FC2ブログ

嘉風 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-よしかぜ

前頭7枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容

5月1日に行われた赤ちゃん抱っこ撮影会に、横綱大関らとともに参加した。→赤ちゃん抱っこ撮影会
二所ノ関一門連合稽古で、横綱稀勢の里らと稽古した。→二所ノ関一門連合稽古

前頭8枚目で迎えた今場所、初日は千代丸を押し出し、白星発進。
二日目、三日目と連敗。
四日目の竜電戦は、熱戦の末に寄り倒したかに見えたが、「取り直し」に。スタミナを心配したが、寄り切って2勝目。本人は「頼むから勝ちにしてくれと思っていた。36歳に取り直しはきついよ」とコメント。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
そこから五日目、六日目と勝って3連勝。4勝2敗と白星先行。
七日目、勢に押し出されて3敗目。中日、貴景勝との激しい相撲の末に押し出されて、連敗。4勝4敗と星が五分に。
九日目、佐田の海を一気に押し出し、5勝目。
十日目、十一日目と連敗し、5勝6敗と黒星先行。
十二日目、初顔の大奄美を送り投げで倒し、6勝6敗と星を五分に。
十三日目、新入幕の旭大星を土俵際まで追い込むが、引き落とされて逆転負け。7敗と後がなくなる。
十四日目、初顔の錦木と対戦。引き落として軍配をもらうが、今場所2度目の「取り直し」に。その相撲を寄り切りで制し、7敗で踏み止まる。
千秋楽、阿炎と7勝7敗同士で対戦。押し出しで勝ち、8勝7敗で勝ち越しを決める。
勝ち越しは4場所ぶり



(初) 千代丸戦 ○押し出し 5.0秒
 嘉風、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、頭から踏み込む。千代丸、右肘を固めて左手を出して当たり、突き放そうとするが前に出られず。嘉風、押しながら前に出る。千代丸、土俵際。嘉風、叩いて左から突く。千代丸、大きく泳いで俵に詰まり、俵の上で向き直る。嘉風、そこを押そうとする。千代丸、右に回り込もうとするが、左足が俵の外に出る。
〔いなされる千代丸〕
20180513 01 310 嘉風 押し出し 千代丸 20 いなされる千代丸
〔回り込む千代丸〕
20180513 01 310 嘉風 押し出し 千代丸 30
〔嘉風の押し出し〕
20180513 01 310 嘉風 押し出し 千代丸 40 足が出た千代丸

(2) 大翔丸戦 ●送り出し 3.3秒
 嘉風、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。大翔丸、下から押し上げ、叩いて左に開く。嘉風、前に泳いで俵に詰まる。大翔丸、後ろから押す。嘉風、土俵下に落ち、花道を走る。
20180514 02 309 大翔丸 送り出し 嘉風 40

(3) 輝戦 ●押し出し 4.8秒
 嘉風、先に両手をつく。輝、両手をつく。嘉風、素早く立ち、両肘を固めて頭から踏み込む。輝、突き起こす。嘉風、顎に向かって突くが前に出られず。輝、突き放して前に出る。嘉風、少し引いて俵に詰まり、押されて土俵下に落ちる。
20180515 03 309 輝 押し出し 嘉風 40

(4) 竜電戦 ○寄り切り 11.2秒
 嘉風、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつく。嘉風、素早く立ち、頭から踏み込み、両者、頭で当たり合う。嘉風、左を差そうとする。竜電、右で小手に巻く。嘉風、左差し手を抜き、肩越しの左上手を取り、右で顔を押さえながら左へ回る。竜電、右差しで向き直って相手の上手を切る。嘉風、押し上げ、左上手を探るが取れず、左を差して下手を取り、頭をつける。竜電、右で差し手を抱え、右上手を探るが取れず。嘉風、左差しで前に出る。竜電、俵に詰まる。嘉風、左差し手を突きつけて寄る。両者、俵の外に傾き、嘉風、右足を俵の外に踏み出し、両者、土俵下に倒れ込む。軍配、嘉風。「物言い」がつき、藤島審判長「嘉風の足が出るのと、竜電の体がなくなるのが同時」と説明、「取り直し」となる。(19.5秒)
20180516 04 310 01 竜電-嘉風 40
〔説明する藤島審判長〕
20180516 04 310 01 竜電-嘉風 60 説明する藤島審判長
<取り直しの相撲>嘉風、先に両手をつく。竜電、両手をサッとつき、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。嘉風、頭をつけ、左を差して下手を取る。竜電、左を差し、右で差し手を抱えて前に出ようとする。嘉風、上体が起きかけるが堪え、右で押っ付ける。竜電、右で抱えて相手を起こそうとする。嘉風、左下手を持ち、右で絞りながら前に出、左差し手を突きつけて寄る。竜電、上体が起きて俵を割る。(11.2秒)
20180516 04 310 02 嘉風 寄り切り 竜電 40-2

(5) 宝富士戦 ○叩き込み 11.0秒
 嘉風、先に両手をつく。宝富士、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差す。嘉風、右押っ付けで押し上げ、左を差して前に出る。宝富士、土俵際、右上手に手を掛ける。嘉風、右に開いて上手を切り、叩いていなす。宝富士、前に飛んで土俵に転がる。
20180517 05 311 嘉風 叩き込み 宝富士 40

(6) 千代翔馬戦 ○叩き込み 7.4秒
 嘉風、先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固め、頭を下げる。千代翔馬、頭から踏み込み、左で相手の肩を押さえ、右上手に手を伸ばすが取れず、突き放し、右を差す。嘉風、左で小手に巻き、突き放す。千代翔馬、一瞬左半身になるが向き直り、少し引いて土俵際。嘉風、乗じて前に出、叩きながら引き、肩越しの右上手を取る。千代翔馬、土俵に両手をつく。
20180518 06 310 嘉風 叩き込み 千代翔馬 40

