を吊る。栃ノ心、堪えて中に戻り、左上手を手前にする。両者、右四つがっぷりで止まる(約13秒間)。逸ノ城、右差し手を返して相手の上手を切ろうとする。栃ノ心、右下手投げで振り、左を巻き替えて両差しになる。逸ノ城、外四つになる。両者、止まる(約5秒間)。栃ノ心、両下手を引きつけて前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。栃ノ心、腰をぶつけてあおる。逸ノ城、俵の上で堪えるが、ついに俵を割る。
〔吊る逸ノ城〕
20180520 08 317 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 15 吊る逸ノ城
〔栃ノ心の寄り切り〕
20180520 08 317 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 37

(9) 豪栄道戦 □ 不戦勝 
 豪栄道、左足関節離断性骨軟骨炎のため、休場。
20180521 09 318 逸ノ城 不戦勝 豪栄道

(10) 正代戦 ○押し出し 4.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をつく。逸ノ城、素早く立ち、右肩から踏み込む。正代、その場で立ち、両差しを狙う。逸ノ城、左上手に手を伸ばす。正代、腰を引いて上手を与えず、右を差すが左を差せず、少し引く。逸ノ城、前に出、顎に向かって突き放す。正代、左で突こうとするが俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。
20180522 10 318 逸ノ城 押し出し 正代 40

(11) 千代大龍戦 ○送り出し 4.7秒
 両者、ほぼ同時に両手をサッとついて立つ。逸ノ城、右腕を内に入れて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて踏み込み、突き放そうとする。逸ノ城、左を差し、右上手を取り、すぐに上手出し投げを打つ。千代大龍、相手に背中を見せる。逸ノ城、後ろから押す。千代大龍、俵の外に出る。
〔出し投げを打つ 逸ノ城〕
20180523 11 317 逸ノ城 送り出し 千代大龍 30 逸ノ城の出し投げ
〔逸ノ城の送り出し〕
20180523 11 317 逸ノ城 送り出し 千代大龍 40

(12) 琴奨菊戦 ●寄り切り 14.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。琴奨菊、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、右腕を内に入れる。琴奨菊、左肘を固めてやや右へ踏み出し、左を差して右で相手の差し手を抱える。逸ノ城、左下手を取る。琴奨菊、右で押っ付けながら前に出ようとする。逸ノ城、左下手を持って堪える。琴奨菊、右を巻き替えて両差しになり、前に出ようとする。逸ノ城、右で首を巻き、左上手投げで振り回す。琴奨菊、堪え、両差し手を返して前に出る。逸ノ城、俵に詰まり、叩こうとする。琴奨菊、落ちずに寄り切る。
〔上手投げで振る 逸ノ城〕
20180524 12 317 琴奨菊 寄り切り 逸ノ城 25 上手投げで振る逸ノ城
〔琴奨菊の寄り切り〕
20180524 12 317 琴奨菊 寄り切り 逸ノ城 40

(13) 鶴竜戦 ●寄り切り 17.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。鶴竜、両手をサッとつき、左から張る。逸ノ城、右腕を内に入れて当たる。鶴竜、右下手を取り、左も差そうとしながら前に出る。逸ノ城、左で差し手を抱え、右を巻き替え、左上手に手を伸ばして取る。鶴竜、左を巻き替えて両差しになる。逸ノ城、右で押っ付け、左上手を持って前に出る。鶴竜、左下手も取って両下手になる。逸ノ城、右上手を取り、肩越しの両上手になる。鶴竜、右肘を張って相手の左上手を切ろうとするが切れず、両下手を持って前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。鶴竜、がぶる。逸ノ城、両上手を持って堪えるが、左上手が切れて俵を割る。
20180525 13 319 鶴竜 寄り切り 逸ノ城 40

(14) 白鵬戦 ○上手投げ 12.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて低く踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たる。白鵬、すぐに左上手を取る。逸ノ城、右を差して左上手を取り、腰を引いて相手の上手を切り、右差しで前に出る。白鵬、右下手で振り、左で差し手争いをしながら右に回る。逸ノ城、左上手を取り、右を固めて相手に差させず、左上手を引きつけて前に出る。白鵬、右下手を持って堪えるが、左足が俵に掛かる。逸ノ城、土俵内に左上手投げ。白鵬、前に泳ぎ、土俵に左手をついて転がる。
20180526 14 319 逸ノ城 上手投げ 白鵬 40
〔殊勲インタビューを受ける逸ノ城〕
20180526 14 319 逸ノ城 上手投げ 白鵬 75 殊勲インタビュー逸ノ城 10

(楽) 御嶽海戦 ●押し出し 3.2秒
 御嶽海、先に右手をつく。逸ノ城、両手をサッとつく。御嶽海、右手を出す。逸ノ城、左手を出して相手の肩を押さえる。御嶽海、筈で相手の脇を押し上げ、前に出る。逸ノ城、上体が起き、土俵際叩こうとする。御嶽海、そのまま押し出す。勝負後、御嶽海、足を気にする。
20180527 15 318 御嶽海 押し出し 逸ノ城 40

《2018年夏場所取組内容・目次へ》