FC2ブログ

遠藤 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-えんどう

前頭筆頭だった先場所は、9勝6敗の成績を上げ、2度目の技能賞を受賞した。→先場所の取組内容

巡業では横綱鶴竜に、怪我のことでアドバイスを受けた。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
4月30日の番付発表で、新小結となった。会見では、数々の怪我を乗り越え、「怪我との付き合い方が見えてきた」と語った。→NHK正午→NW9→NW9怪我との付き合い方について (→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
稽古総見では、横綱白鵬に三番稽古に指名され、その後更に胸を出してもらった。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
また、境川部屋に初めて出稽古。大関豪栄道と連日稽古した。境川親方が稽古総見の際、「うちの部屋に稽古に来い」と誘って実現したよう。→大相撲中継レポ
場所前注目力士として、デーモン閣下に紹介された。→おはよう日本『ウルワシコボーイズ』→おはよう日本『ショウタイム』

初めて三役で迎えた今場所、初日は横綱鶴竜に引き落とされて黒星発進。
二日目、初めて上位に上がった豊山を引き落として初白星。
三日目、場所前稽古した 大関豪栄道を肩透かしで倒して連勝。
四日目、初顔の阿炎に吹っ飛ばされて2敗目。
五日目、225キロと関取最重量で関脇の逸ノ城と対戦。頭をつけ、相手の強引な上手投げをこらえ、寄り切って3勝目。勝ちっ放しの相手に土をつける。→NW9中立親方解説
六日目、御嶽海との小結対決に敗れ、3勝3敗と五分に。遠藤は 全く変わった様子を見せなかったが、この取組で右上腕を負傷
翌七日目から休場。→遠藤休場→スポニチ記事 記事が表示されない場合は →こちら
手術することも考えられたが結局受けず、再出場を決断。→遠藤再出場へ
十日目から土俵に復帰。毎日懸命に相撲を取って土俵を沸かせるが、白星につながらず 6連敗3勝10敗2休で今場所を終える。
負け越しは、途中休場した昨年7月場所以来、5場所ぶり。



(初) 鶴竜戦 ●引き落し 4.7秒
 遠藤、手をサッとついて突っ掛ける。2度目、両者、ほぼ同時に手をサッとつく。遠藤、左肘を固めて踏み込む。鶴竜、左手を出し、頭から低く当たる。遠藤、突き放す。鶴竜、下からあてがって下がらず、左から張って廻しを探るが取れず、押しながら前に出、叩きながら引く。遠藤、土俵に落ちる。
20180513 01 320 鶴竜 引き落とし 遠藤 40

(2) 豊山戦 ○引き落し 13.3秒
 豊山、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、両手を出して頭から踏み込む。遠藤、低く当たる。豊山、突き放す。遠藤、突き返して前に出、相手の左腕を叩きながら引く。豊山、乗じて押しながら前に出る。遠藤、相手の右腕を押さえ、土俵際を左へ回る。豊山、突っ張る。遠藤、土俵際、押し返す。豊山、叩きながら右に回る。遠藤、体勢を崩さず、突き放しながら前に出る。豊山、土俵際堪える。遠藤、相手の右腕を手繰って引く。豊山、土俵に這う。
20180514 02 315 遠藤 引き落とし 豊山 40

(3) 豪栄道戦 ○肩透かし 11.5秒
 豪栄道、先に右手をついて時をおき、左手をサッとついて立つ。遠藤、両手をサッとつく。豪栄道、両肘を固め、頭から踏み込む。遠藤、低く当たり、左を差して右で押っ付ける。豪栄道、突き放し、相手の腕を叩きながら引く。遠藤、乗じて突っ張りながら前に出る。豪栄道、土俵際から押しながら中に戻り、叩きながら引いて土俵際を左へ回る。遠藤、落ちずに向き直り、左押っ付けで前に出る。豪栄道、右半身になるが向き直る。遠藤、右を差し、肩透かしを引く。豪栄道、土俵にバッタリ落ちる。
20180515 03 318 遠藤 肩透かし 豪栄道 40

(4) 阿炎戦 ●突き出し 10.0秒
 阿炎、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつく。阿炎、素早く立って両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。遠藤、俵に詰まり、相手の右腕を手繰って左へ回り、突き返して前に出る。阿炎、突っ張る。遠藤、再び相手の右腕を手繰るが俵に詰まる。阿炎、土俵際の相手を突く。遠藤、土俵下に吹っ飛んで尻餅。
〔阿炎の腕を手繰る遠藤〕
20180516 04 315 阿炎 突き出し 遠藤 30 阿炎の腕を手繰る遠藤
〔阿炎の突き出し〕
20180516 04 315 阿炎 突き出し 遠藤 40
〔土俵下に吹っ飛んだ遠藤と 土俵上の阿炎〕
20180516 04 315 阿炎 突き出し 遠藤 45

(5) 逸ノ城戦 ○寄り切り 34.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張り、右肘を固めて当たる。遠藤、右を差す。逸ノ城、右から突いて体を離す。遠藤、向き直って右前廻しを取る。逸ノ城、左で差し手を抱え、右から絞る。遠藤、右下手を取り直す。逸ノ城、左上手に手を伸ばす。遠藤、腰を振って上手を与えず、頭をつけ、右下手を持ち、左も差そうとしながら前に出る。逸ノ城、俵に詰まるが、肩越しの左上手を取り、左に回って中に戻る。遠藤、左廻しも取り、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、左上手を持ち、右で頭を抱えながら上手投げで一回転近く振り回す。遠藤、廻しを持って左足一本で残し、すぐに頭をつける。逸ノ城、右を差し込む。両者、右四つ、遠藤が頭をつけて両廻し、逸ノ城が肩越しの左上手を持った体勢。遠藤、左上手を手前に取り直し、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、上体が起きて俵を割る。
〔上手投げで振り回す逸ノ城〕
20180517 05 316 遠藤 寄り切り 逸ノ城 20 上手投げで振り回す逸ノ城
〔遠藤の寄り切り〕
20180517 05 316 遠藤 寄り切り 逸ノ城 40

