北勝富士 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-ほくとふじ

前頭6枚目だった先場所は、6勝9敗だった。→先場所の取組内容
春巡業で、首を痛めたとのこと。

前頭9枚目で迎えた今場所、初日は先場所途中休場の貴景勝と熱戦。押し出されて黒星発進。
そのまま大奄美、千代の国と3連敗
四日目、輝を押し出して初日を出す。輝には5戦全勝。
五日目、過去3戦全勝の大翔丸に押し出されて4敗目。
六日目から荒鷲、千代丸、千代翔馬と押し出して3連勝。4勝4敗と星が五分に。
九日目、宝富士に突き落とされて5敗目。
十日目の竜電戦、2度目の立合いで、頭で当たり合った後に尻餅。不成立となるが、脳震盪を起こしたか、なかなか立ち上がれず。4度目で成立した立合い後、叩き込まれて敗れる。勝負後、花道奥で立ち止まって座り込むなど、心配される様子を見せる。本人は「頭から当たって、衝撃で手足がしびれて、力が入らなかった。首等を痛めたわけではない。時間が経つと徐々に力も戻って、意識もはっきりしてきた。大丈夫です」とコメント。→大相撲中継レポ
翌十一日目から「頸椎椎間板ヘルニア、右大腿四頭筋肉離れ」のため、休場4勝7敗4休で今場所を終える。
負け越しは3場所連続。



(初) 貴景勝戦 ●押し出し 10.5秒
 北勝富士、先に右手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとつく。両者、頭から踏み込む。貴景勝、突き放しながら前に出る。北勝富士、俵に詰まり、左で突いていなし、中に戻って相手を俵に追い詰める。貴景勝、俵に両足を掛け、叩きながら堪える。北勝富士、突き放す。貴景勝、土俵際突き返しながら堪え、俵の上を右に回って相手をかわす。北勝富士、俵に詰まる。貴景勝、土俵際の相手を押し上げる。北勝富士、上体が起きて俵を割る。
〔貴景勝、相手をかわす〕
20180513 01 308 貴景勝 押し出し 北勝富士 30 相手をかわす
〔貴景勝の押し出し〕
20180513 01 308 貴景勝 押し出し 北勝富士 40

(2) 大奄美戦 ●押し倒し 3.4秒
 北勝富士、先に右手をつく。大奄美、両手をサッとつく。北勝富士、素早く立って踏み込み、両者、頭で当たり合う。大奄美、右を差そうとする。北勝富士、右で顎を押し上げる。大奄美、下がらず押す。北勝富士、俵に詰まり、外に倒れる。
20180514 02 308 大奄美 押し倒し 北勝富士 38

(3) 千代の国戦 ●送り出し 5.9秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代の国、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。北勝富士、右で押っ付ける。千代の国、叩きながら右に回り、突き放し、右から突いて右に回り、右上手を取って出し投げ。北勝富士、前に泳ぐ。千代の国、相手の尻を押す。北勝富士、土俵下に落ちる。
20180515 03 308 千代の国 送り出し 北勝富士 35

(4) 輝戦 ○押し出し 8.1秒
 輝、先に手をつく。北勝富士、右手をついて時をおき、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。輝、右手を出して頭から当たり、突っ張りながら前に出る。北勝富士、土俵際を左へ回り、右筈で脇を押し上げて前に出る。輝、右筈で胸を押すが前に出られず。北勝富士、左で押っ付けながら前に出る。輝、上体が起きて俵を割る。
20180516 04 309 北勝富士 押し出し 輝 38

(5) 大翔丸戦 ●押し出し 3.9秒
 北勝富士、先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。北勝富士、両手を出し、やや左へ踏み出す。大翔丸、頭で当たり、突き放しながら前に出る。北勝富士、上体が起きて俵を割る。
20180517 05 308 大翔丸 押し出し 北勝富士 40