(7) 勢戦 ●押し出し 5.9秒
 嘉風、先に両手をつく。勢、両手をサッとつき、右肩から踏み込む。嘉風、やや左にずれ、頭から当たる。勢、突き放しながら前に出、左を差す。嘉風、右で押っ付ける。勢、右も差し、両差しになって前に出る。嘉風、土俵際を右に回るが、上体が起きる。勢、相手の胸を押す。嘉風、俵の外に出る。
20180519 07 311 勢 押し出し 嘉風 40

(中) 貴景勝戦 ●押し出し 12.1秒
 嘉風、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。貴景勝、両手突きで相手を起こし、突き放しながら前に出る。嘉風、突き返す。貴景勝、左で突いていなす。嘉風、右半身になるが、向き直る。両者、突っ張り合う。嘉風、右から張って前に出る。貴景勝、右から張り、左に回って体を離し、左から張る。嘉風、頭で当たる。貴景勝、両手突きから右、左と張り、突き放し、左、右と張り、左に開く。嘉風、少し泳いで俵に詰まり、向き直って頭を下げる。貴景勝、そこを両手で押す。嘉風、土俵下に飛び落ちる。
〔張る貴景勝〕
20180520 08 308 貴景勝 押し出し 嘉風 30 張る貴景勝
〔貴景勝の押し出し〕
20180520 08 308 貴景勝 押し出し 嘉風 40

(9) 佐田の海戦 ○押し出し 1.9秒
 佐田の海、先に右手をつく。嘉風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から低く踏み込み、左を差して一気に前に出る。佐田の海、右で首を巻いて土俵際。嘉風、相手を胸を押す。佐田の海、土俵下に飛び落ちる。
20180521 09 308 嘉風 押し出し 佐田の海 40

(10) 碧山戦 ●突き出し 9.0秒
 嘉風、先に両手をつく。碧山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭を下げる。碧山、右手で相手の肩を押さえ、両者、頭で当たり合う。碧山、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず。碧山、叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出る。碧山、土俵際、右押っ付けで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。嘉風、上体が起きて俵に詰まる。碧山、そこを更に突っ張る。嘉風、俵の外に出る。
20180522 10 308 碧山 突き出し 嘉風 40

(11) 栃煌山戦 ●突き出し 4.5秒
 嘉風、先に両手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、踏み込む。嘉風、左肘を固めて頭から低く当たる。栃煌山、両差しを狙う。嘉風、顎に向かって突き上げる。栃煌山、下がらず、突っ張りながら前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。
20180523 11 308 栃煌山 突き出し 嘉風 40

(12) 大奄美戦 ○送り投げ 5.2秒
 嘉風、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。嘉風、その場で立ち、両者、頭で当たり合う。嘉風、左を差し、右で絞り、右を差して両差しになる。大奄美、右で首を巻き、首投げに行こうとする。嘉風、頭を下げて首を抜き、左下手で投げる。大奄美、土俵に転がる。
20180524 12 306 嘉風 送り投げ 大奄美 37

(13) 旭大星戦 ●引き落し 3.9秒
 旭大星、先に両手をつく。嘉風、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。旭大星、右かち上げで相手を起こす。嘉風、頭を下げ、押しながら前に出る。旭大星、押し返すが俵に詰まり、右から突いて右に開く。嘉風、前のめりになって、俵の外に両手をつく。旭大星、仰け反りながら俵の上で残す。
20180525 13 308 旭大星 引き落とし 嘉風 40

(14) 錦木戦 ○寄り切り 8.8秒
 嘉風、先に両手をつく。錦木、左手をつき、右手をつこうとする。嘉風、突っ掛け、相手を突き起こす。2度目、嘉風、先に両手をつく。錦木、両手をサッとつき、両腕を内に入れて踏み込む。嘉風、頭から低く当たり、叩きながら引く。錦木、前に飛ぶ。嘉風、俵の外に出、錦木、土俵に落ちる。木村元基、軍配を嘉風に上げる。「物言い」がつき、阿武松審判長は「嘉風の体が飛び出るのと、錦木の体が落ちるのが同時」と説明、「取り直し」となる。(2.3秒)
20180526 14 306 01 嘉風-錦木 40
〔説明する阿武松審判長〕
20180526 14 306 01 嘉風-錦木 60 阿武松審判長 05
<取り直しの相撲>嘉風、先に両手をつく。錦木、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。錦木、左肩から当たり、左を差す。嘉風、頭をつけて左下手を取り、右で押っ付けながら前に出、右上手前廻しも取る。錦木、上体が起き、両手で相手の左腕を抱え、土俵際、小手に振る。嘉風、右上手を持って前に出る。錦木、俵を割る。(8.8秒)
20180526 14 306 02 嘉風 寄り切り 錦木 40

(楽) 阿炎戦 ○押し出し 9.8秒
 嘉風、先に両手をつく。阿炎、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、見ながらその場で立つ。阿炎、両手突きから突っ張りながら前に出る。嘉風、下からあてがい、土俵際、左で突いていなし、左上手を取って左へ回る。阿炎、向き直って廻しを切り、突き放しながら前に出る。嘉風、あてがって堪える。阿炎、叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出て押す。阿炎、土俵際、叩きながら俵伝いに左へ回り、肩越しの右上手を取るが、右足が俵の外に出る。その後、嘉風、土俵に落ちる。阿炎、土俵下に飛び落ちる。
20180527 15 313 嘉風 押し出し 阿炎 40-2

《2018年夏場所取組内容・目次へ》