(6) 御嶽海戦 ●上手出投 6.0秒
 御嶽海、先に手をつく。遠藤、両手をサッとつく。御嶽海、頭から踏み込み、右肘を固めて当たる。遠藤、低く当たる。御嶽海、右肘でかち上げ、突っ張りながら前に出る。遠藤、相手の右腕を手繰りながら左に回り、相手の手を撥ね上げ、右前廻しを取る。御嶽海、叩きながら引き、肩越しの左上手を取って左に開き、出し投げ。遠藤、土俵にバッタリ倒れる。
20180518 06 315 御嶽海 上手出し投げ 遠藤 38

(7) 栃ノ心戦 ■ 不戦勝 
 遠藤、右上腕二頭筋遠位部断裂のため、休場。
20180519 07 317 栃ノ心 不戦勝 遠藤カット

(中) (9)  休場
 
(10) 白鵬戦 ●送り出し 9.9秒
 遠藤、右手をつく。白鵬、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて頭から低く踏み込む。白鵬、右肘でかち上げ気味に当たる。遠藤、引き、土俵際、叩きながら右に回る。白鵬、土俵際、踏みとどまり、突き放しながら前に出る。遠藤、下がって体を離し、右前廻しを探る。白鵬、張り手をまじえて突き放す。遠藤、突き返し、右廻しを探る。白鵬、叩いて右に回る。遠藤、左前廻しを探る。白鵬、右で押っ付けながら前に出る。遠藤、土俵際、後ろ向きになる。白鵬、相手の尻を押す。遠藤、土俵下に飛び落ちる。
20180522 10 320 白鵬 送り出し 遠藤 40

(11) 玉鷲戦 ●突き出し 4.0秒
 遠藤、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、両腕を内に入れる。玉鷲、頭から踏み込んで当たり、突き放しながら前に出る。遠藤、上体が起きて俵に詰まる。玉鷲、左から突く。遠藤、相手に背中を向けて俵の外に出る。
20180523 11 316 玉鷲 突き出し 遠藤 40

(12) 魁聖戦 ●突き落し 5.0秒
 魁聖、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右腕を内に入れる。遠藤、やや左へ踏み出し、左肘を固めて頭から当たり、左から突く。魁聖、向き直る。遠藤、右で突き上げ、前に出て左を差す。魁聖、右上手を取る。遠藤、左差し手を返して前に出る。魁聖、上手が切れて俵に詰まり、逆の左から突く。遠藤、右足を大きく上げて傾き、土俵に落ちる。
20180524 12 316 魁聖 突き落とし 遠藤 37

(13) 松鳳山戦 ●押し出し 10.2秒
 遠藤、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張る。遠藤、右前廻しを探るが取れず。松鳳山、顔に向かって突っ張り、右に開く。遠藤、泳ぎかけるが止まり、向き直る。松鳳山、体勢を崩しかけて左半身になる。遠藤、土俵際、右で後ろ廻しに手を掛ける。松鳳山、向き直って廻しを与えず、突っ張り、右から張る。遠藤、左下手を探る。松鳳山、右で小手に巻き、引いて体を離し、土俵際。両者、見合う。松鳳山、前に出て右から張る。遠藤、右に回る。松鳳山、前に出て突っ張る。遠藤、土俵際、相手の右腕を手繰る。松鳳山、取られた腕を抜く。遠藤、土俵下に飛び落ちる。
20180525 13 315 松鳳山 押し出し 遠藤 42

(14) 千代大龍戦 ●押し出し 2.4秒
 遠藤、先に両手をつく。千代大龍、手を動かすがつかず。遠藤、手を戻し、腰を上げる。両者、仕切り直し。2度目、千代大龍、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左手を出して踏み込む。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて当たり、顎に向かって突き放しながら前に出る。遠藤、土俵際、右から突いていなす。両者、体が離れ、俵の外に出て土俵下に落ちる。木村玉治郎、軍配を千代大龍に上げる。「物言い」がつき、同体か協議した結果、高田川審判長は「遠藤の足が先に出ている」と説明、「軍配通り」、千代大龍の勝ちとなる。
20180526 14 317 千代大龍 押し出し 遠藤 40
〔説明する高田川審判長〕
20180526 14 317 千代大龍 押し出し 遠藤 60 高田川審判長

(楽) 千代翔馬戦 ●上手投げ 4.8秒
 遠藤、先に右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつく。遠藤、左手を出す。千代翔馬、左手を出して頭から踏み込む。遠藤、低く当たる。千代翔馬、右に動きながら右上手に手を伸ばして取り、左で首を巻きながら上手投げで振り回す。遠藤、深い左下手を取って堪える。千代翔馬、更に上手投げで振り回し、左で頭を押さえつける。遠藤、土俵に裏返り、千代翔馬、その上に乗る。
20180527 15 317 千代翔馬 上手投げ 遠藤 42

《2018年夏場所取組内容・目次へ》