(6) 荒鷲戦 ○押し出し 4.9秒
 荒鷲、先に手をつく。北勝富士、右手をつく。荒鷲、突っ掛ける。2度目、北勝富士、右手をつく。荒鷲、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。北勝富士、頭から踏み込み、押しながら前に出る。荒鷲、俵に詰まって上体が起きる。北勝富士、左のど輪で押し上げる。荒鷲、土俵下に落ちる。
20180518 06 308 北勝富士 押し出し 荒鷲 40

(7) 千代丸戦 ○押し出し 10.0秒
 両者、なかなか手をつかず。両者、ほぼ同時に右手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立ち、やや左へ踏み出す。千代丸、その場で立って両手突き、顎に向かって押し上げる。北勝富士、下がらず前に出る。千代丸、引く。北勝富士、乗じて前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回る。北勝富士、左上手を取る。千代丸、右差し手を返して相手の上手を切り、土俵際を右へ回りながら引く。北勝富士、乗じて前に出ながら押す。千代丸、土俵下に飛び落ちる。
20180519 07 309 北勝富士 押し出し 千代丸 42

(中) 千代翔馬戦 ○押し出し 5.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。千代翔馬、左手を出して頭から低く当たり、右を差そうとする。北勝富士、少し引いて差させず。千代翔馬、顎に向かって押し上げ、少し引いて右を差す。北勝富士、右をのぞかせ、左押っ付けで前に出る。千代翔馬、上体が起きて俵を割る。
20180520 08 310 北勝富士 押し出し 千代翔馬 40

(9) 宝富士戦 ●突き落し 14.8秒
 宝富士、先に両手をつく。北勝富士、右手をついて時をおき、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。宝富士、左肩から当たって左を差す。北勝富士、右で押っ付ける。宝富士、一旦左を抜き、再び差して前に出る。北勝富士、俵に詰まりながらも右で押っ付ける。宝富士、引いて差しでを抜く。北勝富士、押しながら前に出る。宝富士、突き返して左を差す。北勝富士、頭をつけ、右で押っ付け、左のど輪で押し上げながら前に出る。宝富士、堪え、突き放す。北勝富士。宝富士、引いて左から突く。北勝富士、土俵に落ちる。
20180521 09 311 宝富士 突き落とし 北勝富士 38

(10) 竜電戦 ●叩き込み 4.6秒
 竜電、先に左手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、北勝富士、先に右手をつく。竜電、左、右とサッと手をつきながら素早く立つ。北勝富士、遅れてその場で立ち、両者、頭で当たり合う。行司 木村寿之介が止め、不成立。北勝富士、土俵に尻餅をつき、後ろ向きに倒れる。北勝富士、なかなか立ち上がれず。3度目、北勝富士、右手をつこうとする。竜電、左、右と手をつきながら立つが、北勝富士、立てず。4度目、竜電、左手をつく。北勝富士、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込む。北勝富士、右手を出し、やや左へ踏み出す。竜電、右を差す。北勝富士、左上手に手を伸ばすが取れず、叩きながら右に回り、突き放す。竜電、土俵際、叩いて左に開く。北勝富士、前のめりになり、左足が俵の外に出、土俵にバッタリ落ちる。取組後、北勝富士、花道奥で立ち止まり、座り込む。
〔立合い不成立時に倒れる北勝富士〕
20180522 10 310 竜電 叩き込み 北勝富士 05 倒れた北勝富士
〔竜電の叩き込み〕
20180522 10 310 竜電 叩き込み 北勝富士 40
〔花道奥で歩みを止め、座り込む北勝富士〕
20180522 10 310 竜電 叩き込み 北勝富士 73 花道奥の北勝富士 03
20180522 10 310 竜電 叩き込み 北勝富士 73 花道奥の北勝富士 15

(11) 錦木戦 ■ 不戦勝 
 北勝富士、頸椎椎間板ヘルニア、右大腿四頭筋肉離れのため、休場。
20180523 11 306 錦木 不戦勝 北勝富士 00

(12) ~(楽) 休場。 

《2018年夏場所取組内容・目次へ》